メインメニューを開く

バイキング』(英称:High Noon TV Viking!)は、フジテレビ系列2014年平成26年)4月1日から毎週平日月曜日から金曜日)の11時55分から生放送されている情報トークバラエティ番組である。番組終了時刻は何度か変更となっている。 2018年(平成30年)6月11日から7月13日までは13時50分まで放送を拡大していた。

生ホンネトークバラエティ
バイキング
High Noon TV Viking!
ジャンル 帯番組 / トークバラエティ番組
演出 出口敬生(総合演出、フジテレビ)
出演者 坂上忍
榎並大二郎フジテレビアナウンサー
各曜日レギュラー陣を参照
ナレーター 小坂由里子[注 1]
オープニング #テーマソング
プロデューサー 島本亮(制作統括、フジテレビ)
坪井貴史CP、フジテレビ)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1期
放送期間 2014年4月1日 - 2015年3月27日
放送時間 - 金曜日 11:55 - 13:00
放送分 65分
回数 254
第2期
放送期間 2015年3月30日 - 2016年4月1日
放送時間 月 - 金曜日 11:55 - 12:55
放送分 60分
回数 全256
第3期
放送期間 2016年4月4日 - 2018年6月8日、2018年7月16日 -
放送時間 月 - 金曜日 11:55 - 13:45
放送分 110分
回数 通算1000
第3期(5分拡大時)
放送期間 2018年6月11日 - 7月13日
放送時間 月 - 金曜日 11:55 - 13:50
放送分 115分
バイキング・ゴールデン! 坂上忍と怒れるニュースな芸能人〜あの事件の真相ぶっちゃけSP〜
放送期間 2016年12月28日
放送時間 水曜日 21:00 - 23:43
放送分 163分
バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!〜あの騒動の真相&裏側 初告白SP〜
放送期間 2017年12月29日
放送時間 金曜日 18:00 - 22:52
放送分 292分
バイキング・ザ・ゴールデン 〜河野景子が独占初告白!2018年ニュースの主役に直撃SP〜
放送期間 2018年12月28日
放送時間 金曜日 18:00 - 21:55
放送分 235分

特記事項:
・2016年1月4日・4月1日は拡大放送を行った(後述)。
・放送回数は2018年3月5日現在。

目次

概要編集

31年半にわたって平日昼の時間帯にスタジオアルタ新宿)から生放送されていた『森田一義アワー 笑っていいとも!』(以下、いいとも!)の後継番組であるが、当番組はフジテレビ本社お台場)6階[1]・V7スタジオ[2][3]からの生放送となった。

クロスネット局テレビ宮崎(従来通り12:00飛び乗り)を除いて[注 2]11:55開始となったが、フジテレビ平日正午の番組がフライングスタートになるのは開局以来初の試みである。

『笑っていいとも!』の後継番組という位置付けで、ジャンルとしてはバラエティ番組である[4][5]が、生ホンネトークバラエティになってからはワイドショーとして扱われることもある[6][7]

沿革編集

2014年編集

『笑っていいとも!』の終了は2013年10月22日、同番組内で発表されていた[8]。フジテレビの亀山千広社長は、バラエティのスタッフ諸君が手を挙げてきた熱意に打たれて、(新番組も)バラエティ[9]をと決断したという[10]

2014年2月14日に新番組のMC陣が明らかとなった[11]。3月20日には記者会見で番組ロゴと共に正式タイトル[12]を『バイキング』と明かして[13][注 3](「笑いと情報をとりホーダイ!」との趣旨[15][16])、全曜日のレギュラーも発表した[注 4]。当時MC陣が紺色の紋付袴姿坂本龍馬風にキメた「お昼維新、始めるぜよ。」というポスターも作られた[18][19]

半径500mの日常をエンターテインメントにする、タメになって面白いことを発信する[11]“ちょっとエッジの効いた生活情報バラエティ番組”として、4月1日(火)にスタート[20][21][22][23]。各曜日別にテーマを設け、総勢48名[注 5]の大所帯で挑むこととなった。MCは曜日ごとに変わり(『いいとも!』では全曜日ともに森田一義(タモリ)だった[注 6])、フジテレビのアナウンサー1名がアシスタントMCとして進行役を担当するスタイルとなった[注 7]

フジテレビが『いいとも!』終了・本番組開始をした2014年3月31日→4月1日はテレビ朝日が『徹子の部屋』を正午枠に移動したのと同じタイミングである。

当初、MCの有力候補に『いいとも!』終了時のレギュラーで当時SMAP中居正広が挙がっていたとされ、テレビ朝日が本番組のMCに中居を起用させないための作戦として『徹子の部屋』の正午枠への移動を行ったとの説もある。さらに、このテレビ朝日の作戦が成功する形で中居のMC就任が流れ、立ち上げ当初の本番組が日替わりMC制になったとも伝えられている[24]

5月には、HIROから、キャストとスタッフ全員分の「24karats」のオリジナルジャージ上下(黒地に金文字)が贈られた[25](自身が代表のLDHの数名が番組レギュラーだった関係[注 8])。

