メインメニューを開く

キングコングのあるコトないコト

キングコングのあるコトないコト』は、2009年10月27日から2014年3月28日まで、メ〜テレで放送されていた深夜バラエティ番組。放送時間は2013年4月5日より毎週金曜0:20 - 0:50(木曜深夜、JST) 。2013年3月26日までは火曜未明(月曜深夜)の同時刻での放送だった[1]

キングコングのあるコトないコト
ジャンル バラエティ番組
演出 太田雅人(メ〜テレ、プロデューサー兼務)
出演者 キングコング
西野亮廣梶原雄太
オープニング マイケル・ジャクソン
Black or White
エンディング #使用曲を参照
プロデューサー 太田雅人(メ〜テレ、総合演出兼務)、辻村たろう(NET WEB)、嘉沼慶子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作 メ〜テレ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
キングコングのあるコトないコト
火曜未明(月曜深夜、番組開始 - 第173回)
放送期間 2009年10月27日 - 2013年3月26日
放送時間 火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜)
放送分 30分
回数 173
金曜未明(木曜深夜、第174回 - 第219回)
放送期間 2013年4月5日 - 2014年3月28日
放送時間 金曜 0:20 - 0:50(木曜深夜)
放送分 30分
回数 46

特記事項:
放送時間と回数は制作局のものとする。
テンプレートを表示

概要編集

各回のテーマについてのうんちくや噂などをゲストと共にトークを交えながら出しあい、それらの真偽の検証を同時進行でプロのリサーチャーが行う。リサーチしている模様がトークの間に挟んで映されている。番組終盤に検証結果を発表し(番組では「答え合わせ」と呼ぶ)、最後に「今日のホームラン」と題して『プロ野球ニュース』の「今日のホームラン」の音楽に乗せ、“あるコト”に認定されたトークを振り返る。

全国放送版編集

2012年5月13日14:00 - 15:25(「サンデープレゼント」枠)に『韓国のあるコトないコト〜最新クチコミ10連発!現地でウラドリツアー〜』と題し、テレビ朝日系列全国24局ネットで放送された。なお、広島ホームテレビでは広島東洋カープ中日ドラゴンズ戦を中継放送するため、16:00からの2時間遅れの時差ネットとなった。

出演はキングコングの2人のほか、出川哲朗榊原郁恵小原正子クワバタオハラ)・原幹恵

出演者編集

  • MC - キングコング西野亮廣梶原雄太
  • ウラドリガール
  • 板書ガール
  • 「ウラドリガール」は番組開始当初「マンスリーリーダー」と呼称されていた。なお出演は基本的に各回1名のみで、出演順も決まっていない。
  • 「ウラドリガール」は全員“リサ”という名前なので、4号のLisa S.は初登場時に、梶原の「リサというなまえじゃないとあかんの?」という疑問から「なんて声からけられたんですか?」と西野に問われ、「リサを探してる…」と答えていた。
  • 第48回「生であるコトないコト 祝1周年&DVD本日発売SP」では、3号を除くウラドリガール3名が、ナレーションの井上裕衣アナ、板書ガールの松村奈津希と共にスタジオに登場した。
  • 第61回ではテーマがTVドラマ『相棒』だったことから、『相棒』のレギュラー出演者である六角精児が答え合わせのあるコトリサーチャーとして出演した。

