1998 FIFAワールドカップ

1998 サッカー・ワールドカップから転送)
1998 FIFAワールドカップ
1998 FIFA World Cup
Coupe du monde de football de 1998
大会概要
開催国 フランスの旗 フランス
日程 1998年6月10日 - 7月12日
チーム数 32 (5連盟)
開催地数 10 (9都市)
大会結果
優勝 フランスの旗 フランス (1回目)
準優勝 ブラジルの旗 ブラジル
3位 クロアチアの旗 クロアチア
4位 オランダの旗 オランダ
大会統計
試合数 64試合
ゴール数 171点
(1試合平均 2.67点)
総入場者数 2,785,100人
(1試合平均 43,517人)
得点王 クロアチアの旗 ダヴォール・シューケル(6点)
最優秀選手 ブラジルの旗 ロナウド
 < 19942002

1998 FIFAワールドカップ: 1998 FIFA World Cup)は、1998年6月10日から7月12日にかけてフランスで開催された16回目のFIFAワールドカップである。決勝戦は地元のフランス代表と前回優勝国のブラジル代表の顔合わせとなったが、フランス代表がジネディーヌ・ジダンの2得点などでブラジル代表を3-0と下し初優勝を果たした[1]。大会最優秀選手はブラジル代表のロナウドが、得点王はクロアチア代表ダヴォール・シューケルが受賞した[1]

目次

予選編集

この大会より、本大会出場チームが24から32に拡大された。

出場国編集

出場選手は1998 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
UEFA 1+14 開催国   フランス 3大会ぶり10回目
欧州予選 1組 1位   デンマーク 3大会ぶり2回目
2位   クロアチア 初出場
2組 1位   イングランド 2大会ぶり10回目
2位   イタリア 10大会連続14回目
3組 1位   ノルウェー 2大会連続3回目
4組 1位   オーストリア 2大会ぶり7回目
2位   スコットランド 2大会ぶり8回目
5組 1位   ブルガリア 2大会連続7回目
6組 1位   スペイン 6大会連続10回目
2位   ユーゴスラビア 2大会ぶり9回目
7組 1位   オランダ 3大会連続7回目
2位   ベルギー 5大会連続10回目
8組 1位   ルーマニア 3大会連続7回目
9組 1位   ドイツ 12大会連続14回目[2]
CONMEBOL 1+4 前回優勝国   ブラジル 16大会連続16回目
南米予選 1位   アルゼンチン 7大会連続12回目
2位   パラグアイ 3大会ぶり5回目
3位   コロンビア 3大会連続4回目
4位   チリ 4大会ぶり7回目
CONCACAF 3 最終予選 1位   メキシコ 2大会連続11回目
2位   アメリカ合衆国 3大会連続6回目
3位   ジャマイカ 初出場
CAF 5 最終予選 1組 1位   ナイジェリア 2大会連続2回目
2組 1位   チュニジア 5大会ぶり2回目
3組 1位   南アフリカ共和国 初出場
4組 1位   カメルーン 3大会連続4回目
5組 1位   モロッコ 2大会連続4回目
AFC 3.5 最終予選 A組 1位   サウジアラビア 2大会連続2回目
2位   イラン 5大会ぶり2回目
B組 1位   韓国 4大会連続5回目
2位   日本 初出場
OFC 0.5 地区予選 出場国無し
  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

本大会編集

概要編集

 
アルゼンチン×日本戦(トゥールーズ)6月14日

参加国数が24から32に増えた最初の大会(本大会出場選手本登録は22人で、1998年6月2日夜が締め切りであった)。グループリーグがそれまでの4チームのA-Fの6グループからA-Hの8グループに増加し、各グループ上位2チーム、合計16チームがノックアウト方式の決勝トーナメントに進む。トーナメント1回戦は、各グループ1位は2位のチームと、グループの対戦はAグループはBグループと、他はCとD、EとF、GとHとなる。大会は、前回大会優勝のブラジルスコットランド戦でブラジルの2対1の勝利で幕を開けた。

