ゴリパラ見聞録

ゴリパラ見聞録』(ゴリパラけんぶんろく)は、テレビ西日本 (TNC) で毎週土曜日 0:55 - 1:25(金曜深夜)に放送されている旅バラエティ番組。

ゴリパラ見聞録
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜日 0:55 - 1:25(金曜深夜)(30分)
放送期間 2009年9月 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ西日本
出演者 ゴリけんパラシュート部隊 (斉藤優矢野ペペ)
オープニング ゴリけんパラシュート部隊「オン・ザ・ロード」
エンディング ゴリけん・パラシュート部隊「オン・ザ・ロード」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ゴリけんパラシュート部隊冠番組であり、番組名はゴリけんの「ゴリ」とパラシュート部隊の「パラ」から取っている。通称「ゴリパラ」。

目次

概要編集

街頭インタビューや視聴者からのメールで福岡に住む人達の行きたい場所を聞き、複数の候補からあみだくじで目的地を決定する(目的地は日本全国が対象だが、予算の都合で九州内からの選定となる場合もある[1])。目的地まで実際に足を運び、依頼者の撮ってきてほしい写真をケータイカメラで撮影(番組内ではミッションと呼ぶ)。その写真をメールでプレゼントする「行き当たりばったりの珍道中バラエティ[2]である。

元々は『テレ西のタネ』(新番組開発の為の番組)の中で放送された『君の代わりにあの場所へ』という企画だった[3]。番組タイトル・内容もその中で決定。この回の出演者はゴリけんと斉藤の2人であり、長崎バイオパークを目的地に旅をした。

2009年10月17日(16日深夜)には、『今夜も万事快調!』内の1コーナーとして正式に放送開始。単独番組化やコーナー化を繰り返し現在に至る。一時は打ち切りの可能性もあったが、3人の車中トークや、「一献」と呼ばれる飲み会で弱い部分をさらけ出した姿が評判となり、徐々に人気を得るようになった[4][5]

当初は福岡ローカルの番組であったが、フジテレビONEでの放送開始を皮切りに各地のFNS系列局や独立U局へと放送局が拡大され、全国的な知名度を得るようになった。

2017年7月15日(14日深夜)の放送にて、番組史上最高視聴率となる8.2%を記録した[6]

旅の途中での出演者のやり取り(愚痴や出演者同士の罵倒が多い)を映した演出や、ローカル番組ながら全国的な知名度を得るようになったことから『九州の水曜どうでしょう』という異名を持っており、「どうでしょう」とのコラボレーション企画も何度か実施している(なお、どうでしょう側はディレクター陣のみの登場で、現時点まで出演者同士の交流はない)。

撮影スタイル編集

本番組は出演者3人にスタッフ2人が同行し、計5人で旅を進める。 目的地までの移動手段は、福岡から高速道路で約6〜7時間で行ける範囲(九州は全域、本州は関西方面まで)は自動車移動となり、それ以上は新幹線・飛行機移動となる(目的地が関西の場合はその都度ディレクターが移動手段を判断する)。新幹線・飛行機移動の場合も、主要の駅・空港に到着後はレンタカーを借りて自動車移動する(経費節約のため、出演者自ら運転する[1])。

車内では、主に斉藤が運転し、助手席には演出の富永、後部座席の運転席側にゴリけん、助手席側には矢野が、最後部座席には演出補の阿部が座る。

番組の流れ編集

 
ミッションの始点となる地点(TNC東通用口そば)
 
じゃんけんやあみだくじが行われる地点(冷泉公園)
 
かつてインタビューを行っていた地点(川端通商店街)

1回の旅を前編・後編の2週に分けて放送しており、前編は1日目、後編は2日目と明確に分かれている。

前編(1日目)
午前10時に出演者がTNC本社(主に通用口横のテレビ中継車車庫前)に集合後、中洲川端にある「冷泉公園」(雨天時は川端通商店街)に移動。公園に集まった視聴者(キッズ)をじゃんけんで選抜し、インタビュー(この時、一行と希望する行先をイメージしたおほしんたろうによるイラストのカットが挿入)した後あみだくじでミッションを決定する。番組初期は街頭インタビューや視聴者からのメールでミッションを決定していた。車で直接向かう近場の場合は出発前にランチミーティングを行い、新幹線や飛行機で移動する場合はすぐに車で出発し、集まったキッズに斉藤優が運転席から「忘れないから!」と言いながら福岡を出発し目的地へ向かう。到着後「一献」。1日目終了。
  • オープニング - 出演者がTNCの通用口に集合する様子
  • エンディング - 後編の次回予告を兼ねている。最後に後編のサブタイトル
後編(2日目)
出演者がホテルからチェックアウトするシーンから始まり、ミッションの場所に向かいながら、観光地に寄り道したり、視聴者プレゼント用のお土産を買ったりして旅を楽しむ。ミッションの場所でケータイ写真を撮影。依頼者にメールでプレゼントし、返信がきたらそのメールを読み上げてミッション終了。
  • オープニング - 前編のダイジェスト映像
  • エンディング - 旅で撮った写真をスライドーショーで流し、矢野のナレーションにて旅の感想を述べる。最後の写真は依頼されたミッションの写真

目的地が近ければ1日で終了できるが、出演者(特に斉藤とゴリけん)の「(自宅での煩わしさから解放されたいから)1泊したい」という強い願望があるため、1つのミッション完了後に近場のミッションの追加[7]や、目的地まで遠回りをするため、日帰りの回はほとんどない。