放送リスト編集

  • 第10回は60分。
  • 第16回のテーマ「冬季オリンピック」が、番組公式サイトでは「冬のスポーツイベント」となっている。
  • 第48回は「生であるコトないコト 祝1周年&DVD本日発売SP」として60分の生放送。レギュラー放送の第47回と同一週の水曜深夜に放送され、放送中に視聴者からeメールで情報を募り、深夜にもかかわらず直接本人に電話しウラドリするスタイルで行われた。
  • 第53回は45分で、「メ〜テレ秋まつり」で行われた「ウラドリガール5号公開オーディション」が放送され、その後「名古屋のあるコトないコト」答え合わせロケが放送された。
  • 第61回は映画『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』の公開に合わせて、一部の系列局では未放送の回を飛ばし前倒しで放送されたまた第120回でも映画「ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜」の公開に合わせて、一部の系列局で未放送の回を飛ばし前倒しで放送された。
  • 第62回は60分、また第63回は第62回の続きが放送された(第63回の放送時間は30分)。なお2011年2月13日には東北地方で唯一同番組を放送していなかった岩手朝日テレビ(IAT)でも第62・63回の「レジェンド芸人SP」を同日14:30 - 15:30に単発で放送した。また同局では同番組を夏休み期間中など不定期でスペシャル版のみ単発放送していたが、2011年4月の番組改編でレギュラー放送に昇格した。
  • 第72回は、当初は3月15日に放送予定だったが、東日本大震災による報道特別番組に差し替えられたため、3月22日に延期となった。
  • 第99回は55分で、日曜夕方に放送された。
  • 第103回は45分で、通常放送に加え、「メ〜テレ秋まつり」で行われた「ある味ない味せんべい」の人気投票の模様が放送された。
  • 第107回、第108回は有名スポーツ選手に関する名古屋のスポットを巡ってロケを行い検証した。

スタッフ編集

  • ナレーション : 神田朱未(2012年4月 -)
  • 構成 : 堀田延、大船知充、山口トンボ
  • SW : 小菅由晶
  • CAM : 袖垣竜也
  • VE : 柴田康司
  • AUD : 大路雅也
  • 照明 : 藤井隆司
  • VTR : 三本菅彰
  • 美術プロデューサー : 橋本昌和
  • デザイン : 坪田幸之
  • 美術進行 : 今井隆之
  • 大道具操作 : 浅見大
  • 操作 : 佐藤貴志(以前は、大道具操作)
  • アクリル装飾 : 石橋誉礼
  • スタイリスト : 大口アキラ
  • メイク : 根本真奈美
  • 編集 : 名雪健太郎
  • MA : 高野博臣
  • 音効 : 幾代学
  • CG : 馬場由希子
  • 技術協力 : Trash麻布プラザ浜町スタジオSPOTアーチェリープロヤマモリ(以前は、美術協力)、BEEPS
  • 美術協力 : フジアールチトセアート
  • リサーチ : 野村直子、林裕一(ビスポ
  • 編成 : 多湖慎一(メ〜テレ)
  • 宣伝 : 高田秦宏(メ〜テレ)
  • HP : 中村緑子
  • AD : 杉浦佐和子、仲田和史、高橋璃子
  • AP : 島田真理子(メ〜テレ)、木下麗、竹村祐美
  • ディレクター : 安田和朗(メ〜テレ、以前は、AD)、渡辺恭三、坂本篤、徳永勝也、峰尾圭一、笹村啓太
  • チーフディレクター : 藤代賢二、木村亮(木村→以前は、ディレクター)
  • プロデューサー: 辻村たろう(NET WEB)、嘉沼慶子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 総合演出・プロデューサー : 太田雅人(メ〜テレ、以前は、総合演出のみ)
  • 制作協力 : 吉本興業、NET WEB
  • 制作著作 : メ〜テレ

過去のスタッフ編集

  • ナレーション : 井上裕衣(メ〜テレアナウンサー)
  • SW : 前田昌彦
  • CAM : 川崎圭一郎
  • AUD : 山崎勝彦
  • 美術プロデューサー : 内藤佳奈子
  • 技術協力 : IMAGICA
  • 編成 : 浅野宏明(メ〜テレ)、野崎久也(メ〜テレ)
  • 宣伝 : 平松陽介(メ〜テレ)
  • デスク : 富里美雪、織内孝子
  • WEB : 鶴野邦彦
  • AP : 山口ななえ
  • ディレクター : 田中勝 小俣裕美
  • プロデューサー : 恒川潤(メ〜テレ)
  • チーフプロデューサー : 福嶋更一郎(メ〜テレ)
  • ゼネラルプロデューサー : 新村裕(メ〜テレ)

