メインメニューを開く

茨城県立水戸第一高等学校(いばらきけんりつ みとだいいちこうとうがっこう)は、茨城県水戸市三の丸三丁目にある県立高等学校。普通科全日制のみの男女共学校。2005年(平成17年)から単位制を導入している。

茨城県立水戸第一高等学校
Mito First Highschool.jpg.jpg
過去の名称 茨城師範学校予備学科
茨城中学校
茨城第一中学校
茨城県尋常中学校
茨城中学校
茨城県中学校
茨城県水戸中学校
茨城県立水戸中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 茨城県の旗 茨城県
校訓 至誠一貫・堅忍力行
設立年月日 1878年明治11年)10月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 進学重視型単位制
設置学科 普通科
高校コード 08119B
所在地 310-0011
茨城県水戸市三の丸三丁目10番1号
北緯36度22分19.5秒 東経140度28分59.8秒 / 北緯36.372083度 東経140.483278度 / 36.372083; 140.483278座標: 北緯36度22分19.5秒 東経140度28分59.8秒 / 北緯36.372083度 東経140.483278度 / 36.372083; 140.483278
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
茨城県立水戸第一高等学校の位置(茨城県内)
茨城県立水戸第一高等学校

目次

概要編集

1878年(明治11年)に茨城師範学校(現在の茨城大学教育学部)の予備学科として設置された。近代の学校制度下で設置された高等学校(に現在相当する学校)としては県内最古の高等学校である[1]明治期に幾度かの改称を行い、1901年(明治34年)以降は「茨城県立水戸中学校」となる。1948年(昭和23年)に学制改革を迎え、新制高等学校への改組などにより現在の「茨城県立水戸第一高等学校」が成立。当初は全日制の課程と「通信による教育」(後の「通信制」)を行っていたが、1975年(昭和50年)に通信制は廃止された。

校風・特徴

私服通学に象徴される自由な校風。 敷地は水戸城の旧本丸跡地に立地しており[2]、水戸城では唯一現存する建築物である薬医門が校内に移築されている[3]

進路

ほとんどの卒業生が進学を希望する。進学先は関東圏および東北の大学が中心で、2014年度は延べで225名が国公立大学に、754名が私立大学に合格した(なお、浪人も含む)。大学別では県内の筑波大学が31名、東京大学が19名、慶應義塾大学が25名、早稲田大学が81名などの合格数[4]となっている。

通称について

水戸市周辺では「一高」(いちこう)の通称で呼ばれているが、県内各地に「一高」が存在するため、水戸市周辺以外では「水戸一高」(みといちこう)や「水戸一」(みといち)などと呼び区別される。

これらの他に「水高」(すいこう)の略称が用いられることがあり、硬式野球部の応援の際に披露される応援団の演目(「技」と呼ばれる)に「水高サンバ」「ダッシュ水高」といった名前のものがあるほか[5]、後述の「第二校歌」の歌詞の中にも登場する。ただし本校関係者においても「水高」の略称は野球応援など限られた場面以外では使用しないことが多く、また「すいこう」が同じく水戸市内にある県立水戸工業高校を指す一般的な通称「水工」(すいこう)[6]と同音であることから、本校関係者以外が特に本校を指して「すいこう」と称することは無い。