いわゆる「パリの悲劇」で、アメリカ大会に出場できなかったフランスが、1978年大会アルゼンチン以来20年ぶり史上7カ国目の初優勝を遂げた。カントナを代表から外し、ジダンを中心に据えたエメ・ジャケ監督のチーム作りが成功。またユニフォームは代表初戴冠となるUEFA欧州選手権1984時代を模したものにして縁起を担いだ。グループリーグではブランデサイーデシャンといったベテランがチームをまとめ、ジダンを中心に、若手の成長株のアンリトレゼゲといったストライカーが得点を重ねる、理想的なサッカーを展開した。決勝トーナメントに入り、その世代交代の過渡期だったストライカーが力不足を露呈して得点力不足に苦しんだが、1回戦ではDFブランがゴールデンゴールを挙げ、準決勝ではそれまで代表戦でゴールのなかったDFテュラムが同点、そして逆転ゴールを挙げる活躍でそれをカバー。決勝戦においては下馬評ではブラジルが有利と言われていた。しかし、決勝当日の朝、泡を吹いて卒倒しているブラジルのエース、ロナウドが発見された。ブラジルはチーム全体がパニック状態に陥ることになる。発作が治まったロナウドは結局先発出場するのだが、怪物の抜け殻であり、エースを失ったブラジルは砂上の楼閣さながらだった、結果はフランスが3対0とフランスのサッカーを思う存分見せつけた試合と言える(決勝戦でもMFのジダンが2ゴール、同じくMFのプティが1ゴールと、ストライカー以外のプレーヤーが得点を挙げている)。

大会自体は、下馬評通りに、優勝候補と目されていたブラジル、フランス、オランダ等が順当に勝ち進んだ。バティストゥータシメオネを中心にしたアルゼンチンはベスト8まで進んだが、オランダ戦ではオルテガの退場もあり敗退。一方で、スペインのグループリーグ敗退や、クロアチアの躍進は観客に驚きを与えた。また、前述のアンリ、トレゼゲを含め、イングランド代表ベッカムオーウェン、ブラジル代表のロナウド、イタリア代表デル・ピエロ、スペイン代表のラウルといった初登場の若手が活躍した大会でもあった。

アジア勢は不振で、4カ国いずれもグループリーグで敗退した。前回アメリカ大会で初出場ながらベスト16に入り、旋風を起こしたサウジアラビアは1分2敗、韓国も1分2敗だった。イランアメリカに2対1でワールドカップ初勝利を挙げるも、1勝2敗に終わりグループリーグで敗退した。日本はこの大会で初出場を果たしたが、3敗に終わった。

本大会前には、ロマーリオガスコインカントナ三浦知良らが代表に選ばれなかったことが話題となった。

チケット問題編集

日本代表が初出場するとあって、多くのサポーターが現地へ観戦に行くため、大手旅行代理店への観戦ツアーの申込は約35,000人となった[3]

しかし開幕となる6月10日直前になっても、日本戦観戦ツアーの申込分の一部のチケットが旅行代理店に到着しない事態が発生。フランス組織委員会(以下、CFOと記述)は当初、「5月中旬までには全てのチケットを発行する」としていたが、チケットの偽物が発見されたり、カメルーンサッカー協会とイギリスの業者(チケット問題発生時には、すでに倒産)によるチケットの横流し事件が発覚したため、CFOがチケットの発券をストップ。その為、公認代理店以外でチケットを注文した旅行会社にチケットが届かない事態となった[4](なお、チケットの不足は、イングランド、スコットランド、ブラジル、ドイツ、オランダの試合でも起きている)。

このため旅行会社ではチケットが手元に無いため、ツアーの実施、中止への対応を余儀なくされた。またツアー参加者は、出発の集合場所にて「チケットが届かない」旨の説明を受けたりしたため、参加者が突然の事態に泣き出す、説明に訪れた旅行会社社員に対し怒号が飛び交う等の事態になった(主な旅行会社の対応は、以下の通り[5][6])。

