ビーイング

日本の東京都港区にある音楽制作会社
Beingから転送)

株式会社ビーイング (Being, Inc.) は、1978年東京都港区に設立された、音楽制作会社・レコード会社及びアーティストマネージメントオフィスであり、現在は音楽事業に加え、不動産投資事業も主体となっている。創業者は長戸大幸ビーインググループと呼ばれ、GIZA studioVERMILLION RECORDSビー企画室MRMZAIN ARTISTS堂島リバーフォーラム、ビープラネッツなど関連企業約60社以上を傘下にもつ企業集団であったが、現在は当社を中心とした関連企業に再編され、関連企業は約40社ほどに縮小されている。

株式会社ビーイング
Being, Inc.
Being toriizaka building.JPG
ビーイング鳥居坂ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木5-2-2
ビーイングビル(トーマスビル)
本店所在地 550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-3-17
HORIE HILLS 10階
設立 1978年11月1日
業種 情報・通信業・不動産
法人番号 2010401069301 ウィキデータを編集
事業内容 音楽コンテンツ制作、音楽ソフト製造、音楽コンテンツ配信、アーティストマネジメント、映像制作、不動産投資事業、不動産会社、保険代理店、ローン会社、飲食業など多岐に渡る部門を有す。
代表者 代表取締役社長 升田敏則(トーマス升田)
資本金 10億円
売上高

単体1350億円(2020年3月期)

連結1720億円(2020年3月期)
総資産

単体2700億円(2020年現在)

連結3200億円(2020年現在)
従業員数

単体170名(2020年現在)

連結1065名(2020年現在)
決算期 3月31日
主要株主 長戸大幸とその一族
主要子会社 ビーインググループ一覧参照
関係する人物 長戸大幸
外部リンク https://beinggiza.com/
テンプレートを表示

企業概要編集

1978年、オフィス・トゥー・ワンを独立した長戸大幸が、長戸個人と海老名俊則(当時オフィス・トゥー・ワンの社長)と阿久悠の出資により[1]月光恵亮織田哲郎亜蘭知子らと設立した音楽制作会社。社名の由来は、長戸幸の大=BIGの「B」と海老名俊則の「E」をとってBEing(ビーイング)とした[1]。設立から1年後、長戸はこのまま続けても赤字が増えるだけだからと海老名俊則と阿久悠の出資分を買い取った[1]

現在はレコード・レーベルやマネジメントから販売も行う大手音楽プロダクションに成長。 TUBEB'zZARD倉木麻衣大黒摩季WANDST-BOLANDEENなど、最近ではBREAKERZ新山詩織などの音楽制作をしていることで有名。1990年代初期から中期にかけてオリコンチャート上位を所属アーティスト独占し、業界の7%もの売上を独占するなど一世を風靡した音楽プロダクションの1つ[2]。当初は小さなマンションの中にある音楽事務所であったが[3]、関連小企業約60社を持つ企業に成長した。1993年においては、不況のさなかビーイング系アーティスト(TUBEB'zZARDWANDS大黒摩季DEENT-BOLANなど)は450億円前後を売上げ、業界の7%を占めた[4](俗にビーイングブームと呼ばれる)。ただし、こうした中でも大半のアーティストのテレビへの出演を断っていたという[5]。同年の第35回日本レコード大賞にもビーイング系アーティストはノミネートされなかったが、ビーイング側の関係者によると音楽賞を否定しているわけではなく、スケジュールの問題で番組に出演できないだけとしている[6]。なお、倉木麻衣が所属するマネジメント会社LOOPが途中より、モデルタレント部門を設立、モデル・タレント・俳優の育成、マネジメントにも進出したが、現在はその大半の業務をWhite Dreamに移管している。

1999年頃からは音楽事業からの資金を元手に不動産投資事業に参入、「ビープラネッツ」をはじめとした不動産子会社が大阪府大阪市西区北堀江周辺に30棟以上のビル・マンションを取得・保有し、hills パン工場の「THURSDAY LIVE」などによって北堀江を若者の街に変化させた[2] この手法はそれ以前に東京の代官山町でも使っており代官山町の土地のほとんどを創業者である長戸大幸が所有していた時期があり、若手の新進気鋭のデザイナーらに次々と出店させ代官山を現在の資産価値ある土地へと成功させている。その後も関西地区での不動産事業を拡大させ、「オーク四ツ橋ビル」、「HORIE hills」(旧GIZA hills)、「ANNEX GIZA」、「ビーイング四ツ橋ビル」などビル・マンションを2019年までに約1500棟以上を取得[7]、2008年には大阪市福島区ほたるまち)に多目的ホール堂島リバーフォーラムと高級賃貸マンションリバーレジデンス堂島を完成させた。不動産のほとんどは貸しビル、高級デザイナーズ賃貸マンション、貸し事務所などで収益の半数以上を不動産収入が占めている。かつてはビーイング系と言えば大手の音楽プロダクションとしての認知度が高かったが2019年現在では関西の不動産王と呼ばれるまでに急成長をしている。

音楽事業、不動産事業、IT事業のほか飲食業やライブハウス、音楽養成スクール、損害保険会社、デザイン会社、イベント会社、番組・映像制作会社、ローン会社、法務などの経営もしている。

