又吉直樹

日本のお笑いタレント、小説家、俳優

又吉 直樹(またよし なおき、1980年(昭和55年)6月2日 - )は、日本お笑いタレント小説家、俳優。大阪府寝屋川市出身。お笑いコンビ・ピースのボケ担当。相方は綾部祐二吉本興業東京本社(東京吉本)所属。北陽高校卒業。元サッカーインターハイ大阪府代表。第153回芥川龍之介賞受賞作家。

又吉またよし 直樹なおき
本名 又吉直樹
ニックネーム まったん、またきち、マッピー、大先生
生年月日 (1980-06-02) 1980年6月2日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府寝屋川市
血液型 B型
身長 164 cm
言語 日本語
方言 大阪弁
出身 NSC東京校5期
影響 ダウンタウン
コンビ名
  • ピース(活動休止中)
  • 線香花火(解散)
相方 綾部祐二
芸風 コント漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 2000年 -
同期
過去の代表番組
作品 小説『火花
他の活動 作家・俳優
配偶者 未婚
弟子 オードリー春日俊彰
公式サイト 公式サイト
受賞歴
芥川龍之介賞(2015年)
テンプレートを表示
又吉 直樹
誕生 又吉 直樹
(1980-06-02) 1980年6月2日(42歳)
日本の旗 日本 大阪府寝屋川市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2009年 - 現在
ジャンル 小説随筆
代表作火花』(2015年)
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル コメディ教育インタビュー
登録者数 約33.8万人
総再生回数 約3240万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月30日時点。
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府寝屋川市で、4歳年上と3歳年上の姉の下に生まれる。父は沖縄県名護市、母は鹿児島県奄美群島加計呂麻島の出身[1][2]。比較的貧しい家庭で育ち、家族で焼肉店に食事に行っても「焼肉2枚でお腹一杯だから」と母や祖父が無理をして子供たちに食事を譲り、子供たちもそれを分かっていて親に「お茶漬けでお腹一杯」と食事を譲る、といった生活をしていた。親がクリスチャンだったため、幼少時は教会学校に通っていた[3]

小学生の頃から(寝屋川市立啓明小学校サッカーを始め、中学校は寝屋川市立第五中学校に通い、高校時代は関西の強豪である北陽高校(現:関西大学北陽高等学校)サッカー部に所属[4]。利き足が左足であるため、左のウィングバックをやっていた。3年生の時は副キャプテンも務め[5]、また大阪府代表としてインターハイにも出場している[6][7]。寝屋川市立第五中学校の同級生には難波横山がいた。1999年平成11年)にNSC東京校の5期生として入学。大阪府出身ながら東京NSCを選んだ理由は、高校サッカー部の監督が吉本興業にも顔の利く人物であり、大学推薦を断ってお笑いの道を目指していることが判明するのを恐れたためである[8]お見送り芸人しんいちは在学当時の北陽高校の先輩でサッカー部の後輩でもある。

2003年(平成15年)夏まで中学校時代からの仲でもある原偉大[注 1]と「線香花火」というコンビで活動。M-1グランプリ2002では準決勝に進出するほど実力を認められていたものの、程なくして解散。その後はトリオを組む予定だったが、同期で仲の良かった綾部祐二に強引に誘われる形でピースを結成し、現在に至る。

2015年(平成27年)自身が書いた小説『火花』で新人小説家の登竜門・芥川賞を受賞。お笑い芸人での受賞者としては、史上初の快挙となった[11]。会見では異例づくめで通常15分ほどで終了するところ、メディアからの希望で急きょ又吉のために2度目の会見が開かれ、トータルで2時間ほどの長丁場となった[12]

芥川賞受賞をきっかけに、文化人としてもメディアの注目を浴び単体での活動が多くなっていく。同年、GQ Men of the Year 2015を受賞[13]。2016年4月から日本テレビ系『NEWS ZERO』の月1回の新キャスターに就任[14]

一方、ピースとしての活動は芥川賞受賞をきっかけに減少し、又吉の活躍の陰で存在感が薄くなった綾部がタレントとしての拠点をニューヨークに移した。これに伴い、コンビ活動は2017年4月以降休止しているが、現在もピンの芸人・タレント・文化人としてメディアに登場する際は「ピース 又吉直樹」の名義を使用する。芸人としての活動は主にコント作家として継続しており、ライブ「実験の夜」、ユニットコント「さよなら、絶景雑技団」、YouTubeチャンネル「渦」の主宰として、かつて共同生活をしていた児玉智洋(サルゴリラ)、向井慧パンサー)をはじめ、ライスや好井まさお(井下好井)など仲の良い後輩たちとともに活動している。

2020年3月6日、ねやがわPR大使に就任[15]

2021年3月7日、東京大学と吉本興業の共同によって「笑う東大、学ぶ吉本プロジェクト『東大吉本対話』」と銘打って行われるオンライン特別講義シリーズの第一弾「言葉力が世界を変える?」において、東京大学佐藤健二副学長(専門:歴史社会学メディア論)と組んで「言葉の力」をテーマにした対談を行い、その模様がネット配信された[16]

