山﨑努

日本の俳優
山崎努から転送)
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年6月

山﨑 努(やまざき つとむ、1936年昭和11年)12月2日 - )は、日本俳優。妻は元宝塚歌劇団星組出身の黛ひかる。娘は山崎直子

やまざき つとむ
山﨑 努
生年月日 (1936-12-02) 1936年12月2日(86歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県東葛飾郡松戸町(現:松戸市
身長 174 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ
活動期間 1956年 -
活動内容 1956年俳優座養成所入所
1959年文学座入団
1963年:『天国と地獄
1973年:『必殺仕置人
1984年:『お葬式
1985年:『タンポポ
1995年:『雲霧仁左衛門
2000年紫綬褒章
2002年:『刑務所の中
2004年:『地球大進化〜46億年・人類への旅
2007年旭日小綬章
2008年:『おくりびと
2015年:『日本のいちばん長い日
配偶者 黛ひかる(1963年 - )
著名な家族 山崎直子(娘)
公式サイト 山﨑努 official website
主な作品
テレビドラマ
三姉妹』/『新・平家物語
必殺仕置人』/『新・必殺仕置人
祭ばやしが聞こえる
九門法律相談所
雲霧仁左衛門』/『クロサギ
映画
天国と地獄』/『赤ひげ
八つ墓村』/『影武者
お葬式』/『タンポポ
マルサの女』/『夜叉ヶ池
ハリマオ』/『利休
GO』/『刑務所の中
おくりびと』/『日本のいちばん長い日
モリのいる場所』/『長いお別れ
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演男優賞
1984年さらば箱舟』『お葬式
1987年マルサの女
最優秀助演男優賞
2001年GO
2008年おくりびと
ブルーリボン賞
主演男優賞
1984年お葬式』『さらば箱舟
助演男優賞
2001年GO
その他の賞
キネマ旬報賞
主演男優賞
1984年お葬式』『さらば箱舟
助演男優賞
1980年夜叉ヶ池
2001年GO
毎日映画コンクール
男優主演賞
1984年お葬式』『さらば箱舟
報知映画賞
助演男優賞
1980年夜叉ヶ池
2001年GO
日刊スポーツ映画大賞
助演男優賞
2001年GO
第16回紀伊國屋演劇賞
紫綬褒章
2000年
旭日小綬章
2007年
テンプレートを表示

来歴編集

千葉県東葛飾郡松戸町(現:松戸市)出身。東京都立上野高等学校卒業。

俳優座養成所を経て、1959年文学座に入団[1]

1960年岡本喜八監督作品の『大学の山賊たち』で映画デビュー[1]

1963年劇団雲結成に参加し、1975年の劇団雲分裂を機にフリーになる[1]

1963年黒澤明監督作品のサスペンス映画天国と地獄』で誘拐犯・竹内銀次郎役を演じ、一躍注目を浴びる。この年、前年のNHKドラマ『アラスカ物語[2] での共演がきっかけで交際していた元・宝塚歌劇団星組の黛ひかる[3][注釈 1]と結婚。結婚の際、仲人を務めたのは交際のきっかけとなった『アラスカ物語』の脚本を担当した石原慎太郎だった[4]

1965年、『赤ひげ』で佐八役を演じて以降、活躍の場をテレビなどにも広げるが、しばらくの間は、映画ではこれというインパクトを残せなかった[1]。この間、黒澤明が監督を務めることになり、撮影も開始された映画『トラ・トラ・トラ!』では源田實海軍中佐という重要な役を演じることとなっていたが[5]、黒澤が監督を降板したため、山崎も出演を辞退した。

1973年、『必殺仕置人』の念仏の鉄に起用される。本役は中村主水(演:藤田まこと)・棺桶の錠(演:沖雅也)と並び、シリーズ屈指の人気キャラクターとなり、続編である『新・必殺仕置人』にも出演した。ただし、「同じ役は二度と演じたくない」というポリシーももっていた[6]

1975年、劇団雲を退団し、山崎にとっては初の東映映画出演かつヤクザ映画初出演となる、『新仁義なき戦い 組長の首』に出演[注釈 2]