沿革編集

  • 1977年、作曲家だった長戸大幸が妹尾隆一郎のマネージメントオフィスとして、ビック・ミュージックを設立。
  • 1978年09月05日、スピニッヂ・パワーの「ポパイ・ザ・セーラマン」を月光恵亮らと製作。
  • 1978年11月01日、長戸大幸が六本木に株式会社ビーイングを設立。
  • 1979年04月01日、江崎秀一がデビュー。
  • 1979年05月21日、長戸秀介織田哲郎北島健二のパーマネントグループ、WHYがデビュー。
  • 1979年08月21日、キングレコード内に新レーベル BILL BOX を設立する。
  • 1979年11月01日、ビーイング音楽振興会を設立。(後に沙里、稲葉浩志上杉昇らを輩出)
  • 1979年11月14日、株式会社ビック・インターナショナルを設立。(BEING GROUPのレコーディングスタジオ(後のStudio Birdman創設の為の会社)
  • 1981年07月01日、Studio Birdman/Brown Roomが完成。
  • 1981年10月21日、Ading設立。Being Groupの宣伝広報部門として。
  • 1981年11月30日、株式会社Treasury設立。(Being Groupの財務・経理・法務部門として)
  • 1981年12月17日、LOUDNESS浅草国際劇場でのデビューコンサートを成功させる。この出来事は当時スタジオ・ミュージシャン中心の小さなインペグ屋でしかなかったビーイングを躍進させる原動力となった[8]
  • 1983年半頃~、新宿 LIVE INN MURASAKIでライブハウスを展開。
  • 1983年10月01日、Jawsman STUDIO完成。(リハーサルスタジオ)
  • 1985年06月01日、TUBEが「ベストセラー・サマー」でデビュー。(ハワイではこの日をTUBE DAYと定めている。)
  • 1985年09月30日、Studio Birdman Gray Room完成。(レコーディングスタジオ)
  • 1987年01月11日、YEAHブルース・セッション、目黒ライブステーションでスタート。
  • 1987年03月01日、第1回 BADオーディション開催。(桜井ゆみ)Sound Jokerで開催。
  • 1987年03月02日、株式会社ファースト・シーン設立。(Being Groupの総合作家マネージメント・オフィスとして)
  • 1987年11月08日、YEAH BLUES SESSIONの集大成となるライブを渋谷公会堂で開催。
  • 1987年11月15日、第2回 BADオーディション開催。(T-BOLAN、関ゆみ子)目黒ライブステーションで開催。
  • 1988年09月05日、株式会社シーズ設立 (Being Groupの総合マネジメント・オフィスとして)
  • 1988年09月21日、B'zが「だからその手を離して」でデビュー。後に日本を代表するユニットとなった。
  • 1989年01月22日、第3回 BADオーディション開催。(大黒摩季)五反田・スタジオ1009で開催。
  • 1989年09月30日、T's STtudio完成 (二子玉川)
  • 1991年Mi-KeZARD川島だりあT-BOLANWANDS等がデビュー。
    • ポリドールに専門レーベルb.gramを構える。
    • 初の系列レコード会社ビージン(のちのZAIN RECORDS)を設立。
  • 1992年大黒摩季TWINZERMANISHがデビュー。
    • BMGビクターに構えていた3つの専門レーベル(Rhizome, ZEZ, DOG HOUSE)をBMGビクターと共同出資で法人化、系列レコード会社BMGルームス(のちのRooms RECORDS)を設立。
  • 1993年DEENBAADREVZYYGがデビュー。
    • ポリドールに構えていた専門レーベルb.gramを法人化、系列レコード会社B-Gram RECORDSを設立。
  • 1994年09月27日、株式会社ビープラネッツを設立[9]
    • 南青山に設立されたエムアールエムから、フリーペーパー『Music Freak Magazine』が創刊。
    • 大阪に設立されたジェイロックマガジン社から『J-ROCK MAGAZINE』の創刊準備号が発刊。翌春、正式創刊。
    • 大阪に設立した番組制作会社MODS HOUSEが、在阪テレビ局とラジオ局の深夜枠で音楽番組を次々に放送開始。
    • 大阪(心斎橋)・京都(北山)・名古屋(栄)に、CDショップJEEZを開店。当初エントランスにビーイング系アーティストのポスターが飾られていたが、1990年代後半頃からヴィジュアル系に特化した店に転換。2000年以降京都・名古屋の店舗が閉店され、2003年に心斎橋店閉店により完全閉店。
    • 大阪心斎橋に、クラブGrand Cafe(グランカフェ)[10]とロックバーROCKROCKを開店。
  • 1995年、J-DISC(のちのJ-DISC Being)設立。これにより、グループ内のみで楽曲制作から流通までを構成できるようになった。
    • FIELD OF VIEWBA-JIがデビュー。
    • BMGルームスをRooms RECORDSに社名変更、完全に系列レコード会社となる。(販売はBMGに委託)
    • 大阪心斎橋スパジオビル内に、レコーディングスタジオREDWAY STUDIOを設置。2001年頃に堀江へ移転。
    • 大阪心斎橋に、BLUE-Z RECORDSとStyling RECORDSの2つのインディーズレーベルを設立。
  • 1996年05月20日、ZAIN RECORDSに関西専門レーベルとしてWEST HAUSを設置。
    • 1996年09月01日、Rooms RECORDSの販売権がBMGからJ-DISCに移管。
    • 11月11日に佳苗がデビュー。
  • 1997年秋吉契里小松未歩七緒香辻尾有紗がデビュー。
    • ZAIN RECORDSに関西専門レーベルとしてSpoonfulを設置、7月には関西拠点最初のメジャーレコード会社Amemura O-town Recordとして法人化。[11]
    • 初の自社ビルとして森本六本木ビルを取得。これまで六本木界隈に点在していた関連会社を、同ビル内に集約化。
  • 1998年09月01日、B-Gram RECORDSが関西拠点のレコード会社として、株式会社ギザ(GIZA studio)設立。設立当初はインディーズレーベルであったが、1999年にメジャーレーベルとなった。[12]
    • 9月2日に椎名祐海がメジャーデビュー。
    • ビーイング音楽振興会大阪校を開校。後に関西クリエイターズ学院→GIZAミュージックスクールに改称。
    • 大阪北堀江にART CUBEビルが落成。レコーディングスタジオやリハーサルスタジオ以外に、ビーイング音楽振興会大阪校やZAIN RECORDS大阪などの関連会社が入居。
  • 1999年倉木麻衣rumania montevideoWAG4D-JAMsweet velvetNew Cinema 蜥蜴GRASS ARCADEがメジャーデビュー。
  • 2000年愛内里菜GARNET CROW松橋未樹Soul Crusaders長谷実果RAMJET PULLEY吉田知加がメジャーデビュー。
    • 6月 - 新光集団との合弁によるレコード会社新光美音(Shinkong-Being Multimedia)を台湾に設立。これを機に、ビーイング系アーティストの台湾・香港・中国国内で正規盤のリリースが開始された。2009年を以て新光集団との提携終了に伴い、清算。
  • 2001年上原あずみLes MAUVAIS GARÇONNESnothin' but lovethe★tambourinesがメジャーデビュー。4月、アメリカの音楽配信サイトMP3.comと提携し、両社提携の日本語サービスを開始[13]
    • 4月 - 北堀江にGIZA HILLSが完成。これまで心斎橋に拠点があった総務・A&R部門などが、制作拠点と同じく北堀江に集約化された。
    • 6月25日、グループ傘下であるB'zのマネジメント会社「ビー・ユー・エム」(代表長戸大幸、取締役松本孝弘)が東京国税局の査察を受け、B'zのコンサートに関する機材費・人件費に関して、複数のグループ会社に支払ったように偽装し、架空経費を計上。約8億4000万円の所得隠しを指摘されたことが報道された[14]。ただし、ビーインググループ内の別会社の収益として申告・納税されており、脱税の意図はなかったと判断され、刑事告発は行われなかった。ビー・ユー・エムは、国税局と見解の相違があったとして修正申告に応じた。
    • 現地法人としてアメリカにGIZA USA[15]と韓国にBeing Music Korea[16]をそれぞれ設立。
  • 2002年03月、大阪市西区北堀江hills パン工場を開店。
  • 2002年、菅崎茜三枝夕夏 IN db北原愛子が、山口裕加里大野愛果メジャーデビュー。
  • 2003年03月20日、hills パン工場にてTHURSDAY LIVEを開始。
  • 2003年、滴草由実岸本早未がメジャーデビュー。
    • 系列レコード会社B-Gram RECORDSが同ZAIN RECORDSを吸収、ZAIN RECORDSはレコード・レーベルとして存続。
  • 2004年doa高岡亜衣竹井詩織里スパークリング☆ポイントがメジャーデビュー、韓国の人気女性グループJEWELRYが日本デビュー。
  • 2005年08月04日、アメリカアップルコンピュータによる音楽配信サービスiTunes Music Storeと提携、日本版サービスの開始と同時に配信を開始[17]
  • 2005年、岩田さゆりがメジャーデビュー。
  • 2006年宇浦冴香上木彩矢がメジャーデビュー。
  • 2007年、系列レコード会社NORTHERN MUSICを東京港区に設立し、倉木麻衣滴草由実らを移籍させる。長戸大幸が代表取締役を退任した(但し、歌手の質を保ちたいことを理由にプロデューサー業は続投)。
    • グループ再編により多くの関連会社を整理。NORTHERN MUSIC、GIZA studioを除く系列のレコード会社はビーイングに吸収。新代表取締役には倉木麻衣の担当マネージャーだった升田敏則が就任した。
  • 2007年には、DAIGOがボーカルを務めるBREAKERZ小泉ニロGulliver Getがメジャーデビュー。
  • 2008年Naifu羽田裕美平田香織PINC INCがメジャーデビュー。
  • 2009年Chicago Poodleさぁさメジャーデビュー。
  • 2010年01月、新レーベルpure:infinityを設立。
    • 前年を以て台湾に設立した新光美音が清算された事に伴い、新たにポニーキャニオンの現地法人である豊華唱片(FORWARD MUSIC)と提携し、B'z/ZARD/倉木麻衣など主要歌手の作品のみを発売している。
  • 2011年Caos Caos Caosがメジャーデビュー。
  • 2012年には新レーベルD-GOを設立し、grramなついろがメジャーデビュー。また2012年12月12日にメジャーデビューが確約されている大々的なオーディション「トレジャーハント ~ビーイングオーディション2012~」を開催する[18][19]。その後、優勝した新山詩織が12月12日にアーティストデビューした。
  • 2013年07月、グループ約30社と創業者の長戸大幸が、東京大阪国税局などの税務調査で、2007年から2012年までの5年間にわたり、計約20億円の申告漏れを指摘された。ビーイング側は「見解の相違はあったが、国税当局の指摘を受け入れ、修正申告した」とコメントしている[20]
  • 2013年、新山詩織KNOCK OUT MONKEYがメジャーデビュー。
  • 2014年WAR-ED植田真梨恵がメジャーデビュー。
  • 2014年、新レーベルCRIMZONとWhite Cafeを設立。
  • 2015年、女性ダンス&ボーカルグループLa PomPon安良波明里焚吐蓮花アンティック-珈琲店-の5組がメジャーデビュー。
  • 2016年、オーディションで選ばれたNANAが参加するグループLily's Blowがメジャーデビュー。
  • 2017年Cellchromeがメジャーデビュー。他にメンバー全員が音大出身というグループNormCoreがメジャーデビュー。
  • 2018年、大阪拠点のGIZA studioからdpsがメジャーデビュー。