なお(旧制)水戸中学校時代の卒業生を中心に、「水中」(すいちゅう)との呼称が用いられることもある。

沿革編集

  • 1878年明治11年) - 「茨城師範学校予備学科」として開校
  • 1880年(明治13年) - 「茨城中学校」として師範学校から独立(現行の私立茨城中学校とは別)
  • 1883年(明治16年) - 「茨城第一中学校」に改称
  • 1886年(明治19年) - 中学校令公布に伴い「茨城中学校」に改称、同年「茨城県尋常中学校」に再改称
  • 1896年(明治29年) - 旧水戸城に校舎を新築し移転
  • 1897年(明治30年) - 土浦分校、下妻分校(それぞれ現在の土浦第一高等学校下妻第一高等学校)開校
  • 1898年(明治31年) - 「知道会」(同窓会組織)創設
  • 1899年(明治32年) - 中学校令改正に伴い「茨城県中学校」に改称
  • 1900年(明治33年) - 土浦、下妻両分校の独立に伴い「茨城県水戸中学校」に改称。同年太田分校(現在の太田第一高等学校)開校
  • 1901年(明治33年) - 「茨城県水戸中学校」に改称
  • 1908年(明治41年) - 校歌制定
  • 1920年大正9年) - 菊池謙二郎校長(当時)による舌禍事件。翌年、本校学生による同盟休校(学生ストライキ)に発展
  • 1929年昭和4年) - 本城橋(初代)完成、野球部が甲子園初出場
  • 1938年(昭和13年) - 健歩会発足
  • 1942年(昭和17年) - 「鍛錬行軍」開始(現在の「歩く会」の前身とされる行事)
  • 1945年(昭和20年)8月2日 - 水戸空襲により校舎焼失、9月より青空教室開始、10月より旧三七部隊跡に移転
  • 1947年(昭和22年) - 旧水戸城(現校地)に校舎3棟竣工
  • 1948年(昭和23年) - 新制高校「茨城県立水戸第一高等学校」発足、通信教育部開講
  • 1949年(昭和24年) - 最初の「歩く会」(勿来(現いわき市)~水戸間)
  • 1950年(昭和25年) - 初めての女子生徒が入学
  • 1969年(昭和44年) - 学園紛争
  • 1971年(昭和46年) - 服装自由化
  • 1975年(昭和50年) - 通信制廃止
  • 1978年(昭和53年) - 創立100周年記念式典挙行、「知道会館」竣工、『水戸一高百年史』刊行。
  • 1981年(昭和56年) - 薬医門(旧水戸城門)復元
  • 1997年平成9年) - 校舎改築工事開始
  • 2002年(平成14年) - 本城橋(現行)開通
  • 2005年(平成17年) - 単位制開始
  • 2006年(平成18年) - 普通教室・講義室にエアコン設置

アクセス編集


校章・校旗編集

校章編集

水戸中学時代は篆書体で縦書きされた「中學」の図案を校章としていた。[7]1947年夏、翌年に新制高校移行を控えた水戸中学では美術教師を中心に新校章制定の準備が行われ、 美術の授業の課題として、生徒が図案を制作した。生徒からは旧制水戸高の校章に似た図案や水戸中学時代の校章「中學」に似た図案、ローマ字を用いた図案なども寄せられ、検討を重ねた結果、「水」の文字を黄金分割に基づいて図案化した物が新校章に決定した。1948年4月8日の始業式の席上、校長は新校章を「荘子」逍遥遊篇にあるになぞらえて披露した。[8]

部活動・同好会など編集

部活動も活発で、1992年(平成4年)には、クイズ研究同好会が全国高等学校クイズ選手権で優勝している。硬式野球部は過去3回甲子園に出場(うち2回は旧制中学時代)。創部は1891年(明治24年)で、1896年(明治29年)10月17日宇都宮中と行った試合は旧制中学野球部同士の最初の対抗戦と言われている[9]

学校内の史跡・文化財編集

 
校内にある水戸城薬医門

学校敷地の北西側に移築されている水戸城薬医門は、安土桃山時代の様式で造られた水戸城の城門であり[2]1983年(昭和58年)に茨城県指定文化財に指定されている[10]明治以降は複数の所有者を経て移築を繰り返し[3]、現在は茨城県教育委員会が管理を行っている[10]。門に関して現存する史料は少なく、謎も多い建築物であると言われる[3]

著名な出身者編集

学界編集

芸術・スポーツ・社会編集

政界編集

官界編集

財界編集

スポーツ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ハイスクールガイド”. 茨城県立水戸第一高等学校. 2015年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 水戸城薬医門”. 水戸観光協会. 2015年1月6日閲覧。
  3. ^ a b c 足立大. “歴史を歩く 旧水戸城の薬医門”. YOMIURI ON-LINE. 読売新聞社. 2008年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月22日閲覧。
  4. ^ 平成26年度大学合格者数
  5. ^ 「ダッシュ水高」については『知道会報第84号 - 水戸市』[1](2016年1月6日閲覧)に記述がある。
  6. ^ 「校長挨拶 - 茨城県立水戸工業高校ホームページ」[2](2016年1月6日閲覧)など同校ホームページの随所に「水工」の記述が見られる。
  7. ^ 『水戸一高百年史』p.184
  8. ^ 『水戸一高百年史』p.559
  9. ^ “旧制中学の野球の試合で、最も古い試合について”. レファレンス協同データベース. (2004年6月). http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000011522 2015年1月6日閲覧。 
  10. ^ a b 旧水戸城薬医門”. いばらきの文化財. 茨城県教育委員会. 2010年8月22日閲覧。
  11. ^ 永井道明先生後援会『遺稿 永井道明自叙伝』大空社〈伝記叢書 36〉、1988年3月17日、18-19頁。全国書誌番号:88039498

参考文献編集

  • 水戸一高百年史編集委員会編『水戸一高百年史』(水戸一高創立百周年記念事業実行委員会、昭和53年)

関連項目編集

外部リンク編集