メインメニューを開く

足軽エンペラー(あしがるエンペラー)は、かつて吉本興業に所属していたお笑いコンビ[1]1999年結成、2003年解散。

足軽エンペラー
メンバー 山里亮太
西田富男
結成年 1999年
解散年 2003年
事務所 吉本興業
活動時期 1999年 - 2003年
現在の活動状況 解散(山里のみ別コンビで活動)
芸種 漫才
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
など
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

来歴編集

共にNSC22期生で1999年コンビ結成。2000年に放送された「ガチンコ漫才道」で優勝するなど活躍する。山里は千葉県出身であるが、当時は関西弁で漫才をしていた。山里によるとコンビ仲はあまり良くなく、山里が西田に滑舌の訓練などかなり厳しく教え込んだり、失敗に対してダメ出しをしていたが、それに耐えかねた西田が自転車を投げつけるほど逆上した事に山里が恐れをなして両者の仲が険悪になり、解散に至った。

西田は解散を申し入れる際に「おれは芸能界に向いてないけど、山ちゃんは芸能界でやった方がいい」と申し入れたという。その後、西田は「山ちゃんを芸能界に向いている事を見抜く能力があったことが唯一の自慢」と山里によって語られている。なお、山里はコンビ解散当初「ボケには向いてない」と悟るようになり、ボケのできる相方を探すことになった。

解散後西田は芸能界を引退し、建設会社の社長となったが、テレビ番組にて当時の写真などが使われる際は顔にボカシなどはかかっていない。山里は西中サーキットを結成・解散を経て、山崎二宮というコンビを組んでいた山崎静代南海キャンディーズを結成した。

出演番組編集

脚注編集