人物編集

世間一般的には物静かで温厚というイメージが強いが、相方の綾部や親交の深い大悟千鳥)によれば、とても頑固で筋の通らないことにはすぐ怒る性格である[17]。後輩のしずるはかなりの負けず嫌いという一面も語っている[18]

嫌いなものとして「鍋」を挙げている。理由は「気を使う料理」だからで、本人曰く「周りに気を使うあまりメインの肉を食べることができず、野菜ばかりを食べてしまう」とのこと。さらに、アクにも言及し恐ろしいものだと述べた。そして鍋奉行は世の中的にからかわれるので悲しい存在だと述べ、「鍋マエストロ」「鍋パフォーマー」と呼べばポジティブな存在になると語った[19]

趣味編集

趣味は散歩と読書と音楽鑑賞。通算3,000冊以上の本と2,800枚以上のCDを持っている。活字が躍りだす夢を見るほどの読書家。好きな作家として、太宰治[20]芥川龍之介[7]古井由吉[21]京極夏彦中村文則田丸雅智等を挙げている。「太宰治ナイト」「松尾芭蕉ナイト」などのイベントを主催している[22]。また同人誌即売会「文学フリマ」に足を運ぶこともある[23]携帯の待受け画面は太宰治(昔は正岡子規だったこともある)で、以前に三鷹市下連雀の築60年以上の風呂なしアパートに住んでいた時期があったが、過去に読んだことのある「太宰の家から吉祥寺への行き方」と同じであったため三鷹図書館で詳細に調べてみると、その住所が太宰家の旧住所にあたることが判明した[24]

また、太宰治とはもう1つ不思議な縁があり、沖縄に住む祖母の家が大塚製薬から販売されている『MATCH』のCMのロケ地として使われた事を親から知り、パソコンで大塚製薬のホームページから観たところ、手越祐也演じる主人公は太宰治の『走れメロス』をモチーフとしており、『又吉』の表札が『太宰』になっていた。家の中も玄関も又吉の祖母の家であり、CM製作者側も、又吉の祖母の家とは知らず撮影したという。

影響を受けた芸人はダウンタウン間寛平。ダウンタウンに関しては太宰治と同じような衝撃を受け、両者は似ていると思い「ダウンタウンさんには思春期の頃、とんでもない影響を受けたと思います」と語っている[25]

好きなミュージシャンは、創作活動の原点となるほど影響を受けたという吉田拓郎[26][27][28][29]くるり遠藤賢司友部正人サンボマスター真心ブラザーズハンバート ハンバート等を挙げている。真心ブラザーズとハンバート ハンバートの曲はライブの開演前に流すこともある[30][31]

しばしばひとりで寺社参拝をしている。神保町神保町花月が開設される前から同地に足しげく通っており、現在でも古本屋巡りなどをしている。過去に1度古本屋の店主などと並び「神保町の10人」に選ばれたことがある[32]

容姿・ファッション編集

髪型は肩に掛かる程度の長髪でワンレングス。パーマをかけてウェーブを出している。普段は長髪を頭頂部もしくは後頭部で括っている。ピース結成当初は短髪で、現在の髪型に落ち着いたのは2008年頃である。

プライベートでは、和服を着ることがある。古着を含む服が好きで、2010年(平成22年)よしもとオシャレ芸人ランキング男性芸人部門では第2位、2011年では第1位にランキングされ、ドン小西から褒められるなど、東京吉本若手のオシャレ番長的扱いを受けている[33]。特に好きなファッションブランドはフラボア[34]

LLRの伊藤智博が、神保町花月公演「月見草」の脚本を書くにあたって死神のことを調べた際、「死神と呼ばれる著名人一覧」に又吉の名前があるのを発見した。また、その一覧にはハリセンボン箕輪はるかも名を連ねていたが、「又吉から死神の鎌を譲り受けた」というエピソードが添えられていた。また、そのような容姿であることからオール巨人に薬物乱用を疑われたこともある[35]

2015年、第28回日本メガネベストドレッサー賞・芸能人部門(男性)を受賞[36]

雑誌の表紙モデルを務めた経験がある。

作家活動編集

線香花火としてデビューして2年経った頃、吉本興業の広報誌『マンスリーよしもと』で若手芸人がコラムを書いて競い合うというコーナーで、文章を書くこととなった。それが初めて活字になった原稿だった。当初は10回優勝したら単独連載誌面を貰えるという話だったが、10回優勝しても扱いは変わらなかった。この連載は同誌が『マンスリーよしもとPLUS』にリニューアルするまで続いたが、最後まで無報酬だった[37]。この連載は後に『東京百景』として出版される。

プロの作家や演出家が芝居を作り、芸人が演じるというコンセプトの神保町花月の劇場に出演しており、そのピース主催の初公演の際、準備不足から大失敗に終わる。もう二度とやりたくないと思い劇場側と何度か押し問答があった末、自分で脚本を書くことを勧められ『凛』(2007年12月)という芝居を書いた(2019年2月に映画化)。神保町花月で初めて、出演者が自ら脚本を書いた公演となった。その他に、『誰ソ彼』(2008年5月・6月)、『ある風景』(2009年7月)、『咆号』(2010年8月)という芝居を書いている。それまで文章はずっと携帯電話のメール機能を使って書いていたが、芝居を書く途中からパソコンを導入した[38]

