再春館製薬所

日本の企業
再春館製薬から転送)

株式会社再春館製薬所(さいしゅんかんせいやくしょ、英語Saishunkan Co., Ltd.)は、熊本県上益城郡益城町に本社を置く化粧品医薬品医薬部外品通信販売業の企業である。

株式会社 再春館製薬所
Saishunkan Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 再春館、再春館製薬
本社所在地 日本の旗 日本
861-2201
熊本県上益城郡益城町寺中1363-1
設立 1959年(昭和34年)
業種 医薬品
法人番号 5330001011181 ウィキデータを編集
事業内容 化粧品医薬品医薬部外品食品通信販売
代表者 西川通子(代表取締役会長)、
西川正明(代表取締役社長)
資本金 1億円
売上高 288億円(2014年度実績)
従業員数 1,168名(2015年4月現在)
主要子会社 関連会社等の項目を参照
外部リンク 株式会社再春館製薬所
特記事項:創業は1932年(昭和7年)
旧本社:熊本県熊本市中央区帯山4-17-1 ITMビル
テンプレートを表示

概要・特徴編集

  • 社名は、江戸時代の熊本藩に建てられた医学校再春館に因んでいる。
  • 198090年代再春館薬業再春館製薬といった名称を用いた事もあり、提供クレジットも2つの名称が用いられていた。
  • 一般的な化粧品と異なり店舗販売は行なっておらず、基本的に「テレビ通販」などに特化しており、「客が納得するまで売らない」「買うまで売らない」など独自の商売倫理に立ったCM作りで有名である。

