メインメニューを開く

フジテレビ50ッスth!

50ッスthから転送)

フジテレビ50ッスth!』(フジテレビごじゅうっす)は、フジテレビ開局50周年特別企画として、フジテレビ系列で2009年2月27日から3月1日まで3夜連続で放送された特別番組の総称。

フジテレビ開局50周年特別企画
(フジテレビ50ッスth!)
ジャンル 特別番組
制作 フジテレビジョン
放送
音声形式 第1・3夜:ステレオ放送
第2夜:モノラル放送(モノステレオ放送)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年2月27日2月28日3月1日
回数 3
ボクらの心に流れる歌
プロデューサー 宮道治朗CP藤沼聡(演出)
出演者 みのもんた平井理央(当時フジテレビアナウンサー)ほか
ナレーター 窪田等
放送期間 2009年2月27日
放送時間 金曜日 19:00 - 23:22
放送分 262分
回数 1
バラエティルーツの旅
あなたがいたから僕がいる 半世紀大感謝祭
プロデューサー 加茂裕治(総合P)渡辺琢(演出)三宅恵介(総合演出)
出演者 明石家さんま川端健嗣(フジテレビアナウンサー)、椿原慶子(フジテレビアナウンサー)ほか
ナレーター 牧原俊幸軽部真一高木広子(以上フジテレビアナウンサー)
オープニング 「『オレたちひょうきん族』のテーマ」
エンディング 同上
放送期間 2009年2月28日
放送時間 土曜日 19:00 - 23:10
放送分 250分
回数 1
激動!世紀の大事件
〜証言者たちが明かす全真相〜
出演者 ビートたけし高島彩(フジテレビアナウンサー)ほか
ナレーター 小林清志来宮良子TARAKO
放送期間 2009年3月1日
放送時間 日曜日 19:00 - 23:05
放送分 245分
回数 1
テンプレートを表示

概要編集

1959年(昭和34年)3月1日に開局し、2009年(平成21年)で開局50周年を迎えたフジテレビが、50ッスth!(ごじゅうっす)をキャッチフレーズに、開局記念日(3月1日)までの3夜連続で総力を挙げて「」「笑い」「報道」の3ジャンルで、各日4時間以上にわたる大型特別番組が放送された。3夜とも高視聴率を記録、いずれも20%を超える瞬間最高視聴率をたたき出した。

「50ッスth!」冠番組編集

なお「50ッスth!」冠をつけて放送された特別番組は以下の通り。

番組 放送日 司会 視聴率 備考
フジテレビ開局50周年特別企画
秘蔵映像すべて見せます 名曲で綴るフジテレビ

ボクらの心に流れる歌
2009年2月27日金曜日)19:00 - 23:22 みのもんた 19.3% ステレオ放送
UMK3月7日13:00 - 17:13放送
フジテレビ開局50周年特別企画
バラエティルーツの旅
あなたがいたから僕がいる 半世紀大感謝祭!!
2009年2月28日土曜日)19:00 - 23:10 明石家さんま 16.5% この日のみ生放送
TOSは3月7日12:00 - 16:05に録画放送
フジテレビ開局50周年特別企画
激動!世紀の大事件
〜証言者たちが明かす全真相〜
2009年3月1日日曜日)19:00 - 23:05 ビートたけし 16.8% ※ステレオ放送
TOSは3月21日12:00 - 16:00に録画放送、UMKは3月14日13:00 - 16:45に録画放送

各番組ともハイビジョン製作文字多重放送(生放送を行う第2夜のみリアルタイム字幕放送形式)を実施。各日とも途中ニュースによる中断あり。
※視聴率は関東地区の平均(ビデオリサーチ調べ)。

秘蔵映像すべて見せます・名曲で綴るフジテレビ〜ボクらの心に流れる歌編集

番組概要編集

フジテレビがこれまでに放送した音楽番組の膨大なアーカイブから、『夜のヒットスタジオ』『ミュージックフェア』『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』などのレギュラー番組や『FNS歌謡祭』などの特別番組などの秘蔵映像を1960年代から2000年代まで各年代ごとに紹介。スタジオではゲストとともにVTRを見ながらトークが展開された。

番組ロゴはかつてフジテレビで使われていた亀倉雄策作の8マークと旧ロゴタイプをベースにデザインした物が使われた。

視聴率は平均で19.3%、瞬間最高は28.0%と、ともに『50ッスth!』3日間で最高を記録している(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