1977年、『八つ墓村』では、青白く無表情で頭にL字型ライトを二本付けて、日本刀と猟銃を手に次々と村人を殺害していく殺人鬼・多治見要蔵役を演じ、強烈な印象を残し、作品も大ヒットとなった。

1980年、黒澤明監督の映画『影武者』で武田信玄の弟であり、信玄の影武者でもある武田信廉を演じ、キネマ旬報報知映画賞助演男優賞を受賞した[1]。またNHKの全4話のドラマ『ザ・商社』(原作『空の城』)では和田勉と組み個性的な商社マンを好演、以降、和田勉作品に多数出演するようになる。

1984年の『お葬式』以降、伊丹十三監督作品には連続起用された。

2000年紫綬褒章受章。同年に緒形拳も受章している。

行定勲監督作品にも2001年の『GO』、2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』と連続起用され、鍵を握る役どころを演じた。

2004年NHKスペシャル(2004年4月 - 11月)、『地球大進化〜46億年・人類への旅』ではナビゲーターを務めた。

2007年、秋の叙勲で旭日小綬章を受章[8]

2012年沖縄県沖縄美ら海水族館のPR活動を担う初の名誉館長に、同館前館長・内田詮三とともに任命される。美ら海水族館での実話を元に制作された2007年公開の映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』で水族館長を演じた事が縁となっている[9]

2019年、『長いお別れ』で認知症に蝕まれる父・東昇平役を演じた。この作品以降怪我をした妻の介護などから俳優業を一時的に休業していたが2022年4月5日6月7日放送のNHKドラマ・「正直不動産」で約3年ぶりに俳優業を再開している[10][11][12][13]。同年4月5日からツイッターも始め、自身が応援している読売ジャイアンツやかつて出演した必殺シリーズ、また自身と同じ同日からツイッターを始め共演などで親交のある山下智久についての投稿を行うと山下がリツイートするなど精力的に活動をしている[14]

人物・エピソード編集

  • 一つの役を何度も演じていると飽きてしまうから」という理由で、同じ役柄は余り演じることは無いが[6]、『必殺仕置人』(1973年)、『新・必殺仕置人』(1977年)ではそれぞれ「念仏の鉄」を演じた。「途中で足を引きずってみたり、髪型変えたりしてね、キャラクターをいろいろ変えて、退屈を紛らわせていました。」と話している[15]。また火野正平は山崎が監督に見せる為に念仏の鉄という役柄について書いた紙を現場に持ってきたこともあると話した[16]
  • また自身の代表作は「今も、事あるごとに鉄の名前を挙げていただくんですよ。いろいろ映像の仕事やってきたけど、みなさんからそこまでおっしゃっていただくと、念仏の鉄が僕の演じた役の中で、代表作なんじゃないかなって。何かそう思えてきちゃいますよね」と必殺仕置人と新必殺仕置人で演じた、念仏の鉄ではないかと話している[15]
  • 雲霧仁左衛門を演じるにあたり、雲霧だけでなく、他の池波正太郎作品をも読み漁り役に挑んだ[17]
  • 共演した藤村富美男に誘われて、甲子園球場で巨人対阪神のOB戦を観戦したが、巨人ファンである山崎はつい声を出して巨人を応援した[18]
  • 前述の通り、子供の頃より野球好きである[19]。巨人の2軍が練習していた巨人多摩川グラウンドでは選手に交じって白球を追ったこともある[19]
  • 野球好きが高じ、出演した「鏡子の家」(岸田今日子主演)では、演者、スタッフの野球チーム「鏡子の家 エロティックス」を結成している[19]
  • 三船敏郎とは黒澤明の映画に出演時に親しくなり、三船が山崎を車で送ったりしていた、また現場で互いに物まねし合っていた[20]
  • 徹子の部屋』(1985年5月20日放送分に出演)や『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」(1985年5月21日放送分に出演)など、稀に出演するが、トーク番組等のバラエティにはほとんど出演しない[21]
  • CM出演では、豊川悦司と共演した「サッポロ黒ラベル」、日本長期信用銀行(現・新生銀行、特別広報部長として出演)や、約12年に渡ってイメージキャラクターを務めたトヨタ・クレスタが有名である。
  • 1985年7月、自身でプロデュースした舞台『ピサロ』(PARCO劇場[22]渡辺謙を起用。渡辺とはこの年、映画『タンポポ』でも共演しており、渡辺は以来、山崎を師と仰いでいる。2012年の映画『はやぶさ 遥かなる帰還』では久々の共演を果たした[23]
  • 1992年11月12日木曜日)、隣家の火事に気付き消火活動を行い、家の中から悲鳴が聞こえたため水をかぶり中に突入し、逃げ遅れた老夫婦を抱きかかえて救出した[24]

