機械遺産

日本機械学会が、機械技術の発展に貢献したとして認定した日本国内の物件の総称

機械遺産(きかいいさん、Mechanical Engineering Heritage)は、一般社団法人日本機械学会が機械技術の発展に貢献したとして認定した、日本国内の物件の総称である。

概要編集

2007年6月、日本機械学会の設立110周年を記念して設けられた制度である。国内の機械の中でも特に我々の生活に大きな影響を与えた機械・機器、関連システム、工場、設計仕様書、教科書などを、記念物として認定する。選定基準は社会発展に貢献した機械であることや、現存していて実際に動かせる状態であることである。認定後には、企業などが所有を継続できなくなった場合に国立科学博物館地方公共団体への移管の仲介を行い、遺産の処分や散逸を防ぐとしている。

なお、日本機械学会では毎年数件ずつ選定して認定する予定である。

分類編集

機械遺産は

  • Site(機械遺産のある歴史的な風景)
  • Landmark(機械を含む象徴的な建造物・構造物)
  • Collection(保存・収集された機械)
  • Documents(記録に残る機械関連文書類)

の4つの区分に分けられている。

2007年度認定遺産一覧編集

Site
Landmark
Collection
Documents

2008年度認定遺産一覧編集

 
三池港の閘門
Site
Collection

2009年度認定遺産一覧編集

 
札幌市時計台
Site
Landmark
  • 33 旧峯岸水車場(東京都)
Collection

2010年度認定遺産一覧編集

 
としまえん「カルーセルエルドラド」
Landmark
Collection

2011年度認定遺産一覧編集

 
国鉄ED15形電気機関車
Landmark
Collection

2012年度認定遺産一覧編集

Landmark
Collection

2013年度認定遺産一覧編集

Landmark
  • 56 機械式立体駐車装置 ロートパーク(東京都)
Collection

2014年度認定遺産一覧編集

 
清水港のテルファー
Landmark
Collection
Documents
  • 69 国産機械製造の礎『国産機械集』(東京都)

2015年度認定遺産一覧編集

 
末広橋梁、跳ね上げた状態
Landmark
Collection

2016年度認定遺産一覧編集

 
スバル360
Landmark
Collection

2017年度認定遺産一覧編集

   
勝鬨橋
東京地下鉄道1000形
Site
Collection
  • 86 国産初の地下鉄車両「モハ1000形1001号」(東京都)
  • 87 有人潜水調査船しんかい2000」(神奈川県)
  • 88 鋳造用砂型の造型機械「C-11型生型造型機」 - 米国製の機械を参考に1927年(昭和2年)砂型の造型製作機として旧 久保田製作所が独自開発、鋳物工場の機械化の始まり (愛知県)
  • 89 組合せ計量機(ACW-M-1) - 中央演算装置を用い重量や大きさの異なる複数のピーマンを組み合わせ150±2gに収まる重さに仕分けする旧 石田衡器製作所1972年(昭和47年)開発したピーマン充填用自動はかり、その後の農産物、冷凍食品、薬品、機械部品など一定量の袋詰め機の出発点となった (滋賀県)
  • 90 全自動手袋編機(角型) - 1964年(昭和39年)島精機製作所が開発、世界で初めて編目を押し下げるシンカーニット方式を採用し1枚を2分15秒で編み上げた (和歌山県)

2018年度認定遺産一覧編集

Collection
  • 91 日本工業大学の所蔵する歴史的工作機械群 - 明治中期から昭和50年代(1975年 - 1984年)に輸入から日本製として模造機製造から技術提携の段階の経緯を理解でき、当時の動力源である高価な1個のモーターで複数の異なる機械を駆動したシステムを再現するなど、工学史上の時代的変遷を俯瞰できる (埼玉県)
  • 92 エアレス塗装機 – 米国で開発されたエアレス塗装の米国特許実施権を得てエアレス塗装機の改良し国産化を開始、1959年(昭和34年)販売以来、車両、造船、構造物、建築、道路舗装など幅広い分野で使われる (愛知県)
  • 93 ブラウン管ガラス製造装置 - 白黒カラーテレビは当初ガラスブラウン管が使われ、米国から技術導入による画面部(フェース)と遠心鋳造成形した後部(ファンネル(漏斗形))を別々に成形した後、封着したが、ファンネルプレス機の登場でプレス成形方式へ転換し、品質と生産性を向上させ、薄型テレビ以前の24インチ以上の大型テレビのシェアは1980年(昭和55年)代末にはほぼ世界市場を独占した (滋賀県)
  • 94 新聞博物館の活字鋳造機 – 熊本日日新聞・新聞博物館は新聞原稿の組版から印刷、発行までの工程とその技術的変遷を知ることができ、1934年(昭和9年)製の種々の特許技術が反映された「万年自働活字鋳造機」の商標名で発売された活字鋳造機は5号(10.5pt)の活字を90本/分で鋳造することができ、1982年(昭和57年)まで使用された (熊本県)