使用曲編集

タイトル
エンディング
J-POP等の新曲をミュージックビデオとともに2週間〜1か月単位で使用。第1回のエンディングは大石昌良「幻想アンダーグラウンド」。
今日のホームラン

ネット局・放送時間編集

ネット局は放送開始時は4局のみだったが、2010年1月にABCテレビでも放送を開始。以降もネット局を増やしていき、同7月からはキー局のテレビ朝日でも放送開始された。

放送対象地域 放送局 系列 放送時期 放送時間
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
制作局
テレビ朝日系列 2009年10月27日 - 2014年3月28日 金曜 0:20 - 0:50(木曜深夜)[3]
石川県 北陸朝日放送(HAB) 2009年11月3日 - 2014年6月7日 土曜 1:40 - 2:10(金曜深夜)
新潟県 新潟テレビ21(UX) 2009年11月9日 - 2014年4月9日 水曜 0:20 - 0:50(火曜深夜)
宮城県 東日本放送(KHB) 2009年11月10日 - 2014年4月25日 金曜 1:26 - 1:56(木曜深夜)
山口県 山口朝日放送(yab) 2010年1月7日 - 2014年8月4日 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)
福岡県 九州朝日放送(KBC)[4] 2010年1月7日 - 2014年4月10日 木曜 2:15 - 2:45(水曜深夜)[5]
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 2010年1月15日 - 2014年4月29日 火曜 1:50 - 2:20(月曜深夜)
近畿広域圏 朝日放送(ABC) 2010年1月18日 - 2015年2月9日 月曜 2:28 - 3:03(日曜深夜)[6]
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 2010年4月1日 - 2012年4月29日 木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜)
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 2010年4月7日 - 2014年6月4日 水曜 0:15 - 0:45(火曜深夜)
山形県 山形テレビ(YTS) 2010年4月5日 - 2014年7月28日 月曜 0:55 - 1:25(日曜深夜)
福島県 福島放送(KFB) 2010年4月8日 - 2014年5月16日 火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜)
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 2010年4月10日 - 2015年9月3日 木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜)[7]
大分県 大分朝日放送(OAB) 2010年1月5日 - 2014年3月29日 水曜 1:20 - 1:50(火曜深夜)[8]
北海道 北海道テレビ(HTB) 2010年7月3日 - 2014年7月23日 火曜 1:20 - 1:50(月曜深夜)[9]
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 2011年4月6日 - 2015年3月25日 水曜 1:20 - 1:50(火曜深夜)
青森県 青森朝日放送(ABA) 2010年8月12日 - 2013年3月28日[10] 木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜)
関東広域圏 テレビ朝日(EX) 2010年7月4日 - 9月26日 日曜 2:55 - 3:25(土曜深夜)[11]
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 2010年7月25日 - 2014年5月9日 金曜 2:15 - 2:45(木曜深夜)[12]
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 2010年10月2日 - 2013年7月14日[13] 日曜 0:45 - 1:15(土曜深夜)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 開始時期不明 - 2015年5月14日 水曜 1:15 - 1:45(火曜深夜)[14]