歴史編集

年表編集

※太字は2013年4月13日(12日深夜)放送分冒頭(単独番組復活後初の放送)で歴史を紹介された時の文章

  • 2009年
    • 9月15日 - 番組「テレ西のタネ」にてゴリパラ見聞録が誕生。
    • 10月17日 - 今夜も万事快調!」内でゴリパラ見聞録が1コーナーに。
  • 2010年
    • 4月4日 - ゴリパラ見聞録が番組に。月1回放送。
  • 2011年
    • 4月16日 - ゴリパラ見聞録レギュラー放送開始。同時にメールでの受付開始・HP開設。
    • 8月26日 - ゴリパラ見聞録 ザ・ゴールデン 放送(後述)。
    • 11月20日 - この日発行の「外戸本」2012年1月号(文榮出版社)から、ゴリパラ見聞録の連載開始(後述)。
  • 2012年
    • 2月17日 - 番組初のトークライブを福岡市内某所で開催。
    • 5月5日 - コレカラ」の1コーナーで毎週放送
    • 6月16日 - 次回予告開始。
  • 2013年
    • 4月13日 - 「ゴリパラ見聞録」レギュラー番組復活
    • 6月16日 - フジテレビONEの番組、ローカルサンデー内でゴリパラ見聞録を放送(後述)。
    • 7月27日 - 「テレ西夏祭り」の本番組ブースで「goripara fes'」と題し、ゴリパラグッズを販売[8]
    • 9月22日 - フジテレビONEの番組、ローカルサンデー内でCSレギュラー放送決定が発表。
    • 11月8日 - フジテレビONEでレギュラー放送開始[9]
    • 12月26日 - ゴリパラ見聞録公式facebook開始[10]
  • 2014年
    • 1月1日 - 元日の午前0時45分から4時まで、ゴリパラ見聞録のお正月特番「ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送SP」を生放送(後述)[11][12]
    • 4月4日 - tvk(テレビ神奈川)で放送開始(毎週木曜25:30 - 26:00)。TNCで2013年4月12日放送分より順次放送。
    • 5月25日 - 番組初のDVD『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.1』発売。「制作サイド1000枚」の目標を大幅に上回る5,000枚以上を売り上げる[13]
    • 5月25日 - DVD発売記念!ゴリパラ見聞録大感謝祭を開催。3000人を動員[14]
    • 10月3日 - KTN(テレビ長崎)で放送が開始(毎週木曜25:15 - 25:45)。TNCで2013年10月11日放送分より順次放送[15]
  • 2015年
    • 1月1日 - 元日の午前0時45分から4時まで、ゴリパラ見聞録のお正月特番「ゴリパラ見聞録 2015 Happy New Year 生放送SP」を生放送
    • 1月1日 - DVD第2弾『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.2』発売。 同日付のオリコンデイリーDVD総合ランキングで第1位。1月12日付のオリコン週間総合DVDランキングでは、2位にランクイン[5]
    • 1月10日 - ゴリパラ見聞録DVD vol.2 発売記念!ゴリパラ大新年会を開催。
    • 3月30日 - 番組公式Facebook、出演者のTwitterにて、テレビ愛媛、さくらんぼテレビジョンで放送されることが発表される。
    • 6月22日 - 番組公式Facebook、出演者のTwitterにて、東海テレビ放送で放送されることが発表される。
    • 8月1日 - DVD第3弾『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.3』発売。
    • 9月17日 - 斉藤のTwitterにて東京MXテレビのサブチャンネルで放送されることが発表される。
    • 9月18日 - 斉藤のTwitterにて鹿児島テレビ放送で放送されることが発表される。
    • 10月5日 - TOKYO MX(東京MXテレビ)で放送が開始[16](毎週土曜25:00 - 25:30)。TNCで2014年10月3日放送分より順次放送。
    • 12月 - 番組公式ホームページにて、1月19日より山陰中央テレビで放送されることが発表される。
  • 2016年
    • 1月1日 - 昨年同様、元日の午前0時45分から4時まで、ゴリパラ見聞録のお正月特番「ゴリパラ見聞録 2016 Happy New Year 生放送SP」を生放送。生放送中にDVD第4弾発売を発表&予約受付開始。またSP用の新作が放送され、その中で矢野の結婚と3月21日に福岡サンパレスで「ゴリパラ見聞録DVD vol.4発売記念『ゴリパラ披露宴』」が開催されることを発表。
    • 1月8日 - 放送中に「ゴリパラ見聞録DVD Vol.4発売記念『ゴリパラ披露宴』」のチケット先行電話予約開始。25時から27時までの受付だったが、26時過ぎで予約分が完売となった。翌9日に一般発売が発売されたが開始2分で完売。急遽1月16日に追加発売が行われ、こちらも即完売となった。
    • 3月14日 - DVD第4弾『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.4』発売。
    • 3月21日 - 福岡サンパレスにて「ゴリパラ見聞録vol.4発売記念『ゴリパラ披露宴』」を開催。イベント内で4月4日よりTKU(テレビ熊本)での放送開始を発表。
    • 4月18日 - 2016年4月14日と16日未明に熊本県大分県で発生した熊本地震を受け、DVDの印税を被災地に寄付する事を発表。
    • 7月23日 - 「TNC夏祭り2016」にて第2回ジョバジョバ選手権を開催。その際、エンディングでDVD第5弾の発売と、初の全国ツアーの開催が発表された。
    • 10月31日 - DVD第5弾『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.5』発売。
    • 11月4日 - ゴリパラ初の全国ツアーとなる「ゴリパラ見聞録DVD Vol.5発売記念四大都市ツアー~行商~」の初日、東京公演が表参道GROUNDにて開催。昼夜2回公演。
    • 12月16日 - 「ゴリパラ見聞録DVD Vol.5発売記念四大都市ツアー~行商~」の名古屋公演が名古屋BOTTOM LINEにて開催。
  • 2017年
    • 1月1日 - 元日の午前0時45分から3時まで、ゴリパラ見聞録のお正月特番「ゴリパラ見聞録 2017 Happy New Year 生放送SP」を生放送。生放送中に後日放送のイベントの詳細などが発表された。
    • 1月6日 - 「ゴリパラ見聞録DVD Vol.5発売記念四大都市ツアー~行商~」の大阪公演が松下IMPホールにて開催。大阪では追加公演が実施された。
    • 3月17日 - ゴリパラ見聞録緊急生放送スペシャルが放送され、DVD第6弾の発売が発表された。
    • 4月16日 - かしいかえんにて「ゴリパラ見聞録DVD Vol.5発売記念四大都市ツアー~行商~」のラスト公演「ゴリパラ☆サンダーランド in福岡」が開催された。
    • 5月29日 - DVD第6弾『ゴリパラ見聞録 DVD Vol.6』発売。

放送時間の変遷編集

※本番組は放送時間の変更と同時に番組の形態が大きく変わるため、便宜上「第○期」とそれぞれ記している。

※すべて日本時間(JST)、金曜日深夜の放送(第2期のみ土曜日)。コーナーの場合は内包する番組の放送時間。

放送期間 頻度 放送時間 番組形態 備考
第1期 2009年10月17日 2010年03月20日 隔週 25:05 - 25:35(30分) コーナー 今夜も万事快調!に内包
第2期 2010年04月03日 2011年03月05日 月一 09:55 - 10:25(30分) 単独番組
第3期 2011年04月16日 2012年03月24日 毎週 25:10 - 25:40(30分) メールでの受付開始・HP開設
第4期 2012年05月05日 2013年03月23日 25:05 - 26:05(60分) コーナー コレカラに内包、1ミッションが前・後編に分割
第5期 2013年04月13日 2014年03月29日 25:05 - 25:35(30分) 単独番組 オープニングCGなどが一部リニューアル
2014年04月05日 2015年03月28日 24:50 - 25:20(30分) 前番組の時間短縮の為15分繰り上げ[17]
2015年04月04日 2016年03月26日 24:40 - 25:10(30分) 前番組の時間短縮の為10分繰り上げ
2016年04月02日 24:55 - 25:25(30分) 前番組拡大の為15分繰り下げ

ゴリパラ一行編集

番組内(主にナレーション)では、旅を進める出演者・同行スタッフを総称して「ゴリパラ一行」と呼んでいる。

出演者編集

ゴリけん - 番組での役割「年上」
スタッフも含めた番組内の最年長だが、数々のミス(噛む、言い間違い、勘違い、不明瞭な発言、運動神経の無さ)を繰り返すため、出来ない人として扱われている。
福大ネットワーク」と番組内で呼ばれる母校の福岡大学体育部会剣道部で培った人脈を活用し、 現地の情報収集や観光スポットの提案等を率先して行っている。しかし大半はゴリけんの個人的な趣味(幕末等)であり、番組を私物化するため、パラ部から却下される事も多い[18]
自身の出身地に種田山頭火の石碑があることで、山頭火に特別な想いがあることから、観光用マップにその様な旨の文面があると、否定的な発言をすることが多い。
斉藤優(パラシュート部隊) - 番組での役割「ドライバー」
運転の殆どを行っており、「西新シューマッハ」と自称[19]。しかし長時間の運転は疲労するためか、目的地が自動車移動と新幹線移動の境目となる関西に決まった場合、新幹線移動を強く懇願している[20][21]
鹿児島でレギュラー番組を持っているため、目的地が鹿児島になった場合は旅のコーディネートを買って出ることが多い。
運転席で次元大介のように帽子を深くかぶり、寝たふりをし、鍵をロックして車内に入れないイタズラを行う。通称「次元」
ロケでは帽子・キャップを被って参加している(当初はバラバラだったが、2014年頃から2017年途中頃まで赤い帽子、その後は番組グッズのキャップ)。
泣き上戸であり、一献で泣き出す事がしばしばある。そして家族(主に妻)に電話をかけるも、「キモい!」と一蹴される。
矢野ペペ(パラシュート部隊) - 番組での役割「メモ&カメラ&Wiki&その他雑用」
街頭インタビュー時のメモや、旅先の写真撮影を行っている。特に動物の写真には拘りを持ち、他の2人からは「動物カメラマン」と呼ばれている[22]。第4期からは番組のナレーションを担当。(第3期までは3人が交代でナレーションをしていた)。
下戸であり、一献では専らコーラを飲む。他二人の抑え役や、ツッコミ役に回ることが多い。イジられ過ぎるとふてくされる。
普通免許を所持しているが技術に不安な部分が多く、運転することはほぼなかった[23]が、近年は帰り道などで運転することが増えている。
番組開始当初から2014年頃までタオルを頭に巻いてロケに参加していた。
夏場のロケでは日焼け止めを塗る。他2人からはオカマキャラ扱いされている。
たまにカメラを忘れたり紛失しそうになる。
相方の斉藤とゴリけんはテレビ西日本制作のドラマ、舞台、映画「めんたいぴりり」に出演及び出演予定だか、矢野は出演していない。
そのため同作品の話になると、2人が矢野に話を振るのが定番のいじりネタである。

