現役中に死亡した力士一覧

ウィキメディアの一覧記事
武道 > 相撲 > 大相撲 > 大相撲力士一覧 > 現役中に死亡した力士一覧

現役中に死亡した力士一覧(げんえきちゅうにしぼうしたりきしいちらん)は、現役中に死亡した大相撲の力士の一覧である。

一覧

編集

凡例

編集
  • デフォルトでは時代順に配列。没年月日のソートボタンで元の順序に戻る。
  • 力士名・部屋名は50音順ソート、番付は位の高い順にソート。
  • アスタリスク付きの没年齢は数え年
  • 番付は最高位。
力士
部屋
番付
没年月日
没年齢
死因
詳細・備考・補足
まるやま/丸山 01横綱 1749年12月23日 37歳* 病死 赤痢であったと言われる。
しらかわ/白川 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 02大関 1769年11月23日 破傷風[1]
とだがわ/戸田川 たまがき/玉垣部屋 05前頭 1773年5月30日 病死 大坂で死去[1]
しゃかがたけ/釋迦嶽 雷電爲五郎 02大関 1775年2月14日 27歳*
えしまがた/繪島潟 02大関 1781年8月17日
ごしょぐるま/御所車 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 03関脇 1783年
おおひえい/大比叡 みやぎの/宮城野部屋 05前頭 1787年
きめんざん/鬼面山 笘ヶ島部屋 04小結 1790年7月19日 29歳*
わしがみね/鷲ヶ峰 02大関 1791年12月22日
かしわど/柏戸 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 04小結 1792年9月14日 33歳* 病死 大坂・堺から住吉へ向かう街道中で死去。
いつくしま/嚴嶋 いかずち/雷部屋 05前頭 1794年5月19日 39歳*
たにかぜ/谷風 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 01横綱 1795年2月27日 44歳 流感 弟(異母弟)は同部屋の前頭筆頭・達ヶ関森右エ門
おおぞら/大空 やつがみね/八ツヶ峰部屋 05前頭 1800年3月28日 39歳*
かちょうざん/花頂山 でわのうみ/出羽ノ海部屋 02大関 1802年8月13日 35歳* 病死
あらいわ/荒岩 たまがき/玉垣部屋 04小結 1807年5月26日 31歳*
よつぐるま/四ツ車 かしわど/柏戸部屋 05前頭 1809年4月3日 38歳*
おだまき/ せきのと/関ノ戸部屋 05前頭 1811年9月4日  
おおきど/大木戸 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 02大関 1811年12月11日  
えどがさき/江戸ヶ崎 きりやま/桐山部屋 05前頭 1812年7月10日 31歳
まさかり/ ひがしせき/東関部屋 02大関 1812年 19歳* 病死
おおみさき/大岬 02大関 1814年8月3日
まいづる/舞靏 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 05前頭 1816年8月5日
おおなると/大鳴戸 05前頭 1817年8月19日
なるたき/鳴滝 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 03関脇 1818年2月13日 37歳* 病死
とだがわ/戸田川 しころやま/錣山部屋 04小結 1819年4月10日 28歳*
やそしま/八十嶋 おいてかぜ/追手風部屋 05前頭 1819年10月4日 60歳*
やまのい/山の井 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 03関脇 1822年6月2日 28歳*
たまがき/玉垣 たまがき/玉垣部屋 02大関 1824年8月5日 40歳
せんだがわ/千田川 たまがき/玉垣部屋 02大関 1828年1月8日 36歳*