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

ラジオ編集

ナレーション編集

  • 日本の太鼓 現地録音とナレーション (LPレコード、CBSソニー
  • ラジオドキュメンタリー「八人目のサムライ 作曲家・早坂文雄の生涯」(1993年2月7日 東北放送
  • 世界初公開! 封印された魔境セピック 〜原始の儀式に命をかける〜(2010年3月27日 BSジャパン

教養・バラエティ編集

CM編集

著書編集

  • 俳優のノート(メディアファクトリー、2000年3月)ISBN 978-4-84-010009-0
  • 俳優のノート 凄烈な役作りの記録(文春文庫、2003年8月)ISBN 978-4-16-765679-9
  • 俳優のノート〈新装版〉(文春文庫、2013年10月)ISBN 978-4-16-783880-5
  • 柔らかな犀の角 flabby rhinoceros horn 山崎努の読書日記(文藝春秋、2012年4月)ISBN 978-4-16-374970-9
  • 柔らかな犀の角(文春文庫、2014年11月)ISBN 978-4-16-790235-3
  • 「俳優」の肩ごしに(日経BP 日本経済新聞出版、2022年11月)ISBN 978-4-2961-1584-6

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 在籍中は千波静(松岡修造の母)とコンビを組んだことがある。
  2. ^ 最初は出演を固辞していたが、監督の深作欣二の熱心な誘いで出演を承諾した[7]

