オランダグランプリ

オランダグランプリオランダGP, Dutch Grand Prix)は、1948年からオランダで断続的に開催されているF1レースのひとつである。

Flag of the Netherlands.svg Dutch Grand Prix
ザントフォールト・サーキット
(2021-)
Zandvoort Circuit vector map.png
レース情報
周回 72
コース長 4.259 km (2.646 mi)
レース長 306.648 km (190.542 mi)
開催回数 36
初回 1948年
最多勝利
(ドライバー)
イギリスの旗 ジム・クラーク (4)
最多勝利
(コンストラクター)
イタリアの旗 フェラーリ (9)
最新開催(2022年):
ポールポジション オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-RBPT
1:10.342
決勝順位 1. オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-RBPT
1:36:42.773
2. イギリスの旗 ジョージ・ラッセル
メルセデス
4.071s
3. モナコの旗 シャルル・ルクレール
フェラーリ
+10.929s
ファステストラップ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-RBPT
1:13.652

概要編集

1952年から1985年にかけて、レースは全てザントフォールトで開催された。

騒音等の問題から1985年をもってF1の開催は行われなくなったが[1]2016年にオランダ人ドライバーとしてのF1初勝利を挙げたマックス・フェルスタッペンの活躍によりオランダグランプリ開催復活の機運が高まり、当初はMotoGPが開催されているTTサーキット・アッセンになる可能性が高いとされたが、2020年からのザントフォールトでの復活開催に向けてF1を経営するリバティメディアとの交渉が進み[2]、2020年より3年間の開催契約を結んだことが発表された[3]。復活初年度となる2020年は5月3日に開催される予定であったが、新型コロナウイルス世界的流行の影響で延期が発表され[4]、さらにマルク・ルッテ首相が9月1日までの国内イベントの全てを中止すると発表したため[5]、2020年度中の開催は困難な状況となり[6]、2020年の開催は中止され翌2021年に延期されることになった[7]

特筆すべきレース編集

  • 1961年 - 決勝に出走した15台[注 1]が途中1台もリタイアすることなく全車完走した。『出走全車完走』はF1史上初のことであり、20世紀では唯一である[注 2]。また、ピットストップが1回もなかった史上唯一のレースでもある。

過去の結果と開催サーキット編集

 
ザントフォールト (1948-1971)
 
ザントフォールト (1973-1979)
 
ザントフォールト (1980-1985)
決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター
(括弧内はノンワークスチーム)
結果
1948 8月07日 - ザントフォールト   プリンス・ビラ マセラティ 詳細
1949 7月31日 - ザントフォールト   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 詳細
1950 7月23日 非選手権 ザントフォールト   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ 詳細
1951 7月22日 非選手権 ザントフォールト   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ 詳細
1952 8月17日 7 ザントフォールト   アルベルト・アスカリ フェラーリ 詳細
1953 6月07日 3 ザントフォールト   アルベルト・アスカリ フェラーリ 詳細
1954 開催されず
1955 6月19日 5 ザントフォールト   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 詳細
1956 開催されず
1957
1958 5月26日 3 ザントフォールト   スターリング・モス ヴァンウォール 詳細
1959 5月31日 3 ザントフォールト   ヨアキム・ボニエ BRM 詳細
1960 6月06日 4 ザントフォールト   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 詳細
1961 5月22日 2 ザントフォールト   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 詳細
1962 5月20日 1 ザントフォールト   グラハム・ヒル BRM 詳細
1963 6月23日 3 ザントフォールト   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 詳細
1964 5月24日 2 ザントフォールト   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 詳細
1965 7月18日 6 ザントフォールト   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 詳細
1966 7月24日 5 ザントフォールト   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 詳細
1967 6月04日 3 ザントフォールト   ジム・クラーク ロータス-フォード 詳細
1968 6月23日 5 ザントフォールト   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
マトラ・インターナショナル
詳細
1969 6月22日 4 ザントフォールト   ジャッキー・スチュワート マトラ-フォード
(マトラ・インターナショナル)
詳細
1970 6月21日 5 ザントフォールト   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 詳細
1971 6月20日 4 ザントフォールト   ジャッキー・イクス フェラーリ 詳細
1972 開催されず
1973 7月29日 10 ザントフォールト   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 詳細
1974 6月23日 8 ザントフォールト   ニキ・ラウダ フェラーリ 詳細
1975 6月22日 8 ザントフォールト   ジェームス・ハント ヘスケス-フォード 詳細
1976 8月29日 12 ザントフォールト   ジェームス・ハント マクラーレン-フォード 詳細
1977 8月28日 13 ザントフォールト   ニキ・ラウダ フェラーリ 詳細
1978 8月27日 13 ザントフォールト   マリオ・アンドレッティ ロータス-フォード 詳細
1979 8月26日 12 ザントフォールト   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
1980 8月31日 11 ザントフォールト   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
1981 8月30日 12 ザントフォールト   アラン・プロスト ルノー 詳細
1982 7月03日 9 ザントフォールト   ディディエ・ピローニ フェラーリ 詳細
1983 8月28日 12 ザントフォールト   ルネ・アルヌー フェラーリ 詳細
1984 8月26日 13 ザントフォールト   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
1985 8月25日 11 ザントフォールト   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
1986
-
2019
開催されず
2020 新型コロナウイルス感染症の世界的流行により中止[7]
2021 9月05日 13 ザントフォールト   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 詳細
2022 9月04日 15 ザントフォールト   マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 詳細

