路面電車の走る街の一覧

ウィキメディアの一覧記事

路面電車の走る街の一覧(ろめんでんしゃのはしるまちのいちらん)は、現在、路面電車もしくはライトレールが運行されている都市の一覧である。

アジア編集

 
香港トラム:2階建ての路面電車

インド編集

都市名 路線 備考・参考
コルカタ コルカタ・トラム

アラブ首長国連邦編集

都市名 路線 備考・参考
ドバイ ドバイトラム

ウズベキスタン編集

都市名 路線 備考・参考
サマルカンド サマルカンド市電
タシュケント タシュケント市電 2016年廃止[1]

カザフスタン編集

都市名 路線 備考・参考
アルマトイ アルマトイ市電 2015年に事実上廃止
パヴロダル パヴロダル市電
オスケメン オスケメン市電
テミルタウカザフ語版 テミルタウ市電

ミャンマー編集

  • ヤンゴン - 2016年1月10日開業[2]、しばらく営業ののち休止

中華人民共和国編集

フィリピン編集

香港編集

台湾編集

 
高雄ライトレール

朝鮮民主主義人民共和国編集

日本編集

アフリカ編集

アルジェリア編集

都市名 路線 備考・参考
アルジェ アルジェトラム
オラン オラントラム
コンスタンティーヌ コンスタンティーヌトラム
シディ・ベル・アッベス シディ・ベル・アッベストラム
ワルグラ ワルグラトラム
セティフ セティフトラム

エチオピア編集

都市名 路線 備考・参考
アディスアベバ アディスアベバ・ライトレール

エジプト編集

都市名 路線 備考・参考
アレクサンドリア アレクサンドリア市電
カイロ カイロ市電英語版 2019年に廃止[3]

モーリシャス編集

都市名 路線 備考・参考
ポートルイス メトロ・エクスプレス

モロッコ編集

都市名 路線 備考・参考
カサブランカ カサブランカ市電
ラバト
サレ
ラバト=サレ市電英語版 [4]

チュニジア編集

都市名 路線 備考・参考
チュニス チュニスメトロ

オセアニア編集

オーストラリア編集

都市名 路線 備考・参考
アデレード グレネルグ・トラム
キャンベラ キャンベラ・ライトレール
ニューカッスル ニューカッスル・ライトレール
ゴールドコースト G:link
メルボルン メルボルン市電
シドニー インナーウエスト・ライトレール
CBD・アンド・サウスイースト・ライトレール

ニュージーランド編集

北アメリカ編集

アメリカ合衆国編集

 
サンフランシスコ市内を走るミュニ・メトロ(Muni Metro)
 
サンノゼ市内を走るVTAライトレール

ライトレール導入を計画中の都市編集

カナダ編集

メキシコ編集

南アメリカ編集

アルゼンチン編集

エクアドル編集

チリ編集

パラグアイ編集

  • アスンシオン(新装開業準備中、1997年まで運行されていた路線とは異なる)

ボリビア編集

ブラジル編集

ヨーロッパ編集

アイルランド編集

イギリス編集

 
ブラックプール:2階建ての路面電車

イタリア編集

ウクライナ編集

都市名 路線 備考・参考
リヴィウ リヴィウ市電
オデッサ オデッサ市電
ハルキウ ハルキウ市電
キエフ キエフ市電
キエフ・ライトレール
ドニプロ ドニプロ市電
ムィコラーイウ ムィコラーイウ市電ウクライナ語版
ジトーミル ジトーミル市電
ヴィーンヌィツャ ヴィーンヌィツャ市電
イェウパトーリヤ イェウパトーリヤ市電
マキイフカ マキイフカ市電ウクライナ語版 2006年廃止[1]
ドネツィク ドネツィク市電
コンスタンチノフカウクライナ語版 コンスタンチノフカ市電 2016年に休止、その後廃止[1]
イェナーキイェヴェウクライナ語版 イェナーキイェヴェ市電
ザポリージャ ザポリージャ市電
ゴルロフカウクライナ語版 ゴルロフカ市電ウクライナ語版 [8]
マリウポリ マリウポリ市電ウクライナ語版
ルハーンシク ルハーンシク市電 2015年に休止[1][9]
クルィヴィーイ・リーフ クルィヴィーイ・リーフ市電
クルィヴィーイ・リーフ・メトロトラム
カーミヤンシケ カーミヤンシケ市電
カディエフカウクライナ語版 カディエフカ市電ウクライナ語版 2008年廃止
クラマトルスク クラマトルスク市電 2017年廃止[10]
ドルジュキーウカウクライナ語版 ドルジュキーウカ市電
コノトプウクライナ語版 コノトプ市電
アウディーイウカ アウディーイウカ市電 2017年廃止
モロクノエウクライナ語版 モロクノエ市電 2014年に事実上廃止[1]