2009年6月、知人の構成作家の紹介で知り合ったせきしろと共著で自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』を刊行。これが又吉にとって、初の書籍となった[39]。当時のピースはまだ全国的な知名度を得ているほどではなかったが、自由律俳句への取り組みや「太宰ナイト」の開催などにより、文学好きの変わった芸人がいるという評判が文壇に届き始める[要出典]。同時期に西加奈子の短編集『炎上する君』の帯を書いてほしいという依頼を受けたり、中村文則と話す機会を得るなど、他ジャンルの才能豊かな人たちが自身の表現を面白いと評価してくれたことが大きな自信になった[40]。2010年12月、続編である『まさかジープで来るとは』を発表。2011年11月、初めての単著『第2図書係補佐』を刊行。これは、2006年3月に出来たヨシモト∞ホールに置かれていたフリーペーパー『Y∞H!』で連載されていたものを文庫オリジナルという形で出版したものである[41]。2012年には俳人堀本裕樹とともに雑誌『すばる』で『ササる俳句 笑う俳句』を連載、それに加筆、書き下ろし原稿を加えたものが、2015年に『芸人と俳人』として、集英社より刊行された。

『マンスリーよしもと』、『Y∞H!』での連載をきっかけに、他の媒体からも執筆の依頼を受けるようになった。初めての依頼は、松尾スズキ責任編集の雑誌『hon-nin』で2007年6月より始まったコラム「大至急本人を!」だった。2009年9月、『マンスリーよしもと』が『マンスリーよしもとPLUS』にリニューアルされ、エッセイ「東京百景」を連載開始。『マンスリーよしもとPLUS』が2013年4月に休刊となったため、短時間で文章を書き下ろし、2013年8月に書籍化された[42]

2010年4月、単行本『MAGIC BOYS 〜マジシャンたちの肖像〜』に短編処女小説「夕暮れひとりぼっち」が掲載された[43]

EXIT兼近大樹は又吉の本を読んだ事が切っ掛けでお笑い芸人を目指した。後に作家デビューしている。

『火花』編集

2015年1月7日、『文學界』2月号に初の中篇小説『火花』(230枚)を発表し純文学デビュー[44]。又吉の作品の掲載効果により『文學界』2月号の累計部数は発売2日後で4万部に達する。同誌が1933年の創刊以来初となる重版がかかるほどの話題作となる[45]。同年3月11日文藝春秋より『火花』の単行本が発売。発売直後から版を重ね、3月16日時点で計35万部に達した[46]。カバーは25歳の画家・西川美穂が2011年に描いた作品「イマスカ」。これは又吉が一目見るなり気に入り、採用された[47]3月14日、TBS『王様のブランチ』のブックランキングコーナーの特集に出演し、本作について「共感できなくても芸人の世界を理解してほしい。」と語っている[48]

4月22日、第28回三島由紀夫賞候補に挙げられた[49]5月14日に行われた選考会では、受賞作『私の恋人』(上田岳弘)との決選投票に持ち込まれたが、3対2で敗れて受賞を逃した[50]。選考委員の辻原登は、「落ちるはずのない作品が落ちた。2作受賞でも良かった」と述べている[51]

6月11日、電子書籍版が発売[52]

6月19日、第153回芥川龍之介賞の候補に挙げられる[53]7月16日、本職「お笑いタレント」として初の芥川賞を受賞した[54]

単行本の累計発行部数は239万部を突破した[55]村上龍の『限りなく透明に近いブルー』を抜き、芥川賞受賞作品として歴代第1位[56]、文藝春秋刊行物として歴代第2位の単行本部数となった[57]。また、電子書籍版は10万ダウンロードを突破し、文藝春秋刊行物として歴代第1位となった[58]

芥川賞受賞作2作品を全文掲載し、受賞者インタビューや選考委員の選評も掲載される『文藝春秋』9月特別号(8月7日発売)の発行部数は110万3000部[59][60] で、綿矢りさ蹴りたい背中』、金原ひとみ蛇にピアス』の掲載された2004年3月号の118万5000部に次ぐ、同誌の歴代第2位の記録となった[61]

8月21日に芥川賞贈呈式が開催され、あいさつでは執筆活動と芸人の両立について「どっちが上ではなく両方必要」と述べた[62]

8月27日、有料動画配信のNetflixと吉本興業によって映像化されることが明らかになる[63]2016年にNetflixによって独占配信される。

又吉は、出身校の関西大学北陽高等学校(大阪市)のサッカー部に、芥川賞の賞金100万円で製作したユニホームを寄贈した[64]

Yahoo!検索大賞 2015では、パーソンカテゴリーの作家部門賞を受賞し、カルチャーカテゴリーの小説部門賞では「火花」が受賞した[65]

