名探偵コナン 業火の向日葵

名探偵コナン 業火の向日葵』(めいたんていコナン ごうかのひまわり)は、2015年4月18日に公開されたアニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの19作目[13]。上映時間は112分[4]興行収入は44億8,000万円[5][6][7][8][9][10][11][注 2]

名探偵コナン 業火の向日葵
Detective Conan
Sunflowers of Inferno
監督 静野孔文
脚本 櫻井武晴[注 1]
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
山口勝平
林原めぐみ
松井菜桜子
石塚運昇
富田耕生
咲野俊介
榮倉奈々
音楽 大野克夫
主題歌 ポルノグラフィティオー!リバル[2][3]
製作会社 トムス・エンタテインメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2015年4月18日
台湾の旗 2015年7月2日
マレーシアの旗 2015年7月30日
韓国の旗 2015年8月5日
中華人民共和国の旗 2015年10月23日
上映時間 112分[4]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 44.8億円[5][6][7][8][9][10][11][注 2]
前作 名探偵コナン 異次元の狙撃手
次作 名探偵コナン 純黒の悪夢
テンプレートを表示

目次

概要編集

沿革編集

監督は『異次元の狙撃手』から引き続き静野孔文が、脚本は『絶海の探偵』以来、2年ぶりに櫻井武晴が担当する。

本作では、怪盗キッドに加えてゴッホの絵画『ひまわり』が物語の重要な鍵を握るため、シリーズ初の「アートミステリー」と位置づけられている。

タイトルの漢字はそのまま読み、カタカナの当て字がない。劇場版においてこのような例は第4作『瞳の中の暗殺者』以来15年ぶりのことで、第1作『時計じかけの摩天楼』、第3作『世紀末の魔術師』と合わせて4作目となった[注 3]

怪盗キッドが登場する映画は、第3作『世紀末の魔術師』、第8作『銀翼の奇術師』、第10作『探偵たちの鎮魂歌』、第14作『天空の難破船』合わせて5作目となり[注 4]、本作では怪盗キッドの助手である寺井黄之助が劇場版に初登場する[注 5]。青年時代の寺井が描かれたのは、『名探偵コナン』および『まじっく快斗』の原作・アニメを含め初めて。また、本作ではキッドがメインとなっていることもあり、5作目の登場となる中森警部は本作で初めてポスターに描かれた。一方、警視庁捜査一課の刑事たち(高木渉佐藤美和子白鳥任三郎千葉和伸)は登場せず、ポスターに描かれている目暮十三だけは終盤に登場する。また、阿笠博士も登場するが他作と比べて場面は少なく、ストーリーにも絡まなかった。

本作以降、2014年1月27日に死去した永井一郎に代わり、富田耕生が鈴木次郎吉を演じている[注 6]。また、レギュラーメンバーで最初に登場するのは園子と次郎吉であり、コナン・蘭・小五郎は10分以上経ってからの登場である。

オープニングでは博士のアイテム紹介が省略されており、灰原と怪盗キッドの紹介のみにとどまっている。

エンドロールのキャストの順序が例年と違い、ストーリーに添った順になっている[注 7]他、エンドロールを締め括る「コナンの目」も本作は登場しない。また、エンドロールの終盤では、音響監督としてシリーズに携わり前年に亡くなった浦上靖夫が追悼されている。

本作では、テレビアニメ537話 - 538話「怪盗キッドVS最強金庫」[注 8]に登場した大金庫「鉄狸」が改良型「鉄狸改」として登場し、同話に登場した次郎吉のボディーガード・後藤善悟が寺井黄之助の変装として本作にも登場し、劇場版初登場となった。このため、公開間近の2015年4月4日・11日に本放送枠で再放送された[14][15]

ゲスト声優榮倉奈々は、絵画鑑定士・宮台なつみ役で出演する[16]。主題歌はポルノグラフィティの「オー!リバル[2][3]。3月30日には元KARA知英もゲスト声優として発表された[17]。ポルノは『劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ』以来、7年ぶりにアニメ映画の主題歌を、榮倉と知英は声優に初挑戦することになった。

2014年12月26日に『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜』ではエンディング後に本作の予告映像を放送し、2015年1月30日に『金曜ロードSHOW!』枠で地上波初放送された『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』と同年3月28日の『まじっく快斗1412』のCM内では、コナンとキッドによる同作の内容を踏まえたナレーションを付けた予告映像が放送された。

