メインメニューを開く

かが屋(かがや)は、日本のお笑いコンビ。所属はマセキ芸能社お笑い第七世代

かが屋
KAGAYA
メンバー 加賀 翔
賀屋 壮也
結成年 2015年
事務所 マセキ芸能社
活動時期 2015年 -
影響 バナナマン
ピース
出会い アルバイト先のコンビニエンスストア
現在の活動状況 ライブ・テレビ
芸種 コント
現在の代表番組 ネタパレ(テレビ)
かが屋の鶴の間(ラジオ)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

コンビ名は、メンバー二人の名字「加賀」と「賀屋」の合成による[1]。アクセントは「かや」と発音するのが正式である。

目次

メンバー編集

以下、出典が付いているもの以外は、#外部リンクの節掲載の『公式プロフィール』(2019年2月20日閲覧)による。

加賀 翔(かが しょう  (1993-05-16) 1993年5月16日(26歳) - )

賀屋 壮也(かや そうや  (1993-02-19) 1993年2月19日(26歳) - )

来歴・概説編集

アルバイト先のコンビニエンスストアファミリーマート)の同僚として出会い、忘年会で二人ともお笑い好きと知って意気投合する[2]。賀屋曰く、「いつの間にか互いにネタを考え始めた」ということで、コンビを組むことになり、2015年に結成[2]。お笑い養成所経由ではなく(加賀はNSC中退)、現所属事務所のオーディションに合格し、賀屋の大学卒業後にデビュー[2]

2018年、第9回お笑いハーベスト大賞本選出場。同年、キングオブコントにて準決勝まで進出。

芸風編集

ネタはコントが主で(M-1グランプリには出場したことが無い)、日常の少し気まずいシチュエーションなどをリアルに切り取った、身近な「あるあるネタ」を得意とする[2]。役柄に特に設定がない場合、加賀が黒いシャツを、賀屋が白いシャツを着用する。二人とも山陽地方出身のため、ネタの中でしばしば山陽方言が出る。賀屋は長髪のため女性役を演じることがあるが、メイクなどの本格的な女装はしない。

ネタ作りはまず加賀がアイデアを出して核となる部分を作り、それを二人で話し合って実際に演じながら作っていくという方法をとっている[2]。加賀の作った自由律俳句をベースにしてその前後をふくらませてゆくこともある。

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

ライブ編集

  • 単独ライブ『瀬戸内海のカロ貝』(2018年3月27日、新宿シアターブラッツ)
  • 単独ライブ『瀬戸内海のカロカロ貝』(2019年4月27日、北沢タウンホール
  • 自主ライブ『速いビーム』

脚注編集

外部リンク編集