ビーイングの特徴編集

制作方針編集

グループ代表の長戸大幸が全面プロデュースを行っていた80年代~90年代のビーイングは、既存のアイディアを奇抜に組み替えて全く別のものを作るという意識であった。特に顕著だったのは、アマチュアバンドと契約してプロデビューさせるのではなく、オーディションで発掘したボーカリストを主体に、完全にプロデューサー主導で結成されたバンドがほとんどな点である。B'zも含めて、顔を合わせるまでお互いの素性も経歴、音楽志向も知らなかったケースもよくあった。また、ビーイングはクリエイター集団という特徴を最大限生かし、バンドやアーティスト自身の自作にはあまりこだわらずに、グループ所属の人気ミュージシャンやクリエイターの作品をほぼ独占的に採用して分業していた点にある。

現在は、一部を除きそのような傾向は薄れており、B'zがK-POPキム・ヒョンジュンに楽曲を提供したり、ビーイング所属クリエイター陣の小澤正澄(元PAMELAH)がSKE48アイシテラブル!」、後藤康二(元ZYYG)が乃木坂46ガールズルール」のシングル曲をそれぞれ作曲・編曲してオリコン週間シングルチャートで1位を記録するなど、K-POPやアイドル作品を含めて外部に幅広く作品を提供している。

タイアップ編集

レコード会社としてテレビアニメテレビドラマ作品の主題歌タイアップとして提供し、その主題歌のシングルCDの売上貢献に寄与させる戦略を得意としている。これは長期的に(最低2クールは)主題歌として流れるため、視聴者(主に若年者)層へ楽曲を浸透させることが出来、アーティストのファン層の拡大と関連商品に対する出費を惜しまないアニメファンによる購買が期待できることを狙いとしている。楽曲によってはタイアップするアニメのシナリオや世界観などを参考にしながら歌い手が作詞している。 1990年代には刑事ドラマ『代表取締役刑事』や『ララバイ刑事シリーズ』への楽曲提供、さらに『ちびまる子ちゃん(第1期)』での「おどるポンポコリン」が1990年の代表曲となる程のメガヒットを記録したのを皮切りに、1993年から放映が始まった『スラムダンク』以降のテレビ朝日19時30分及び枠以降の18時枠で番組開始から1999年の終了までOPの一部を除き一貫してビーイング系アーティストがOPとEDを担当、楽曲が作品内容にマッチしていた事もあり高い支持を得た。また、1996年~1997年に放映されていた『ドラゴンボールGT』や、1996年から放映が始まった『名探偵コナン』においてもビーイング系アーティストがほぼ独占的にOPとEDを担当してミリオンセラーが出ている。

『名探偵コナン』以降、小学館に連載される少年漫画を原作にアニメ化した作品との繋がりが強くなり、『メタルファイト ベイブレード』『格闘美神 武龍』『PROJECT ARMS』『モンキーターン』『メルヘヴン』『結界師』『ゴルゴ13』『天使な小生意気』などに放送開始時からOP・ED・劇伴楽曲を提供している(これら作品の版権管理は小学館集英社プロダクションが行っている)。これらの他にも多くのアニメ主題歌やサウンドトラックの制作を担当している。

またゲーム関連では、『テイルズ オブ シリーズ』(ロールプレイングゲーム)のテーマ曲を提供していた時期もある(現在は主にエイベックス・グループ)。

アニメ以外でもビーイング系アーティストのリリースする曲の大半はCM音楽番組バラエティ番組深夜番組NHKオリンピック歴代テーマソング[21]などとタイアップが付き、メディア出演をせずとも多くの人がテレビやラジオを通じて耳にするようになっている。テレビドラマ主題歌へのタイアップは2000年代には少なくなっている。

ラジオ局でのパワープレイ編集

1999年の倉木麻衣の「Love, Day After Tomorrow」が全国のラジオ局でパワープレイされてミリオンセールスを記録した事をきっかけに、アーティストデビュー時に全国のラジオ局と組みパワープレイを獲得してプロモーション展開を図っている。

尚、日本でいち早くヘビーローテーションを導入した大阪のFM802では、2020年時点でビーイング系アーティストの楽曲が一度も採用された事がない。[22]
FM802の姉妹局であるFM COCOLOではヘビーローテーションは設けられていないが、過去にB'zがマンスリーアーティストとして選ばれた事がある。

自社レーベルの導入編集

今でこそプロダクション系レコード会社はめずらしくなくなっているが、ビーイングでは1991年から立て続けに専用レコード会社及びレーベルを設立している。インディーズレーベルも含む。

  • B.JIN(ビージン)→ZAIN RECORDS(1991年)
  • BMG ROOMS→Rooms RECORDS→VERMILLION RECORDS(1992年)
  • B-Gram RECORDS(1993年)
  • GIZA studio(1999年)
  • TENT HOUSE(1999年)※インディーズ作品のリリース
  • ZAZZY(2005年)※インディーズ(通信販売・タワーレコード限定盤で使用)2016年今現在。
  • NORTHERN MUSIC(2007年)
  • magnifique(2008年)※インディーズ作品のリリース
  • D-GO(2012年)
  • GIZA JAZZ→O-TOWN Jazz(2012年)
  • Being(2012年)
  • CRIMZON(2014年)※インディーズ作品のリリース
  • White cafe(2015年)
  • Honey Bee Records(2016年)
  • 海峡レコード(2019年)※演歌レーベル