出演編集

コンビでの出演歴についてはピース (お笑いコンビ)を参照。

テレビ編集

これまでのレギュラー番組編集

継続出演している特別番組編集

最新出演から1年未満で出演している(または出演していた)特別番組を記す。

  • おやすみ日本 眠いいね!NHK総合、2012年1月 - )※不定期特番 - 進行役宮藤官九郎×又吉直樹
  • スカパー! FM579 presents『スズコウ★ナイト』(BSスカパー!)
    • スズコウ★ナイト(2017年11月13日・27日) - 進行役[67]
    • スズコウ★ナイト2(2018年6月11日・25日) - 進行役[68]
    • スズコウ★ナイト3(2019年3月4日・18日) - 進行役
  • 樹木希林さん特別番組 おもしろうて、やがて不思議の、樹木希林(テレビ朝日、2019年9月10日)
  • すっちー又吉の哀歌~人生どん底で聴いた曲~(ABCテレビ、2020年1月2日) - 進行役冠番組[69]
  • 知られざる国語辞書の世界 (BSジャパン、2012年3月23日) - 司会
  • 又吉直樹のザ太宰TV~太宰を語れば火花が飛ぶぜ!(チャンネルNECO、2015年5月31日・6月7日、2016年1月2日) - 進行役冠番組
  • 燃えよ空想 シェイクスピアゲーム(NHK BSプレミアム、2015年6月2日・16日)
  • 100分de名著 太宰治『斜陽』(NHK Eテレ、2015年9月23日・24日)
  • ピース又吉のふみコミ苑(日本テレビ、2015年9月27日) - 進行役冠番組
  • 又吉直樹のマンガ・ジャーニー(NHK-BS、2015年11月25日) - 進行役冠番組
  • このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状(TBS系列、2014年12月19日、2015年11月30日 )※年1特番 - 進行役
  • 1万人の第九〜サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日) - 進行役冠番組
  • Toshl Cafe 客は又吉〜こだわりのメニューを作る旅〜(フジテレビ、2016年10月5日) - 冠番組

テレビドラマ編集

ドキュメンタリー編集

ラジオ編集

  • ピース又吉の活字の世界(2012年10月3日 - 2013年3月27日、ニッポン放送
  • ラジオシアター〜文学の扉TBSラジオ
  • 渋谷のナイト(2016年4月 - 、渋谷のラジオ
  • やしろと又吉 ひとりの夜に(2016年8月12日、2017年8月18日、2017年12月27日、NHK-FM
  • 特別番組『又吉直樹 〜イヤホンで聴くラジオ』(2017年5月14日19:00-20:00、TBSラジオ)
  • 又吉・児玉・向井のあとは寝るだけの時間(NHKラジオ第1) - 毎週月曜
    • (2016年5月3日・20:05 - 20:55) - 特番
    • (2016年8月11日・19:20 - 19:55、20:05 - 20:55) - 特番 〜夏の夜〜
    • (2017年4月24日 - 2018年3月26日・21:05 - 21:55) - 毎月、最終月曜レギュラーに昇格
    • (2017年8月10日・19:40 - 19:59、20:05 - 20:55、21:05 - 21:55) - 夏のスペシャル企画 〜ようこそ!僕たちのリビングへ〜
    • (2018年4月2日 - 2019年3月18日・20:05 - 20:55、21:05 - 21:55) - 隔週2時間の枠拡大
    • (2018年8月17日・21:30〜21:55) - 特別編 マジで旅する3日前!
    • (2019年4月1日 - 21:30〜21:55) - 毎週1回のレギュラー番組
  • TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」(2021年11月22日(21日深夜)、TOKYO FM) - 携帯ショップの店員 役[81]

映画編集

  • 青い春(線香花火時代)
  • ナイン・ソウルズ(線香花火時代)
  • オムライス (2011年)
  • タバコイ〜タバコで始まる恋物語〜(2013年) - 主演
  • 舟を編む(2013年) - 戸川 役
  • 海酒(2016年) - 主演 [82]
  • 海辺の週刊大衆 (2018年) -主演

舞台編集

CM編集

単独ライブ編集

  • 太宰ナイト(年1回桜桃忌に開催・2009年 - 2019年)
  • さよなら、絶景雑技団(不定期開催、2009年6月 - )
  • 又吉直樹主催〜実験の夜〜(ヨシモト∞ホール、月1開催・2012年1月 - )
  • 象牙の塔(不定期開催)共演:マンボウやしろ
    • マンボウやしろ・ピース又吉ライブ「象牙の塔215418」(新宿シアターモリエール、2015年4月18日)
    • マンボウやしろ・ピース又吉ライブ「象牙の塔215113」(ヨシモト∞ホール、2015年11月13日)
    • マンボウやしろ・ピース又吉ライブ「象牙の塔216212」(ヨシモト∞ホール、2016年2月12日)
  • ピース又吉とジューシーズ児玉のトークライブ(よしもと沖縄花月、2015年11月8日)共演:児玉智洋(ジューシーズ
  • 『自作自演』(東京芸術劇場、2015年12月13日)共演:穂村弘(歌人)