旅行会社 日本戦3戦申込枚数 実入手枚数 入手率
(%)
対応
ジェイワールドトラベル 不明 不明 100 日本で唯一のオフィシャルエージェントの旅行会社であった為、参加者全員分のチケットが割り当てられた。
西鉄旅行 不明 不明 100 JFAや国外のFIFA正規代理店からチケットを確保し、ツアー参加者数をチケットを確保できた分だけ募集したため、参加者全員分のチケットが割り当てられた。
JTB 7,000 5,100 72 希望者にはツアーを予定通り決行。
試合を観戦出来なかったツアー参加者には、旅行代金を全額返還。
近畿日本ツーリスト 5,583 384 6 原則ツアー中止。旅行代金全額+おわび金5万円を返還。
リスク覚悟の希望者には、別ツアーを用意。
京王観光 120 0 0 ツアーを全面中止、旅行代金を全額返金。
日本旅行 5,500 200 3 アルゼンチン戦のツアーは中止。他の2試合はツアーを決行。
旅行代金全額+おわび金5万円を返還。また観戦出来なかったツアー参加者には、代金の3割を返還。
後日11ヶ国・地域34ヶ所の現地法人の社員約500人を動員し、チケット200枚を入手。
東武トラベル 200 0 0 ツアーを全面中止、旅行代金を全額返金。
東急観光 3,499 303 8 原則ツアーを全面中止、旅行代金を全額返金。
エイチ・アイ・エス 500 不明 不明 ツアーは予定通り実施。
名鉄観光サービス 482 57 11 ツアーを全面中止、旅行代金を全額返金。
マップ・インターナショナル 不明 不明 不明 「チケット確保の目処がついた」として、ツアーを決行。
阪神電鉄旅行部 450 0 0 ツアーを全面中止、旅行代金を全額返金。
日通旅行 4,257 100 2 希望者にはツアーを予定通り決行。
試合を観戦出来なかったツアー参加者には、旅行代金を全額返還。

この事件に対し、CFOは「販売は順当に進んだと認識している。残念だが、こちらとしては何も出来ない。」との見解を示した[7]。これに対し日本旅行業協会がフランス政府に問題の調査を依頼、またCFOへ抗議文書を送った[8]。これに対しまた後日チケットの注文を受けながら入場券を渡さなかったとして、ISLワールドワイド社の子会社「ISLフランス」の役員マルク・ルワゾンが身柄を拘束された[9]

尚、チケットは無くても現地まで行ったサポーターやチケットをより多く確保したい旅行会社等により、ダフ屋が横行しチケットの価格は高騰、1枚36万円で販売するダフ屋まで出現した[10]。挙句の果てには、対アルゼンチン戦にて偽チケットが発見される事態も発生した[11]

このチケット問題に対し、アルゼンチン戦を開催するトゥールーズは、「日本人サポーターに、せめてスクリーンで試合を見て欲しい」と、市内のスポーツセンターと公園に試合を実況中継する巨大スクリーンを設置した。また座席も8,000席用意し、軽食や飲み物を無料配布した[12]。尚、この巨大スクリーンの会場の一角を東急観光が占拠し、自社のツアー客以外を締め出すという事態を起こした[13]

日本政府も藤井孝男運輸大臣(当時)は、遺憾の意を表明[14]。また運輸省は少しでもチケットを確保するよう、FIFAに要請した[15]

この一連の事件により、FIFAは不正を働いた疑いが強いとして、カメルーンとコロンビアのサッカー協会を調査[16]。またFIFAのゼップ・ブラッター次期会長は主催者側の不備を認め[17]、次大会以降のチケット販売は、大会開催国の組織委員会が扱うのではなく、FIFAの直接管理下で販売する方針となった[18]

結果編集

組み合わせ抽選編集

組み合わせ抽選は、1997年12月4日マルセイユスタッド・ヴェロドロームにて行われた。

まず、参加32チームを以下のように分けた。

  • 開催国のフランス、前回優勝国のブラジル、およびシード国としてドイツ・イタリア・スペイン・アルゼンチン・ルーマニア・オランダの8か国を「ポット1
  • アフリカ5か国および、北中米カリブ海3カ国の8か国を「ポット2
  • シード以外のヨーロッパ9か国を「ポット3
  • シード以外の南米3か国および、アジア4か国の7か国を「ポット4

これら各ポットから1か国ずつを1グループに割り当てる。ただしポット3は9か国あり、またヨーロッパの国が同一のグループに3チーム入るのを防ぐため、ポット3で最後に選ばれたチーム(この抽選ではノルウェー)は、ポット1でヨーロッパの国が選ばれなかったグループのいずれかに割り当てられる(この抽選では、ブラジルのいるグループAに割り当てられた)。そして、ポット4のチームはそれ以外の7グループに割り当てられる。

すべてフランス時刻(CET)