7 - 8月には恒例の局イベントを、番組名に絡めて「お台場新大陸」として開いた[26]。番組では夏休みSPレギュラーを置き、「最高賞金200万円! 毎日誰かに10万円が当たる! 夏休みキャリーオーバークイズ」も実施した[27]

9月29日(月)から一部レギュラーを変更[28]。3月(「怒り高跳び」)までに、生中継コーナーはすべて終了した[29][30][31]

結局この時期の番組の方向性は、ほとんどが裏番組ヒルナンデス!』(日本テレビ系列)の模倣に過ぎない二番煎じ感の否めないものであり、強いて挙げるならサンドウィッチマン地引き網中継が多少話題になったくらいであった。

2015年編集

3月30日(月)より、13:55からの新情報番組『直撃LIVE グッディ!』(『スーパーニュース』からの放送時間繰り上げで安藤優子のみ引き続き出演)を立ち上げるため、『ライオンのごきげんよう』・『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』の放送時間を各5分繰り上げるとともに、本番組は従来より5分短縮の11:55 - 12:55となった[32]。また、同日より坂上忍が全曜日出演の「バイキングMC」に昇格した(2014年末にスタッフからオファー[33])。これに伴い、空いた月曜MCはブラックマヨネーズ[注 9]が新たに担当。他の曜日MCは火曜隔週のTAKAHIROEXILE[注 10]を除いて続投となった。また、曜日レギュラーから専属レポーター(不定期出演)へ移行した人もいた[注 11]

番組内容も一新され、大人や主婦が気になる旬の話題・疑問を出演者が体当たりで徹底取材し、その取材内容をスタジオでプレゼンする「リポート&プレゼン情報バラエティ」へとリニューアルすることが、3月22日に発表された[34][35]。制作サイドは、(前年の)ライブ感重視から、お昼に見ている層が「見たい」生活情報へのシフトと語った[36](なお2014年4月25日に亀山社長は「もっとバラエティに振り切ってもいいのではないか」と逆の意見を語っていた[37])。

番組キャラクターは、赤いハンドマイクを持つデザインに変わった(前年度は望遠鏡フォーク[38][39]ワイプの位置は右上から左上に、形状も丸から方形に変わった。

なお、坂上は2015年度の当番組について、2016年10月31日放送の日本テレビ系列『しゃべくり007』出演時、くりぃむしちゅー有田哲平からの「春くらいから(本番組に)力を入れている」との発言に「それまでは、正直『ヒルナンデス!』に寄せていた。楽だったあの時」と述べた[40]

逆に金曜など、2016年1月頃からゲストと共に(社会問題などの)生激論のみを丸々行う日も出てきて(坂上の提案が発端[41])、同3月に宮道治朗編成部長は「非常に手応えがあった」[42]「地方で(は)高評価を得ている」[43][44][45]と語った。

2016年編集

新年1回目・1月4日の「新春SP」は、番組初の拡大放送(13:45まで)[46]4月1日(金)は1時間枠での最終回ながら、前日に終了した『ライオンのごきげんよう』・『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』の穴埋め代替を兼ねて、13:55まで拡大した[47]

4月4日の春改編にて、前述の「新春SP」と同様の11:55 - 13:45へと、放送時間を拡大(従前より50分増)することが、2月4日に公表された[48]。なお、フジテレビ平日正午のレギュラー番組が12・13時台の2時間枠になるのは、開局以来初の試みである。

この改編から、前座番組『FNNスピーク』と、同日に13:45開始になった『直撃LIVE グッディ!』との接続は、共にステブレレスに変更された。この日よりラストでは、スタジオ内のマルチモニターに高橋克実安藤優子を映し出して会話をし[49]、13:45と共に画面が『グッディ!』内に切り替わって[注 12]『グッディ!』となる演出を導入(エンドロールはその直前に流される)。なお、このパート直前のCM明けには、翌日の予告VTR(約30秒)を新設したが、原則8月25日で廃止となった。出演者では、曜日MCは火曜のNAOTOEXILE)を除いて続投となった。

ホームページには4月から「生ホンネトークバラエティ」と書かれ[注 13]、前述の生激論(討論)を番組の軸とした[50][51][52][53][54][注 14]。これまでの番組趣旨とは違い、社会的な要素(報道番組で扱うニュースなど)を中心に取り入れるようになった。バラエティー番組というよりもワイドショーである。稀に報道生中継(東京地裁前から清原和博の初公判[56]小池百合子新都知事の就任会見[57]や所信表明・8月31日[58]三田寛子の会見・リオメダリスト凱旋パレード等)もあった[注 15]

7月23日24日放送の『FNS27時間テレビフェスティバル!』では、24日の8:00頃から「バイキング 怒れる芸能人SP」と題した、月曜のレギュラーコーナー「怒れる○○さん」の特別編(東国原英夫上西小百合のバトルが軸[61])が行われ、坂上・全曜日MC・レギュラーの多くが一堂に会する番組初の機会となった[62][63][64][65][66]。なお、『FNS27時間テレビ』そのものを、時差ネットの『サザエさん』以外非ネットとするテレビ大分では放送されなかった。