本作の公開と同日に放送されたテレビアニメ第774話「消えたムンクの叫び」は本作のプレストーリーとなっており[18][19]、鈴木次郎吉がアニメオリジナルに初登場した。

本作は2008年に公開された『戦慄の楽譜』に次ぎ、上映時間が2番目に長い作品である。

DVDBlu-ray2015年11月25日に発売された。また、近年のシリーズ同様、本作も小説版が小学館ジュニア文庫から2015年4月16日に発売されている[20][注 9]

劇場版シリーズの定番となっているエンディング後の次回作の予告が今作でも放映された。エンディングの後、ジン赤井秀一と思われる低い声[注 10]による「キールバーボン、まさかな…」というセリフとともに、次回作の製作が決定したという旨の字幕による予告が流れた。のちに次回作は、黒の組織がストーリーに大きく絡む『純黒の悪夢』であると発表された。

2016年に開催された歴代映画19作品の人気投票で、今作は8位を獲得した[21]

脚本編集

本作の脚本は櫻井武晴が担当しているが、様々な事情[注 11]から脚本の改変が行われ、原案に近いものになっている。このことについて、監督の静野は「シナリオに書かれているちょっとした仕草をより際立たせていこうとコンテを構成していったら、3時間くらいのボリュームになってしまった」と語った上でそれを1時間削ぎ落としたと説明し、一方で櫻井は「特に後半部分は話の尺がはまらなかったため、急遽現場の人達だけで今ある要素だけで話を組み立て直したらしいんです」と語った上でその事実を映画の完成まで知らされておらず、完成披露試写会で観賞した際に美術館や向日葵などのアイテムは使われているが、間が自分の書いた脚本ではなくなっていることを初めて知ったと説明した。また、櫻井は1時間にも及ぶカットの中には殺人事件丸々1つと原作者の青山が考えたこの消された殺人事件のトリック、さらには櫻井がこだわったという犯人の動機と伏線全てが含まれており、「小説版で一部だけ読めるので興味がある方はご確認下さい」とも語っている[注 12][要出典]

静野によると、物語の後半の舞台となっているレイクロック美術館は当初、建物までは1本の地下通路になっており、出入口が1つずつしかない中キッドはどうするかという話だったが、静野の「キッドには颯爽とハンググライダーで現れて欲しい」という考えから地下通路は無くなり、現在のデザイン及びシナリオになったという[22][1][要高次出典]

コラボ・イベント編集

3月20日に、「業火の向日葵」×「NO MORE 映画泥棒」のスペシャルバージョンが公開されることが発表された。限定CMは本作公開日から使用されている[23]

4月8日には、田辺誠一が本作のメインビジュアルを模写にて描き下ろした作品を発表した[24]

本作公開日である4月18日には、阪神甲子園球場での阪神タイガース読売ジャイアンツ5回戦の試合前、キッドによる始球式が行われた[25]

本作の題材である焼失したゴッホの「ひまわり」は、徳島県鳴門市の大塚国際美術館に再現展示されている。地元映画館の北島シネマサンシャインとのコラボで、美術館入館券の半券を左記の映画館へ持っていくと、特製コナンシールが先着でもらえる[26]

興行成績編集

全国349スクリーンで公開され、2015年4月18日と翌19日の初日2日間で観客動員数68万8,623人、興行収入8億7,476万2,300円となり、これは最終興行収入41億1,000万円の前作『異次元の狙撃手』との初動興行収入の対比で110.8%に及び、興行通信社の調査による映画観客動員ランキングでは初登場第2位となった[27][28][29][30][31]。また、ぴあの調査による初日満足度ランキングでは満足度91.0ポイントを獲得し第4位となっている[32]

公開7日目にはシリーズ最速で観客動員数100万人を突破した[33]

公開19日目には累計観客動員数が282万9,564人、興行収入が35億1,509万5,400円となり、この時点で初日2日間の映画観客動員ランキングでは首位を譲った同日公開の映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の観客動員数と興行収入をともに上回った[34][35][36][37]

公開37日目の5月24日には累計興収41億4,838万9,300円を記録。2013年公開の『絶海の探偵』、2014年公開の『異次元の狙撃手』に続き、3年連続でシリーズ最高興収を更新した[38][39][40][41][42][43]

公開7週目には更にコラボ作品『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』の最終興行収入42億6,000万円を抜く42億6,652万7,900円を記録し、コラボ作品まで含めての最高記録を達成した[44]。最終興収は配給発表で44億7,000万円に達した[12][注 13]