同行スタッフ編集

富永治明 - 撮影・演出
1977年10月7日生まれ。
カメラマンも兼任するディレクター。通称「トミさん」。番組制作を請け負っている映像制作会社の代表取締役。福岡市東区出身。
第3期までは竹中義博ディレクターと交代で務めていたが、第4期以降は全ての旅に同行している。映像に映る機会は稀であるが、ほぼ全ての場面で出演者と会話を行っている。車内では助手席に座り撮影を行う。
高所恐怖症であり、高い位置での撮影は別のメンバーにやってもらう。5つ年上のゴリけんとは、世代は違うが同じ大学の先輩後輩の関係である。
利き手利き足共に左利き。
阿部康之介 - 演出補
諸手続きの為に同行するアシスタント。通称は阿部ちゃん。TNC制作部所属。
2017年4月から、永山哲平に代わり番組ADとして参加。出演者からは高学歴と端正なルックスをネタにされている。既婚。
月に1度、斉藤が実母への仕送りの為に、阿部が斉藤からお金を預かって、自身の口座から代わりに送金している模様。

過去のスタッフ編集

竹中義博 - 撮影・演出
カメラマンも兼任するディレクターで、通称「タケちゃん」。
第3期まではディレクターを富永と交代で務めており、出演者とはフランクに接していたため「ちゃん」付けで呼ばれていた。
斉藤と同じく三国志のファンであり、三国志関連の場所に行った際は出演者そっちのけで三国志を熱く語り、ペペやゴリけんにたしなめられている[24]
永山哲平 - 演出補
制作費の増加に伴い増員された[25]アシスタント。通称は特にない。鹿児島市出身。
元々はDVD発売に向けて諸手続を行うために街頭インタビューの時のみ同行していた。タレントではないがワタナベエンターテインメント所属の為、出演者3人の後輩であり、番組内では富永の後輩でもある[26]
映像に時折写り込むが、基本的に自ら発言はしない。移動中の車中で寝たり、現地で積極的に食事を取るなど旅を満喫しており、「(スタッフなのに)楽しんでいるんじゃないよ」と出演者にツッコまれる場面も見られた。
2017年4月14日の放送でディレクターに昇格したことが発表され[27]、同時に番組を卒業した。

スタッフ編集

  • 題字:てらきち
  • イラスト:おほしんたろう
  • 美術:荒山敦至
  • CGデザイン:井之上尚太
  • 編集:中野勇輝
  • MA:西村良和、新甫宙、山本哲也
  • デスク:無津呂愛理
  • 演出補:阿部康之介
  • 撮影・演出:富永治明
  • プロデューサー:生駒央正(番組全体)、西林武志(イベント・DVDなど)
  • 協力:ワタナベエンターテインメント
  • 制作著作:テレビ西日本

テーマソング編集

オープニングテーマ
エンディングテーマ

ネット局編集

レギュラー放送編集

放送対象地域 放送局 系列 放送開始時期 放送曜日および放送時間
福岡県 テレビ西日本
(TNC)
制作局
フジテレビ系列 2009年9月- 土曜 0:55 - 1:25(金曜深夜)[備考 1]
宮城県 仙台放送
(OX)
2016年7月- 金曜 0:55 - 1:25(木曜深夜)[備考 2]
群馬県 群馬テレビ
(GTV)
独立放送局 2017年8月- 火曜 23:30 - 翌0:00
神奈川県 テレビ神奈川
(tvk)
2014年4月- 水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜)
東京都 TOKYO MX2[備考 3] 2015年10月- 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜)
石川県 石川テレビ
(ITC)
フジテレビ系列 2017年10月- 水曜 1:01 - 1:30(火曜深夜)
静岡県 テレビ静岡
(SUT)
2017年10月- 火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜)
中京広域圏 東海テレビ
(THK)[備考 4]
2015年7月- 木曜 1:35 - 2:05(水曜深夜)
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ
(TSK)
2016年1月- 日曜 1:45 - 2:15(土曜深夜)[備考 5]
広島県 テレビ新広島
(TSS)
2017年4月- 水曜 1:25 - 1:55(火曜深夜)[備考 6]
愛媛県 テレビ愛媛
(EBC)
2015年4月- 水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜)
高知県 高知さんさんテレビ
(KSS)
2016年10月- 金曜 0:55 - 1:25(木曜深夜)
長崎県 テレビ長崎
(KTN)
2014年10月- 火曜 1:05 - 1:40(月曜深夜)
熊本県 テレビ熊本
(TKU)
2016年4月- 火曜 2:20 - 2:50(月曜深夜)
鹿児島県 鹿児島テレビ
(KTS)
2015年10月- 日曜 2:05 - 2:35(土曜深夜)
日本全国 フジテレビONE CS放送 2013年10月- 隔週土曜 0:00 - 0:50(金曜深夜)[備考 7]

不定期放送編集

過去のレギュラー放送局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時期 放送曜日および放送時間
山形県 さくらんぼテレビ
(SAY)
フジテレビ系列 2015年4月-2016年9月 日曜 1:45 - 2:15(土曜深夜)

単発または不定期放送の実績がある局編集

備考
  1. ^ 2016年4月までは0:55 - 1:05に放送されるベルト番組などの編成により10分遅れて、1:05 - 1:35に放送されることが多くあった。しかし、5月以降はフジテレビで0:55より放送されるベルト番組は、TNCのみ当番組の後1:25より放送されるようになったため、10分遅れの編成は少なくなった。また、不定期で土曜や日曜の午後に再放送も行われている。
  2. ^ 2016年9月までは土曜1:25 - 1:55で放送。
  3. ^ 093ch(サブチャンネル)での放送。2016年3月までは日曜 1:00 - 1:30に放送。2016年4月から月曜 0:30 - 1:00に放送し、2016年7月からは火曜日に移動した。
  4. ^ 当初は金曜 2:50 - 3:20に放送していたが、2016年1月から3月まで、アニメ「暗殺教室」放送のため、レギュラー放送を休止していた。2016年4月から再びレギュラー再開。
  5. ^ 2016年1月 - 3月は火曜の放送、2016年4月 - 5月は月曜の放送、2016年7月 - 2017年3月は金曜17:00の放送、2017年4月 - 日曜の放送。
  6. ^ 2016年8月、9月に一度広島への旅を中心に単発放送。その後放送はなかったが、2017年4月からレギュラー放送開始。
  7. ^ 隔週で2週分(前編・後編をまとめて)を放送。リピート放送あり。
  8. ^ 2018年1月6日(5日深夜)に、#196「松尾鉱山跡を激写する旅」を単発放送。