MV編集

著作編集

書籍編集

小説編集

  • 夕暮れひとりぼっち(「MAGIC BOYS 〜マジシャンたちの肖像〜」きんとうん出版 収録、2010年4月9日)- 短編処女小説
  • そろそろ帰ろかな(別册文藝春秋12年5月号、2012年4月7日)- 短編
  • 夕暮れに鼻血(別册文藝春秋12年9月号、2012年8月8日)- 短編
  • 火花文藝春秋 2015年3月11日 ISBN 978-4163902302 電子書籍有 / 2017年2月10日 文春文庫 ISBN 978-4167907822)- 初の中編作品
  • 劇場新潮社 2017年5月11日 ISBN 978-4103509516 / 2019年8月28日 新潮文庫 ISBN 978-4101006512
  • 人間(毎日新聞出版 2019年10月10日 ISBN 978-4620108438

エッセイ編集

共著編集

連載編集

推薦・解説等編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

DVD編集

  • 平成ノブシコブシ 御コント(ライブ出演&作家として協力している)
    • 〜今宵の主役はどっちだ〜(2010年10月20日)
    • 〜徳井健太が滅!〜(2012年8月9日)
  • アメトーーク
    • vol.13 - 気にしすぎ芸人
    • vol.16 - 男子高芸人
    • vol.22 - 読書芸人
    • vol.23 - 女の子苦手芸人・芸人の新ルールを考えよう

個展編集

  • 書遊展『月光心猿』 - 阿佐ヶ谷gallery「白線」(2009年9月19日 - 27日)
  • 『月光心猿』〜田中象雨が書く又吉直樹の言葉〜 - 下北沢gallery「HIBOU HIBOU」(2011年10月11日 - 16日)

題字編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 原偉大(はら たけひろ、1980年10月4日[9] - )はコンビ解散後、大阪で雑誌編集者をしており、ABCラジオよなよな…』に2014年4月から2021年9月まで出演。又吉は『よなよな…』2015年4月14日放送分にゲスト出演した[10]