1995年には、流通販売も自社で行う目的でJ-DISCを設立。これにより制作から、発売・販売・宣伝全てを自前で行う仕組みが完成した。

現在、上記レコード会社および流通販売会社はGIZA studioを除きビーイングに統合され、ZAIN、B-Gram、VERMILLION、NORTHERNはレコード・レーベルの一つである。その結果、現在のレコード会社としてはBeing INC.とGIZAの2社で統一され、各レーベルが付帯されている。

運営終了レーベル編集

  • Amemura O-town Record(1997年7月1日〜1999年4月30日)※関西拠点最初のメジャーレーベル。実質的に小松未歩のプライベートレーベルとなっていた。[23]
  • Styling Records(1996年)※同レーベルよりインディーズデビューしていたYOKO Black. Stoneがメジャーデビューする際、レーベル名をそのまま継承し、運営をギザ(GIZA. Inc.)に移した。
  • DAY TRACK(2003年)※インディーズ作品のリリース
  • pure:infinity(2010年)
  • CARAMEL MONSTER RECORDS(2011年)※インディーズ作品のリリース
  • FREEDOM WEST(2011年)※インディーズ作品のリリース
  • depth(2012年)※インディーズ作品のリリース
  • Rozetta(2014年)※インディーズ作品のリリース

専門レーベルの導入編集

1990年代以降はビーイング出資によるレコード会社が次々に設立されてきたが、遡れば1980年代初頭より自社制作音源を供給する目的で大手レコード会社内に専門レーベルを設立した経緯がある。 尚、LOUDNESSBOØWY亜蘭知子秋本奈緒美浜田麻里TUBEB'zなど1980年代に発表された作品はビーイングが制作したマスターテープ(原盤)をレコード会社側が買い取った上で発売されているが、1990年代以降はビーイングが原盤権を保有しレコード会社や音楽出版社と原盤供給契約をしているものが殆どである。[24] また1980年代に発表された一部作品で、レーベルと合わせて原盤制作を示す意でビーイングのロゴマークが併記されてあるものやクレジットされてあるものがある。

タレント部門編集

  • 1980年代からグループ内にタレントマネジメントを行う子会社は存在しており、ビーイングランドにはアイドル・声優として活躍していた太田貴子ベストワンプロには山口かおりらが所属していた。またビーイング本体でも秋本奈緒美榎本三恵子らをマネジメントしていた。
  • 1988年に設立されたオフィスフットワークスには、元おニャン子クラブ五味岡たまきや1991年に他事務所から移籍してきた網浜直子飯島直子が所属。網浜と飯島はW-NAOとしてCDデビューしている。ビーイング全盛期はZARDや大黒摩季で露出を控える戦略を取っていたが、ZARD・大黒とは違い事務所移籍後の飯島は大活躍の末、モデルからタレント・女優として変身を遂げ癒し系芸能人としてブレイクを果たした。1990年代中盤まで事務所が存在していたが、代表者の引退などによる理由で事務所が解散。それにより網浜・飯島・亜蘭知子といった所属タレントはヒロ・グループ系列のヒロ・エンターテイメント(→現:ハーキュリーズ)へ移籍する事になった。[30]
  • オフィスフットワークスはジャニーズ事務所から独立したばかりの田原俊彦と業務提携しており、その経緯からコンサートツアーのバックメンバーにビーイング所属のミュージシャンが参加していた。田原もフットワークス解散後は、ヒログループへ移籍している。
  • 1990年代初頭は南野陽子の個人事務所サザンフィールドと業務提携しており、音楽制作やファンクラブ業務をビーイングが行なっていた事もあった。
  • 2000年代には「LOOP」が途中よりモデル・タレント部門を設立。モデル・タレント・俳優の育成にも力を入れ始める。
  • 2009年2月28日をもってタレント部門の閉鎖。現在はタレント部は系列のWhite Dreamが運営している。
  • BREAKERZのヴォーカルDAIGOはミュージシャン活動のマネジメントのみビーイングが行なっており、タレントとしてのマネジメントはバーニングプロダクション系列のエープラスが担当。

自社ミュージシャンの活用編集

ビーイング系アーティストの楽曲のコーラスでは、上杉昇、生沢佑一(TWINZER)、近藤房之助、坂井泉水宇徳敬子大黒摩季川島だりあ小松未歩など、ビーイング所属のアーティスト同士で互いにコーラスに参加していた。BAAD大田紳一郎(現doa)は、ZARDの曲で男声コーラスをしている。 演奏においてもDIMENSIONを中心に自社ミュージシャンを活用している。

クリエイター編集

作詞家・作曲家・アレンジャーが多数在籍している(以下、過去の在籍も含む)。(50音順) 公式サイトが開設され、Being Music Creators に記載されている。

作詞
作曲
編曲

スタジオ風景編集

1993年当時、ビーイングの拠点は六本木にあり、そのスタジオでの様子をセピア調のジャケットや歌詞カードにして、TV露出を行わないながらアーティストイメージを印象付けた。レコーディング用マイクの前、ミキサー卓での作業風景、ギターやベースの楽器を持つ、ドラムセットに座るなどの姿を採用しているケースが多かった。

外部との関わり編集

外部からクリエイターを招いて楽曲製作することもあり、松井五郎秋元康康珍化湯川れい子大津あきらジョー・リノイエ馬飼野康二などが該当する。更にGLAYTAKUROが松本孝弘のソロ作品で共同制作をしたことがあった。最近では葉山たけしが離脱後もZARDなどの楽曲を製作している。

上記とは逆に織田哲郎MAGIC相川七瀬のプロデュースをビーイング外部で手がけた事があり、更には松本孝弘が宇都宮隆MISIAKAT-TUN大島こうすけZwei後藤康二伊藤由奈の楽曲を手がけた。

楽曲の参加ではZARDが楠瀬誠志郎・織田哲郎が美久月千晴・Riding坂崎幸之助 (THE ALFEE) とのレコーディングでのコラボレートを実現した。DIMENSIONは結成以前から誰彼構わず主義であり、ジャニーズ事務所所属歌手のレコーディングに参加している。

また、以前より外部プロダクションと親交があり、KIX-S渡辺プロダクション創業者渡辺晋の長女渡辺ミキと長戸が共同でプロデュースした。 スターダストプロモーションとは坂井泉水宇徳敬子KEY WEST CLUBMANISHらを送り出し、その密接な関係から“ビーイング―スターダスト連合”なる呼称が一部で使われていた。

スペースクラフトボックスコーポレーション等と親交があり、所属アーティストのサウンドプロデュースをビーイングが手がけていた。スペースクラフトとはBon-Bon Blanco岩田さゆり宇浦冴香、ボックスとは上木彩矢高岡亜衣、過去にはFIELD OF VIEWLitz Co.などが挙げられる。しかし、現在は、それらのアーティストが全て活動休止や移籍となり、スペースクラフト、ボックスコーポレーション等との親交も薄れている。

吉本興業とも交流があり、古くは吉本新喜劇オールスターズ、2003年頃からFayrayのアルバム「白い花」と「HOURGLASS[31] のサウンドプロデュースを長戸大幸が手掛けた。

1985年に設立され、大阪府に本社、東京都に支社を置くアーティスト・モデル・タレントマネージメントプロダクション「BLUE SPLASH」や1983年に設立され、大阪府を拠点に活動しているモデル・タレントマネージメントプロダクション「スタジアムプロモーション」等と業務提携。所属アーティストのサウンドプロデュースをビーイングが手掛けている。「BLUE SPLASH」所属アーティストは、青紀ひかり、北原愛子(引退)、碧井椿(引退)、北空未羽(活動休止)、「株式会社スタジアムプロモーション」所属アーティストは、菅崎茜(活動休止)。