放送日・ミッション編集

本放送(TNC)の放送日。第1〜4期は「ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送SP」を前に行われた視聴者アンケート(後述)より抜粋。

目的地編集

2018年7月6日OA分までの目的地の都道府県別の一覧。特別編で行った場所の都道府県も含める。

注意編集

  1. ^ #37は熊本・大分
  2. ^ #87は宮崎・鹿児島
  3. ^ #97、#103は熊本・鹿児島

番組用語集編集

キッズ編集

番組ファンの通称。福岡県以外に在住するファンは(都道府県名)+キッズで呼ばれることが多い。都道府県名の最後が「き」の場合は(都道府県名)+ッズと省略される(例:いばらきッズ)。 ゴリけんが好きなHOUND DOGを好むファンの呼び名『DOG KIDS』に由来する。初登場は#97(2013年)の1日目冒頭。 子供のキッズの場合は「キッズキッズ」と呼ばれる。

一献編集

1泊2日のロケ日程において、1日目の夜にホテル付近の居酒屋で開く飲み会。必ずその店の刺身盛り合わせを食すことがお約束となっている。刺身についてはこだわりがあり、斉藤は#89で「人間オギャアと生まれて刺身食って死ぬだけ」「この番組は刺身見聞録だと思っている」と発言している。ゴリパラメンバーは刺身を343(サンヨンサン)と称しており、このワードや『NO SASHIMI NO LIFE』というフレーズがゴリパラTシャツのデザインとなった。

BOMB!(ボム)編集

ロケ中に大をもよおすこと。主に斉藤とゴリけんが用いる。斉藤曰く「女子が言いやすいからぜひ広めてほしい」。

噛み様降臨編集

トークの最中に噛むこと。主に間違いの多いゴリけんに用いられる。他に「常駐」「皆勤」など。

ダメだ!編集

斉藤が他のメンバーからの頼み事(味見など)などを言われたときに言う決め台詞。

運命のお時間です!編集

目的地を決定するあみだくじに臨む前に斉藤が言う決め台詞。最初に発したのは2016年新春特番での年末ジャンボ宝くじ大照合大会。後にあみだくじで発する際、「運命の」で一拍ためてから「お時間です!」と言うようになったほか、2017年の中頃あたりから、台詞を言った後に周りのギャラリーから歌舞伎大向うのように「よっ!」「よいしょ!」のような合いの手が入るようになった(矢野がツッコミを入れたり戸惑う顔をするのが定番となっている)。

止め放題だぜぇ~編集

斉藤が車を駐車する際、ガラガラで停め放題の時に発することが多い。方言を交えたご当地バージョンを言うこともある(例:京都府の場合は「止め放題どすぇ~」、となる)。

KIKURAGE IN THE SEA(キクラゲ・イン・ザ・シー)編集

#103「佐多岬&エジソン館」の旅の一献の際、キクラゲの天ぷらを出されたゴリけんが「(キクラゲは)海の幸ですか?山の幸ですか?」と発した際、矢野が「海だよ」と返答した。翌日の移動の車中の中での会話の中で、富永Dから飛び出した発言。

インディペンデンス・デイ編集

斉藤の持ちネタ。#168「イルカのキャッチボールを激写する旅」において行われたゴリパラ知名度チェック(通称「飲めま10」)において、ゴリパラキッズを自分たちの近くに呼び寄せる目的で行う。

順目逆目占い編集

斉藤の持ちネタ。プライベートでゴリけんと風呂に入っている際、斉藤の胸毛が水面に揺れ動いている様を見たゴリけんとの間で生まれた。ロケの行方やプライベートの相談をゴリパラメンバーに持ち掛けられると、吉か凶かを斎藤が胸毛の流れ(たいていの場合入浴中など胸毛が濡れている際に行われる)で判断する。「ごめんなさ~い……」と言いつつ順目(=吉)となるのがお約束である。

アウ~編集

ゴリけんの持ちネタ。見渡す限りの大自然を目の前にすると『北の国から』の『都会のテーマ』を口ずさむ。アウ~の出る基準はゴリけんの独断である。

BRIDGE編集

ゴリけんの持ちネタ。立派な橋を前にするとHOUND DOGの『BRIDGE ~あの橋をわたるとき~』を前奏から歌いだす。ゴリパラのイベントではオープニングにこの曲をゴリけんが歌うことが定番となっているが、その際はカラオケ音源をBGMにライブさながらのパフォーマンスを披露する。

次元編集

ゴリパラメンバーのうち1人が車から離れた際、ドアのカギをロックして入れないようにするいたずら。運転席に座るメンバーは顔を帽子か何かで覆って寝たふりをする。たいていの場合は個人的な理由で車を降りなければならなくなった場合、時間を浪費した報復として行われることがあるが、取材交渉など真っ当な理由がある場合にも強行される場合があり、その際締め出されたメンバーから殴る蹴るの仕返しをされる。

〇〇太郎編集

3人共通のネタ。#176「宇佐神宮を激写する旅」で訪れた柞原八幡宮のクスを前にゴリけんと矢野が披露した「木太郎」が初出。赤ちゃんの泣き声から「〇〇から生まれた〇〇太郎!」がお決まりのフレーズ。「コスモスから生まれたコス太郎」「東野で生まれたパパ太郎」(矢野)、「お湯から生まれたお湯太郎」(ゴリけん)など様々なバリエーションがある。

菅平の嘘編集

斉藤のラグビーの実力が明らかになるまでの一連の出来事。

#143「アスレチックを激写する旅」の一献において、斉藤が「ラグビー部の菅平合宿でUFOを見た」と発して論争になり、斎藤が本当にUFOを見たという裏付けを得るため矢野が友人に電話をかけた。しかし電話口からは「菅平には行ってないな」「俺も行きたかったもん菅平」「野沢温泉ちゃう?」などの返答が相次ぎ、UFO以前に合宿の場所すら間違えていたことが一行から問題視された。

#146「海地獄を激写する旅」では、ジャンケンに勝利した女の子が「どうなの?ゴリパラ見て」とゴリけんに問われ「面白い。菅平の嘘とか……」と発言。これが「菅平の嘘」という名称の由来。まさか小学生の女の子からそのような言葉が出ると思っていなかった斉藤は、その旅の車内トークで「(あの子のために)早めにマネージャーの枠を空けておいたほうが良い」と発言した。

その後、#167「黒部ダムを激写する旅」(DVD Vol.7収録)で、信州まつもと空港から目的地に向かう際、ドライバー斉藤の提案で菅平に立ち寄ることになる。到着するや否や、そのスケールを前にして「やっぱり俺が行ってたの、野沢温泉だったわ」とあっさり間違いを認めることになった。そこではラグビーボールを使って3人の技能勝負が行われたが、斉藤はAD永山の放ったキックをキャッチし損ね、中央からのペナルティゴールをミスするなど、すべて成功させた矢野と比べ散々な結果となった。

ディアボロス編集

斉藤が一献で泥酔した時に現れる悪魔。主に真剣な話をしているゴリけんを茶化したりラッシュをする。

桑田カット編集

お手手ループ編集

主にゴリけんが歴史熱など自分の私利が強い状態になった際に、斉藤矢野が仕掛ける。ゴリけんが一度訪れた場所に、寂しい、一人で行くのが怖いなどの理由をつけて、ゴリけんと手を繋いで行くのを全員分繰り返す。

チュポン編集

矢野のペットボトルの飲み方、串ものを食べるときの癖を指す。 メンバーでペットボトルを回し飲みする際に、矢野が飲み口全体を口に含む飲み方をするため、ゴリけんと斉藤からは度々ブーイングが起こる。 串ものを食べるときは、刺さっている料理すべてを口に含む。