エストニア編集

 
タリン市電
都市名 路線 備考・参考
タリン タリン市電

オーストリア編集

都市名 路線 備考・参考
グムンデン グムンデン市電ドイツ語版
グラーツ グラーツ市電ドイツ語版
インスブルック インスブルック市電ドイツ語版
リンツ リンツ市電
ウィーン ウィーン市電
ウィーン地方鉄道

オランダ編集

 
アムステルダムのトラム

ギリシャ編集

クロアチア編集

都市名 路線 備考・参考
オシエク オシエク市電
ザグレブ ザグレブ市電

スイス編集

 
チューリッヒ

スウェーデン編集

スペイン編集

スロバキア編集

都市名 路線 備考・参考
ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ市電
コシツェ コシツェ市電

セルビア編集

 
GSPベオグラードの路面電車(11番系統)

チェコ編集

 
プラハ市内を走るシュコダ 14T

ドイツ編集

 
地下鉄・ライトレール等のある都市(ドイツ)
 
ドイツ最大の規模を持つベルリンの路面電車
 
西ドイツでは路面電車を高速化・高規格化したシュタットバーンも多い(ケルンの地下区間)。
 
一般鉄道(ヘビーレール)と路面電車を直通するトラムトレインカールスルーエ都市圏)。

西ドイツ編集

ブレーメン州ニーダーザクセン州
一部を除きシュタットバーンライトレール)化
ノルトライン=ヴェストファーレン州
1系統のみシュタットバーン化。
一部シュタットバーン化(de:Stadtbahn Dortmund)。
デュースブルク、クレーフェルト等への直通系統を中心にシュタットバーン化。(de:K-Bahn)
デュセルドルフからシュタットバーンが直通。ミュールハイム・アン・デア・ルールへの直通系統あり。
一部シュタットバーン化 (de:Stadtbahn Essen)。シュタットバーンはミュールハイム・アン・デア・ルールへの直通系統あり。
ケルン、ボンの両都市間で一体の路線網を持つ。一部シュタットバーン化(ケルンLRT、ボンLRT)。
デュッセルドルフからのシュタットバーンが直通。
エッセンからシュタットバーンが、デュースブルクから路面電車が直通。
ミュールハイム・アン・デア・ルールから直通。
ルール地方のシュタットバーン・路面電車の相互直通に関しては、de:Stadtbahnnetz Rhein-Ruhrを参照。
ヘッセン州ラインラント=プファルツ州ザールラント州
(路面電車とシュタットバーンの地下鉄が存在)
一部系統は一般鉄道に直通 (de:RegioTram Kassel)
マンハイムと相互直通。
マンハイム、ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインの各線に直通。
一般鉄道に直通
バーデン=ヴュルテンベルク州
一部系統は一般鉄道に直通、de:Stadtbahn Karlsruhe
ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインと相互直通
マンハイム交通、ハイデルベルク電気軌道・登山鉄道に乗り入れ。
大部分の系統がシュタットバーン化(de:Stadtbahn Stuttgart)。
バイエルン州

東ドイツ編集

メクレンブルク=フォアポンメルン州
ベルリン州およびブランデンブルク州
ザクセン=アンハルト州
 
ツヴィッカウ市内に乗り入れる低床気動車 (Regio Sprinter)
 
観光路線であるバート・シャンダウの電車
ザクセン州テューリンゲン州
一部系統、一般鉄道に直通。
一部系統、狭軌鉄道(ハルツ狭軌鉄道)に直通。
一般鉄道から列車(気動車)が直通。

トルコ編集

ノルウェー編集

都市名 路線 備考・参考
オスロ オスロ市電
トロンハイム トロンハイム市電
ベルゲン ベルゲン・ライトレール英語版

ハンガリー編集

フィンランド編集

フランス編集

 
フランスの地下鉄・ライトレール等のある都市
 
ボルドーの地表集電式路面電車
 
パリの近郊を結ぶT2線

ゴムタイヤトラム編集

ブルガリア編集

ベラルーシ編集

都市名 路線 備考・参考
ミンスク ミンスク市電
マズィル マズィル市電
ナヴァポラツクベラルーシ語版 ナヴァポラツク市電
ヴィーツェプスク ヴィーツェプスク市電

ベルギー編集

都市名 路線 備考・参考
ブリュッセル ブリュッセル市電
ブリュッセル・プレメトロ
アントウェルペン アントウェルペン市電
アントウェルペン・プレメトロフランス語版
ヘント ヘント市電
シャルルロワ シャルルロワ・プレメトロフランス語版
オーステンデ ベルギー沿岸軌道