テレビ放送編集

純黒の悪夢』の公開を記念し、2016年4月15日の『金曜ロードSHOW!』枠で行われた「2週連続コナン祭り」[45]の第2弾として、20分拡大枠でエンディングをカットした本編ノーカット版が地上波初放送された[46][注 14]。平均視聴率は関東地区で10.5%を記録した[48]

ストーリー編集

 
実際の2枚目の『ひまわり』

ニューヨークマンハッタンのオークションで、かつてゴッホが2番目に描き、第二次世界大戦時の芦屋空襲で焼失したとされる『ひまわり』の模写が出品された。その模写を3億ドルで落札したのは鈴木財閥の相談役である鈴木次郎吉だった。オークション終了後の記者会見で、次郎吉はゴッホの『ひまわり』を7つ全て集め、日本で「日本に憧れたひまわり展」を開催すると宣言し、『ひまわり』を守るための7人のサムライを紹介する。しかしその時、会場にキッドカードが撃ち込まれ、怪盗キッドが姿を現した。警備主任のチャーリーが追い詰めるも、キッドは閃光弾を放ち逃亡する。

次郎吉は突如その場に現れた工藤新一(に変装したキッド)や姪の鈴木園子及び7人のサムライ達を乗せて、「サンフラワージェット」で『ひまわり』を羽田空港へ輸送する。しかし、空港到着間際に貨物室の外に仕掛けられた爆弾が爆発して『ひまわり』が機外に吹き飛ぶと同時に火災が発生し、飛行機は操縦が効かなくなり機内はパニックに陥る。同時に、『ひまわり』を抱えて羽田空港上空を飛ぶキッドを発見したコナンは追跡を開始し、空港ビルの上にキッドが何も持たずに立っているのを発見するが、取り逃してしまう。しかしながら、飛行機は辛うじて空港との衝突を回避し、ビルの屋上でキッドが隠した『ひまわり』も発見され、学芸員の鑑定で損傷無しと確認されたので、改良された次郎吉の金庫「鉄狸改」に保管されることになった。

飛行機の爆破がキッドの仕業ではないかと囁かれる中、園子は「キッドは人殺しをするような人じゃない」と否定するが、チャーリーは「キッドは目的のためなら手段を選ばないテロリストだ」と取り合おうとしない。一方、コナンはこれまでのキッドの手口との違いなどから、「何らかの事情による犯行」なのか、それとも「偽者のキッドによる犯行」なのか、と考えを巡らせる。

7人のサムライによる会議の日、毛利探偵事務所にキッドから新たな予告状が届く。その予告状を見たサムライ達は、三幅対の左側の最初の模写、つまり損保ジャパン日本興亜美術館にある『5枚目のひまわり』であると解読し、美術館へ向かう。偶然、同じ美術館に少年探偵団や阿笠博士と一緒に来ていたコナンも、新たな予告状の存在を知って7人のサムライ達と合流し、狙われていると分かった『ひまわり』を金庫の中に避難させるため、急遽運び出すことになった。ところが館内に潜入していたキッドに『ひまわり』を奪われ、代わりに美術館館長宛ての『ひまわり』を100億円で譲るとのメッセージだけが残された。

次郎吉はキッドに100億円を支払い取引をすることを決めるが、取引時刻になると同時に取引場所であるホテルの部屋の窓に仕掛けられた爆弾が爆発し、突入したコナンとチャーリーは無事に『5枚目のひまわり』を取り返すことには成功したものの、発見したキッドは取り逃してしまう。キッドの目的について、2枚目と5枚目の『ひまわり』以外は眼中に無いということ以外に何も掴めないまま、レイクロックで「日本に憧れたひまわり展」が開幕する。しかし、館内に新一が居たという園子の発言をきっかけに、コナンが館内でキッドカードを発見したことでキッドの侵入に気づいた次郎吉は、7人のサムライと中森、後藤、蘭、園子、コナン、そして自分を含めた13人を除く客とスタッフを全員退館させるが、火災が発生する。2枚目と5枚目の『ひまわり』以外の無事を確認すると先述の13人も退館するが、残っていた2枚の『ひまわり』が気になったコナンが館内に戻ると、それを追うように蘭も館内に戻ってしまい、コナンと蘭、そして『ひまわり』が業火の危機に晒される。