優勝回数(ドライバー)編集

(2勝以上)

回数 ドライバー 優勝年
4   ジム・クラーク 1963, 1964, 1965, 1967
3   ジャッキー・スチュワート 1968, 1969, 1973
  ニキ・ラウダ 1974, 1977, 1985
2   ルイ・ロジェ英語版 1950, 1951
  アルベルト・アスカリ 1952, 1953
  ジャック・ブラバム 1960, 1966
  ジェームズ・ハント 1975, 1976
  アラン・プロスト 1981, 1984
  マックス・フェルスタッペン 2021, 2022

優勝回数(コンストラクター)編集

(2勝以上)

回数 コンストラクター 優勝年
9   フェラーリ 1949, 1952, 1953, 1961, 1971, 1974, 1977, 1982, 1983
6   ロータス 1963, 1964, 1965, 1967, 1970, 1978
3   マクラーレン 1976, 1984, 1985
2   タルボ・ラーゴ 1950, 1951
  BRM 1959, 1962
  マトラ 1968, 1969
  ブラバム 1966, 1980
  レッドブル 2021, 2022
  • 太字2022年のF1世界選手権に参戦中のコンストラクター。
  • ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。

優勝回数(エンジン)編集

(2勝以上)

回数 メーカー 優勝年
10   フォード * 1967, 1968, 1969, 1970, 1973, 1975, 1976, 1978, 1979, 1980
9   フェラーリ 1949, 1952, 1953, 1961, 1971, 1974, 1977, 1982, 1983
4   クライマックス 1960, 1963, 1964, 1965
2   TAG ** 1984, 1985
  タルボ・ラーゴ 1950, 1951
  BRM 1959, 1962

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 予選に出走した17台のうち、2台が決勝に出走できなかった。
  2. ^ このレースの次に全車完走となったレースは2005年アメリカGPであったが、ミシュランタイヤ使用チームが出走を取りやめ、ブリヂストンタイヤを使用した6台による全車完走であるため、厳密には2005年イタリアGPとなる。
  3. ^ 改良型のDFYを含む。

出典編集

  1. ^ ザントフォールト・サーキットとは?”. Formula1-Data (2019年11月25日). 2019年12月30日閲覧。
  2. ^ オランダGP来季復活へ……ザンドフールトでの開催が大筋で合意か?”. motorsport.com (2019年5月1日). 2019年5月2日閲覧。
  3. ^ Formula 1 Dutch Grand Prix to return at Zandvoort from 2020” (英語). www.formula1.com. 2019年5月14日閲覧。
  4. ^ F1、オランダ/スペイン/モナコの3レースの延期を発表。新型コロナウイルスの影響で序盤7戦を開催できず”. autosport web (2020年3月20日). 2020年4月25日閲覧。
  5. ^ オランダ、9月1日までイベント禁止。MotoGPオランダは延期濃厚。F1も厳しい?”. motorsport.com (2020年4月22日). 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ オランダGPの2020年開催は困難な状況に”. ESPN F1 (2020年4月22日). 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ a b F1オランダGP、2020年の開催中止を正式に発表。無観客でのレース開催を回避へ”. autosport web (2020年5月28日). 2020年5月29日閲覧。
  8. ^ 【技術革新の足跡】フォード・コスワースDFV――F1最多勝の汎用エンジン(1967年)”. GAZOO (2015年4月3日). 2019年12月30日閲覧。
  9. ^ a b F1死亡事故一覧”. ESPN F1. 2019年12月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集