出典編集

  1. ^ 芥川賞「大したもんじゃ」 又吉直樹さん父は実家の名護市で朗報.沖縄タイムス(2015年7月17日).2015年8月1日閲覧。
  2. ^ 又吉直樹、島へ行く。 母の故郷〜奄美・加計呂麻島へ.BSジャパン(2014年3月8日放送).2015年8月1日閲覧。
  3. ^ 作家の読書道第211回
  4. ^ “サッカー芸人が渋谷に緊急招集、オランダ戦を盛り上げる”. お笑いナタリー. (2010年6月19日). http://natalie.mu/owarai/news/33330 
  5. ^ “両親が明かした芥川賞芸人「又吉直樹」という男”. 現代ビジネス. (2015年8月2日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44462?page=3 
  6. ^ “「生涯1万句作ります」ピース又吉直樹”. 日刊スポーツ. (2011年1月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110130-730827.html 
  7. ^ a b “又吉直樹(ピース)「正月読書のすすめ_01」”. Webマガジン 月刊チャージャー. (2011年1月). オリジナルの2011年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110114003440/http://promotion.yahoo.co.jp/charger/doga/myzo/vol19/vol19.php 
  8. ^ 祇園笑者』2014年1月24日放送分。
  9. ^ 原偉大のプロフィール”. ザ・テレビジョン. KADOKAWA. 2021年9月18日閲覧。
  10. ^ “ピース又吉が線香花火時代の相方とラジオ共演”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年4月11日). https://natalie.mu/owarai/news/143756 2021年9月18日閲覧。 
  11. ^ 又吉さん「火花」100万部突破へ お笑い芸人初の芥川賞.日本経済新聞.2015年7月17日
  12. ^ 又吉受賞で報道関係者、3倍の350人 “異例”単独会見で2時間超え.oricon style.2015年7月17日
  13. ^ 「相方もよろしく」今年最も輝いた男に選ばれたピース又吉が綾部を売り込み”. お笑いナタリー (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  14. ^ ピース又吉、ニュースキャスターに「あらゆる問題に簡単に答えを決めず…」
  15. ^ 芥川賞・又吉直樹&直木賞・門井慶喜氏が「ねやがわPR大使」就任”. サンスポ (2020年3月6日). 2020年3月6日閲覧。
  16. ^ “オンライン特別講義シリーズ「東大吉本対話」vol.1 ~言葉力が世界を変える?~ の実施”. キャンパスニュース (東京大学). (2021年3月8日). https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0801_00042.html 2021年3月8日閲覧。 
  17. ^ 女性記者だけではない!! 又吉がブチ切れたコメンテーターとは?
  18. ^ 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー. “負けず嫌い過ぎる又吉の言動に後輩困惑 よしログ(GYAO!オリジナル)”. GYAO!. 2019年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年9月26日閲覧。
  19. ^ アメトーーク! (2016年3月17日放送回) の番組概要ページ”. gooテレビ番組(関東版). 2016年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月2日閲覧。
  20. ^ “スチャダラパーBOSEとピース又吉直樹、本を語る!”. VOGUE. (2011年3月1日). http://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2011-03/01/vogue_book 
  21. ^ 著書「第2図書係補佐」で「杳子」の書評を書き、『新潮』2008年11月号にエッセイ「お笑い芸人が古井由吉を好きな理由」、『文藝』2012年夏季号・古井由吉特集に本職の小説家・評論家に交じってアンケート回答を寄稿、『新潮』2012年1月号の対談企画「災いのあとに笑う」において対面を果たした。
  22. ^ “又吉直樹(ピース)「正月読書のすすめ」_03”. Webマガジン 月刊チャージャー. (2011年1月). http://promotion.yahoo.co.jp/charger/doga/myzo/vol19/vol19_03.php [リンク切れ]
  23. ^ “文化人も絶賛! "モテている"芸人・ピース又吉が本当にモテたい層は?”. サイゾーウーマン. (2011年8月). https://www.cyzowoman.com/2011/08/post_4081_1.html 
  24. ^ 著書「第2図書係補佐」
  25. ^ ピース・又吉直樹 太宰治とダウンタウンに衝撃を受けた過去”. NEWSポストセブン. 2015年3月29日閲覧。
  26. ^ テレビ朝日 (2015年9月27日). “関ジャム 完全燃SHOW、2015-09-27twitter”. 関ジャム 完全燃SHOW. オリジナルの2015年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/*/https://twitter.com/kanjam_tvasahi/status/648038257750478849 2015年9月27日閲覧。 
  27. ^ “『関ジャム 完全燃SHOW』、ピース・又吉が奇抜なファッションに目覚めた経緯を告白!”. T-SITEニュース. (2015年9月27日). オリジナルの2015年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151001063246/http://top.tsite.jp/news/johnnys/i/25464466/ 2022年9月26日閲覧。 
  28. ^ “関ジャム 完全燃SHOW”. Gガイド.テレビ王国. (2015年9月27日). オリジナルの2015年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150927104541/http://tv.so-net.ne.jp/schedule/105144201509272315.action 2015年9月27日閲覧。 
  29. ^ “ピース『憧れの人・ダウンタウンへの想いや、青春時代のベストソングを語る!!”. ORICON STYLE. (2011年8月15日). オリジナルの2015年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150927105314/http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2011/peace0815/ 2015年9月27日閲覧。 
  30. ^ “又吉直樹(ピース)の名言コラム「確かにお前は大器晩成やけど!!”. キネマ旬報. http://www.kinejun.com/Portals/0/serial/matayoshi/18.html 
  31. ^ “ハンバート ハンバート×又吉直樹(ピース)対談”. natalie. (2014年5月27日). http://natalie.mu/music/pp/humberthumbert 
  32. ^ “芸人随一の読書家ピース 又吉直樹がGALAPAGOSに出会った!”. nikkei TRENDYnet(日経トレンディネット). (2010年). http://trendy.nikkeibp.co.jp/as/galapagos/1p.html 