特別番組編集

ゴリパラ見聞録 ザ・ゴールデン編集

2011年8月26日、「テレ西夏のバラエティスペシャル」として午後7時から「ゴリパラ見聞録 ザ・ゴールデン」が放送された[37]。ゴールデンタイムでの放送が急きょ決定したため、特別予算が配分されることなく製作費を前借りしてロケが行われた[38]。番組の最後には「外戸本」での連載開始が発表された(後述)。また、同時間帯にUstreamでゴリけん・矢野・斉藤の3人が本放送を実況・解説する「ゴリパラ裏・生・見聞録 ザ・ゴールデン」を放送していた。

ゴリパラ見聞録(第3期)再放送編集

2012年4月から2013年3月まで、(この時点で)約1年前の第3期の再放送を毎週土曜5:30から行っていた(4月は平日深夜[39])。この頃は本放送と再放送が中4時間であったことから、出演者がTwitter上で本放送とともに再放送の告知を同時に行っていたこともあった。[40]

2013年元日の旅 1時間SP編集

2013年1月は当時内包していた番組コレカラの各コーナーが週替わりで1時間スペシャルを放送する月だったため、1月18日に本番組の新春1時間スペシャルが放送された[41]。当番組初の1時間スペシャルであり、前・後編に分けずに2日間の旅を通しで放送された。その際本項が紹介された。出演者は番組内容の詳細な記載に感動していた。なお、パラシュート部隊がゴリけんより芸歴が上との記載があり、そこは間違いであることを指摘していたため(正しくはゴリけんが芸歴16年でパラシュート部隊が15年である)修正されているものの、他に記載されていた文章に間違いはないと話していた。

ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送SP 2014編集

2014年1月1日(2013年12月31日深夜)0:45 - 4:00に生放送された新春特番。主な内容は以下の通り。

  • 「ゴリパラベストトリップ」の発表
年末に公式HPで実施した視聴者アンケートによるランキング。この中から#67・12・101[放送順]を再放送
  • 「出演者の名珍場面集」
番組に度々登場した「美東のミポリン」とのVTR[42]、及び斉藤・ゴリけんの名場面集[43]
  • FAX・メールで番組への質問を募集
おほしんたろう、なべ(ノボせもん)が「FAXボーイ」として出演
  • 重大発表
カルメラによる音楽プロデュース決定」、「番組DVDの発売決定」(共に後述)

なお、2014年2月23日にはフジテレビONEのローカルサンデー(前述)でも特集され[44]、4月12日にはフジテレビONEで当特番が放送された[45]

ゴリパラ見聞録 緊急生放送編集

2014年11月21日 24:50 - 25:20に生放送された特番。主な内容は以下の通り。

  • 「番組DVD vol.2の発売決定」
2015年1月1日にDVD vol/2の発売が決定。番組開始10分後(25:00)よりセブンネットでの予約を開始。予約枚数を生放送中に随時発表した。
  • 「ゴリパラ新年会開催」
2015年1月10日にDVD発売記念ゴリパラ新年会を開催。番組内で(3人も知らされていなかった)開催場所を発表。
  • 「ゴリけん・パラシュート部隊のLINEスタンプ発売」
番組内に頻出するワードを使ったゴリけん・パラシュート部隊のLINEスタンプを発売。
  • 「海外での放送決定」
日時に言及はなかったが、インドネシアミャンマーで放送されることもが発表された。しかし宗教上の理由で飲酒シーンは放送できず、後編(2日目)のみの放送。

ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送 SP 2015編集

2015年1月1日(2014年12月31日深夜)0:45 - 4:00に生放送された新春特番。テレビ長崎でも同時ネット。

主な内容は以下の通り。

  • 「矢野ぺぺのペーパードライバー講習&長崎へお礼の旅」
この講習により、稀にだが矢野も運転するようになる
  • 「もう一度みたい名場面集」
  • 「ゴリパラクッキング」
納豆U.F.O.のゴリパラ公式の作り方を紹介
  • ゴリパラキッズが選んだ「ベストトリップ2014」
年末に公式HPで実施した視聴者アンケートによるランキング。ベスト5の中から1位の#109「炊飯器で飲み物が出てくる居酒屋を激写する旅」を放送
  • FAX・メールで番組への質問を募集
去年と同じく、おほしんたろう、なべ(ノボせもん)が「ワタナベFAXボーイズ」として出演

ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送 SP 2016編集

2016年1月1日(2015年12月31日深夜)0:45 - 4:00 に生放送された新春特番。

テレビ長崎[46]鹿児島テレビでも同時ネットで放送された。

主な内容は以下の通り。

  • DVD第4弾の発売が決定
  • 完全新作!年賀状の写真を撮るめでた旅
旅先で年賀状の写真を撮り視聴者にプレゼント。福岡沖縄を除く九州6県の中から、あみだくじで佐賀県が選ばれた。
  • 夢をつかめ!10億円 年末ジャンボ宝くじ大照合大会
上記旅で購入した宝くじの照合を行った。5等の3000円が1枚当選。
  • 矢野ペペの結婚発表
披露宴とDVD発売記念を兼ねたイベントを、福岡サンパレスで開催する事が決定
本広克行監督からのオファーがあり、そのメッセージをVTRで紹介
  • 記念すべき第1回のアンコール放送
2009年10月16日に放送されたレギュラー放送第1回「鳥取砂丘への旅」を放送。
  • VS 納豆U.F.O.
ゴリけんが考えた「納豆U.F.O.」に対抗する日清焼そばU.F.O.のアレンジレシピを募集し紹介。
  • FAX・メールで番組への質問を募集
去年と同じく、おほしんたろう、なべ(ノボせもん)が「ゴリパラFAXボーイズ」として出演

ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送 SP 2017編集

2017年1月1日(2016年12月31日深夜)0:45 - 3:00 に生放送された新春特番。昨年に引き続き、テレビ長崎鹿児島テレビで同時ネットで放送された。北部九州地区の視聴率は1.8%であった。

ゴリパラ見聞録 Happy New Year 生放送 SP 2018編集

2018年1月1日(2017年12月31日深夜)0:45 - 3:00 に生放送された新春特番。昨年に引き続きテレビ長崎鹿児島テレビでも同時ネット(テレビ長崎は0:50飛び乗り)。また、今回はTOKYO MX2でも放送。異例のフジテレビ系列外での同時ネットとなった。


主な内容は以下の通り。

  • DVD累計売上枚数10万枚突破を発表
  • ゴリパラフェス in福岡サンパレス 開催を発表
福岡サンパレスでの2回目となるイベントを開催することを決定。またこのイベントでは、番組オリジナルの新テーマソングを制作し、発表される。
  • ゴリパラTシャツデザインコンテスト
ゴリパラキッズから新Tシャツのデザインを募集し、ゴリパラメンバー3人やスタッフが厳選した5つの中から1つを投票でリアルタイムで投票してもらう企画。投票は番組ホームページで行われた。
  • 年賀状の写真を撮るめでた旅
旅先で年賀状の写真を撮り視聴者にプレゼント。3人が福岡を除く九州沖縄7県を5つ記入し、その中からあみだくじで沖縄が選ばれた。
  • ゴリパラからのお年玉企画 もってけ旅行券
当番組初となるお年玉企画。しかし、当番組には予算がないため、旅行券代となる3万円は出演者の自腹となり、自腹をかけたリフティング対決を行う。そこではゴリけんが敗れて自腹で支払うこととなった。
  • FAX・メールで番組への質問を募集
おほしんたろう、なべ(ノボせもん)、かごしま太郎が「ゴリパラFAXボーイズ」として出演