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ編集

 
サラエヴォの路面電車

ポーランド編集

ポルトガル編集

都市名 路線 備考・参考
リスボン リスボン市電
アルマダ 南テージョ高速輸送システムポルトガル語版
ポルト ポルトメトロ [11]
ポルト市電ポルトガル語版 保存路面電車[12]
シントラ シントラ市電ポルトガル語版 保存路面電車[13]

ラトビア編集

都市名 路線 備考・参考
ダウガフピルス ダウガフピルス市電
リエパーヤ リエパーヤ市電
リガ リガ市電

ルーマニア編集

都市名 路線 備考・参考
アラド アラド市電
ボトシャニ ボトシャニ市電 [14]
ブライラ ブライラ市電
ブラショヴ ブラショヴ市電 2006年廃止[15]
ブカレスト ブカレスト市電
クルジュ=ナポカ クルジュ=ナポカ市電 [15]
コンスタンツァ コンスタンツァ市電 2008年廃止[15][1]
クラヨーヴァ クラヨーヴァ市電
ガラツィ ガラツィ市電
ヤシ ヤシ市電
オラデア オラデア市電
プロイエシュティ プロイエシュティ市電 [15]
レシツァ レシツァ市電 2011年廃止[1][16]
シビウ
ラシナリルーマニア語版
シビウ市電 2011年に廃止
2018年に観光用として復活[1][17]
ティミショアラ ティミショアラ市電ルーマニア語版

ロシア編集

都市名 路線 備考・参考
アチンスク アチンスク市電
アルハンゲリスク アルハンゲリスク市電 2004年廃止[1]
アンガルスク アンガルスク市電
アストラハン アストラハン市電 2007年廃止[1]
バルナウル バルナウル市電
ビイスク ビイスク市電
ウラジオストク ウラジオストク市電
ウラジカフカス ウラジカフカス市電
ヴォルゴグラード ヴォルゴグラード市電
ヴォルシスキー ヴォルシスキー市電
ヴォルチャンスクロシア語版 ヴォルチャンスク市電
ヴォロネジ ヴォロネジ市電ロシア語版 2009年廃止[1]
グロズヌイ グロズヌイ市電 1994年廃止[18]
ジェルジンスク ジェルジンスク市電 2015年廃止[1]
エカテリンブルク エカテリンブルク市電
ズラトウースト ズラトウースト市電
イヴァノヴォ イヴァノヴォ市電ロシア語版 2008年廃止[1]
イジェフスク イジェフスク市電ロシア語版
イルクーツク イルクーツク市電
カザン カザン市電
カリーニングラード カリーニングラード市電
カルピンスクロシア語版 カルピンスク市電 1994年廃止[19]
ケメロヴォ ケメロヴォ市電
コロムナ コロムナ市電
コムソモリスク・ナ・アムーレ コムソモリスク・ナ・アムーレ市電 2018年廃止
クラスノダール クラスノダール市電
クラスノトゥリンスクロシア語版 クラスノトゥリンスク市電
クラスノヤルスク クラスノヤルスク市電ロシア語版
クルスク クルスク市電ロシア語版
リペツク リペツク市電ロシア語版
マグニトゴルスク マグニトゴルスク市電
モスクワ モスクワ市電
ナーベレジヌイェ・チェルヌイ ナーベレジヌイェ・チェルヌイ市電
ニジネカムスク ニジネカムスク市電
ニジニ・ノヴゴロド ニジニ・ノヴゴロド市電
ニジニ・タギル ニジニ・タギル市電
ノヴォクズネツク ノヴォクズネツク市電
ノヴォシビルスク ノヴォシビルスク市電
ノヴォトロイツクロシア語版 ノヴォトロイツク市電
ノヴォチェルカッスク ノヴォチェルカッスク市電
ノギンスク ノギンスク市電ロシア語版 2013年に事実上廃止[1][20]
オムスク オムスク市電ロシア語版
オリョール オリョール市電
オルスク オルスク市電ロシア語版
オシンニキロシア語版 オシンニキ市電
ペルミ ペルミ市電ロシア語版
プロコピエフスク プロコピエフスク市電ロシア語版
ピャチゴルスク ピャチゴルスク市電
ロストフ・ナ・ドヌ ロストフ・ナ・ドヌ市電
リャザン リャザン市電 2010年廃止[1]
サンクトペテルブルク サンクトペテルブルク市電
サラヴァト サラヴァト市電
サマーラ サマーラ市電
サラトフ サラトフ市電ロシア語版
スモレンスク スモレンスク市電
スタールイ・オスコル スタールイ・オスコル市電
タガンログ タガンログ市電ロシア語版
トヴェリ トヴェリ市電 2018年廃止[21]
トムスク トムスク市電ロシア語版
トゥーラ トゥーラ市電
ウラン・ウデ ウラン・ウデ市電
ウリヤノフスク ウリヤノフスク市電ロシア語版
ウソリエ・シビリスコエ英語版 ウソリエ・シビリスコエ市電 [22]
ウスチ=イリムスク ウスチ=イリムスク市電
ウスチ=カタフロシア語版 ウスチ=カタフ市電 1997年に一般営業を廃止[23]
ウファ ウファ市電
ハバロフスク ハバロフスク市電
チェリャビンスク チェリャビンスク市電
チェリョームシキロシア語版 チェリョームシキ市電
チェレポヴェツ チェレポヴェツ市電
シャフティロシア語版 シャフティ市電 2001年廃止[1]
ヤロスラヴリ ヤロスラヴリ市電