沿革編集

  • 1932年 - 熊本県熊本市岡田町に『再春館製薬所』を設立。
  • 1959年 - 株式会社再春館製薬所を設立。資本金100万円。
  • 1960年 - 生薬処方の痛散湯(麻杏薏甘湯加防已)を発売。
  • 1974年 - コラーゲン配合美容クリームドモホルンリンクル開発に成功。
  • 1982年 - 西川通子が代表取締役社長に就任、その後、ダイレクト・テレマーケティングシステムを本格的に導入。
  • 1983年 - 熊本にテレマーケティングセンターを設立。
  • 1986年 - フリーダイヤル0120-444-444)を導入(この電話番号は後にウェブサイトURIにも採用される)。女優の中村玉緒をドモホルンリンクルのCMに起用。
  • 1987年 - 阿蘇郡西原村の鳥子工業団地に阿蘇工場を新設(現在は地元食品メーカーマルキン食品の工場となっている)。
  • 1992年 - 設立60周年を迎え新社屋を熊本市帯山に竣工開始。『再春館レディースゴルフトーナメント』がスタート。
  • 1993年 - 売上高が100億円を突破。当時社長の西川通子が120億円を目指そうとしたところ大量の返品[1]が送られたため約3ヶ月間電話による販売を中止[2]
  • 2001年 - 上益城郡益城町に工場を新設、工場名称を『再春館ヒルトップ』とした。
  • 2004年 - 代表取締役社長に西川正明が就任。西川通子前社長は会長に就任。『再春館レディースゴルフトーナメント』が13回を以て終了。
  • 2006年 - 熊本市御幸木部の林ヶ原記念病院を買収し、『桜十字病院』に改称、病院経営に乗り出す。西川通子会長が理事長に就任。
  • 2007年
    • 1月1日 - 本社を熊本市帯山のITMビルから自社工場がある「再春館ヒルトップ」に移転。新本社名称を『つむぎ商館』とした(同月5日より業務開始)。
    • 5月1日 - 自社ウェブサイトに外部からの不正アクセスがあり、一部の顧客情報が閲覧されたことを発表(詳細項参照)[3][4][5]
  • 2008年
  • 2009年2月5日 - 熊本県が主催する「くまもとソーラーパーク」企業として認定。
  • 2010年
  • 2011年
    • 8月1日 - 新商品として飲料「飲むドモホルンリンクル」発売開始。
    • 10月1日 - 主婦の友社発刊『再春館製薬所 ニッポンいちの社員食堂』発売。
    • 10月8日 - 同社初の海外販売を香港にてスタート。
  • 2012年
    • 1月13日 - Jリーグロアッソ熊本のオフィシャルトップパートナーとしてスポンサー契約を締結。これまでのピッチ広告に加え、2012年ユニフォーム(背中)スポンサーに加わる。
    • 5月11日 - 株式会社再春館「安心・安全」研究所を設立。残留農薬検査の事業化をスタート。
    • 8月1日 - 『再春館 はるさんのあんしん台所』を開始。
    • 10月6日 - 香港に続き、台湾にて海外販売をスタート。
    • 10月25日 - 大阪・阪急うめだ本店に「コミュニケーションスペース」と称して、初出店。
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
    • 1月15日 - 新商品として『年齢筋力応援 「長白仙参(ちょうはくせんじん)」』発売開始。
    • 1月28日 - 新商品として「めぐりの結晶[年齢美習慣]」発売開始。
    • 4月1日 - くまもと再春館製薬所バドミントンチームを創設。前身チームから引き継いでバドミントン日本リーグ1部(現:バドミントンS/Jリーグ)に加盟。
    • 11月21日 - 主力商品「ドモホルンリンクル」をリニューアル。
  • 2016年
    • 2月16日‐ドモホルンリンクル初となる、全8製品での「抗シワ評価」での効能取得。
    • 5月10日 - バドミントンチーム所属選手の山口茜リオデジャネイロオリンピック代表選手に内定。
    • 8月1日‐阪急うめだ本店(大阪府)をリニューアル。
    • 12月1日‐ 18代目の“クリーム20”発売 さらにコラーゲン力を引き出すものへ進化。
  • 2017年
    • 3月13日‐京王百貨店(東京都)に対面型コミュニケーションスペース出店。
    • 3月27日‐熊本大学薬学部との共同研究講座「再春館・自然×サイエンス共同研究講座」開設。
    • 6月30日‐再春館製薬所体育館『サクラリーナ』の完成。
    • 9月7日‐ 新たな再春館グループとしてテレマーケティング受託事業「株式会社ヒューマンリレーション」始業。
    • 9月13日‐ドモホルンリンクルが台湾の「女人我最大賞」において7商品で大賞を受賞。
    • 10月16日‐熊本県が推進する「ブライト企業」に認定。
    • 12月15日‐台湾の「2017 100MVP経理人」を日本人で唯一、社長 西川正明が受賞。
  • 2018年
    • 6月6日‐タイ化粧品事業部開始。
    • 7月31日‐ 「くるみんマーク」を取得(子育てサポート企業認定)。
    • 8月8日‐ 日本初「聴こえやすく聴覚にやさしいコールセンター」構築に向けた音声通話支援システムの共同開発に関する業務提携契約を締結。
    • 9月13日‐ 台湾の「女人我最大賞」で、“クリーム20”が殿堂入り「殿堂名誉賞TOP10」入賞。 同時に同部門における一般投票で1位を獲得。
    • 10月30日‐不知火菊から抽出した新規成分で特許申請
  • 2019年
    • 3月12日‐ドモホルンリンクル初のデザインボトル「基本4点 日本応援セット」発売。
    • 3月13日‐東京青山に「100年キレイミュージアム」を期間限定オープン。
    • 5月23日‐ NTTコムオンラインNPSベンチマーク調査2018「通販化粧品部門」で1位を受賞。
    • 10月28日‐ 熊本県が推奨・認定する「ブライト企業」の中から、特に優れた取り組みを認められ表彰される「熊本ブライト企業賞」多様な人材の活躍推進部門にて表彰される。
    • 11月22日‐ タイNo1女性誌「Praew」主催ビューティーアワード受賞。
    • 12月2日‐ 松屋銀座(東京都)に国内4か所目となる常設・対面型コミュニケーションスペース出店。
    • 12月11日‐主力商品であるドモホルンリンクルがブランド誕生45年目を迎える。

主な商品編集

  • ドモホルンリンクル基礎化粧品
    • 基礎化粧品
      • 化粧落しジェル
      • 洗顔石鹸
      • 泡の集中パック
      • 保湿液
      • 美活肌エキス(薬用美白)医薬部外品
      • クリーム20
      • 保護乳液
      • 光対策 素肌ドレスクリーム
    • 年齢美習慣
      • 飲むドモホルンリンクル(飲料
      • めぐりの結晶(錠剤)
    • 年齢筋力応援
      • 長白仙参

過去に販売していた商品編集

広告編集

テレビCM編集

「♪0120-444-444」のサウンドロゴによるテレビCMを下記の番組で放送している。ナレーションは江守徹が担当している。内容はドモホルンリンクルの紹介だけでなく、企業の取り組みを紹介する内容のものもいくつか流している。ただし、2017年度からは従来のサウンドロゴから、「♪ドモホルンリンクル」というものに変更した上、インターネットでの検索を促すバージョンも放送されている。