美術館の外では、トランシーバーでキッドの指示を受けた寺井[注 15]によって貯水タンクが爆破された上に、蘭とコナンが火災で今にも崩壊しそうな美術館の中にまだ残っていると分かり、騒然となっていた。そんな中、炎の燃え盛る美術館内では、ある人[注 16]から依頼を受けて真犯人から『ひまわり』を守るために今回の一連の犯行に及んでいた、という巨大な宝石(=ビッグジュエル)しか狙わないはずのキッドの本当の狙いを見抜いたコナンが、キッドやそこへ駆け付けた蘭とともに協力し、無事に『ひまわり』を守り切ることに成功する。

非常時に7枚の『ひまわり』が自動的に集積されて来るはずの搬出口では、7人のサムライが集積されて来た『ひまわり』の枚数を数えていたが、全て数えても『ひまわり』が6枚しかないことに気付く。そこへ新一から連絡が入り、今回の『ひまわり』に関する一連の事件はキッドによる犯行ではなく、7人のサムライの1人である宮台なつみによるものだと告げ、彼女の動機と犯行に使われたトリックを暴く。全てを暴かれたなつみは目暮警部によって連行され、2枚目の『ひまわり』が無事であることも新一から告げられたが、一方で美術館内ではコナンと蘭が美術館の崩壊という窮地に陥ってしまい、何とか脱出する方法を思案する。そこでコナンは、ボール射出ベルトの花火ボール[注 17]を駆使する方法を思い付き、辛くも脱出に成功する。

キッドは気絶している蘭をハンググライダーで運び出して川岸に横たえた後、近くの木陰に隠れていた。それから暫くして、園子やチャーリー達が蘭を発見し、まだ脱出して来ないコナンを蘭の傍らで待っている彼らとともに、キッドは隠れている木陰からそっとその様子を見守っていた。そして、コナンが『ひまわり』とともに川底から浮上して来る様子を見届けたキッドはその場を静かに立ち去ろうとするが、その時キッドの踏んだ小枝の音に気付いたチャーリーが、キッドの背後へ静かに近付きながら銃口を向け、キッドに今回の犯行の真意を問う。その問いに対してキッドは「ある依頼人の想い出を守るため」とだけ答え[注 18]、チャーリーとお互いの誤解を解いてから姿をくらまし、物語は終幕を迎える。