とりいざき/鳥井崎 かしわど/柏戸部屋 05前頭 1830年
あらたま/ いせのうみ/伊勢ノ海部屋 05前頭 1834年6月3日 38歳*
ひおどし/緋縅 たまがき/玉垣部屋 02大関 1836年8月15日 38歳*
にしきぎ/錦木 にしょのせき/二所ノ関部屋 04小結 1842年7月11日
そまがはな/杣ヶ花 いかずち/雷部屋 05前頭 1849年8月26日 32歳* 病死 庄野宿(現・四日市市)で巡業中に死去[1]
いつくしま/嚴嶋 いかずち/雷部屋 05前頭 1854年4月13日 自殺[1] 入水自殺
あらうま/荒馬 みやぎの/宮城野部屋 03関脇 1854年5月18日 46歳*
きみがたけ/君ヶ嶽 さかいがわ/境川部屋 05前頭 1854年8月30日 41歳*
くろさき/黒崎 はたちやま/二十山部屋 05前頭 1855年9月29日 31歳* 大坂巡業中に死去。
くろいわ/黒岩 いかずち/雷部屋 05前頭 1857年5月2日 44歳*
たからがわ/寶川 いかずち/雷部屋 05前頭 1858年7月18日 43歳* 病死 江戸市中に流行したコレラに罹り死去[1]
むさしの/武藏野 むさしがわ/武蔵川部屋 05前頭 1859年7月 36歳* 不明 大坂巡業中に急逝。某大名の息子が土俵上で放尿したのを咎めて殴り付け、即日手打ちにされたと伝わる[1]
まなづる/真鶴 ひでのやま/秀ノ山部屋 05前頭 1859年 自殺[1]
いちりき/一力 きせ/木瀬部屋 05前頭 1859年8月25日 44歳 病死(殺害とも) 奥州一ノ関で巡業中に急逝
いぶきしま/伊吹嶋 いかずち/雷部屋 04小結 1860年5月9日
にしきぎ/錦木 にしょのせき/二所ノ関部屋 05前頭 1861年11月26日 39歳
まつちやま/待乳山 まつちやま/待乳山部屋 05前頭 1862年4月12日
こやなぎ/小柳 おうのまつ/阿武松部屋 05前頭 1862年4月16日 33歳* 殺害 弟弟子の不動山岩吉殿り峰五郎により睡眠中に斬殺される[1]
くまかわ/熊川 おのがわ/小野川部屋 05前頭 1863年6月4日 殺害 壬生浪士組(後の新選組)と乱闘の末死亡[2]
そとがはま/外ヶ濱 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 05前頭 1863年7月25日 45歳*
ちばがたけ/千羽ヶ嶽 たまがき/玉垣部屋 05前頭 1868年4月23日 29歳*
しらまゆみ/白真弓 うらかぜ/浦風部屋 05前頭 1868年11月9日 40歳*
くわのゆみ/桑ノ弓 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 05前頭 1869年1月3日 水死 熊本藩細川氏の抱えで、戊辰戦争に熊本藩の出兵に参加中、千葉県沖で船が座礁し死去[1]
ときわやま/常盤山 ときわやま/常盤山部屋 03関脇 1869年8月27日 44歳*
もがみやま/最上山 わかまつ/若松部屋 05前頭 1874年7月22日 34歳* 病死 療養先の愛知県一宮で死去[1]
ばんじゃく/盤石 きせ/木瀬部屋 05前頭 1875年10月15日 42歳* 脳卒中 京都で行われた三都合併相撲興行中に死去[1]
おのがさき/小ノヶ崎 さかいがわ/境川部屋 05前頭 1877年4月24日 36歳 病死
ふじたがわ/藤田川 みなとがわ/湊川部屋 05前頭 1880年10月21日 35歳 病死 巡業先で死去[1]
あらとら/荒虎 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 04小結 1882年9月19日 38歳 肺炎 盛岡巡業中に死去[1]
あらかど/荒角 きりやま/桐山部屋 05前頭 1882年9月21日 病死 新潟巡業中に死去[1]
おとこやま/男山 はなかご/花籠部屋 11番付外 1886年9月24日 21歳 病死 206cmの長身力士であったが、初土俵前に事故で重傷を負い、下半身不随の状態となった後に病死[3]
ともづな/友綱 うめがたに/梅ヶ谷部屋 05前頭 1887年6月21日 32歳