また、熊本県内に本社を置く企業であることから、熊本県の民放テレビ各局でもCMが放送されている。但し、内容は企業の取り組みを紹介するもので、CMの最後に企業ロゴとともに申し込みの受付電話番号(フリーダイヤル)が表示されるが、前述のサウンドロゴは流れない。

提供番組編集

TBS

テレビ朝日

フジテレビ

日本テレビ

など

ゴールデンタイムでも提供番組があるが、昼の提供番組はP&Gメットライフ生命(旧:アリコジャパン→メットライフアリコ)と共に多い。

熊本県民テレビ

特殊例編集

  • 情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ制作、日本テレビ系)
    ※完全なスポンサーではなく、ネットスポンサー明けの最初のCMとして流されている。
  • ヒルナンデス!(日本テレビ系)
    ※こちらも完全なスポンサーではないが、13時台の最初のCMとして流されている。

過去の提供番組編集

★は番組自体現在も継続中。

TBS系

テレビ朝日系

フジテレビ系

日本テレビ系

熊本県民テレビ

熊本朝日放送

なお、1990年代後期にテレビ東京系のシネマタウン時代劇アワーで提供表示はないがCMを流した事がある。

ラジオCM編集

ラジオでは主に、痛散湯長白仙参[7]を紹介したラジオCMが放送されている。長白仙参のCMは「777♪444♪」のサウンドロゴを放送している。各局の代表するパーソナリティがCMを担当しているが、その局に担当者がいない場合は、主に生島ヒロシバージョンが流れる(そうでない場合もあり)。指定第二類医薬品に区分されるため、CMの最後に使用上の注意のアナウンスが流れる。読み上げは生島及び各パーソナリティがするが、稀に女声の合成音声で読み上げられた物の場合もある。長白仙参のCMは「777♪444♪」のサウンドロゴを放送している。

この他、上記の局以外の民放AMラジオ局各局に於いても流れているが、生島以外のCMナレーターについては明らかにされていない。また立場上、局アナはCM冒頭で氏名を名乗らない。最近はTOKYO FMα-STATIONCROSS FMFMヨコハマなど民放FMラジオ局やラジオNIKKEIでも「痛散湯」「ドモホルンリンクル」のCMが流れるようになった。

提供番組編集

TBSラジオ

過去の提供番組編集

その他編集

自社主催イベント編集

  • 再春館レディースゴルフトーナメント(現 ライフカードレディスゴルフトーナメント→西陣レディスクラシック→KKT杯バンテリンレディスオープン
  • サンクスイルミネーション(毎年12月に再春館ヒルトップ敷地内で行われるイルミネーションイベント)
    • 2015年開催の「第22回 サンクス・イルミネーション 2015」を持って終了。

自社ウェブサイトへの不正アクセス事件編集

2007年5月1日、定例システムチェックを実施した際に通常を上回るアクセス数の記録を確認した。この結果、自社ウェブサイトに外部からの不正アクセスがあり、一部の顧客情報が閲覧された事が発表された[3][4][5]。これを受けてウェブサイトは同日午後10時から閉鎖し、「お知らせとお詫び」に変更された。

被害を受けたのは、顧客情報約27万人のうち14万1,483人分である。また、閲覧された内容は氏名・メールアドレス・ユーザーIDとパスワード・電話番号が閲覧されたものと説明している。

閲覧された情報 閲覧された人数
メールアドレスのみ 110,269人
メールアドレス+氏名 223人
(うち1人は電話番号を含む)
メールアドレス+ユーザーIDとパスワード 31,125人
(うち295人はメールアドレスを含まず)
メールアドレス+氏名+ユーザーIDとパスワード 164人
(うち2人は電話番号を含む、3人はメールアドレスを含まず)

なお、クレジットカード番号、口座番号、その他の情報などが閲覧されていない事が確認された。閲覧された情報を悪用される「二次被害」についてはまだ確認されていない。情報が閲覧された顧客に対し、謝罪のメールや手紙を送信した(電話番号が閲覧された人には電話でも謝罪している)。

2007年5月2日には、熊本県警不正アクセス禁止法違反容疑などで被害届を提出。この件に関して、同年5月3日午後3時から本社で記者会見し、詳しい経緯を説明した。顧客情報が閲覧された時間帯(4月30日午前9時20分 - 5月1日午前10時44分)に記録された接続元の機器の場所は中国国内だったという。通常の接続数は1日約1万件であるのに対し、顧客情報が閲覧された時間帯の約25時間には約14万件もの接続があったという。

この事から、同年5月4日から6月末までテレビCMが公共広告機構(現:ACジャパン)に差し替えられていた。なお、同日から数日間は番組の提供クレジットに“再春館製薬所”の文字が表示されたままとなっていた。その後、同年5月8日から順次、事件に関する情報などがウェブサイトに掲載された。