映像ソフト化編集

番組初期の放送数回分と特典映像を収録したDVDが、『「キングコングのあるコトないコトDVD」〜芸人オールスター戦・1回表〜』のタイトルで2010年9月22日によしもとアール・アンド・シーより発売された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公式ページ、バックナンバー。 「毎週月曜」の「月」に×と表示され「木」に修正されたデザインでの告知がされている。
  2. ^ 第10回は、レギュラー放送のネット局だけでなく、北海道テレビ福島放送テレビ朝日静岡朝日テレビ瀬戸内海放送広島ホームテレビ九州朝日放送でも放送。
  3. ^ 以前は火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜)に放送された。
  4. ^ KBCでは、レギュラー放送開始前に第1回を2009年11月22日に単発放送したため、第2回からの放送。また、第10回もレギュラー放送開始前日(2010年1月6日)に放送したため、第9回の次週には第11回を放送した。
  5. ^ 2010年9月までは木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜)の放送だったが、『お願い!ランキング』の放送再開に伴い2010年10月より火曜 1:20 - 1:50(月曜深夜)に移動。その後、最終的な時間に再移動。
  6. ^ 2010年4月から5月2日まで0:55 - 1:30に放送され、6月から再びその時間となった。放送開始から2010年3月までは月曜 1:40 - 2:10(日曜深夜)、5月9日から5月30日まではドラマ『風に向って走れ!芸大女子駅伝部』の放送のため1:50 - 2:25もしくは1:55 - 2:30に繰り下げて放送。2011年9月12日放送分をもって、『ニチバラ!』(ABCテレビで放映されている日曜深夜バラエティ枠)で第2部で放送してきた『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』が終了、同下半期を待たずして枠改編の必要性があったことから第2部に枠移動(繰り下げ)。第1部には吉本興業の制作協力により制作された自社制作の関西ローカル番組『わっしょい!5up』が放送開始されたが、わずか2週で『ニチバラ!』分離・独立することおよびテレビ朝日の改編により、2011年10月からは、開始・終了が少し繰り上がった。同月3日は1:25 - 2:00の放送で、同月9日から2012年4月9日までは1:28 - 2:03、2012年4月16日(予定変更で休止のため厳密には23日)より月曜 1:53 - 2:28(日曜深夜)となった。2012年10月2日から2013年5月7日までは火曜 2:13 - 2:43(月曜深夜、2012年10月1日・2日は2日連続して放送)、2014年3月までは火曜2:43 - 3:13(4月15日までは2:44 - 3:14)。2014年4月28日からこの時間帯(再び『ニチバラ!』枠)で放送。第1回 - 第3回までは通常通り放送されたが、第3回の翌週には第5回が放送され、以後はバラバラの放送順で放送が続いた。
  7. ^ 開始当初の土曜17:00 - 17:30、木曜 1:15 - 1:45(水曜深夜)を経て2014年4月3日よりこの時間。
  8. ^ 2014年3月29日は土曜14:25 - 15:00に放送。
  9. ^ ABCテレビ制作の『ビーバップ!ハイヒール』のネットを打ち切って放送を開始した。2011年10月4日に放送時間変更。2011年10月1日までは土曜0:15 - 0:45(金曜深夜)に放送。
  10. ^ 2010年4月9日から7月2日まで不定期放送。
  11. ^ レギュラー放送に先駆け、2010年4月25日の0:30 - 1:25に『ドスペ2』枠にて第10回が単発放送された。レギュラー放送開始後は、第12回→第18回→第17回→第23回と順不同で放送されていたが、2010年8月8日以降は第36回から順に第42回まで放送された。その後、2011年1月9日の2:25 - 2:55に第61回「相棒編」、2012年3月4日の3:40 - 4:10に第120回「ドラえもん編」が単発放送された。
  12. ^ 以前は日曜1:30 - 2:55(土曜深夜)。
  13. ^ 放送開始前の同時間に2週間連続で放送されたが、EPG上は、この日の放送に「新」のマークが付いたため事実上の放送開始日となる。2012年9月29日までは土曜 10:55 - 11:25、2013年3月23日までは土曜 10:30 - 11:00に放送された。
  14. ^ 以前は金曜 10:50 - 11:20に放送された。

外部リンク編集

メ〜テレ 火曜0:20 - 0:50(月曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
美しき青木・ド・ナウ
※0:15 - 0:45
テレビ朝日制作、同時ネット
天気予報
※0:45 - 0:50
【5分繰り下げて継続】
キングコングのあるコトないコト
メ〜テレ 金曜0:20 - 0:50(木曜深夜)枠
ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
キングコングのあるコトないコト
坂上忍の成長マン!!
※テレビ朝日制作