登場人物編集

メインキャラクター編集

オリジナルキャラクター編集

7人のサムライ編集

鈴木次郎吉が世界中から集めた「7人のサムライ」[注 19]のメンバー。各分野で活躍する超一流の精鋭揃いで、絵画関係のエキスパートも多い。7人目は毛利小五郎。

圭子 アンダーソン(けいこ アンダーソン)
声 - 榊原良子
企画担当のプロデューサー。
世界中の『ひまわり』が揃う「日本に憧れたひまわり展」のプロデューサーとして、学芸員達の指揮を執るハーフの女性。初対面のなつみに親しげに語りかけるなど、何かと気に掛ける描写が多い。久美子とも2人で話し合うなど女性メンバーとは打ち解けている。7人のサムライの中では、チャーリーと同じく周囲の人間に対して警戒感を強めており、警備員に対しても自分達で運ぶと周囲から遠ざけている。結果的にこの警備員はキッドの変装であったため、判断能力の高さを証明した。
宮台 なつみ(みやだい なつみ)
声 - 榮倉奈々[16]
鑑定担当の絵画鑑定士。
絵画の歴史に詳しく、正確かつ迅速に鑑定を行う。『ひまわり』については様々な学説を研究しており、深い愛着を持っている。最初にキッドカードを発見して警察に報告し、『ひまわり』を自分の工房で鑑定した方が早いとの理由で持ち帰ることを提案したが、警備員の変装を解いたキッドの手で東と共に拘束されてしまう。解放後、彼女の発案により防犯カメラのカモフラージュも兼ねて、レイクロックのトンネル内に大量の向日葵を植える作戦を立て、キッドの動向を探っていく。
東 幸二(あずま こうじ)
声 - 磯部弘
修復担当の絵画修復士。
2番目の『ひまわり』の模写の発見者。修復の他、絵画の保存管理も担当している。羽田空港に到着後、怪盗キッドが隠していた『ひまわり』のチェックを行い、これ以上絵が放置させられていたらまずいことになっていたであろうという評価を下した。なつみと並んで『ひまわり』に触れることが最も多い人物である。双子の兄・幸一は、自分と同じく美術関係に身を置く画商であり、兄弟で共に絵画に携わっていたが、2番目の模写を発見した後に拳銃で自殺を図っていたそうである。
岸 久美子(きし くみこ)
声 - ゆかな
演出担当の演出家。
容姿端麗な頭脳派として、美術界でその名を知られている。胸元の開いたセクシーな服を着こなすグラマーな美女。次郎吉が建てた鉄壁の警備で護られている難攻不落の美術館・レイクロックの展示システムを発案した。今回、発生したキッド事件にも積極的に関わり、途中から仲が良くなった圭子と相談しながら事件の謎を追及していく。高飛車そうに見えて優しい性格で、エレベーターに遅れて乗ってきたコナンの肩に手を当て、優しく介抱していた。
石嶺 泰三(いしみね たいぞう)
声 - 宝亀克寿
運搬担当の運送家。
世界中にあらゆるものを迅速に運ぶ「チーター運送」の中でも、特に絵画の運搬のプロとして知られている。7人のサムライの中では地味な存在だが、次郎吉から絵画の運搬指揮能力を高く評価されており、運搬作業を迅速に行なって小五郎や中森警部も安堵していた。圭子や久美子から何か手伝うことはないかと尋ねられ、絵を運ぶ作業を任せるなど、サムライのメンバーもある程度は信用している様子。一方、運搬に関係者以外の者が関わるのを嫌がる強い猜疑心さいぎしんの持ち主でもある。
チャーリー
声 - 咲野俊介
ニューヨーク市警察警部
当初はアメリカで警備を担当していたが、キッドを追って来日する。厳格な性格で正義感も強くキッド逮捕に執念を燃やし、キッドを「目的のためなら手段を選ばないテロリスト」と非難して園子から嫌われる。そのため、珍しくお調子者の園子から口説かれたり、ナンパをされたりはしていない。一方で、子供に対しては偏見を抱かず、コナンの洞察力や俊敏性を観察して、キッドキラーとしての能力を確信し、コナンの後を追う形でキッドを追い詰める。拳銃の所持を禁止されている日本で、警察仲間のマークに秘密裏に銃を用意させ、コナンから「もしそれを使うなら『簡単に奪っても良い命なんてない』ってことを覚えておいてね」と諭される。

怪盗キッドの関係者編集

寺井 黄之助(じい こうのすけ)
声 - 陶山章央(青年時代)
怪盗キッドのアシスタントをしている老執事。今回は、鈴木次郎吉の関係者に変装してキッドをサポートする。また、ウメノと関係する戦時中のエピソードが判明する。

鈴木次郎吉の関係者編集

後藤 善悟(ごとう ぜんご)
声 - 楠大典
テレビアニメ537話 - 538話「怪盗キッドVS最高金庫」[注 8]から登場している次郎吉のボディーガード。今回はレイクロック美術館のモニター操作と鉄狸改内部の最終チェックも担当する。理由は最後で明らかになるが、何故かレイクロック美術館へ『ひまわり』の鑑賞に来ていたウメノを見て、大粒の涙を流していた。
スペシャリスト
声 - 梅津秀行
ニューヨークオークション会場に現れた、怪盗キッドを阻止するために集結したスペシャリストの1人。しかし、キッドに煙球を使用され、逃走を許してしまう。

ひまわりの関係者編集

ウメノ
声 - 沢田敏子(現在)、皆口裕子(少女時代)
損保ジャパン日本興亜美術館に展示されている『ひまわり』を毎日鑑賞している和服の老婦人。『ひまわり』に対して特別な思い入れがあり、当該美術館の作品を見て「これじゃない」と呟いている。そこで、原口館長からレイクロックの特別展に彼女を招待してほしいと頼まれた次郎吉は快諾している。たまたま出会った灰原に対し、コナンのことについて「見ているだけじゃいつかきっと後悔する」と老練な女性らしいアドバイスを送っている。
原口 秀夫(はらぐち ひでお)
声 - 柴田秀勝
損保ジャパン日本興亜美術館の館長。怪盗キッドとの取引のために個室で1人待機するも、あまりの暑さから飲料水を大量に飲んだことで、コナンは、その量の減り具合で外との気圧差に気が付いた。その後、札束が飛び交う現場に突入してきたチャーリーから銃を向けられたため、自分はキッドじゃないと慌てて否定していた。
実在する人物をモチーフにして氏名・肩書きもそのまま登場させたキャラクターで[注 20]、本作品は実在する館長・原口秀夫の協力を得ている。
東 淸助(あずま きよすけ)
声 - 大川透
東幸二の祖父。芦屋の邸宅で大工として住込みで働いていたが、自らや絵画が第二次世界大戦の戦火に巻き込まれることになってしまい、GHQに回収される前に、屋敷にあった『ひまわり』を隠そうとして亡くなった。絵は無事に隠され、後にアルルで発見されたことがニュースとなり、広く知れ渡ることになる。