あやせがわ/綾瀬川 いかずち/雷部屋 05前頭 1887年8月29日 36~38歳 急死[1]
あいおい/相生 たまのい/玉ノ井部屋 05前頭 1888年3月16日 27歳 熱病 東京・赤十字病院で死去[1]
ひおどし/緋縅 たまがき/玉垣部屋 05前頭 1888年9月9日 31歳 病死 長野県湯田中温泉で死去[1]
いねのはな/稲野花 たごのうら/田子ノ浦部屋 05前頭 1889年9月15日 32歳
たてかぶと/楯甲 くめがわ/粂川部屋 05前頭 1891年10月28日 29歳 事故死 巡業先の大垣濃尾地震に遭遇、倒壊寸前の家屋から弟弟子の若島権四郎を逃がした直後、その家屋が倒壊して圧死。
いずみたき/泉滝 いかずち/雷部屋 05前頭 1891年11月9日 37歳 コレラ 大阪巡業中に死去[1]
おとわやま/音羽山 いかずち/雷部屋 05前頭 1894年1月8日 36歳
くろいわ/黒岩 たかさご/高砂部屋 05前頭 1899年9月27日 28歳 心臓病[1]
たまのい/玉ノ井 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 05前頭 1900年10月28日 40歳 脳充血 巡業先の愛知県愛知郡熱田で死去[1]
みどりかわ/緑川 たかさご/高砂部屋 05前頭 1906年6月1日 27歳 脳充血[1]
こまがたけ/駒ヶ嶽 いづつ/井筒部屋 02大関 1914年4月11日 33歳[4] 脳出血腸穿孔 大酒を飲んだ後に日差しの下で眠ったため、酒が胃の中で発酵、毒素が全身に回った。
かしょうざん/加勝山 ともづな/友綱部屋 05前頭 1914年9月20日 24歳 心臓脚気 新潟県三条町の興行場で死去[1]
えびすなだ/恵比寿洋 でわのうみ/出羽海部屋 06十両 1915年8月10日 32歳 水死
おおのかわ/大ノ川 きみがはま/君ヶ浜部屋 04小結 1917年1月20日 36歳 事故死 朝稽古で腹を強打し腸を痛め5日後死去[1]
まさごいわ/真砂石 おぐるま/尾車部屋 04小結 1918年4月6日 26歳 大腸破裂 台湾巡業中に死去[1]スペイン風邪との関連説もある。
はなのやま/花ノ山 かたおなみ/片男波部屋 06十両 1924年1月1日 29歳
やりがたけ/槍ヶ嶽 でわのうみ/出羽海部屋 05前頭 1926年05月30日 29歳
ふくやなぎ/福柳 でわのうみ/出羽海部屋 03関脇 1926年12月11日 33歳 フグ中毒死 差し入れのフグを食べた後に乗った船内で昏睡状態になり、中毒死。
おにかぜ/鬼風 でわのうみ/出羽海部屋 05前頭 1927年5月24日 27歳
かつらがわ/桂川 みほがせき/三保ヶ関部屋 05前頭 1928年5月16日 33歳 腸チフス 場所中に死去。番付は同年10月場所まで残された。
おきつうみ/沖ツ海 わかふじ/若藤部屋 03関脇 1933年9月30日 23歳 フグ中毒死
たまにしき/玉錦 にしょのせき/二所ノ関部屋 01横綱 1938年12月4日 34歳 腹膜炎 虫垂炎を悪化させた。
はしづめ/橋詰 でわのうみ/出羽海部屋[5] 08三段目 1942年4月28日 23歳 戦死 殉職した行司の木村良雄と合同で協会葬が営まれた。
みふねなみ/三舩浪 いづつ/井筒部屋 06十両 1943年9月23日 29歳
まつらがた/枩浦潟 たつたやま/立田山部屋 04小結 1945年3月10日 29歳 認定死 東京大空襲で行方不明(死亡認定
とよしま/豊島 でわのうみ/出羽海部屋 03関脇 1945年3月10日 25歳 焼死 東京大空襲で死去。
あさけ/朝明 たかさご/高砂部屋 06十両 1946年8月25日 32歳 心不全 木曽川を遊泳中に心臓麻痺
かしまなだ/鹿嶌洋 かすがの/春日野部屋 05前頭 1947年5月5日 32歳 腹膜炎 広島巡業中に腹膜炎を患って死去。
さどのはな/佐渡ノ花 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 08三段目 1963年11月12日 18歳 フグ中毒死 佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件を参照。
