真夜中のハーリー&レイス

日本のラジオ番組

真夜中のハーリー&レイス(まよなかのハーリーアンドレイス)は、2010年4月6日からアール・エフ・ラジオ日本でラジオ日本で放送されているプロレストーク番組である。

真夜中のハーリー&レイス
愛称 ハーリー&レイス
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送(録音の場合もあり)
放送期間 2010年4月6日 -
放送時間 日曜 21:30 - 22:00
放送回数 511回
放送局 アール・エフ・ラジオ日本
パーソナリティ 清野茂樹
テーマ曲 「ギャラクシー・エキスプレス」国吉良一
「カクトウギのテーマ」Ryuichi Sakamoto
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

毎週日曜夜、ラジオ日本麻布台スタジオに様々なジャンルのゲストを招いて、マット界の最高権威であるNWAのベルトを掛けてお喋りのタイトルマッチを繰り広げるトーク番組。

タイトルの「ハーリー&レイス」はかつての名レスラー・“美獣”ハーリー・レイスから採られ、ウェブサイトなどでもレイスの顔写真が使用されており、レイス本人は2014年1月7日放送分に出演している。推奨ハッシュタグもこれに伴い番組名等ではなく「#美獣」となっている。

日本テレビ傘下でありながら、格闘技ブームの頃でも中継権を持っていた全日本プロレス関連番組はラジオ日本にはなく、同局でのプロレス関連番組はこれが初めてと思われる[注釈 1]。なお、2012年4月から2013年3月までラジオ日本では清野茂樹と赤井沙希をパーソナリティに『ラジオ新日本プロレス』を放送しており、プロレス・格闘技番組が2番組放送されていた。

2016年より放送時間が1時間繰り上がり、午前2時からの放送となるが、同年10月より30分枠に短縮された。2017年4月から毎週日曜夜11時から11時30分までの放送に移動した。放送時間は短縮されたが、延長戦と称してゲストトークの続きをポッドキャスト限定で配信している。ポッドキャスト配信では番組テーマ曲「ギャラクシーエクスプレス」が権利関係上使用できないため、前野健太作曲歌唱のオリジナル曲「生が伝わる真夜中のハーリーレイス」を流している。

2020年10月より毎週日曜夜9時30分から10時までの放送に再度移動した。

番組構成編集

番組が開始されると格闘技ニュースが3本流れ(最近はMCのフリートークやメール紹介が多い)、清野茂樹がコメントした後にタイトルコール。ゲストは毎回、放送スタジオの隣のドレッシングルームで待機、そこでゲストの本番前のウォーミングアップする様子を、迎え撃つ清野が実況する。その後、ゲストは自身で選曲した入場曲をバックにスタジオに登場し清野とトークを繰り広げる。終了時刻間際になると、唐突にゴングを打ち鳴らすSEが入り「時間切れドロー」と言う形で番組側のタイトル防衛となり、坂本龍一の「カクトウギのテーマ」(全日本プロレス中継次回予告、後に引き分け時に流れるテーマ)が流れ、ゲストからの告知と次回ゲストの紹介、エンディングと進行する。
プロレスラー当事者がゲストであることは比較的少なく、関係者やプロレスファンの著名人、プロレス的な事象に関わる人物、はたまたプロレスに関わっていないものの清野が見立てた音楽関係者や文化人などあらゆるジャンルの多士済々な面々が出演。この方針について清野は「プロレスの番組といってプロレスラーを呼ぶのは容易なんです。他ジャンルの人を呼ぶのはプロレス関係の人だけ呼ぶとプロレスファンの人しか聞かなくなるから。見方を変えれば番組に来る人はみんなプロレスラー。リングに上がってる時点でみんなプロレスラーなんです」。「(基本的に編集をしない撮って出しスタイルなのは)それもプロレスの試合と一緒。こういうのがプロレスなんだよ、というぼくなりの提示なんです」と述べている[1]。なお、出演交渉は清野自ら行っている[2]
防衛戦とは別に、『M.S.Gシリーズ』(M.S.Gはマジソンスクエアガーデンの略ではなくモノマネ・ソックリ・グランプリ)という素人によるプロレスラー・モノマネ大会が開催。毎年G1 CLIMAX開催が近づくと、G1特集(優勝予想会)などの企画も行われる。