レイクロック美術館編集

キャスト
声 - 知英[17][注 21]
レイクロック美術館で開催される「日本に憧れたひまわり展」の受付係として、特別招待されたコナン一行を美術館内に迎え入れる。

オークション会場編集

オークショニア
声 - 三戸耕三
ニューヨークでオークションの進行役を務めていた眼鏡の男性。鈴木次郎吉が高額で『ひまわり』を競り落としたため、驚愕の表情を見せていた。
司会者
声 - 小田敏充
ニューヨークの記者会見で、次郎吉が『ひまわり』を落札したと発表した眼鏡の男性。次郎吉が「七人のサムライ」を招集した、という突然の発表に驚いていた。

ジャンボジェット編集

機長
声 - 松本大
競り落とした『ひまわり』を日本へ輸送するため、特別にチャーターされた飛行機の機長。飛行機が羽田空港に激突しそうになるが、寸前で激突は回避された。
副機長
声 - 鳥海勝美
同飛行機の副機長。羽田空港に激突しそうな飛行機を無事に着陸させようと、機長と共に機体を立て直すのに尽力し、寸前で激突を回避した。

メディア関係者編集

アナウンサー
声 - むたあきこ倉田雅世
ビルの壁面モニターで流れていたテレビ番組内で、飛行機爆破事件の経緯について解説した。また、ゲストで来た次郎吉と園子に、インタビューをしていた。

主題歌編集

ポルノグラフィティオー!リバル[2][3]
作詞 - 新藤晴一 / 作曲 - 岡野昭仁 / 編曲 - tasukuPorno Graffitti
コナンとキッドとのライバル対決を描いた本作の主題歌として書き下ろした曲であるため、曲のタイトルにある「リバル」とはフランス語[注 22]スペイン語で「好敵手(ライバル)」という意味である[49][50]

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、尺の長さが合わないということから、急遽現場のスタッフ達だけで話を組み立て直したために櫻井の書いた脚本は無くなり、実質上は原案になっている[1]
  2. ^ a b 2015年7月29日付の配給発表では44億7,000万円となっている[12]
  3. ^ もともとカタカナ表記の作品の例としては、第5作『天国へのカウントダウン』と第16作『11人目のストライカー』がある。
  4. ^ ただし、コラボレーション作品の『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』を含めると6作目である。
  5. ^ 台詞があるのは回想で登場する青年時代の寺井のみ。現在の寺井は原作・アニメと同様に台詞なし。
  6. ^ テレビアニメにおいては「怪盗キッドVS京極真(前編)」から。
  7. ^ 怪盗キッドが工藤新一より、中森警部が目暮警部より先など。なお、犯人役が最後に来るのは例年通りである。
  8. ^ a b 原作では、File.674「鉄狸」 - File.676「解錠」(単行本64巻File.11 - 65巻File.2)。
  9. ^ 映画本編では簡略化された、犯人が犯行を決意した動機が詳細に描かれている。
  10. ^ 両者共に声優のクレジット表記が無かったため、声のみを頼りに推測しなければならないが、完全な判別は難しい。
  11. ^ 尺の長さが3時間になってしまい、1時間のカットを余儀なくされたなど。
  12. ^ ただし、殺人事件は小説版でもカットされている。
  13. ^ 日本映画製作者連盟2016年1月26日付で発表した興行収入は44億8,000万円となっている[5]
  14. ^ その前週の4月8日には第1作『時計じかけの摩天楼』が放送された[47]
  15. ^ 後藤に変装している。
  16. ^ コナンはそれ以上のことは暴けていないが、寺井のことを指している。
  17. ^ このアイテムは前作『異次元の狙撃手』内で初登場し、同作の終盤のシーンでも活躍した。
  18. ^ この時、すぐ傍の木陰で寺井が後藤の変装を解いて涙を流していた。
  19. ^ 名前の由来は1954年公開の黒澤明監督の映画『七人の侍』。
  20. ^ このような事例は、歴代の作品を通して関係者を除く民間人では唯一となる。
  21. ^ 前作の赤星憲広と同様に途中参加の特別応援団として本作に参加している。
  22. ^ ゴッホが居住し、『ひまわり』を描いたアルルはフランスに所在する。