グループリーグ編集

グループ A編集


チーム







1   ブラジル 6 3 2 0 1 6 3 +3
2   ノルウェー 5 3 1 2 0 5 4 +1
3   モロッコ 4 3 1 1 1 5 5 0
4   スコットランド 1 3 0 1 2 2 6 -4







グループ B編集


チーム







1   イタリア 7 3 2 1 0 7 3 +4
2   チリ 3 3 0 3 0 4 4 0
3   オーストリア 2 3 0 2 1 3 4 -1
4   カメルーン 2 3 0 2 1 2 5 -3

イタリア   2 - 2   チリ
ヴィエリ   10分
R.バッジョ   85分 (PK)
レポート サラス   45分49分






グループ C編集


チーム







1   フランス 9 3 3 0 0 9 1 +8
2   デンマーク 4 3 1 1 1 3 3 0
3   南アフリカ共和国 2 3 0 2 1 3 6 -3
4   サウジアラビア 1 3 0 1 2 2 7 -5







グループ D編集


チーム







1   ナイジェリア 6 3 2 0 1 5 5 0
2   パラグアイ 5 3 1 2 0 3 1 +2
3   スペイン 4 3 1 1 1 8 4 +4
4   ブルガリア 1 3 0 1 2 1 7 -6







グループ E編集


チーム







1   オランダ 5 3 1 2 0 7 2 +5
2   メキシコ 5 3 1 2 0 7 5 +2
3   ベルギー 3 3 0 3 0 3 3 0
4   韓国 1 3 0 1 2 2 9 -7

韓国   1 - 3   メキシコ
河錫舟   28分 レポート ペラエス   51分
エルナンデス   74分84分






グループ F編集


チーム







1   ドイツ 7 3 2 1 0 6 2 +4
2   ユーゴスラビア 7 3 2 1 0 4 2 +2
3   イラン 3 3 1 0 2 2 4 -2
4   アメリカ合衆国 0 3 0 0 3 1 5 -4







グループ G編集


チーム







1   ルーマニア 7 3 2 1 0 4 2 +2
2   イングランド 6 3 2 0 1 5 2 +3
3   コロンビア 3 3 1 0 2 1 3 -2
4   チュニジア 1 3 0 1 2 1 4 -3







グループ H編集


チーム







1   アルゼンチン 9 3 3 0 0 7 0 +7
2   クロアチア 6 3 2 0 1 4 2 +2
3   ジャマイカ 3 3 1 0 2 3 9 -6
4   日本 0 3 0 0 3 1 4 -3




アルゼンチン   5 - 0   ジャマイカ
オルテガ   31分55分
バティストゥータ   72分80分82分 (PK)
レポート


日本   1 - 2   ジャマイカ
中山雅史   74分 レポート ウィットモア   39分54分

決勝トーナメント編集

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
6月27日 - マルセイユ            
   イタリア 1
7月3日 - サン=ドニ
   ノルウェー 0  
   イタリア 0 (3)
6月28日 - ランス
     フランス (PK) 0 (4)  
   フランス (GG) 1
7月8日 - サン=ドニ
   パラグアイ 0  
   フランス 2
6月29日 - モンペリエ
     クロアチア 1  
   ドイツ 2
7月4日 - リヨン
   メキシコ 1  
   ドイツ 0
6月30日 - ボルドー
     クロアチア 3  
   ルーマニア 0
7月12日 - サン=ドニ
   クロアチア 1  
   フランス 3
6月27日 - パリ
     ブラジル 0
   ブラジル 4
7月3日 - ナント
   チリ 1  
   ブラジル 3
6月28日 - サン=ドニ
     デンマーク 2  
   ナイジェリア 1
7月7日 - マルセイユ
   デンマーク 4  
   ブラジル (PK) 1 (4)
6月29日 - トゥールーズ
     オランダ 1 (2)   3位決定戦
   オランダ 2
7月4日 - マルセイユ 7月11日 - パリ
   ユーゴスラビア 1  
   オランダ 2    クロアチア 2
6月30日 - サン=テチエンヌ
     アルゼンチン 1      オランダ 1
   アルゼンチン (PK) 2 (4)
   イングランド 2 (3)  