元々、外部に所属するもビーイング系列のレコーディングには頻繁に参加する青木智仁青山純江口信夫渡辺直樹とも親交が深い。

自社オーディション編集

下記の大型オーディション以外にも様々なオーディションを開催されている。

BADオーディション編集

BADオーディションとはBeing Artist Development Auditionこれまで稲葉浩志T-BOLAN大黒摩季柴崎浩高山征輝大田紳一郎宇津本直紀葛原豊、高森健太、HOOPなど数多くのミュージシャンを輩出している。 2011年にBADオーディション2011を開催。

SUPER STARLIGHT CONTEST編集

SUPER STARLIGHT CONTESTは、全国34局ネットの音楽情報テレビ番組「CD NEWS」(現在はMU-GEN)とGIZA studio共同協賛のビーイングオーディション。これまで多くのアーティストを輩出している。「大阪GRAND Cafe」で、半年から1年周期(春と秋)に開催されており、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞MU-GEN賞(以前はCD NEWS賞)等の部門賞がある。開催時によって違うが、グランプリ1名、準グランプリ1名、審査員特別賞1名から2名、MU-GEN賞1名から3名という結果が多い。同オーディションがきっかけでデビューしたアーティストは、愛内里菜滴草由実竹井詩織里碧井椿白石桔梗等。

Treasure Hunt 〜ビーイングオーディション2012〜編集

Treasure Hunt 〜ビーイングオーディション2012〜はビーイングが2012年初めに告知したメジャーデビューが確約された大規模オーディション。そこへ『詩織』の名前で応募してきた新山詩織が6月24日に行われた最終審査で、オリジナル曲の『だからさ』と椎名林檎の『丸ノ内サディスティック』を弾き語りで披露し、審査員の高評価を得て応募総数8000人以上の中からグランプリを受賞。メジャーデビューの権利を得て、2013年にメジャーデビューとなった。他の応募者と比較し明らかに飛びぬけた才能と歌声という評価。審査特別賞に焚吐が受賞し、2015年にメジャーデビューした。

『映画主題歌 女性シンガーオーディション ~Future Girls Audition~』編集

映画主題歌 女性シンガーオーディション ~Future Girls Audition~は2016年初めにビーイングが告知した大規模オーディション。グランプリ獲得者は2017年公開の映画「傷だらけの悪魔」主題歌でのデビューが確約されていた。応募資格として歌と容姿に自信のある中学生~21歳までの女性と限定されていた。またこのオーディションではこの映画でのデビューができるNEXTSTAR賞も同時に募集。こちらも女性限定。アーティスト部門、グランプリには菜々、審査員特別賞には荒木結衣、NEXTSTAR賞には藤咲百恵がそれぞれ受賞した。 2016年に菜々は、Liliy's Blow名義でデビュー。2017年公開の映画「傷だらけの悪魔」で藤咲がデビュー。

『平成生まれの女性ギタリストオーディション』編集

2017年公開の映画「傷だらけの悪魔」の演出プランで、急遽、女性ギタリストのキャスティングが決定した。それに伴い、先に行われた「女性シンガー主題歌オーディション」のスピンオフ・オーディションとして、平成生まれの女性ギタリストの緊急募集が決定。オーディション合格者は、映画出演とレコーディングの参加が約束された。 また、この演出には主題歌オーディションのグランプリの菜々も出演した。

『Being グローバルプロジェクト』編集

2017年開催のビーインググループの大型オーディションで、日本国内のみならず世界の舞台で活躍できる人材を発掘するのを目的に行われた。募集は性別は問わず25歳までで日本国内に限らず全世界から応募が可能となっており、合格者はビーインググループの全面的バックアップを受けデビューの準備にはいることが約束されていた。[32]

『九州Teen`sオーディション2019』編集

2019年11月4日にビーイングと福岡にある音楽スクールであるオンリードがタッグを組み九州・沖縄エリアから若い人材を発掘するために行われる10代限定のオーディションである。参加資格は九州及び沖縄に住民票があり2019年12月31日付けで10代であること。アーティスト部門とアクター部門の2つに分かれてグランプリが選ばれる。アーティスト部門でのグランプリは九州エリア限定1曲入りオリジナル音源でBeingよりCDリリースされることが確約されている。アクター部門でのグランプリは上記のグランプリアーティストのMVへの出演が確約されている。

現在の状況編集

音楽部門編集

  • かつてビーイングブームと呼ばれたように、1990年代前半は音楽業界でトップを走り続けていた。しかし90年代後半から、所属アーティストの全体的な売り上げが下降気味になり、1999年以降90年代のビーイングを支えてきた織田哲郎栗林誠一郎、大黒摩季、DEENらがビーイングから移籍や活動停止。WANDST-BOLANFIELD OF VIEWらの解散が続きブームが終焉。90年代から実質引き続き残ったのはTUBEB'zZARD、の3組となった。
  • 1995年から1997年 - 大阪心斎橋(直後に自社ビルを北堀江に購入し拠点を移動)に拠点を移し、GIZA studioがメインとなった。以前のビーイングサウンドよりR&B寄りやUKロック的な音楽を指向するようになり、他社のアーティストと明確な楽曲やアレンジ上の差異は1993年前後に比べて少なくなったが、所属アーティストのメディアコントロール手法とアニメ・ゲームタイアップで活動する手法は変わっていない。
  • 1998年から2000年 - 小松未歩のアルバムヒット、倉木麻衣の大ヒット、名探偵コナンタイアップ作品で愛内里菜がシングル『恋はスリル、ショック、サスペンス』のスマッシュヒットをとばすなど、一時期女性アーティストの柱が立っていた。
  • 2002年から2003年 - TUBE、B'z、ZARD、の3本柱に加え、倉木麻衣、愛内里菜、GARNET CROWが着実に売り上げを確保していたが、最近はCD不況やインターネットや携帯電話などで購入する音楽配信への移行の影響もあり、いずれのアーティストとも全盛期より売り上げが大幅に減下してきている。これに呼応するように2003年ZAIN RECORDSB-Gram RECORDSに吸収合併された。
  • 2004年 - GIZA studioからK-POPブームが国内で流行する直前いち早く韓国の人気女性グループJEWELRYを日本デビューさせるも日本活動は1年で終了となった。
  • 2006年から2007年 - 東京にNORTHERN MUSICを設立し、GIZA studioから倉木麻衣スパークリング☆ポイント、ZAIN RECORDSから滴草由実を移籍させて再起を図った。2007年5月にはZARDの坂井泉水が死去し、代表取締役だった長戸大幸が退任し相談役へ。従来のR&B寄りやUKロック的な音楽はもとより、ジャズボサノヴァなどにも力を入れるようになった。
  • 2008年 - 平田香織が、Perfumeのブレイクで注目を集めるようになったテクノポップを踏襲した楽曲でデビューしており、新たなジャンルを開拓し始めた。また、同年DAIGO率いるBREAKERZがデビューし、男性アーティストが少ないビーイングにおいて、TUBE、B'zに続く新たな男性バンドのファン層を取り入れた。
  • 2009年 - 大阪の音楽事業の縮小(拠点を東京に戻した為)により所属アーティストの契約解除や解散が目立った。およそ7年に渡り活動を続けてきた三枝夕夏 IN dbを筆頭に、スパークリング☆ポイント、Naifuが解散し、菅崎茜岸本早未、平田香織らが活動を休止した。レコード会社移籍して活動を続けたアーティストは上木彩矢のみ(GIZA studioからavex traxへ移籍)。
  • 2010年12月31日 - 坂井泉水逝去後のビーイングを支えた女性アーティスト3本柱[33] の一人で、第54回NHK紅白歌合戦にも出場した愛内里菜が、甲状腺の病気療養のためにアーティスト活動より引退。
  • 2011年2月10日 - 2007年に死去した坂井泉水によるソロユニットZARDがデビュー20周年を迎えた。
  • 2011年7月10日 - 北原愛子がhills パン工場でのライブを最後に芸能界引退。
  • 2012年6月 - 韓国出身の男性アイドルグループBOYFRIENDをBeingレーベルから日本デビューさせ、第27回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)を受賞した。
  • 2013年6月9日 - GARNET CROWが大阪ライブをもって解散。GIZA studioでオリコントップ10入りできるアーティストが完全消滅する。
  • 2015年1月28日 - 女性アイドル&ダンスグループLa PomPonをデビューさせる。
  • 2015年8月26日 - アンティック-珈琲店-がこれまでのインディーズ活動を終えメジャーデビュー。
  • 2016年1月6日 - 楽曲制作に関与した名古屋を拠点に活躍する男性アイドルグループBOYS AND MENの「BOYMEN NINJA」が、1月18日付オリコン週間シングルチャートで1位を獲得。翌月に発売された後藤康二作曲の「Wanna be!」も2月15日付オリコン週間シングルチャートで1位を獲得し、2作連続で首位を獲得。
  • 2016年2月10日 - 2007年に死去した坂井泉水によるソロユニットZARDがデビュー25周年を迎えた。
  • 2016年4月 - 長戸大幸を中心に製作したビーイング傘下レーベル・GIZA studioを中心による音楽集団、d-projectを始動。
  • 2016年6月20日 - 無期限の活動休止中だった大黒摩季がビーイングと再契約し活動再開。
  • 2017年6月 - 活動休止していたT-BOLANが活動を再開した。
  • 2019年4月1日 - 1999年12月31日に解散したロックバンドZYYGが活動再開が発表された。
  • 2019年9月18日、GIZA studioより女性4人組バンドSARD UNDERGROUNDがZARDトリビュートアルバムでメジャーデビュー。
  • 2019年5月1日、ビーイング初の演歌歌手新浜レオンがデビュー。
  • 2019年11月17日WANDSが19年ぶりに新ボーカリスト上原大史の加入により第5期WANDSとして活動を再開。