出典編集

  1. ^ a b 脚本家 櫻井武晴 BD-LIVEスペシャルインタビュー [出典無効]
  2. ^ a b c ポルノグラフィティ、新曲「オー!リバル」が 映画『名探偵コナン 業火の向日葵』主題歌に決定”. MUSICMAN-NET (2015年3月3日). 2015年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c 「名探偵コナン 業火の向日葵」主題歌にポルノグラフィティの書き下ろし新曲”. 映画.com (2015年3月4日). 2015年4月23日閲覧。
  4. ^ a b 公式パンフレット及び「外部リンク」節の各作品紹介サイトより。
  5. ^ a b c 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  6. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年5月25日閲覧。 
  7. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年5月25日閲覧。 
  8. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年7月6日閲覧。 
  9. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年5月25日閲覧。 
  10. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年5月25日閲覧。 
  11. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年7月6日閲覧。 
  12. ^ a b 2015年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2015年7月29日). 2015年7月29日閲覧。
  13. ^ 2014年12月3日のポスト - Facebook(名探偵コナン公式)及び「外部リンク」節の各作品紹介サイトより。
  14. ^ "事件ファイル「怪盗キッドVS最強金庫 前編(デジタルリマスター)」". 名探偵コナン. 日本テレビ系列. 読売テレビ. 2015年4月4日放送. 2015年4月21日閲覧。
  15. ^ "事件ファイル「怪盗キッドVS最強金庫 後編(デジタルリマスター)」". 名探偵コナン. 日本テレビ系列. 読売テレビ. 2015年4月11日放送. 2015年4月21日閲覧。
  16. ^ a b “榮倉奈々、劇場版『名探偵コナン』にゲスト出演「楽しみたい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2049211/full/ 2015年2月27日閲覧。 
  17. ^ a b 元KARA 知英「名探偵コナン」愛が実った!猛烈逆オファーで日本アニメの声優に初挑戦”. Kstyle (2015年3月30日). 2015年3月30日閲覧。
  18. ^ 名探偵コナン 消えたムンクの叫び”. 日テレプラス. 2015年4月13日閲覧。
  19. ^ "事件ファイル「消えたムンクの叫び」". 名探偵コナン. 日本テレビ系列. 読売テレビ. 2015年4月18日放送. 2015年4月21日閲覧。
  20. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 業火の向日葵』 小学館小学館ジュニア文庫〉、2015年4月16日全国書誌番号:22559495ISBN 978-4092306516OCLC 908016340ASIN 4092306512
  21. ^ 名探偵コナン歴代映画人気投票”. 名探偵コナン公式アプリ. 名探偵コナン公式サイト. 2016年3月16日閲覧。
  22. ^ 『劇場版名探偵コナン 業火の向日葵』公式パンフレットより。
  23. ^ 中山雄一朗 (2015年3月20日). “コナンと映画泥棒がコラボ!カメラ男の正体は…怪盗キッド!?”. シネマトゥデイ. 2015年4月21日閲覧。
  24. ^ 井本早紀 (2015年4月8日). “田辺誠一、制作期間1か月の力作を披露!「ほぼ忠実」なコナン&キッドが描けたと自信”. シネマトゥデイ. 2015年4月21日閲覧。
  25. ^ 高城歩 (2015年4月18日). “5万人の大観衆のハートを盗んだ!? 阪神VS巨人戦の始球式にコナンの宿敵「怪盗キッド」参上”. ねとらぼ (ITmedia). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1504/18/news018.html 2015年4月21日閲覧。 
  26. ^ “ゴッホの幻の「ひまわり」”. イベント・お知らせ (大塚国際美術館). (2014年10月1日). http://o-museum.or.jp/publics/index/84/ 2015年4月26日閲覧。 
  27. ^ “「劇場版 ドラゴンボールZ 復活の『F』」が初登場1位!!新作4本が上位を独占!(4月18日-4月19日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2015年4月20日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201504/20201539.php 2015年4月21日閲覧。 
  28. ^ “『ドラゴンボールZ』『名探偵コナン』アニメ映画がワンツー”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年4月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2051831/full/ 2015年4月21日閲覧。 
  29. ^ “「名探偵コナン 業火の向日葵」シリーズ過去最高記録確実 大ヒットスタート”. アニメ!アニメ!. (2015年4月20日). http://animeanime.jp/article/2015/04/20/22941.html 2015年4月21日閲覧。 