  33. ^ “オシャレ芸人、ピース・又吉直樹のファッション哲学”. 週プレNEWS. (2011年4月3日). https://web.archive.org/web/20110405213203/http://wpb.shueisha.co.jp/2011/04/03/3335/ 
  34. ^ マンスリーよしもとPLUS』2012年11月号(ワニブックス)36ページ
  35. ^ アメトーーク』2011年9月8日放送分
  36. ^ 『メガネ ベストドレッサー』、桐谷美玲&中村アンらが受賞”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  37. ^ 又吉直樹 2016, p. 59-62.
  38. ^ 又吉直樹 2016, p. 66-68.
  39. ^ 又吉直樹 2016, p. 69.
  40. ^ 又吉直樹 2016, p. 71.
  41. ^ 又吉直樹 2016, p. 72-74.
  42. ^ 又吉直樹 2016, p. 75-78.
  43. ^ 又吉直樹 2016, p. 78.
  44. ^ 文藝春秋|雑誌|文學界_1502
  45. ^ “ピース又吉効果で『文学界』再増刷決定 史上最高4万部到達”. ORICON STYLE. (2015年1月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2047004/full/ 2015年2月13日閲覧。 
  46. ^ “「ピース」又吉さん:純文学「火花」異例のヒット35万部”. 毎日新聞. (2015年3月17日). オリジナルの2015年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150402103617/http://mainichi.jp/select/news/20150317k0000e040247000c.html 2015年3月18日閲覧。 
  47. ^ “ピース又吉、小説『火花』が異例の初版15万部”. ORICON STYLE. (2015年2月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2048478/full/ 2015年3月18日閲覧。 
  48. ^ ピース・又吉、小説『火花』に込めた思い「"こうあるべき"は芸人じゃない」
  49. ^ ピース又吉さんの「火花」、三島由紀夫賞の候補に”. 朝日新聞デジタル (2015年4月22日). 2015年4月22日閲覧。
  50. ^ ピース・又吉:三島賞僅差で落選 選考委員から賛嘆の声”. まんたんウェブ (2015年5月14日). 2015年5月15日閲覧。
  51. ^ 三島賞は上田岳弘さん…又吉直樹さん受賞逃す”. YOMIURI ONLINE (2015年5月14日). 2015年5月14日閲覧。
  52. ^ 又吉の「火花」、今度は電子書籍に”. デイリースポーツ online (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  53. ^ 芥川賞候補に人気芸人の又吉さん 芥川賞・直木賞候補決まり”. 産経ニュース (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。
  54. ^ 第153回芥川龍之介賞候補作品決定!
  55. ^ 〈速報〉又吉「火花」239万部「増刷になってビックリ」.朝日新聞(2015年8月21日).2015年8月27日閲覧。
  56. ^ 又吉さんの「火花」 発行部数209万部に.NHK NEWS(2015年8月5日).2015年8月5日閲覧。
  57. ^ 又吉直樹さんの小説「火花」、200万部を突破.朝日新聞(2015年8月4日).2015年8月4日閲覧。
  58. ^ 又吉直樹『火花』 電子書籍で10万ダウンロードを突破!.読売新聞(2015年8月19日).2015年8月19日閲覧。
  59. ^ 芥川賞受賞作全文掲載の文芸春秋 異例の92・3万部発行 ― スポニチ 芸能”. Sponichi Annex (2015年8月6日). 2015年8月6日閲覧。
  60. ^ “又吉さん「火花」掲載の「文芸春秋」が再増刷。110万部を突破”. 産経新聞. (2015年8月24日). https://www.sankei.com/article/20150824-2VUBBEGLGFNQDDARPXALZTCQJM/ 2016年1月30日閲覧。 
  61. ^ 「火花」全文掲載の「文藝春秋」が100万部超え、歴代2位に”. Sponichi Annex (2015年8月10日). 2015年8月10日閲覧。
  62. ^ ピース又吉、お笑いと作家「両方必要」”. ORICON STYLE (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  63. ^ 又吉の『火花』初映像化で世界へ “動画配信の黒船”Netflixで来年独占配信”. ORICON STYLE (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  64. ^ “ピース又吉、母校にサッカーユニ寄贈 芥川賞の賞金100万円で :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151016-OHT1T50229.html 2015年10月17日閲覧。 
  65. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  66. ^ “ピース・又吉直樹らが語る「残したい沖縄」とは?”. ザテレビジョン. (2019年6月25日). https://thetv.jp/news/detail/194879/ 2022年9月26日閲覧。 
  67. ^ 向井秀徳、前野健太、山内総一郎、吉澤嘉代子がギターを抱え居酒屋で乾杯” (日本語). BARKS. 2020年1月6日閲覧。
  68. ^ Inc, Natasha. “YO-KING、曽我部恵一、MOROHAが居酒屋で弾き語る「スズコウ★ナイト2」” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年1月6日閲覧。
  69. ^ Inc, Natasha. “すっちーと又吉MC、吉本新喜劇の座員たちが再現VTRに” (日本語). お笑いナタリー. 2020年1月6日閲覧。
  70. ^ “又吉直樹が夏目漱石役で出演 嵐・二宮主演ドラマ『坊っちゃん』”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2064305/full/ 2015年12月23日閲覧。 
  71. ^ “又吉直樹&浅香航大が大島美幸×安藤なつ主演作に出演”. Smartザテレビジョン. (2016年10月1日). https://thetv.jp/news/detail/88400/ 2016年10月4日閲覧。 
  72. ^ “ピース又吉直樹、「西郷どん」徳川家定役で大河初出演 二階堂ふみは愛加那役”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/03/kiji/20171003s00041000097000c.html 2017年10月3日閲覧。 
  73. ^ “ピース又吉「世にも奇妙な物語」初主演で将棋の棋士役、得体の知れない怖さ”. お笑いナタリー. (2021年6月15日). https://natalie.mu/owarai/news/432488 2021年6月16日閲覧。 
  74. ^ "白石聖&フォンチーら共演で"国際協力の最前線"描く 「BSよしもと」開局記念ドラマ3・27放送". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年3月10日. 2022年3月10日閲覧
  75. ^ "又吉直樹書き下ろしドラマ『椅子』劇中に登場する椅子&キャスト発表". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年3月30日. 2022年3月30日閲覧
  76. ^ “赤楚衛二、山下美月、長濱ねるが「舞いあがれ!」で連続テレビ小説初出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年4月12日). https://natalie.mu/eiga/news/473652 2022年7月1日閲覧。 