タレント部門編集

ビーイング関連会社「LOOP」が途中より設立したモデル・タレント部門には、2009年2月28日をもって閉鎖が発表されるまで、制コレグランプリを受賞した川原真琴や退社後にミス日本を受賞した立花未樹(現宮田麻里乃)、2005年4月から2007年3月までのおはスタおはガールキャンディミントのメンバーに選ばれ、倉木麻衣の「P.S MY SUNSHINE」のPVに出演した麻亜里等が所属していた。その後、タレント部はWhite Dreamへ移行した。現在、White Dreamに所属しているタレントは、松村龍之介小野匠宮元英光秀光(劇団プレステージ)、長尾卓也(劇団プレステージ)、村山和実深堀圭一郎(プロゴルファー)、エレーナ・アン、千疋隼、灰塚宗史等。

不動産部門編集

東京代官山町での都市開発で成功し巨額な収益を上げ、その後1998年頃よりこれまでに蓄えていた豊富な財源を利用し大阪市内(主に堀江心斎橋周辺)に多数のビルやマンション、駐車場などの不動産投資を始める。2008年に大阪大学医学部附属病院跡地に高級賃貸マンションリバーレジデンス堂島と共にオープンした堂島リバーフォーラムではデベロッパー (開発業者)から管理運営をするまでに成長している。その後も保有資産を増やし続け2019年現在までにグループが保有するビル、マンション、駐車場などの不動産は関西地区のみだけで1500を超える。2000年代中期より音楽業界ではCDの売り上げ不振が続き各レコード会社とも業績の悪化を余儀なくされている状況だが、それ以前に不動産投資に着手したビーイングはとても音楽プロダクションとは思えないほどのバイイング・パワーを誇示しており音楽事業以外での収益の獲得に成功している。不動産部門では株式会社ビープラネッツをはじめとした多数の不動産会社をグループの傘下に従えている。

系列会社編集

レコードレーベル所属アーティスト編集

Being編集

発売元:販売元:株式会社ビーイング

VERMILLION RECORDS編集

  • B'z(音楽プロデューサーは松本孝弘)

NORTHERN MUSIC編集

2011年10月よりビーイングがNORTHERN MUSICを吸収

B-Gram RECORDS編集

Being編集

Honey Bee Records編集

ZAIN RECORDS編集

BIG M.F.(洋楽専門レーベル)編集

NiM RECORDS編集

宮川愛李

GIZA studio編集

販売元:株式会社ビーイング

J-Pop編集

O-TOWN Jazz編集

D-GO編集

インディーズレーベル編集

Magnifique
UNDER:OVER
  • ORANGE POST REASON
Being
  • 高原由妃
  • 高山賢人
CRIMZON[34]
GIZA
TENT HOUSE

外部レコードレーベル編集

アリオラジャパン
ランティス
  • アツミサオリ (アニメタイアップ以外の作品はBeing系列のインディーズレーベルからリリース)
ユーキャン

White Dream所属のタレント・モデル・俳優編集

レコードレーベル旧所属アーティスト編集

主な過去の制作アーティスト編集

アーティストマネジメント編集

系列の芸能事務所でアーティストおよびタレント、モデルのマネジメントを行っている。 ただし、ビーイングが音楽制作に携わったからといって必ずしもマネジメント全般まで関与しているとは限らない。

  • VERMILLION (B'z 個人事務所)
  • GIZA ARTIST
  • シグナルドイエロー(近藤房之助 個人事務所)
  • ZAIN ARTISTS
  • ビーイング
  • SENSUI(ZARD 個人事務所)
  • Ading
  • White Dream
  • LOOP(倉木麻衣 個人事務所)
  • ホワイトミュージック - TUBEのデビューに合わせて、田辺エージェンシーの関連会社であるぐあんばーるとビーイングが共同出資の上、設立した芸能事務所。2008年までビーイングが制作した楽曲出版権については、ジーミュージックとの共同管理。

1999年4月倉木麻衣専用マネージメント会社として「LOOP」を設立。 しかし、途中より、モデルタレント部門を設立し、モデル・タレント・俳優の育成やマネージメントにも力を入れる等、音楽一筋だったこれまでのビーイングを典型的に覆し、違った一面を見せるきっかけとなった。しかし、2009年2月28日をもってタレント部門の閉鎖が発表された。その後、タレント部は、White Dreamへ移行した。過去に、所属していたモデル・タレントは、川原真琴立花未樹麻亜里。現在、White Dreamに所属しているタレントは、麻亜里本田恭子栗咲寛子中村祐美子内田衣津子松村龍之介小野匠等。

ビーイングに関連のある外部の人物編集

直接、ビーイング所属ではないが、ビーイングに所属している人物がプロデュースしたことのあるアーティスト、ビーイングの作品やライブに関わった事のある人物など。ただし、該当人物がビーイングに所属する前やビーイングから移籍・解散した後などビーイングと無関係な期間は除く。


