大本山寺院一覧(だいほんざんじいんいちらん)は、日本仏教各宗派の大本山の一覧。

日本の伝統仏教宗派(近世以前に成立したもの)は、第二次大戦以前には13宗56派が公認されていた。ここで言う13宗とは、奈良仏教系の3宗(法相宗華厳宗律宗)、平安時代初期に成立した天台宗真言宗、平安時代後期から鎌倉時代に成立した浄土教系4宗(融通念仏宗浄土宗浄土真宗時宗)、禅宗系2宗(臨済宗曹洞宗)および日蓮宗、近世初期に成立した禅宗系の黄檗宗を指す。宗教団体法(1939年公布、1940年施行)の施行により、宗祖を等しくする宗派の統合が進められ、従前の56派は28派に整理された。これは戦時体制下における宗教統制を意図したものだったとされている。1945年(昭和20年)に宗教団体法が廃止されて以後、従前の宗派の多くが復活するとともに、既成の宗派から分離して多くの教団が誕生した。

華厳宗編集

法相宗編集

法相宗から分離独立した新宗派

律宗編集

天台宗編集

天台系の宗派および天台宗から分離独立した新宗派

真言宗編集

真言宗系の宗派および真言宗から分離独立した新宗派編集

浄土宗編集

浄土宗系の宗派および浄土宗から分離独立した新宗派編集

浄土真宗編集

時宗編集

融通念仏宗編集

臨済宗編集

曹洞宗編集

黄檗宗編集

日蓮宗編集

  • 総本山 身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)

・日蓮宗系の宗派および日蓮宗から分離独立した新宗派編集

その他宗派編集

・聖徳宗編集

・北法相宗編集

・和宗編集

・粉河観音宗編集

・鞍馬弘教編集

  • 鞍馬弘教 総本山鞍馬寺(京都市左京区)

・聖観音宗編集

・法華宗編集

・その他編集

修験道編集

天台宗の項及び真言宗醍醐派の項を参照。