なお、ウェブサイトについては、事件から1ヶ月後の6月中旬頃を目処に再開される予定だったが、同年6月6日より一部のページが再開。7月5日時点では、商品利用者向けコミュニティサイトを除いた他のページがすべて再開。商品利用者向けコミュニティサイトについては7月23日に再開され、これにより、すべてのサイトが再開した。

研究成果に関する学会発表編集

主に、天然の化粧品原料と老化のメカニズムについての学会発表を行っている。

化粧品原料においてはこれまで、チューリップ(ピンクダイヤモンド)の花びらから抽出されるエキスによるコラーゲン合成促進効果や、「芋焼酎粕」やスイス高山植物「ピンピネラ」など天然物の化粧品への利用のための研究成果などを発表している。熊本県の不知火地方でのみ採れる「不知火菊」の研究は、同社の主な研究成果の一つである。

老化のメカニズムに関しては、アンジオポエチン様因子2(Angptl2)や熱ショックタンパク質(HSP)の皮膚老化との関係およびそのメカニズムについての研究が主である。2015年には、皮膚科学分野におけるAngptl2研究および同抑制生薬に関する熊本大学との共同研究成果を発表している。

近年は、天然原料を用いた防腐剤の開発や漢方における修治を化粧品原料に応用する研究なども行っている。

  • 2009年
    • 富山県産のチューリップ(ピンクダイヤモンド)の花びらから抽出されるエキスによる、「皮膚細胞でのコラーゲン合成促進効果」について、「日本薬学会第129年会」にて発表。
    • 熱ショックタンパク質(HSP70)による「メラニン合成の抑制作用や紫外線による損傷からの回復効果」について、熊本大学と「第15回国際光生物学国際会議(International Congress of Photobiology 2009)」にて発表。
  • 2010年
    • 「芋焼酎粕抽出物の抗糖化作用とメラニン抑制作用」と「スイス高山植物ピンピネラの抗酸化作用」について「日本生薬学会第57回年会」にて発表。
    • 「毒性の少ないHSP70誘導生薬のスクリーニング及びメラニン産生に対する効果」について、天然物「ヤバツイ(野馬追)」、「アルニカ」が皮膚を守りながら美白作用を示すことを、熊本大学と「日本薬学会第130年会」にて発表。
  • 2011年
    • 「シワシミ抑制機能を有する自己回復タンパク質 熱ショックタンパク質(HSP70)」について、熊本大学と「第41回欧州研究皮膚科学会」にて発表。
  • 2012年
    • 熱ショックタンパク質(HSP70)の皮膚におけるシワシミ抑制機序について解析し、「紫外線に対するHSP70の効果と化粧品への応用」について「日本薬学会第132年会」にて発表。
    • 熊本大学が再春館製薬所とのAngptl2を標的とした共同研究を「第30回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」にて発表し、優秀演題賞を受賞。
  • 2013年
    • 「Angptl2による皮膚老化促進メカニズム」について熊本大学が再春館製薬所と「第32回美容皮膚科学会」にて発表。
    • 「シワ」と「メタボリックシンドローム」は、同じタンパク質の過剰な働きが共通の原因と「第13回日本抗加齢医学会総会」において、再春館製薬所と熊本大学の共同研究で発表。
  • 2014年
    • 「Angptl2による皮膚発がん促進メカニズムの機能」について熊本大学が再春館製薬所と「第14回日本抗加齢医学会」にて発表。[8] 
  • 2016年
    • 「不知火菊抽出物のAngptl2発現抑制効果と老化促進因子が及ぼす肌への影響」について「日本生薬学会第63回年会」にて発表。[9]
  • 2019年
    • 不知火菊抽出物のメラニン合成抑制機序について解析し、「Angptl2発現を抑制する不知火菊抽出物はメラニン産生経路を抑制する」ことを「第19回日本抗加齢医学会」にて発表。[10]
    • コラーゲンのリサイクルに着目し、「種々の素原料を用いた大棗エキスのコラーゲン受容体Endo180産生促進作用とその活性成分」について「日本生薬学会第66回年会」にて発表。[11]
    • 複数の真菌に対する天然植物の抑制効果を検討し、「真菌に対する天然防腐原料の発見と実用化に向けた検討」について「防菌防黴学会第46年次大会」にて発表。