制作媒体編集

テレビ編集

  • 現在レギュラー放送中の番組は無し

放送終了編集

  • MVNあいテレビ他) BEINGアーティストがリリースする新曲をPV映像を交えて紹介。
  • THE MOMENTチバテレ他) 主にBEINGアーティストの新曲や話題を紹介。ENTERTAINMENT NEWSの後継番組だが、MCは設けていない
  • ダンスシャッフルtvk他)
  • MU-GEN(チバテレ他)
  • 音楽ニュースHO (テレビ朝日系)
  • NO. (テレビ朝日系列 ミニ番組)
    1993年4月から1999年9月まで放送され、ビーイング系アーティストのプロモーションビデオが放映されていた。
  • CD NEWS (UHF系 ミニ番組) 出演:浜家優子(有文子)など。
    1993年4月から1999年9月まで放送され、ビーイング系アーティストのプロモーションビデオが放映されていた。
  • GIZA STATION (UHF系 ミニ番組)
  • 情報IN(テレビ東京 ミニ番組)1996年から1997年にかけて『ワールドビジネスサテライト』放送終了後に放送されていた『SUNDAY BLUES LIVE』の模様を紹介した番組。
  • いま人(日本テレビ ミニ番組) - 1996年秋スタート。
  • チェキラ! (日本テレビ ミニ番組)
    渋谷界隈のショップ・グッズ情報と絡めた番組。シングル・アルバムチャートではビーイング歌手が1位〜5位を必ず獲得し、実際のチャートとかなり乖離していた。出演:こずえ鈴
  • チェキ!チェキ! (日本テレビ ミニ番組)
    チェキラ!の後継番組。出演:榮倉奈々徳澤直子
  • J-ROCK ARTIST BEST 50 (UHF系)
    視聴者投稿でアーティストをカウントダウンする番組で、想像通りビーイング歌手が上位を独占。「今週の似ている曲」ではビーイング以外の楽曲のみを扱う。数回、番組名を変えリニューアル。
  • BEST OF J-GROOVE (UHF系)
    R&Bが流行し始めた頃、J-ROCKがタイトル変更。SINGLE・ALBUM REVIEWコーナーではビーイングしか取り上げなかった。
  • ROOTS (UHF系)
    関西ブルースムーブメント再興促進とポピュラー音楽史をシナジーさせビーイング関西活動のきっかけとした番組。
  • アメロク (UHF系)
    ナレーション:和田誠浅井博章他 /アメムラ・ロック・ストリートの略。オーバー気味なナレーションと共に毎回出演するゲストが、オススメのアーティスト紹介で必ずビーイングの歌手を推薦する番組構成。
  • SO-HOT (UHF系テレビ大阪制作)
    ナレーション:浅井博章U.K. /堀江最新情報番組と称してGIZAアーティストを紹介していた。「人気・実力・ルックスの3つを兼ね備えたブレイク必至のバンド」として、活動停止したWAG (GIZA所属)をフィーチャーしていた。
  • HIP-POP (UHF系)
    活動停止したソウル・クルセーダーズ(GIZA所属)のキング・オパールが出演。
  • ホームページ京都 (UHF系 KBS京都制作)
    京都の観光スポットを紹介する番組で、この頃倉木が立命館大学入学。前期は若者向けの京都情報を中心に紹介。スタジオ収録は大阪アメリカ村にあるグランカフェ。後期は評論家・八幡和郎を迎え一新。京都、滋賀を始め関西の情報を多岐に渡って紹介。収録は京都北山スタジオ、GIZA本社。初期のレギュラー:NewCinema蜥蜴、RAMJET PULLEY、WAG、cocott、内藤智子、キングオパール、京都の著名人。後期のレギュラー:八幡和郎、内藤智子、庭和田薫、斉田才。斉田才の音楽情報ではビーイングを中心に紹介。
  • BOOMs (UHF系)
    中高生向け音楽情報番組だがエイベックス系は取り上げなかった。
  • メッチャE! (UHF系)
    BOOMsがリニューアル。ビーイング音楽情報のほかにGARNET CROWの岡本仁志が同志社大学を再訪したり、デビュー前の三枝夕夏が出演。
  • ヒルズ音楽工場 (UHF系)
    3ヶ月で終了、この頃からビーイング制作番組が縮小していく。
  • CD News (UHF系)
    司会:斉田才、内藤智子、KAORU /MUSIC NEWSのコーナーではビーイングは発売前、非ビーイングは発売後の紹介という徹底ぶりだった。
  • The MUSIC 272 (SKY PerfecTV! 272ch)
    ビーイングが運営する上記の番組を多数有料放送していたが、2005年6月30日電波停止された。今後はPPVや動画配信に力を入れていく様子である。
  • ENTERTAINMENT NEWS (UHF系 チバテレ他)
    MCはLOOP所属タレントの石井琴里矢田達也。専用スタジオなどは一切なく、副調整室で収録されていた。
  • ARTIST REQUEST (UHF系 チバテレ他)
    2011年6月終了。
  • MUSIC FOCUS チバテレとの共同制作、全国22局ネット・Music Japan TV
    Beng GIZA VERMILLION オフィシャルポータルサイト『Musing』でのダウンロードも可能。
    2009年4月-2012年3月放送。
  • MUSIC LAUNCHER チバテレとの共同制作、全国22局ネット・Music Japan TV
    2012年4月-2016年3月放送。この番組が最後のチバテレとの共同制作番組となる。
  • 『音都』(サンテレビ) - 2019年1月9日から2019年9月25日まで放送されていた。長戸大幸がゼネラルプロデューサーとしてクレジットされているほかギザのスタッフが制作に関わっていた。

ラジオ番組編集

  • 現在レギュラー放送中の番組は無し

過去編集

雑誌・冊子編集

  • J-ROCK MAGAZINE(1994年から2000年まで発行されていた月刊誌/ジェイロックマガジン社)
  • J-groove magazine(2000年から2006年まで発行されていた月刊誌/ジェイロックマガジン社)
  • Music Freak Magazine (1994年より発行されているビーイング系歌手がメインのフリーペーパー/エムアールエム)
  • Undown(1997年から2003年まで発行されていたインディーズ系アーティストがメインのフリーペーパー/エムアールエム