  77. ^ “舞いあがれ!:ピース又吉が朝ドラデビューへ 古本屋の主人・八木巌役 貴司に多大な影響”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2022年10月16日). https://mantan-web.jp/article/20221016dog00m200012000c.html 2022年10月16日閲覧。 
  78. ^ “藤子・F・不二雄のSF短編10作品をドラマ化、キャストに金子大地、堀田真由ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年12月9日). https://natalie.mu/eiga/news/504404 2022年12月10日閲覧。 
  79. ^ 課外授業ようこそ先輩「暗くたって いいじゃないか!」
  80. ^ 又吉直樹 第二作への苦闘」
  81. ^ 松本隆の歌詞世界をテーマに根本宗子がラジオドラマ脚本・演出!出演:趣里、又吉直樹/TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」”. PR TIMES (2021年11月17日). 2021年11月22日閲覧。
  82. ^ “又吉主演「海酒」に拍手 カンヌ映画祭で世界初公開”. 日刊スポーツ. (2016年5月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1651052.html 2016年5月23日閲覧。 
  83. ^ “「火花」初の舞台化、本人役でピース又吉出る!主演は観月ありさ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月19日). https://www.sanspo.com/article/20180119-KUPWKT2WVFKR3IAQI4NPAR65SA/ 2018年6月4日閲覧。 
  84. ^ 世界を買える BUYMA(バイマ)「又吉直樹×スニーカー」篇
  85. ^ 又吉さんと遼河さんが魅力発信 本紙新CM”. 中日新聞 (2016年2月29日). 2016年3月9日閲覧。
  86. ^ ほっとWebHOME > CMギャラリー”. 東京新聞ほっとWeb. 2016年3月7日閲覧。
  87. ^ “ピース又吉が想像力を刺激される秩父CM、ポスターには掌編執筆”. お笑いナタリー. (2016年4月19日). http://natalie.mu/owarai/news/184127 2016年4月20日閲覧。 
  88. ^ “又吉が「幽☆遊☆白書」の戸愚呂(兄)を演じるCM、鬼奴は戸愚呂(姉)に”. お笑いナタリー. (2016年11月16日). http://natalie.mu/owarai/news/209552 2016年11月16日閲覧。 
  89. ^ 又吉直樹、貫地谷しほりと夫婦に「結婚線を一生懸命自分で刻んでいた」”. ドワンゴジェイピーnews (2019年11月18日). 2019年12月10日閲覧。
  90. ^ TK from 凛として時雨「copy light」MVにピース又吉が参加”. 2021年7月8日閲覧。
  91. ^ ピース又吉、銀杏BOYZ「GOD SAVE THE わーるど」MV出演”. 2022年1月24日閲覧。
  92. ^ “ピース又吉の新書「夜を乗り越える」来月発売、自身と文学の関係綴る”. お笑いナタリー. (2016年5月17日). http://natalie.mu/owarai/news/187416 2016年5月17日閲覧。 
  93. ^ のん officialの2017年11月22日のツイート2019年4月23日閲覧。
  94. ^ 【書道家】田中 象雨 Tanaka Shou U
  95. ^ 大橋裕之『シティライツ』完全版 岡村靖幸対談&又吉直樹の解説収録 | CINRA”. www.cinra.net. 2021年10月20日閲覧。
  96. ^ ユウキロック 公式Twitter 2017年12月31日の発言。
  97. ^ ちゃんぽん食べたかっ! 下”. 小学館 (2017年6月6日). 2021年10月20日閲覧。
  98. ^ サラバ! 下”. 小学館 (2017年10月6日). 2021年10月20日閲覧。
  99. ^ 中公文庫 公式Twitter 2018年11月21日の発言。
  100. ^ 中森明夫 公式Twitter 2019年10月22日の発言。
  101. ^ 鉄人の思考法 1980年生まれ、戦い続けるアスリート | 二宮寿朗”. よみタイ. 集英社 (2019年12月23日). 2021年3月20日閲覧。
  102. ^ 歌集 滑走路 萩原 慎一郎:文庫”. KADOKAWA. 2020年8月9日閲覧。
  103. ^ 佐野勇斗&本郷奏多の鬼気迫る表情…『凜』ポスター到着”. Cinemacafe.net (2018年10月15日). 2019年8月13日閲覧。
  104. ^ 又吉直樹の「劇場」映画化、山崎賢人と松岡茉優が“どうしようもない男と女”に”. 映画ナタリー (2019年7月16日). 2019年7月16日閲覧。
  105. ^ Inc, Natasha (2020年12月10日). “岡村隆史、豆原一成ら出演のオムニバス映画「半径1メートルの君」2月に公開(動画あり)” (日本語). 映画ナタリー. 2021年2月21日閲覧。
  106. ^ 明石家さんまの恋物語、ピース又吉脚本で再現ドラマ化”. お笑いナタリー (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  107. ^ “明石家さんま、青春時代の恋愛実話が初ドラマ化 菅田将暉が熱演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2062228/full/ 2015年11月18日閲覧。 
  108. ^ 北村匠海が17歳の明石家さんまに!脚本・又吉直樹のドラマで飯豊まりえと共演”. 映画.com (2017年11月18日). 2017年11月18日閲覧。
  109. ^ “斎藤工が明石家さんまに! 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化「誰も知らない明石家さんま」”. シネマカフェ (IID). (2018年11月16日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/11/16/59069.html 2019年12月15日閲覧。 
  110. ^ “成田凌が特別ドラマで明石家さんま役「引き笑いを家で練習」、師匠役は小日向文世”. 映画ナタリー (Natasha). (2019年11月24日). https://natalie.mu/eiga/news/356775 2019年12月15日閲覧。 
  111. ^ “又吉直樹×ドラマ×渋谷 許さないという暴力について考えろ”. NHK放送史 (NHK). (2017年112月26日). https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009050858_00000 2022-094閲覧。 
  112. ^ “又吉直樹さんオリジナル脚本「不要不急の銀河」7月23日放送!”. ドラマトピックス (NHK). (2020年6月17日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/431070.html 2021年3月8日閲覧。 
  113. ^ "吉岡里帆・モトーラ世理奈・石橋菜津美・黒木華、「椅子」テーマに又吉ワールド初参加". ORICON NEWS. oricon ME. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  114. ^ “原作・又吉直樹「凜」実写映画化! 佐野勇斗&本郷奏多がダブル主演”. 映画.com. (2018年3月20日). https://eiga.com/news/20180320/10/ 2019年8月13日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集