音楽プロデュース編集

2014 Happy New Year 生放送SPにて、インストジャズロックバンドのカルメラが番組テーマ曲(ロックンロールキャバレー)と音楽プロデュース(番組内BGM)を担当することが発表され、2014年1月17日放送分(#107)から使用されている(このタイミングで、番組内のオープニングタイトル等が一部変更されている)。きっかけは矢野の好きなアーティストだったことであり、それを聞いたプロデューサーが直接オファーし、カルメラ側が了承。実現となった。発表後に西崎ゴウシ伝説など一部メンバーがテレビ電話にて出演し、オファーを承諾した理由のひとつに「福岡でのライブ時に当番組を見ていたこと」と明かしている。テーマ曲には(元々インストである)ロックンロールキャバレーに歌詞を付け、矢野が歌う特別バージョンが完成次第使用される予定と発表されていたが、2014年一杯でカルメラの音楽プロデュースが終了したこと[47]によりテーマ曲として放送されることはなかった。

ローカルサンデー編集

フジテレビONEの番組「ローカルサンデー 〜ご当地の人気番組を見てみよう〜」で当番組が計3回特集された。

特集されたのは「『○○どうでしょう』への道」という、FNS系列28局制作の(全国では知られていない)レギュラー番組を紹介し、好評であればCSでレギュラー放送することで水曜どうでしょう[48]に代表される「地方局発の人気番組」を生み出すことを目標にしたコーナーである。

  • 2013年6月16日放送…#89 長崎県 母の故郷の教会の旅(ゲスト:富永ディレクター)
  • 2013年8月25日放送…#90 静岡県 伊豆の踊子の旅(ゲスト:矢野ペペ)
  • 2013年9月22日放送…#95 長崎県 雲仙地獄の旅(ゲスト:斉藤優)

3回目の特集時には2013年11月からのCSでのレギュラー放送が発表された(隔週:本放送の前後編をまとめて放送)。

連載編集

2012年1月号(2011年11月20日発行)から2014年8・9月号(2014年6月20日発行)まで、九州・山口の旅行雑誌「外戸本」(文榮出版社)でゴリパラ見聞録の放送内容を基にした連載を行っていた[49]。これは本番組のファンである外戸本の編集者が、斉藤の「(ゴリパラの)旅本くらい出せるよな」「誰に言えば出せるの?」と発言した回[50]を見て、番組宛にメールで直接オファーしたことで実現したものである。この件は言い出しっぺである斉藤のみが文榮出版社を訪れ、ゴリけんやゴールデン回のナレーションをした矢野にも放送時まで秘密にされていた[51]

DVD編集

Happy New Year 生放送SPにて、「2014年春のDVD化」が決定したことが発表された。この時点で「制作サイド目標1000枚」とされていた。

vol.1編集

2014年5月25日発売。全2枚組。以下の3旅を収録。各回前後にゴリけん・パラシュート部隊による新録コメント付き[52]

  • 静岡県 伊豆の踊子像を激写(#90)
  • 鹿児島県 大きな龍の像を激写(#91)
  • 宮崎県 ゴリパラ的高千穂リサーチ(#92)

特典映像

  • ベストバウト…これまでの放送の中からゴリパラの3人の対決を収録
  • ゴリパラペディア…ゴリパラ見聞録を見る上で欠かせない知識を説明
  • ゴリパラメンバーてどんな奴ら?…ゴリけん、斉藤優、矢野ペペがどんな人間かを紹介

vol.2編集

2015年1月1日発売。全2枚組。「九州シリーズ」と銘打ち、以下の3旅を収録。各回本編にゴリけん・パラシュート部隊による解説・コメンタリー付き[53]

  • 長崎県 雲仙地獄を激写の旅(#95)
  • 鹿児島県 開聞岳山頂からの景色(#101)
  • 熊本県 天草五橋を激写する旅(#106)

特典映像

  • 禁断の福岡の旅…我々が住んでいる福岡の魅力を全国に発信するため、本放送では行わない福岡での旅を収録
  • ぺぺ、伝説のハミングLIVE!…お蔵入りになった2014年4月に行われたカルメラとゴリパラメンバーのコラボLIVEの模様

封入特典

  • ゴリパラ免許証(初回限定版のみ)

vol.3編集

2015年8月1日発売。全2枚組。以下の3旅を収録。各回本編にゴリけん・パラシュート部隊による解説・コメンタリー付き[54]

  • 福島県 五色沼を激写する旅(#107)
  • 長崎県 オメガ塔を激写する旅(#108)
  • 京都府 鈴虫寺で恋愛成就祈願の旅(#113)

特典映像

  • 禁断の福岡の旅part.2…ゴリパラの3人が、暮らしているからこそのコネや知識を最大限フル活用し福岡の魅力を伝えるという禁断の旅の第2弾を収録
  • ゴリペペ散歩…一献の後に、泥酔したゴリけんの気分次第で強制的に行われるペペとのお散歩の様子を収録

封入特典

  • 特製ボトルキープタグ(初回限定版のみ)

vol.4編集

2016年3月14日発売。全2枚組。以下の3旅を収録。各回本編にゴリけん・パラシュート部隊による解説・コメンタリー付き[55]

  • 熊本県 トンカラリンへの旅(#136)
  • 静岡県 胎内神社への旅(#132)
  • 三重県 ナガシマスパーランドへの旅(#127)

特典映像

  • 禁断の福岡の旅part.3…ゴリパラの3人が、暮らしているからこそのコネや知識を最大限フル活用し福岡の魅力を伝えるという禁断の旅の第3弾を収録
  • とどメシ…ゴリけんと斉藤が、飲み会の「とどめ」としてその土地のグルメを味わう新企画・三本立て

封入特典

  • ゴリパラ見聞録オリジナル転写ステッカー(初回限定版のみ)

vol.5編集

2016年10月31日発売。全2枚組。以下の3旅を収録。各回本編にゴリけん・パラシュート部隊による解説・コメンタリー付き[56]

  • 宮崎県 鵜戸神宮を激写する旅(#125)
  • 長野県 木曽馬の里を訪ねる旅(#128)
  • 佐賀県 三重津海軍所跡を激写する旅(#149)

特典映像

  • 禁断の福岡の旅part.4…ゴリパラの3人が、暮らしているからこそのコネや知識を最大限フル活用し福岡の魅力を伝えるという禁断の旅の第4弾を収録
  • ゴリパラ披露宴 in 福岡サンパレス…2016年3月21日に開催された「ゴリパラ披露宴in福岡サンパレス」を、特典映像として公開!舞台裏に迫る㊙映像も必見!

封入特典

  • 特製!ゴリパラファンシーシール(初回限定版のみ)

記念番組編集

番組初DVD5月25日発売記念! 旅の傑作選

2014年4月5日から5月10日まで、毎週土曜12:00から(この時点で)約2年前の第3期から以下の回が放送された(計6回)。

  • 島根県 世界一大きな砂時計への旅(#36)
  • 鹿児島県 神秘的なスポット(#46)
  • 岡山県 プノンペンラーメンの由来(#54)
  • 鹿児島県 合格祈願のすべらない砂(#66)
  • 愛媛県 長浜地区にある想い出の赤橋(#34)
  • 山口県 吉田松陰が教えた松下村塾(#60)

オープニングには3人によるDVD宣伝コメントを付加して放送された。

ゴリけん・パラシュート部隊の『ゴリパラジオ』

2014年4月29日14:00 - 15:00にニッポン放送(関東ローカル)で放送[57]。福岡での放送はなかったが、後述のDVD発売直前特番でスタジオ収録の模様が一部放送された。DVDの首都圏でのPRを兼ねた特別番組であり、3人が東京で仲良くしていた堀内健ネプチューン)がわざわざスケジュールを調整してゲスト出演している。