2019年度認定遺産一覧編集

 
京都鉄道博物館の蒸気機関車と検修施設群
Landmark
  • 95 田瀬ダムの高圧放流設備 – 米国製4基の高水圧スライドゲートを米国と綿密な交信を経て、日本の技術も加え、当時世界最水深ダム下部に設置し、その後のダム放流の技術面の基礎となった (岩手県)
  • 96 新津油田金津鉱場(採油と製油技術の証) – 明治以前から原油採取が試みられたが、崩壊地層のため事業化に至らず、その後、中野貫一の手掘採掘で当時産油量日本一となり、さらに上総掘りや機械掘りも普及し、1996年(平成8年)に閉業したが地域特性に基づく一連の遺構は2018年(平成30年)「新津油田金津鉱場跡」として国史跡指定を得て石油採掘の実物資料に接する事ができる (新潟県)
  • 97 京都鉄道博物館の蒸気機関車と検修施設群 – 日本の鉄道開業から1948年(昭和23年)までの代表的蒸気機関車23両を整備等の記録簿とともに展示し、8両は動態保存し、扇形庫転車台工具なども稼働できる (京都府)
Collection

2020年度認定遺産一覧編集

 
ニコンF
Collection & Documents
Collection
  • 101 日本の一眼レフカメラを世界水準へと進展させたアサヒフレックスI・IIBミランダTズノーニコンF - 1950年代の日本製カメラのなかでも5機種の機械式一眼レフカメラ利便性と堅牢性を持ち「カメラといえばドイツ」との評価を変えた (東京都)
  • 102 自由粉砕機 第1号機 (奈良式高速衝撃粉砕機) – 奈良自由造は1925年(大正14年)物性として弾性耐熱性をもつカゼイン粉砕機の製作を現古河グループの古河理化試験所から依頼され、ドイツ製粉砕機を参考に物性に対応する改良を行い納入した。更に改良した「自由粉砕機 第1号機」の技術は1928年(昭和3年)年に実用新案として登録され、衝撃力とせん断力という粉砕メカニズムによって熱の発生を抑え、迅速かつ大量の粉体加工を実現し、鉱物、薬草、食料品、染料、飼料、薬品、鉱工業用品などの広範囲の材料の粉体加工にその後も使われている (東京都)
  • 103 日本の溶射技術を工業化したアーク溶射ガン – 溶射1909年(明治42年)、スイスのM.U.ショープ(:M.U.Schoop)が発明した[1]1919年(大正8年)に銀座天賞堂が特許の使用権を得て、宝飾品へのガス式溶射ガン技術導入をめざすも作動せず、1921年(大正10年)に特許「電気溶融法による噴射鍍金法」を取得した。技術の工業化は1935年(昭和10年)頃から始まり戦前戦中にも改良を重ね戦後に軽量化と操作性を計った。1955年(昭和30年)の現存最古1台と1963年(昭和38)年の改良を加えた溶射ガン2台が保存される。まず鉄道、水タンク鉄骨構造物等のを防ぐ表面処理技術として広く用いられ、その後耐熱性耐摩耗性、耐薬品性など幅広い産業分野で利用される溶射技術の原点を示す (滋賀県)
  • 104 機械式無段変速機/リングコーンRC型 – 無段変速機流体式・電気式・機械式の3種に大別される。1952年(昭和27年)にシンポ工業(現:日本電産シンポ)の柏原学が発明した伝動リングの中にコーン形の2本の円錐を左右逆向きに配置したリングコーン(RC)型変速機は機械式無段変速機であり、潤滑油膜を介して非接触で動力を伝達するトラクションドライブ方式で摩耗を生じない[2]。部品点数が少なく簡単な構造であり比較的小型で所要の伝達動力が得られる。負荷の増減で伝動リングの回転方向への食い込み量が変化し、負荷に応じた有効な圧接力が自動的に摩擦伝動面に与えられ、すべりが起きず、回転変動率が2から3%程度と低い特長がある。リングコーンRC型はRX型無段変速機や車輪駆動用をはじめとしたトラクションドライブ減速機に継承されている (京都府)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集