  30. ^ “【国内映画ランキング】「ドラゴンボールZ」首位発進、「コナン」2位、「ワイルド・スピード」3位”. 映画ニュース (映画.com). (2015年4月21日). http://eiga.com/news/20150421/10/ 2016年5月2日閲覧。 
  31. ^ 和田隆 (2015年4月20日). “国内映画ランキング(2015年4月18日〜2015年4月19日)”. 映画ランキング・映画興行収入. 映画.com. 2015年4月21日閲覧。
  32. ^ “『クレヨンしんちゃん』『ワイルド・スピード』が満足度ランク上位に!”. ぴあ映画生活 (ぴあ). (2015年4月20日). http://cinema.pia.co.jp/news/166832/62402/ 2015年4月21日閲覧。 
  33. ^ 入倉功一 (2015年4月25日). “劇場版『名探偵コナン』最新作、シリーズ史上最速!7日間で動員100万人突破!”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0072772 2015年5月26日閲覧。 
  34. ^ 壬生智裕 (2015年5月8日). “実写版『シンデレラ』がV2!ゴールデンウイークを制する!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0073068 2015年5月11日閲覧。 
  35. ^ “「シンデレラ」が2週連続で1位!有村架純主演「映画 ビリギャル」は4位に初登場!!(5月2日-5月3日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2015年5月7日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201505/07192741.php 2015年5月11日閲覧。 
  36. ^ “【国内映画ランキング】「シンデレラ」V2、好調トップ3に次いで「ビリギャル」が4位発進”. 映画ニュース (映画.com). (2015年5月8日). http://eiga.com/news/20150508/9/ 2015年5月8日閲覧。 
  37. ^ 和田隆 (2015年5月7日). “国内映画ランキング(2015年5月2日〜2015年5月3日)”. 映画ランキング・映画興行収入. 映画.com. 2015年5月7日閲覧。
  38. ^ 井本早紀 (2015年5月26日). “劇場版『コナン』、3年連続でシリーズ最高興収記録を更新”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0073549 2015年5月26日閲覧。 
  39. ^ 壬生智裕 (2015年5月26日). “実写版『シンデレラ』が5週連続トップ!松田翔太×前田敦子『イニシエーション・ラブ』も好スタート!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0073551 2015年5月27日閲覧。 
  40. ^ “劇場版『名探偵コナン』興収41.4億円突破 3年連続史上最高記録更新”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2053381/full/ 2015年5月26日閲覧。 
  41. ^ “名探偵コナン:最新作が過去最高の興収を記録 3年連続で記録更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2015年5月26日). http://mantan-web.jp/2015/05/26/20150526dog00m200032000c.html 2015年5月27日閲覧。 
  42. ^ “劇場版「名探偵コナン」が3年連続、史上最高記録更新 『異次元の狙撃手』の興収41.1億円突破”. アニメ!アニメ!. (2015年5月26日). http://animeanime.jp/article/2015/05/26/23425.html 2015年5月27日閲覧。 
  43. ^ “劇場版『名探偵コナン』の勢いがとまらない!脅威の3年連続史上最高記録更新!!”. アニメイトTV (アニメイト). (2015年5月26日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1432637128 2015年5月27日閲覧。 
  44. ^ 壬生智裕 (2015年6月2日). “綾野剛『新宿スワン』がナンバーワン!『名探偵コナン』は歴代トップ記録を更新!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマ・トゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0073735 2015年7月5日閲覧。 
  45. ^ 金曜ロードSHOW!『2週連続コナン祭り』特設サイト”. 日本テレビ. 2016年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月26日閲覧。
  46. ^ "名探偵コナン 業火の向日葵". 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2016年4月15日放送. 2016年4月16日閲覧。
  47. ^ "名探偵コナン 時計じかけの摩天楼". 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2016年4月8日放送. 2016年4月9日閲覧。
  48. ^ バックナンバー2016年度(VOL.16)”. 週間高世帯視聴率番組10バックナンバー. ビデオリサーチ (2016年4月20日). 2016年4月30日閲覧。
  49. ^ "バックナンバー". MUSIC JAPAN. NHK. 総合テレビ. 2015年4月20日放送. 2015年4月24日閲覧。
  50. ^ "出演者ラインアップ♪". ミュージックステーション. テレビ朝日系列. テレビ朝日. 2015年4月24日放送. 2015年4月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集