司会のみのがフジテレビで特番の司会を務めるのは2002年2003年と2年連続総合司会を担当した『FNS27時間テレビ みんなのうた』以来6年ぶりとなる。

ゲスト編集

関連項目編集

夜のヒットスタジオザ・ヒットパレードミュージックフェアHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP[1]僕らの音楽 -OUR MUSIC-ヒットパレード90's(みのが司会を務めた)、FNS歌謡祭芳村真理音組

バラエティルーツの旅・あなたがいたから僕がいる 半世紀大感謝祭!!編集

番組概要編集

フジテレビで当時放送されていた人気バラエティ番組(『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』『めちゃ²イケてるッ!』『はねるのトびら』など。)の歴史を紐解き、『オレたちひょうきん族』『欽ドン!』などフジテレビ50年の歴史を彩った数々の人気バラエティ番組の映像を見ながら、

それぞれの番組における意外なルーツを紹介。例えば、小堺一機司会で人気の昼トーク番組『ライオンのごきげんよう』のルーツは、フジテレビ開局とともにスタートし22年にわたって放送された番組『スター千一夜』にあった、などといった具合である。

また、ゲストには『めちゃイケ』『はねトび』などの人気番組のメンバーが大挙出演したほか「偉大なる先輩たち」として萩本欽一をはじめとする往年のバラエティ出演者も登場した。また、在阪準キー局関西テレビ制作の番組からは『パンチDEデート』と『さんまのまんま』の2本のVTRが放送された。

視聴率は平均16.5%、瞬間最高24.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

ゲスト編集

偉大なる先輩たち

※かっこ内は登場音楽。

現役番組出演者

(当時)

エンディングでのVTR出演者[2]

スタッフ編集

取り上げられた番組編集

太字は2009年当時の現役番組(☆は2018年現在も放送中)。
生番組のルーツ
オールスター番組のルーツ
コント番組のルーツ
トーク番組のルーツ
クイズ番組のルーツ
ネタ番組のルーツ

激動!世紀の大事件〜証言者たちが明かす全真相〜編集

番組概要編集

フジテレビ・FNNが50年間に取材した報道映像を改めて検証し、数々の重大事件における謎と、事件の主役たちのその後を追跡。番組では「三億円事件」「東大安田講堂事件」「あさま山荘事件」「三菱銀行人質事件」「新宿西口バス放火事件」「ホテルニュージャパン火災」「日本航空123便墜落事故」などといった事件・出来事の知られざる真実を紹介、事件当時をよく知る関係者64人がVTRで証言した。再現VTRで画面に登場した放送機材(取材カメラ・FPUなど)は、当時使用されていた旧ロゴマークのもの(開局時 - 1986年3月までのロゴ)を用いていた。スタジオ内にも開局当時使用されていた白黒のテレビカメラ(「JOCX-TV チャンネル8」と書かれていたもの)も置かれていた。 さらに、スタジオではたけしおよびゲスト出演していた東国原英夫(当時宮崎県知事、元たけし軍団)らが1986年12月に起こした「フライデー襲撃事件」などについてのトークも展開された。

視聴率は平均16.8%、瞬間最高23.1%(ビデオリサーチ調べ)。

出演者編集

アナウンサー

VTR出演

(取材当時の回顧等)

など

取り上げられた主な事件編集

関連項目編集

FNNFNNスーパーニュースニュースJAPAN小川宏ショー3時のあなたおはよう!ナイスデイとくダネ!新報道2001露木茂大林宏山川千秋田丸美寿々

事前番組編集

  • 2月23日 - 2月27日、14:57 - 15:00(関東ローカル)『金曜まで待てない!フジテレビ50年のお宝映像ちょこっと見せまッス!』
    ※2月27日のみ『夜まで待てない!フジテレビ50年のお宝映像ちょこっと見せまッス!』に変更。

その他のフジテレビ開局50周年記念特番編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 2016年現在は単発特番として放送中。
  2. ^ 番組は23:10まで続いたが、23:00以降は日本テレビ系列でさんまが司会を務める『恋のから騒ぎ』が放送されるため、「穴埋め」として放送された。
  3. ^ 当時志村は深夜番組『志村屋です。』と、不定期特番『志村けんのだいじょうぶだぁ』にレギュラー出演していたが、VTRでは番組を映さなかった。
  4. ^ 翌2010年1月の『新春かくし芸大会FOREVER』をもって終了。
  5. ^ 2009年4月より『爆笑レッドシアター』として水曜22時枠で放送( - 2010年9月)。

外部リンク編集