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Александр Вельможко; Владимира Валдина (2017-2-19). Мировая статистика: в XXI веке больше всего систем трамвая запустили в США и Франции, а закрывают - в России (Report). Пассажирский Транспорт. https://traffic.od.ua/news/worldtrans/1188109 2020年6月14日閲覧。. 
  2. ^ “ミャンマー初の路面電車は「広島出身」 中古車両導入…首都で出発進行!”. 産経新聞. (2016年1月10日). http://www.sankei.com/world/news/160110/wor1601100045-n1.html 2016年1月12日閲覧。 
  3. ^ Heliopolis Municipality Completely Removes Tram Line, Egypt”. Environmental Justice Atlas (2019年7月4日). 2020年7月15日閲覧。
  4. ^ Rabat-Salé Tramway”. Railway Technology. 2020年7月15日閲覧。
  5. ^ “<Life around the World>歩行者 守るために”. 東京新聞. (2019年6月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201906/CK2019061502000188.html 2019年6月15日閲覧。 
  6. ^ https://www.welcomechile.com/iquique/tranvia-historico.html
  7. ^ https://enelsubte.com/noticias/ya-llego-a-bolivia-la-primera-formacion-del-tranvia-de-cochabamba/
  8. ^ ウクライナ東部の親ロシア派、勢力を拡大 露に軍派遣を要請”. AFP通信 (2014年4月15日). 2020年7月22日閲覧。
  9. ^ Трамвай в Луганске продолжают грабить”. Пассажирский Транспорт (2018年9月15日). 2020年6月14日閲覧。
  10. ^ “Kramatorsk trams make their final run”. Tramways & Urban Transit No.957 (LRTA) 80: 326. (2017-9). http://www.bowe.cc/techlib/pdf/Tramways__amp__Urban_Transit_vol80_no957_1528736676.pdf 2020年6月14日閲覧。. 
  11. ^ 在ポルトガル日本国大使館 (2019-3-13). 大使館便り (Report). pp. 3. https://www.pt.emb-japan.go.jp/files/000455878.pdf 2020年10月10日閲覧。. 
  12. ^ Porto Tram City TourSharevoltar”. Todos os direitos reservados STCP, SA. 2020年10月10日閲覧。
  13. ^ Novo horário do Eléctrico de Sintra”. SINTRAM. 2020年10月10日閲覧。
  14. ^ 宇都宮浄人 & 服部重敬 2010, pp. 24.
  15. ^ a b c d 宇都宮浄人 & 服部重敬 2010, pp. 23.
  16. ^ Harta Reșița”. Harta României. 2020年6月18日閲覧。
  17. ^ Dumitru CHISELIŢĂ (2018年1月21日). “FOTO: Tramvaiul Sibiu-Răşinari a repornit! Şi a avut mare priză la sibieni!”. Tribuna. 2020年6月18日閲覧。
  18. ^ «Уехал» грозненский трамвай”. Грозный-информ (2014年1月20日). 2020年7月22日閲覧。
  19. ^ Топ-10 необычных маршрутов общественного транспорта.”. ООО «Электротранспорт» (2014年6月24日). 2020年7月22日閲覧。
  20. ^ Александра Игнатьева (2018年6月21日). “В Подмосковье полностью ликвидируют самую первую систему трамвая, построенную в СССР”. Пассажирский Транспорт. 2020年7月22日閲覧。
  21. ^ 服部重敬「定点撮影で振り返る路面電車からLRTへの道程 トラムいま・むかし 第10回 ロシア」『路面電車EX 2019 vol.14』、イカロス出版、2019年11月19日、 98頁、 ISBN 978-4802207621
  22. ^ 支部の紹介”. 石川県ロシア協会. 2020年9月7日閲覧。
  23. ^ Тархов С.А.; Розалиев В.В.; Мерзлов Д.С.; Оландер А.; Климов К.А. (2007). Городской электрический транспорт в России, СССР и Российской Федерации: География, история, статистика. Энциклопедический справочник. Нижний Новгород: Штрих-Н. ISBN 978-5-91099-009-2 

参考資料編集

外部リンク編集