出典編集

  1. ^ a b c d e 日本映画人名事典 P.823 1996年度版
  2. ^ アラスカ物語 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2014年7月10日閲覧。
  3. ^ <HOPE>「昭和36年11月」”. ☆昭和の名盤! アナログ日記☆ (2012年1月27日). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  4. ^ “【山崎努】仲人は石原慎太郎氏!元宝塚の妻働かせゴロゴロ”. zakzak. (2012年6月7日). オリジナルの2012年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121117205958/http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120607/peo1206070733000-n1.htm 2014年7月10日閲覧。 
  5. ^ 『トラトラトラ』全配給決定 全出演者が軍服で記者会見”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1968年11月30日)
  6. ^ a b 時代劇マガジン vol.12, p. 111, インタビュー.
  7. ^ サンケイスポーツ 1975年10月24日 p. 15
  8. ^ “秋の叙勲 三遊亭円楽さんに旭日小綬章”. 日テレNEWS24. (2007年11月3日). オリジナルの2014年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710122953/http://www.news24.jp/articles/2007/11/03/0496537.html 2014年7月10日閲覧。 
  9. ^ “山崎努 沖縄美ら海水族館名誉館長に「初めて名刺というものを持つ」”. Sponichi Annex. (2012年1月23日). オリジナルの2012年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120126190720/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/23/kiji/K20120123002491530.html 2014年7月10日閲覧。 
  10. ^ “山崎努 俳優休業2年の真相…大怪我の妻を老老介助していた”. 女性自身. (2021年7月1日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1995769/ 2022年7月27日閲覧。 
  11. ^ “山崎努 “妻への献身介護生活” から2年、復帰ドラマ決定も最優先するは「夫婦の時間」”. 週刊女性プライム. (2021年10月12日). https://www.jprime.jp/articles/-/22148 2022年7月27日閲覧。 
  12. ^ “山崎努:山下智久と10年ぶり共演へ NHK連ドラ「正直不動産」初回ゲスト”. まんたんウェブ. (2022年3月16日). https://mantan-web.jp/article/20220316dog00m200012000c.html 2022年7月27日閲覧。 
  13. ^ “山下智久&山崎努「正直不動産」最終回で再共演!”. ヤフーニュース. (2022年6月1日). https://news.yahoo.co.jp/articles/784cd8bd36dc4db0b6bd22256b094277c05784f2 2022年7月27日閲覧。 
  14. ^ “山下智久&山崎努、10年ぶり共演&Twitterの投稿に感動の声”. シネマトゥデイ. (2022年4月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129517 2022年7月27日閲覧。 
  15. ^ a b 山崎努が振り返る“あの役”「僕の演じた役の中で、代表作なんじゃないかな」”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. p. 2 (2018年5月22日). 2022年12月4日閲覧。週刊女性2018年6月5日号。
  16. ^ 春日太一「火野正平インタビュー」 『すべての道は役者に通ず』小学館、2018年10月5日、265頁。ISBN 978-4-0938-0105-8 
  17. ^ 時代劇マガジン vol.12, pp. 112–113, インタビュー.
  18. ^ 時代劇マガジン vol.12, p. 112, インタビュー.
  19. ^ a b c 役者仲間と作った野球チーム、山崎努は巨人が好きすぎて驚きの行動に!“野球女子”の思い出と原点”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社 (2022年7月2日). 2022年12月4日閲覧。週刊女性2022年7月12日号。
  20. ^ 山崎努 俳優のノート 87ページ[要文献特定詳細情報]
  21. ^ 山崎努 俳優のノート 75ページ[要文献特定詳細情報]
  22. ^ 公演情報 / ライブラリ / ピサロ”. PARCO STAGE. 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月22日閲覧。
  23. ^ “渡辺謙、“師匠”山崎努から「初めてほめられた」と大テレ”. 映画.com. (2012年1月8日). オリジナルの2012年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110085539/http://eiga.com/news/20120108/7/ 2014年7月22日閲覧。 
  24. ^ 「山崎努さん主演の救助劇 火事で逃げ遅れた夫婦を猛煙の中から/東京・世田谷」『読売新聞』1992年11月13日朝刊
  25. ^ 愛媛発地域ドラマ制作開始!題材はあの名作“くたばれ”坊っちゃん”. NHK ONLINE (2016年3月7日). 2016年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月8日閲覧。
  26. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  27. ^ "山下智久、山崎努と10年ぶり共演 主演ドラマ『正直不動産』初回ゲストに登場". ORICON NEWS. oricon ME. 16 March 2022. 2022年3月16日閲覧
  28. ^ “『アトムの童』物語は第二章へ…山崎努、麻生祐未、加藤ローサの出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2256855/full/ 2022年11月14日閲覧。 
  29. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」
  30. ^ 反町隆史が元受刑者に。「13階段」会見”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  31. ^ 片山恭一のミリオンセラーを映画化。「世界の中心で、愛をさけぶ」”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  32. ^ 山ピーは大物俳優の隠し子!?「クロサギ」完成披露会見&舞台挨拶”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  33. ^ 本木雅弘&広末主演「おくりびと」がモントリオール映画祭グランプリを受賞!”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  34. ^ 役所広司&小栗旬、映画「キツツキと雨」で“決意”の初共演”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  35. ^ 三池監督作「藁の楯」に岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、山崎努”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  36. ^ 阿部サダヲ&菅野美穂、不屈の東北魂描く「奇跡のリンゴ」で夫婦に”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  37. ^ 前田敦子がツンデレ招き猫!?「神さまの言うとおり」に豪華アフレコ声優陣”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  38. ^ 日本のいちばん長い日”. 日曜洋画劇場. 2016年8月27日閲覧。
  39. ^ 大泉洋主演「駆込み女と駆出し男」に樹木希林、堤真一、内山理名、山崎努ら演技派ずらり”. 映画.com. 2016年9月11日閲覧。
  40. ^ 安田顕主演作『俳優 亀岡拓次』に麻生久美子、新井浩文らが出演”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  41. ^ 竹内結子、初の時代劇映画!阿部サダヲ、瑛太らのちょんまげ姿も公開”. シネマトゥデイ. 2016年9月11日閲覧。
  42. ^ 映画「モリのいる場所」公式ページ”. 2017年12月11日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集