ゴリパラ見聞録DVD発売直前特番 東京のスターに猛烈プロモーションスペシャル

2014年5月17日12:00 - 12:54に放送(福岡ローカル)。3人が東京に赴き、所属事務所の先輩・後輩にDVDを売り込む姿に密着した特別番組。エンディングにはDVD発売当日に開催される番組イベントの告知も行われた。 出演タレント(登場順)

DVD第2弾発売記念! 旅の傑作選

2014年11月29日から12月27日まで、毎週土曜12:30[59]から以下の回が放送された(計5回)[60]

  • 和歌山県 水中ポストを探す旅(#93)
  • 三重県 伊勢神宮でDVD祈願の旅(#96)
  • 島根県 出雲大社へ合格祈願の旅(#98)

オープニングには3人によるDVD宣伝コメントを付加して放送された。

DVD第4弾発売記念!ゴリパラ見聞録傑作選

2016年2月14日、21日の深夜0:50~1:50に、前後半まとめられた1時間スペシャルで放送された(計2回)

  • 長崎県 つがねの滝を激写する旅
  • 奈良県 炊飯器で飲み物が出てくる居酒屋を訪ねる旅

番組イベント編集

2012年から年1回、番組主催でトークライブが行われている。また、2013年のテレ西夏祭りでの番組ブース出展以降、TNC主催のイベントやDVD発売のタイミングでゴリパラ見聞録関連のイベントが多く開催されるようになった。本項では「ゴリけん」「パラシュート部隊」が共に参加したイベントと区別するため、3人が「ゴリパラ見聞録の出演者」として参加したイベント・番組中に告知の行われたイベントのみを抜粋。

ゴリパラ見聞録懇親会2012

2012年2月17日、『番組初のトークライブ』と『ゴリパラと過ごす素敵な飲み会』の2部構成で行われたイベント[61]。 また、この時インタビューを行い第3期最後の旅のミッションを決定した[62]

goripara fes'(テレ西夏祭り2013)

2013年7月27日7月28日、TNCのイベント「テレビ西日本開局55周年記念 みんなえがお2013 GO!GO! テレ西夏祭り」に番組ブースを出展。初の番組グッズの販売と全国旅のお土産抽選会を行った。番組グッズの販売は一献の席で斉藤が提案したものであり、「goripara fes'」と命名。番組予算でグッズを製作[63]。1日目でタオル以外全て完売した[64]。また、この時インタビューを行い旅のミッションを決定[65]、その足で旅に出発した[66]

祝!100旅記念!ゴリパラ見聞録トークライブ

2013年8月18日、当番組での旅が『テレ西のタネ』から数えて100回を迎えるのを記念して行われたトークライブ(2回公演)[67]。 2回公演のチケット100枚は即完売した[68][69]。この時インタビューを行い100旅目の旅のミッションを決定した[70]

ゴリパラ見聞録トークライブ(福岡キャンピングカー&アウトドアショー2013)

2013年11月17日、マリンメッセ福岡で行われた「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2013」内のステージイベントとして行われたトークライブ(2回公演)[71]。 2公演目は急遽イベントの出展ブースから賞品が集まり、プレゼント大会が行われた。

ゴリパラ見聞録トークライブ&大プレゼント大会(テレ西春の大感謝祭 全国うまかもん市)

2014年3月30日、天神中央公園で行われた「テレ西春の大感謝祭 全国うまかもん市」内のステージイベントとして行われたトークライブ[72]。前回のトークライブ同様、プレゼント大会も行われた。

DVD発売記念 ゴリパラ見聞録大感謝祭

2014年5月25日、DVD vol.1の発売日にベイサイドプレイス博多埠頭で行われた発売記念イベント[73]。 会場ではステージイベントのほかに番組の新グッズの販売や来場者全員に番組特製のトレーディングカードを配布した[74]

テレ西夏祭り2014

2014年8月3日、TNCのイベント「テレ西夏祭り2014~こどもの笑顔に会いに行く」内で行われたゴリパラ見聞録のステージイベント。 番組イベント後、同ステージでライブを行うカルメラとロックンロールキャバレー(ゴリパラ見聞録ver)を披露[75]。前回の大感謝祭同様グッズ販売も行った[76]。また、この時インタビューを行い旅のミッションを決定した。[77]

福岡キャンピングカー&アウトドアショー2014

2014年11月16日、マリンメッセ福岡で行われた「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2014」で3人がステージMCとして登場。[78]。 当日は急遽ゴリけん・パラシュート部隊の3人への大質問大会が行われた[79][80]

ゴリパラ見聞録DVD vol.2 発売記念!ゴリパラ大新年会

2015年1月10日Zepp Fukuokaで開催されたDVD vol.2発売記念イベント[81]。前述の緊急生放送内で開催を発表、同時に3人にも知らされていなかった開催場所(Zepp Fukuoka)も発表された[82]

ゴリパラ見聞録第1回ジョバジョバ選手権

2015年8月2日、TNCのイベント「TNC夏祭り2015~こどもは未来」内で行われたゴリパラ見聞録のステージイベント。番組名物の納豆U.F.O.でどれだけ高い「ジョバジョバ」音を出せるかを一般参加者と出演者が競うもの。

ゴリパラ披露宴

2016年3月21日、以前から目標としていた福岡サンパレスでの初のイベント。矢野ペペの結婚を記念し、披露宴形式で開催。また、品切れとなっていたグッズを復刻。

ゴリパラ見聞録第2回ジョバジョバ選手権

2016年7月23日、TNCのイベント「みんなの8ちゃんねる大感謝祭」内で行われたステージイベント。ルールは前年と同一だが、今回は納豆U.F.O+持込の一品が加算となった。

ゴリパラ見聞録DVD vol.7 発売記念 ゴリパラ新年会 in Tokyo

2018年1月21日Zepp Tokyoで開催されたDVD vol.7発売記念イベント[83]。当初17時公演のみの募集であったが、13時公演が追加された[84]。当日サプライズにて、オリジナルソング「一献音頭」が披露された。これはGKネットワークによりゴリけんがボンボ藤井に作曲を依頼したものである[85]。なお同日、TNC鈴木克明社長より、番組出演者及びスタッフ一同に対し社長賞が授与された[86]

ゴリパラ見聞録DVD vol.7 発売記念 ゴリパラフェスティバル2018

2018年3月4日、福岡サンパレスで開催されたDVD vol.7発売記念イベント[87]。新テーマ曲「オン・ザ・ロード」が披露された。これは、キッズから寄せられたフレーズを基にした歌詞に、今井了介に作曲を依頼して制作されたものである[88]