その他編集

関与媒体編集

スポンサード番組編集

過去編集

ネット関連編集

CM編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 長戸大幸さん × 平澤創 [対談]”. フェイス25周年サイト. 株式会社フェイス. 2020年2月2日閲覧。
  2. ^ a b 本間純「編集部発「ここだけの話」音楽プロダクションの“武士の商法”に学ぶ」 日経不動産マーケット情報、2006年9月8日。(参照:2007年1月29日)。
  3. ^ 織田哲郎これから二十歳を迎える若者と昔二十歳だった人々へ」 TOMORROW、2006年10月5日。(参照:2007年1月29日)
  4. ^ 日刊レコード特信出版社監修「音楽業界38年の足どり【第32回】平成5年(1993年)」 日刊レコード特信出版社。(参照:2007年1月29日)
  5. ^ 大崎幹「制作者インタビュー うたばん・CDTV ゴールデンと深夜の住み分けをどう考えるか」 TBS、1997年。(参照:2007年1月29日)
  6. ^ 「レコード大賞 復権へ再改革」『朝日新聞』1993年12月18日付東京夕刊、14頁。
  7. ^ 日経ネット関西版編集部「音楽制作のビーイング、大阪で不動産投資拡大__文化ホールや高級マンション、安定収入狙う」『日経ネット関西版』、2006年9月28日。(2007年4月16日現在リンク先消滅 [1]ウェブ魚拓による記録 [2]
  8. ^ 高崎晃自伝 雷神Rising(2015年 リットー・ミュージック)69p
  9. ^ 株式会社ビープラネッツ「企業概要」『株式会社ビープラネッツ』、2007年。
  10. ^ ビーイングが制作する番組やT-BOLAN「愛のために 愛の中で」やZARD・倉木麻衣などのPVの撮影場所でも使用された。1995年から1997年12月までは毎週日曜日にSUNDAY BLUES LIVEが催されており、近藤房之助AKASHI MASAO GROUPなどが出演。2016年5月に閉店。またグランカフェは升田敏則が代表を務める九十九ラーメンの大阪地区のフランチャイジーであったが、頓挫している。
  11. ^ Spoonfulは、当初、ZAIN RECORDSのサブレーベルであったが、独立レーベルとしてAmemura O-town Recordが設立され、そのサブレーベルとなった。
  12. ^ 「その後レーベルの名前をAmemura O-town Recordに改め、翌98年GIZAが誕生しました。設立当初はインディーズ・レーベルでしたが、99年にメジャーになってからは、長戸プロデューサーの下、倉木麻衣さん、愛内里菜さん、GARNET CROW三枝夕夏 IN dbを始め、数多くのアーティストがデビューして、音楽シーンを賑わせてきました。」(寺尾広「Being Works 第10回 New Cinema蜥蜴」『music freak Es Vol.26 (2012年2月号)』、エムアールエム。)
  13. ^ okiyama「米MP3.com、ビーイングと提携し日本語版サービス開始」『Impress Watch』、2001年4月10日。(参照:2007年5月1日)
  14. ^ ZAKZAK編集部「B'zプロダクション、悪質所得隠し発覚」『ZAKZAK』、2001年6月25日。(2007年4月16日現在リンク先消滅 [3]インターネットアーカイブによる記録 [4]
  15. ^ 倉木麻衣と大野愛果のアルバムを全米で発売した以外は、B'zの海外A&R業務を行なっていた。
  16. ^ 2002年にB'zと倉木麻衣の韓国限定アルバムを発売後は、2004年に日本語解禁に伴い韓国国内での発売・プロモーション業務を行なっていた。現在は清算されている。
  17. ^ 津田大介ついに日本の音楽業界に風穴を開けてくれたアップル」『CNET』、2005年8月8日。(参照:2007年5月1日)
  18. ^ 12月12日にデビュー決定、あなたにもチャンスがあるビーイングオーディション BARKS
  19. ^ 【ビーイング】「トレジャーハント “ビーイングオーディション2012”」開催 ネットベンチャーニュース
  20. ^ B'zら音楽事務所20億円の申告漏れ…10億円は所得隠しか? デイリースポーツ 2013年7月10日
  21. ^ 1988年のソウルオリンピックのテーマソングだった浜田麻里の「Heart and soul」は制作には関与していないものの、音楽出版権はNHK出版と共同でビー企画室が保有している。
  22. ^ FM802は小室ファミリージャニーズ系はオンエアされていないが、ビーイング系楽曲はオンエア制限の対象にはなっていない。またB'zや大黒摩季などの関西地区でのコンサートの(名義)主催や音楽イベント「音都」の後援はFM802である。
  23. ^ Amemura O-town Recordは、小松未歩が同じビーインググループ、しかも、同じビルの別の階にあるGIZA studioへ移籍したことでアーチスト不在となり消滅した経緯より、別会社ではあるが運営的にはGIZA studioとAmemura O-town Recordは一体であったと見做されることが多い。GIZA studio自体がAmemura O-town Recordと一体であったと見做している例として、コンピレーション・アルバム『GIZA studio presents -Girls-』にて、小松未歩のAmemura O-town Record時代の作品が、3曲も選曲されている。
  24. ^ BOØWYがビーイング在籍時代に発表した楽曲の原盤権はレコード会社にあるが、未発表曲だった「たった一度のLOVESONG」のみビーイングが保有している。また原盤供給契約が満了した織田哲郎のプラッツ在籍時の作品や、日本コロムビアの"Beat reC"やテイチクの"Bi-Ta-ming"から発売した作品は現在ビーイングが原盤権を有している。
  25. ^ メルダックより発表した松本孝弘の作品の原盤権は、現在ビーイングが保有。TUNE'Sの原盤権は徳間ジャパンが保有している。
  26. ^ 近藤房之助坪倉唯子栗林誠一郎などの一部作品はBMGルームス移管後も再発売や音楽配信がされていないものがあるが、代表原盤権がアリオラジャパンにある為である。
  27. ^ 本レーベル作品の原盤権は全てビーイングが保有しているため、B'zが2000年に発表した『B'z The Mixture』が"BEING GIZA STUDIO"で配信されている以外は音楽配信はされていない。
  28. ^ レーベル終了は1994年。本レーベル作品の原盤権は、ビーイングが保有。
  29. ^ 原盤権が事務所側(関連会社の渡辺音楽出版が保有)にある事を示すために、KIX-Sがレコード会社移籍後のAriola/BMGジャパンから発売された作品と1998年-1999年にかけてBAIDIS/テイチクエンタテインメントより発売したベストアルバム2作にはレーベルロゴと併せて事務所ロゴが付与されてある。事務所はKIX-S活動休止後に、関連会社のマニアマニアに吸収されている。
  30. ^ ヒロ・グループは2004年にビクターエンタテインメント系列の関連会社4社と事業統合した上で、JVCエンタテインメント・ネットワークス株式会社になる。ビクターが資本を引き上げた事により2011年にタレントマネジメント部門は新設のハーキュリーズと音楽マネジメント部門はフォーミュラエンタテインメントにそれぞれ業務が引き継がれる事になる。網浜と飯島はハーキュリーズへ、亜蘭知子と田原俊彦はフォーミュラへそれぞれ移籍。2016年フォーミュラが行なっていたマネジメントは明石昌夫が所属しているジェイロックに移管される事になり、J-BRAVEが設立、現在に至る。尚、織田哲郎相川七瀬はフォーミュラ時代から業務提携している。
  31. ^ シングルでは「touch me, kiss me」から「口づけ」まで
  32. ^ https://www.barks.jp/news/?id=1000140190
  33. ^ 愛内里菜、倉木麻衣、GARNET CROWの3組
  34. ^ 関西に新V系レーベル『Rozetta』『CRIMZON』が発足――新たなブーム起こせるか
  35. ^ 同社の設立に関与したかつてのスタッフだった一人。退社後は上記のパブリック・イメージを設立し、同社所属歌手のサポートとして活動していた横関敦神長弘一須貝幸生を所属させた。
  36. ^ 1990年代に関係が深く、1992~93年ごろのテレ朝系番組の主題歌およびテーマ曲に使っていた。特に、BAAD秋吉契里はテレビ朝日系主題歌の常連であった。
  37. ^ かつてBeingが販売しているCD・DVDの製造を行っていた企業。小学館から販売受託されている名探偵コナンDVD・Blu-ray Discを除く。2015年9月撤退
  38. ^ Beingが販売しているCD・DVD・Blu-ray Discならびに小学館から販売受託されている名探偵コナン関連DVD・Blu-ray Discを製造している企業
  39. ^ 1990年代中盤、B-Gram RECORDSがCDのプレスを委託していた企業。DVDソフトに参入し始めた2000年から2004年までのDVDの製造を委託。
  40. ^ 2004年から2007年までのDVDソフトの製造元。また2007年度に関しては、CDプレスも委託。
  41. ^ Beingが販売しているソフトの物流ならびに商品管理を行っている。JVCケンウッドの元関連会社。