1回戦編集



ブラジル   4 - 1   チリ
サンパイオ   11分27分
ロナウド   45+1分 (PK)70分
レポート サラス   68分







準々決勝編集






準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集


ブラジル   0 - 3   フランス
レポート ジダン   27分45+1分
プティ   90+3分

優勝国編集

 1998 FIFAワールドカップ優勝国 
 
フランス
初優勝

得点ランキング編集

表彰編集

個人賞編集

選手名 国籍 備考
ゴールデンボール(大会MVP) ロナウド   ブラジル 準優勝
シルバーボール ダヴォール・シューケル   クロアチア 3位
ブロンズボール リリアン・テュラム   フランス 優勝
ゴールデンシューズ(得点王) ダヴォール・シューケル   クロアチア 6得点
ヤシン賞(最優秀GK) ファビアン・バルテズ   フランス 2失点

オールスターチーム編集

準決勝終了後、国際サッカー連盟の技術委員によりオールスターチームが選出された[19]。選出に際し事前に60選手が選ばれ、7月3日に技術部部長のイェルク・ネプファーをはじめとした技術委員により16選手が決定された[19]。選出に際しては正規の16選手のほか、控えの6選手を含む22選手が発表された[19]

ポジション 選手名 国籍
GK ファビアン・バルテズ   フランス   
ホセ・ルイス・チラベルト   パラグアイ   
DF マルセル・デサイー   フランス  
フランク・デ・ブール   オランダ   
カルロス・ガマラ   パラグアイ  
ロベルト・カルロス   ブラジル  
リリアン・テュラム   フランス  
MF エドガー・ダービッツ   オランダ   
ドゥンガ   ブラジル
ミカエル・ラウドルップ   デンマーク
リバウド   ブラジル
ジネディーヌ・ジダン   フランス
FW デニス・ベルカンプ   オランダ   
ブライアン・ラウドルップ   デンマーク   
ロナウド   ブラジル
ダヴォール・シューケル   クロアチア
控え選手
ポジション 選手名 国籍
GK エトヴィン・ファン・デル・サール   オランダ
MF フアン・セバスティアン・ベロン   アルゼンチン
オーガスティン・オコチャ   ナイジェリア
FW ティエリ・アンリ   フランス
マイケル・オーウェン   イングランド
クリスティアン・ヴィエリ   イタリア

公式マスコット編集

フランス国鳥雄鶏の、「FOOTIX フティックス」

公式テーマソング編集

オフィシャルスポンサー編集

1998 FIFAワールドカップオフィシャルパートナー

脚注編集

  1. ^ a b Zidane lights the blue-touch paper for France”. FIFA.com. 2014年11月22日閲覧。
  2. ^ 西ドイツ時代を含む。
  3. ^ 「観戦へ日本から3万5000人」『読売新聞』1998年6月9日付
  4. ^ 「きょう開幕 なのにチケットまだ来ない」『朝日新聞』1998年6月10日付
  5. ^ 「アレ! 行けないの? 待ちに待っての"Wの悲劇"」『朝日新聞』1998年6月11日付
  6. ^ それでもフランスへ 毎日新聞1998年6月11日付
  7. ^ 「「2枚で1000ドル」ダフ屋並ぶ」『読売新聞』1998年6月11日付
  8. ^ 「広がるW杯 チケット騒動」『朝日新聞」1998年6月12日付
  9. ^ 「FIFA入場券 ナンバー2役員を拘束」『読売新聞」1998年6月18日付
  10. ^ 「チケット1枚36万円?」『読売新聞』1998年6月14日付
  11. ^ 「偽入場券見つかる」『朝日新聞』1998年6月15日付
  12. ^ 「トゥールーズ市、心遣い」『毎日新聞』1998年6月14日付
  13. ^ 「日本の旅行会社に地元あ然 場外の会場を占拠」『朝日新聞』1998年6月16日付
  14. ^ 「旅行会社の対応を批判」『朝日新聞』1998年6月12日付
  15. ^ 3試合の不足分 2万3千枚に」『毎日新聞』1998年6月12日付
  16. ^ 「入場券で不正? 2ヶ国を調査へ」『朝日新聞』1998年6月13日付
  17. ^ 「主催者の不備認める FIFA次期会長」『読売新聞」1998年6月18日付
  18. ^ 「全チケット配分 FIFA直轄に」『読売新聞』1998年6月13日付
  19. ^ a b c FIFA Technical Study Group designates MasterCard All-Star Team”. FIFA.com (1998年7月10日). 2014年11月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集