脚注編集

  1. ^ a b “ゴリパラ見聞録もう見た? 福岡発の番組、全国にファン”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月29日). http://www.asahi.com/articles/ASG9D630ZG9DTIPE02C.html 2015年4月19日閲覧。 
  2. ^ 番組概要、番組公式ホームページ、2013年6月8日閲覧。
  3. ^ バックナンバー|テレ西のタネ、テレビ西日本公式サイト、2013年4月6日閲覧。
  4. ^ ゴリパラ見聞録 DVD Vol.1、セブンネットショッピング、2014年12月30日閲覧。
  5. ^ a b “「存続危機」乗り越え…福岡発のローカル番組がじわじわブーム”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2047039/full/ 2015年4月19日閲覧。 
  6. ^ “テレビ西日本「ゴリパラ見聞録」番組史上最高視聴率8.2%”. スポーツ報知. (2017年7月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170718-OHT1T50153.html 2017年7月18日閲覧。 
  7. ^ ゴリパラ旅日記|2011年5月13日放送分、番組公式ホームページ、2013年6月7日閲覧。
  8. ^ 富永Dの2013年7月24日のツイート、富永治明Twitter、2013年12月17日閲覧。
  9. ^ 2013年11月8日のツイート、フジテレビCS放送の広報アカウント、2013年12月17日閲覧。
  10. ^ 公式facebookページ、2014年3月30日閲覧。
  11. ^ 富永Dの2013年12月16日のツイート、富永治明Twitter、2013年12月17日閲覧。
  12. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ(2014年1月1日)、同日閲覧。
  13. ^ ゴリパラ見聞録 DVD Vol.2<初回限定版>、セブンネットショッピング、2014年12月30日閲覧。
  14. ^ 「2があるに違いない!」ゴリパラ初DVDイベント大成功 - お笑いナタリー、2015年1月9日閲覧。
  15. ^ しかし、以降の放送内容は前後している模様
  16. ^ MX2での放送
  17. ^ 4月4日は編成上15分繰り下げのため、3月までと同時刻のスタートとなった。
  18. ^ 例:ゴリパラ旅日記|2012年3月9日放送分、番組公式ホームページ、2013年6月7日閲覧
  19. ^ ゴリパラ旅日記|2011年7月29日放送分、番組公式ホームページ、2013年7月22日閲覧。
  20. ^ 2011年11月25日放送分
  21. ^ 2016年4月29日放送分では、年度初め(で予算に余裕がある)という理由から、神戸までの新幹線利用をプロデューサーに電話で直談判し実現させた。
  22. ^ 例:2012年7月20日放送分
  23. ^ 免許取得後に運転したが、TNCの玄関を出るのにも時間がかかったため斉藤に交代している(例:2011年9月9日放送分)
  24. ^ 2011年11月11日の放送回より
  25. ^ 2014年5月30日の放送回から
  26. ^ 2014年5月30日の放送内で紹介
  27. ^ 同局で2017年4月から始まった『バリすご8』のディレクターを担当。
  28. ^ ただし、3人は番組DVDの宣伝要員だと思い込んでいた。
  29. ^ 運動の森自然公園成田エアポートコース
  30. ^ 8月28日は柔道世界選手権放送のため放送休止。
  31. ^ サンメッセ日南に設置されている世界で唯一イースター島から複製を認められたモアイ像
  32. ^ 九十九島パールシーリゾート海きららのイルカショーのプログラムの一部
  33. ^ 8月19日はリオオリンピック中継の放送のため放送休止。
  34. ^ サンメッセ日南に設置されている世界で唯一イースター島から複製を認められたモアイ像
  35. ^ #146での旅で取材出来なかったのでリベンジ回
  36. ^ ただし、くじで選ばれたキッズが諸事情により別のキッズに権利を譲っている
  37. ^ #41 沖縄県 凄すぎるアスレチックへの旅
  38. ^ 番組冒頭に明かされる
  39. ^ ゴリけんの2012年4月24日のツイート、ゴリけん公式Twitter、2013年12月16日閲覧。
  40. ^ 矢野の2012年11月9日のツイート、パラシュート部隊矢野ペペ公式Twitter、2013年4月10日閲覧。
  41. ^ #84 島根県出雲大社で縁結びのお願い
  42. ^ 本人がスタジオにサプライズ出演。
  43. ^ 矢野の名場面集も用意されていたが、時間の都合でカットされた。
  44. ^ 2014年2月23日のツイート、フジテレビCS放送の広報アカウント、2014年3月30日閲覧。
  45. ^ 2014年3月25日のツイート、ワタナベエンターテインメント公式アカウント、2014年3月30日閲覧。
  46. ^ [1]、テレビ長崎公式Twitter、2015年12月12日閲覧。
  47. ^ 2015年1月1日の放送より
  48. ^ コーナー名では伏せられているが番組内では「水曜どうでしょう」と発言している
  49. ^ 外戸本休刊により連載も終了
  50. ^ #34 愛媛県長浜地区にある想い出の赤橋
  51. ^ 結果2人は同時間帯に行ったUstreamで知ることになる
  52. ^ ゴリパラ見聞録 DVD Vol.1、セブンネットショッピング、2014年12月30日閲覧。
  53. ^ ゴリパラ見聞録 DVD Vol.2<初回限定版>、セブンネットショッピング、2014年12月30日閲覧。
  54. ^ [2]、セブンネットショッピング、2015年8月1日閲覧。
  55. ^ [3]、セブンネットショッピング、2016年1月1日閲覧。
  56. ^ [4]、セブンネットショッピング、2016年7月23日閲覧。
  57. ^ ゴリけん&パラシュート凱旋上京、ニッポン放送で来週特番 - お笑いナタリー、2014年4月21日
  58. ^ 翌日にKBCラジオ『徳永玲子のお昼ドキッ!』出演があったため。
  59. ^ 12月27日のみ12:00
  60. ^ 12月27日のみ前後編まとめた為
  61. ^ 2012年1月20日放送分でのイベント告知より抜粋
  62. ^ #67 北海道日の出岬から見る流氷越しの朝日
  63. ^ #96 三重県 伊勢神宮でDVD祈願の旅より
  64. ^ 生駒Pの2013年7月27日のツイート、いこまてるひさTwitter、2014年12月5日閲覧。
  65. ^ #98 島根県 出雲大社へ合格祈願の旅
  66. ^ 富永Dの2013年7月24日のツイート、富永治明Twitter、2014年12月5日閲覧。
  67. ^ 2013年7月12日放送分でのイベント告知より抜粋
  68. ^ 富永Dの2013年6月30日のツイート、2014年12月5日閲覧。
  69. ^ ゴリパラ見聞録 DVD Vol.1、セブンネットショッピング、2014年12月5日閲覧。
  70. ^ #100 北海道最北端の宗谷岬への旅
  71. ^ 2013年11月15日放送分でのイベント告知より抜粋
  72. ^ ゴリけんの2014年3月27日のツイート、ゴリけん公式Twitter、2014年3月30日閲覧。
  73. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ、2015年1月9日閲覧。
  74. ^ 「2があるに違いない!」ゴリパラ初DVDイベント大成功 - お笑いナタリー、2015年1月9日閲覧。
  75. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ、2015年1月9日閲覧。
  76. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ、2015年1月9日閲覧。
  77. ^ #123 京都府 母校のチャペルを激写する旅
  78. ^ イベント・ステージ情報|福岡キャンピングカー&アウトドアショー2014、2015年1月9日閲覧。
  79. ^ ゴリけんの2014年11月16日のツイート、ゴリけん公式Twitter、2015年1月9日閲覧。
  80. ^ ゴリけんの2014年11月16日のツイート、ゴリけん公式Twitter、2015年1月9日閲覧。
  81. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ、2015年1月9日閲覧。
  82. ^ ゴリパラ見聞録公式Facebookページ、2015年1月9日閲覧。
  83. ^ TNC公式サイト お知らせ ゴリパラ新年会 in Tokyo!2018年1月21日閲覧
  84. ^ TNC公式サイト お知らせ ゴリパラ新年会 in Tokyo 追加公演詳細決定!2018年1月21日閲覧
  85. ^ TV LIFE ゴリけん&パラシュート部隊が東京で「ゴリパラ新年会」開催2018年2月4日閲覧
  86. ^ ゴリけんの2017年1月21日のツイート、ゴリけん公式Twitter、2018年1月21日閲覧
  87. ^ TNC公式サイト お知らせ 「ゴリパラ見聞録DVD Vol.7 発売記念 ゴリパラフェスティバル2018」開催決定!2018年3月17日閲覧
  88. ^ 2018年3月13日 西日本新聞 福岡市で「ゴリパラフェスティバル」テーマ曲「オン・ザ・ロード」披露2018年3月17日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集