さいとうやま/斎藤山 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 09序二段 1963年11月14日 18歳 フグ中毒死 佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件を参照。
なるせがわ/鳴瀬川 宮城野/宮城野部屋 09序二段 1971年10月7日 21歳 急性心不全
たまのうみ/玉の海 かたおなみ/片男波部屋 01横綱 1971年10月11日 27歳 急性冠症候群 虫垂炎の手術後に併発した右肺動脈幹血栓症肺血栓により死去。
なかのむら/中ノ村 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 09序二段 1974年8月28日 17歳 急性心不全
そうりゅう/蒼竜 ときつかぜ/時津風部屋 07幕下 1985年10月12日 26歳 白血病
もとまつ/本松 まがき/間垣部屋 07幕下 1986年9月7日 24歳 腎不全 悪性骨腫瘍による。
わかきりゅう/若鬼竜 ときつかぜ/時津風部屋 08三段目 1987年4月3日 26歳 心不全(虚血性心不全・鬱血性心筋症
しおざわ/塩沢 いせのうみ/伊勢ノ海部屋 07幕下 1987年6月19日 22歳 肺癌
いちかわ/市川 ここのえ/九重部屋 09序二段 1988年10月25日[6] 16歳 自殺 当時部屋付き年寄であった君ヶ濱の財布を預かっていたところ紛失してしまったことを苦にした。
えのきだ/榎田
[注釈 1]
たかさご/高砂部屋 09序二段 1989年10月20日 18歳 急性白血病クモ膜下出血
りゅうこうざん/龍興山 でわのうみ/出羽海部屋 05前頭 1990年2月2日 22歳 虚血性心不全
ちかむら/近村 ここのえ/九重部屋 09序二段 1990年7月23日 19歳 心不全(急性心不全) 1990年7月場所千秋楽の翌日に死去。
だいいりき/大威力 あさひやま/朝日山部屋 09序二段 1992年2月10日 18歳 水死 朝稽古後の入浴中に意識を失い溺死。
ことほしば/琴干場 さどがたけ/佐渡ヶ嶽部屋 08三段目[注釈 2] 1992年3月1日 24歳 心不全(急性心不全・肥大型心筋症
かいし/魁士 はなれごま/放駒部屋 10序ノ口 1992年7月14日 15歳 心不全心筋梗塞 場所中(出場期間中)に死去。
わかとうこう/若藤光 みやぎの/宮城野部屋 08三段目 1996年10月21日 25歳 心不全
けんこう/剣晃 たかだがわ/高田川部屋 04小結 1998年3月10日 30歳 肺出血 汎血球減少症による。場所休場中に死去。
まえだ/前田 きたのうみ/北の湖部屋 10序ノ口 2003年7月17日 15歳 心臓病 心臓肥大による拡張性心筋症
吉村 田子ノ浦部屋 三段目 2004年08月7日 17歳 多臓器不全 髄膜炎による[7]
なかぶち/中渕 たかのはな/貴乃花部屋 07幕下 2004年10月16日 32歳 心不全(虚血性心不全)[8][9]
ときたいざん/時太山 ときつかぜ/時津風部屋 10序ノ口[注釈 3] 2007年6月26日 17歳 ショック多発外傷による外傷性ショック死 詳細は時津風部屋力士暴行死事件を参照。
わかみうめ/若三梅 まがき/間垣部屋 07幕下 2008年12月15日 25歳 急性骨髄性白血病
しょうぶし/勝武士 たかだがわ/高田川部屋 08三段目 2020年5月13日 28歳 多臓器不全 同年世界的に流行した新型コロナウイルスによる肺炎のため死去。日本国内における同感染症による20歳代初の死者[10]
ひびきりゅう/響龍 さかいがわ境川部屋 08三段目 2021年4月28日 28歳 急性呼吸不全 同年3月場所の13日目の一番で、相手力士のすくい投げを受け土俵に頭部から落下し強打した[11]。入院し治療を行っていたが、1ヶ月後に死去[12]。寝たきり状態が続き、肺血栓を患っていたという。