特許[12]編集

  • 2012年 熱ショックタンパク質誘導剤、およびこれを含む皮膚用外用剤、食品、並びに、熱ショックタンパク質誘導剤の製造方法
  • 2015年 熱ショックタンパク質の発現誘導剤(アルニカエキスなど) 
  • 2016年 ピンピネラサキシフレイジ抽出物
  • 2017年 皮膚外用剤(芋焼酎粕エキス)
  • 2019年 不知火菊抽出物を含む抗皮膚老化剤


関連会社等編集

備考編集

  • 絶倫ゴールドやボインボインバストなどの強壮・美容関係の商品を扱っている「再春館薬品」という会社があるが、関係はまったくない。
    • なお、2010年3月に、再春館製薬所は再春館薬品に対し、類似商号の使用禁止などを求める訴訟を、東京地裁に起こした[13]。9月、再春館薬品が商号を変更または抹消することなどを条件に和解成立[14]
  • 2000年には、当時熊本市帯山にあった本社社屋の窓ガラスと壁に、5月に銃弾4発、6月にも銃弾5発がそれぞれ撃ち込まれたほか、当時阿蘇郡西原村にあった阿蘇工場の窓ガラスが割られる事件が発生。のちに銃刀法違反などの疑いで暴力団「北岡会」幹部らが逮捕された[15][16][17]
  • アルコ&ピースコントに同社のCMを基にしたネタがある。
  • 2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震で震源地にあった本社・工場が被災し10日間ほど営業を停止したが、被災後まもなく、認定NPOピースウィンズ・ジャパンに協力し、本社敷地内に災害用避難テントを張るなどの復旧支援活動を実施した。また、同年5月13日には熊本城に5億円の復旧支援金を寄付している。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 同社のCMでも最初に『返品の山』として取り上げている。
  2. ^ 2009年9月7日放送の『日経スペシャル カンブリア宮殿』より。
  3. ^ a b 「顧客情報流出か 再春館製薬に不正接続」くまにちコム 熊本日日新聞社 2007年5月3日報道
  4. ^ a b 「再春館製薬所HPに不正アクセス14万件 情報流出か」asahi.com 朝日新聞社 2007年5月3日報道
  5. ^ a b 「個人情報:再春館製薬所で顧客情報14万件流出か」MSN毎日インタラクティブ 毎日新聞社 2007年5月3日報道
  6. ^ “バドミントンの強豪ルネサス、再春館製薬所に部を譲渡”. 日本経済新聞. (2014年8月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40079_X00C14A8000000/ 2015年12月7日閲覧。 
  7. ^ 【公式通販サイト】長白仙参(ちょうはくせんじん)|再春館製薬所”. 再春館製薬所. 2019年11月5日閲覧。
  8. ^ “[https://www.saishunkan.co.jp/news/news_release/detail/20151021_01/index.html 世界初「加齢加速タンパク」に関する皮膚科学研究と抑制生薬の発見�|ニュースリリース|再春館製薬所]”. www.saishunkan.co.jp. 2020年2月3日閲覧。
  9. ^ 老化の「アクセル」抑制と「ブレーキ」促進の“二役”をこなす働きを再確認。|ニュースリリース|再春館製薬所”. www.saishunkan.co.jp. 2020年2月3日閲覧。
  10. ^ 熊本県産の「不知火菊」に“メラニン産生経路を抑制する効果”を発見|再春館製薬所”. www.saishunkan.co.jp. 2020年2月3日閲覧。
  11. ^ 「ナツメ」に肌のコラーゲンリサイクルを促進作用を発見|ニュースリリース|再春館製薬所”. www.saishunkan.co.jp. 2020年2月3日閲覧。
  12. ^ ホーム | 経済産業省 特許庁”. www.jpo.go.jp. 2020年2月3日閲覧。
  13. ^ 「類似商号で利益侵害」 再春館製薬所が東京の会社を提訴 産経新聞 2010年3月2日
  14. ^ 「再春館製薬所」訴訟が和解 薬品社、商号変更へ 共同通信 2010年9月15日
  15. ^ 『読売新聞』2000年07月14日「再春館銃撃容疑で組員逮捕」
  16. ^ 『毎日新聞』2000年10月11日「再春館製薬へ銃弾 暴力団幹部を逮捕 熊本県警」
  17. ^ ドモホルン「再春館」銃撃で蒸し返された女社長の過去『週刊新潮』2000-06-08


関連項目編集

  • はねバド! - アニメ版において同社バドミントン部が取材協力として参加。また、バドミントン撮影協力として同社バドミントン部所属の仲井由希乃、小野菜保がロトスコープのモデルとして参加している。

外部リンク編集