THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL(ザ・グレート・サツマニアン・ヘスティバル)は、鹿児島県鹿児島市桜島で毎年10月に開催されているロック・フェスティバルである。

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL
イベントの種類 ロック・フェスティバル
開催時期 10月
初回開催 2018年
会場 鹿児島県鹿児島市桜島多目的広場・溶岩グラウンド
来場者数 約30,000人
公式サイト

概要編集

2018年、鹿児島県が大きな舞台の1つとなった明治維新から150周年を迎えることを記念して初回が開催された。発起人の1人である鹿児島県出身のタブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)は、初回開催に際して「ただ単に音楽フェスで終わらせようとは思っていません。ゆくゆくはスポーツと絡め食と絡め地域と協力して鹿児島から全国に発信して鹿児島県民もそして全国の人々が鹿児島に集う様な大規模なフェスにしたいと思っています」と語っている[1]

イベント名の「HESTIVAL」は、桜島の火山灰を指す鹿児島弁の「へ」と、「FESTIVAL」をかけた造語である。略称は「ヘス」[2]

ステージは3つあり、鹿児島県内の地名にちなんでそれぞれ「薩摩」「大隅」「与論」と名付けられている。

歴史編集

2018年編集

1日目(10月7日)には、TOKYO FMのラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」がアーティストの生演奏とコラボレーションする企画「あ、安部礼司コラボツアー2018」の一環として、同番組の出演者と、シンガーソングライターのCaravanが共演した[3]。 2日間で合計約50組のアーティストが出演し、鹿児島県内外から延べ約3万人が来場した[4]

出演者
日程 STAGE 薩摩 STAGE 大隅 STAGE 与論
1日目
10月7日
2日目
10月8日

2019年編集

10月5日、10月6日に開催。キャンプ券を持っている者が入場できる「for CAMPER」が与論ステージに新設された。鹿児島県内外から前回を超える延べ約3万3千人が来場した。

出演者
日程 STAGE 薩摩 STAGE 大隅 STAGE 与論
1日目
10月5日
2日目
10月6日
for CAMPER 出演者
日程 出演者
10月4日
10月5日
(1日目)

公式番組編集

SEA SIDE ZOMBIE編集

SEA SIDE ZOMBIE
ジャンル 音楽
放送時間 毎週土曜 18:00 - 18:55
毎週日曜 21:00 - 21:55(再放送)
放送局 エフエム鹿児島
パーソナリティ タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS
浜崎美保
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVALの公式番組として、『SEA SIDE ZOMBIE』(シー・サイド・ゾンビ)が、エフエム鹿児島にて毎週土曜 18:00 - 18:55に放送されている(毎週日曜 21:00 - 21:55には再放送が行なわれている)。MCはタブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)と浜崎美保

元々は「鹿児島での大規模フェス開催を目指すラジオ番組」として2016年4月2日にスタートした。毎回ゲストを招聘する形式で、初回のゲストは鹿児島県出身のちゃんMARI。鹿児島ではなく東京のスタジオで収録を行っている。番組の公式サイトでは過去の放送分のアーカイブが一部公開されている[5]

HES TV編集

2019年4月29日には、『SEA SIDE ZOMBIE』に続く公式番組として『HES TV』が、鹿児島放送の深夜番組『Kingspe』(毎週金曜 24:15 - 24:45)内の1コーナーとしてスタートした。出演者はタブゾンビと福永浩平(雨のパレード)。放送は不定期である。鹿児島放送のYouTubeチャンネルにて、過去の放送分が公開されている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b c d 毎年5月頃にTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVALと同じく鹿児島市桜島で開催されている野外ロックフェス「WALK IN FES!」の推薦アーティストとして出演。

出典編集

外部リンク編集