出演者編集

放送時間編集

  • 毎週日曜 午後9:30 - 10:00(2020年10月~)
  • 毎週日曜 午後11:00 - 11:30(2017年4月~2020年9月)
  • 毎週火曜(水曜未明)午前2:00 - 2:30(2016年10月~2017年3月)
  • 毎週火曜(水曜未明)午前2:00 - 3:00(2016年1月~9月)
  • 毎週火曜(水曜未明)午前3:00 - 4:00(~2015年12月)

挑戦者(ゲスト)編集

肩書は出演当時。また番組独自の呼称のされ方もある[注釈 2]

ネット局編集

2020年10月現在

放送対象地域 放送局 放送時間 放送期間 ネット状況 備考
神奈川県 アール・エフ・ラジオ日本 日曜 21:30 - 22:00 2010年4月16日 - 製作局
山梨県 山梨放送 木曜 21:00 - 21:30 2020年10月8日- 遅れネット

関連書籍編集

  • 『真夜中のハーリー&レイス (大人のプロレス入門)』河出書房新社、2012年12月15日。ISBN 9784309909721
  • 『1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館』立東舎、2017年3月24日。ISBN 9784845630226
  • 『コブラツイストに愛をこめて 実況アナが見たプロレスの不思議な世界』立東舎、2018年8月24日。ISBN 9784845632787

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ラジオ関東時代に、ボクシング中継番組は存在した。
  2. ^ 以下のテンプレートでは現役、元に関わらずプロレスラー、出演時点でのプロレススタッフ(マスコミは除く)はbackgroundの色を変える。
  3. ^ 番組での紹介は「本田ブラザーズ」。
  4. ^ ガオはそれぞれ新日本プロレス社員
  5. ^ 渡辺、神谷はFEGスタッフ、武田は新日本プロレススタッフ
  6. ^ オープニングコールに「大人気!」と一言加えるアドバイスし、以降採用されている。

出典編集

  1. ^ 2020年3月16日付け「日刊スポーツ」首都圏6版17面
  2. ^ 出演ゲスト500人以上! ラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』10周年記念、清野茂樹アナインタビュー「あのレジェンドを電流爆破に引きずりこむまで辞められない」 - エンタメ - ニュース” (日本語). 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] (2020年4月4日). 2020年4月12日閲覧。
  3. ^ 番組HPより
  4. ^ 番組ブログより
  5. ^ 大物Xはサイモン・ケリーだった!? 真夜中のミツオ&モモタ 多重ロマンチック 2010年08月25日
  6. ^ Inc, Natasha. “清野茂樹「ハーリー&レイス」4周年興行に高田漣、田口華” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ 山口敏太郎のブログ 妖怪王
  8. ^ 大武道!HP
  9. ^ アナザーストーリーズ 運命の分岐点 「タイガーマスク伝説~覆面に秘めた葛藤~」 2016年10月05日放送
  10. ^ Inc, Natasha. “小池美由、ラジオ「真夜中のハーリー&レイス」で清野茂樹とプロレストーク” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月6日閲覧。
  11. ^ 日本レスリング協会 選手&大会データベース
  12. ^ この回よりしばらくゲストはコロナウイルス感染拡大対策のためテレワーク出演。防衛戦カウントが止まる。
  13. ^ 【史上3度目の清野対決!!】NWA総会は471回目の防衛戦としてアイドルグループ「BEYOOOOONDS」の清野桃々姫(15)を挑戦者に指名した。グループは昨年、日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞、今年はNWA王座を狙って最年少メンバーを送り込む。試合は8月30日(日)23時に放送される。(番記者)#美獣” (日本語). 真夜中のハーリー&レイス@HandsomeRace (2020年8月28日). 2020年8月29日閲覧。
  14. ^ 9/6 vs 山下メロ(平成レトロ研究家)”. 真夜中のハーリー&レイス|AM1422kHzラジオ日本 (2020年9月 7日). 2020年9月8日閲覧。

参考文献編集

番組ホームページより ラジオ日本 真夜中のハーリー&レイス

外部リンク編集