本場所途中の力士の死亡について

編集

本場所途中に死亡した力士は、戦前では桂川大ノ川、戦後では剣晃・前田などの例があるが、大抵は病気の悪化などの原因で死亡直前の時点では休場しており、休場していない出場期間中に死亡した例は、明確な記録が残っている中では魁士(1992年7月場所、9日目(死亡前日)までの2勝3敗の成績が残されている)が唯一のケースであり、力士の死亡によって不戦敗(対戦相手が不戦勝)になったケースは理論上考えられるがその前例はまだない。なお響龍は本場所の取組中の事故が原因で死亡したが、実際に死亡したのは当該取組(2021年3月場所13日目)から1ヶ月後の本場所の開催されていない時期であった。

参考:現役中に死亡した行司・呼出・床山

編集

行司

編集
行司名 部屋 最高位 没年月日 没年齢 死因 備考
10代木村庄之助 立行司 1839年2月4日   9代庄之助と同一人物
5代式守伊之助 立行司 1850年3月1日  
5代木村多司馬 8人目 1868年5月  
6代式守伊之助 立行司 1880年9月2日 66歳  
7代式守伊之助 立行司 1883年8月15日  
14代木村庄之助 立行司 1884年8月14日 58歳  
15代木村庄之助 立行司 1897年9月22日 57歳  
8代式守伊之助 立行司 1897年12月18日 54歳  
木村瀬平 立行司 1905年2月5日 68歳 心臓麻痺
9代式守伊之助 立行司 1910年6月28日 56歳  
16代木村庄之助 立行司 1912年1月6日 62歳 肺炎
11代式守伊之助 立行司 1914年3月15日 54歳  
18代木村庄之助 高砂部屋 立行司 1925年6月11日 55歳 脳溢血
14代式守伊之助 立行司 1925年12月26日 55歳   式守伊之助としては1場所も務められなかった
19代木村庄之助 出羽海部屋 立行司 1932年5月30日 63歳  
5代式守錦太夫 幕内格 1938年5月  
20代木村庄之助 立行司 1940年3月9日 63歳 胃癌
木村良雄 出羽海部屋 十両格 1942年11月 31歳 事故死 皇軍慰問の先発ため乗っていた船が上海近くで被雷し、沈没
8代木村清之助 立浪部屋 立行司 1942年12月1日 68歳   もと大阪相撲、大相撲の東西合併で東京に加入、東京では三役格
6代式守錦太夫 十両格 1945年3月17日 戦死 硫黄島の戦いで玉砕
木村友治郎 幕内格 1946年11月30日 49歳  
木村公乃助 中村部屋 幕内格 1961年10月9日 50歳  
10代式守与太夫 立浪部屋 三役格 1983年5月25日 57歳 胃癌
木村筆之助 伊勢ノ海部屋 幕内格 1984年4月26日 60歳 糖尿病 1980年9月場所より休場、1984年1月場所より番付行司欄最下位に別格扱いで掲載
2代式守伊三郎 時津風部屋 三役格 1987年10月15日 62歳 脳梗塞
15代木村玉光 放駒部屋 幕内格 1988年9月15日 60歳 肝臓癌
木村圭吾 二子山部屋 幕下格 1995年1月7日 23歳 脳挫傷 門限に遅れて締め出されたため、部屋の2階から入ろうとして転落した[13]
木村誠司郎 九重部屋 幕下格 2003年12月26日 33歳 胃癌
4代木村正直 朝日山部屋 三役格 2013年1月29日 59歳 肝細胞癌

呼出

編集
呼出名 部屋 最高位 没年月日 没年齢 死因 備考
初太郎 双葉山道場 (番付制以前) 1940年10月2日   呼び上げを務め、「三羽烏」と呼ばれた3人の呼出の内の1人(残りの2人は宗吉と清吉)
関造 時津風部屋 (番付制以前)   土俵作りを務めた戦前の呼出
卯之助 出羽海部屋 (番付制以前) 1960年4月30日 74歳   呼び上げを務めた
源司 (番付制以前) 1960年 69歳  
栄吉 時津風部屋 (番付制以前) 1965年12月29日 51歳   呼び上げを務めた
真吉 間垣部屋 (番付制以前) 1984年 18歳   入門直後に死去
出羽海部屋 十両呼出 1995年5月11日 54歳 溺死 病気を苦にした自殺とみられる
幸太郎 伊勢ヶ濱部屋 幕内呼出 1996年1月12日 63歳 膀胱腫瘍
政弘 二所ノ関部屋 三役呼出 1999年12月29日 63歳 心不全
扇太郎 田子ノ浦部屋 序二段呼出 2008年6月19日 25歳  

床山

編集
床山名 部屋 最高位 没年月日 没年齢 死因 備考
床泰 浦風部屋   戦前の頃の床山、入門から5年半ほどで死去
床熙 伊勢ヶ濱部屋 一等床山 1989年3月3日 57歳  
床泉 東関部屋 三等床山 2016年6月3日 35歳  

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 1989年11月場所より「巨象」の四股名で土俵に上がる予定で改名届も出しており、同四股名も番付に掲載されたが、同四股名で土俵に上がることはなかった。
  2. ^ 新三段目で迎える筈だった1992年3月場所の7日前に死去した為、三段目に四股名は掲載されたが、土俵に上がることはなかった。
  3. ^ 新序ノ口で迎える筈だった2007年7月場所の12日前に死去した為、序ノ口に四股名は掲載されたが、土俵に上がることはなかった。

出典

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 古今大相撲事典(ISBN 978-4336018786
  2. ^ -力士と喧嘩騒動-
  3. ^ 武州の力士(中 英夫著(1976)出版社:埼玉新聞社)
  4. ^ 荒井太郎『歴史ポケットスポーツ新聞 相撲』(2008年5月大空出版)27頁
  5. ^ 「近世日本相撲史」第2巻20頁
  6. ^ 相撲」1988年12月号133頁
  7. ^ “大相撲の三段目力士が死去 将来を期待された17歳”. 47NEWS/共同通信. (2004年8月8日). https://web.archive.org/web/20110925020611/www.47news.jp/CN/200408/CN2004080801004580.html 2010年8月7日閲覧。 
  8. ^ “大相撲の序二段力士が死去 イベント参加中に倒れる”. 47NEWS/共同通信. (2004年10月16日). https://web.archive.org/web/20111226131325/http://www.47news.jp/CN/200410/CN2004101601003251.html 2010年8月7日閲覧。 
  9. ^ 相撲ニュース(2004年10月6日-11月29日分)
  10. ^ 高田川部屋の勝武士がコロナ感染死 28歳」『日刊スポーツ』2020年5月13日。2020年5月13日閲覧。
  11. ^ 響龍が俵に激しく頭部ぶつける 動けず救急搬送」『日刊スポーツ』2021年3月26日。2021年4月29日閲覧。
  12. ^ 響龍さん死去 28歳 春場所取組で倒れ入院、寝たきり続き急性呼吸不全で」『日刊スポーツ』2021年4月29日。2021年4月29日閲覧。
  13. ^ 相撲』1995年2月号123頁。

関連項目

編集