夏、7月19日からは局イベント「お台場みんなの夢大陸2016」の紹介中継コーナーを番組終盤に毎日置き、大阪王将とのコラボ出店「バイキングオリジナルまぜそば曜日対抗選手権」も宣伝した(売上1位の金曜日[67]のメニューは全国の同店舗で販売)。その後、火曜の「サンド&高橋真麻の突撃!歌声レポート」[68][69][70]だけは期間中継続した。リオデジャネイロオリンピックの開催中は、日本選手の活躍を連日冒頭から取り上げた。

従来と異なり、新ドラマの主要キャストによる番宣は、エンディングのみの出演となる例もあった[注 16]。また、視聴者によるdボタン生投票(主に青赤2択)を多用した時期もあった[51]。曜日固定で、芸能記者または芸能リポーター弁護士の出演者を置くようにもなっていった[71]

9月5日から月曜のみは、坂上がフルで司会に参加するようになった(その後全曜日で)[72][注 17]。11月1日から、火曜オープニングの真麻と柳原の立ち位置が逆に変わった(画面左から柳原・画面右から真麻)。

12月28日(水曜日)には通常放送とは別枠の21:00 - 23:43に、ゴールデンタイムプライムタイムで番組史上初の『バイキング・ゴールデン! 坂上忍と怒れるニュースな芸能人〜あの事件の真相ぶっちゃけSP〜』を放送。『笑っていいとも!特大号』終了後初めて、平日正午の番組の年末のゴールデンタイムでの放送が復活した[注 18]。なお、クロスネット局のうち、水曜のゴールデン・プライムタイムを日本テレビと同時ネットとしているテレビ大分では、このSPは非ネット。

2017年編集

2017年4月改編ではレギュラーは、番組卒業が女性2名、曜日移動が女性1名。新加入はゼロだった[73]。ほぼ番組内容やセットは踏襲された。

大相撲7月場所名古屋場所愛知県体育館)に「お昼はやっぱりバイキング」の懸賞旗を出した[74](火曜の企画で坂上の発案[75][76])。尚、放送法第83条(NHK(日本放送協会)における広告放送禁止規定)の規定により、懸賞旗がテレビの大相撲中継に映る事はおろかラジオでアナウンスが流れる事も禁止となっているため、懸賞幕がテレビの中継映像に映りこむことはなかった。

7月10日から1週間、坂上忍が夏休みをとった(番組開始以来初)[77]

夏、去年に続き大阪王将とのコラボで5種類の(天津)まぜそばを「お台場みんなの夢大陸」(および一部店舗[78])で販売した[79]

10月第1週限定で「秋のキャリーオーバークイズ」を実施した。賞金総額100万円で、2014年夏のような視聴者参加企画[80]

12月29日(金曜日)には通常放送とは別枠の18:00 - 22:52[注 19]に、ゴールデンタイム・プライムタイムで2回目となる『バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!〜あの騒動の真相&裏側 初告白SP〜』を放送[81][注 20][注 21]。昨年の同特番を非ネットとしたテレビ大分は金曜日のゴールデン・プライムタイムがフジテレビ系同時ネットであるためネットされたが、逆にテレビ宮崎は金曜日のゴールデン・プライムタイムが日本テレビ系同時ネットとしているためこのスペシャルは非ネット。

2017年は元貴乃花親方の花田光司さんや元日馬富士の引退騒動など大相撲に関連することについて計40回[83]に渡って、積極的に真摯に追求・報道した。

2018年編集

3月5日に放送1000回を迎えた。この日のゲストコメンテーターは、マツコ・デラックスだった。これを機に月曜日のゲスト構成が若干変わった(19日以降女性ゲストは「本日のご意見番」の扱いはなくなり、位置は前列中央などへ)。

2018年4月改編では、水曜レギュラーだった森泉山根良顕アンガールズ)が、さらに番組開始から金曜MCを担当していた雨上がり決死隊が降板。山根の相方の田中卓志が金曜へ、ホラン千秋が水曜へ移動となった。そして新設されたコーナー進行アナウンサーとして、田淵裕章フジテレビアナウンサー)が月曜から木曜まで、笠井信輔フジテレビアナウンサー)が金曜を、担当することとなった。なお、同年4月以降の金曜日は曜日MCを設けず、総合司会の坂上忍が単独でMCを務めている。また、木曜のゲスト枠は2人体制(主に男・女)に増やされる場合も出てきた。

4月2日から島本亮が(小仲正重と共に)制作統括となって、出口敬生が単独で総合演出を務める。

4月30日より番組テーマソングをSuperflyの「ゴチャゴチャ」から久保田利伸の書き下ろし曲、「Make U Funky」に変更した。

5月6日に発生した日本大学フェニックス反則タックル問題について、日本大学に対して、100万人を超える出身者への配慮[84]や退職者の受け入れなどで利害関係にあるメディア[85]も少なくないことから、マスコミの追及にも限界があるという向きもあり、実際、問題発生から1ヶ月前後で、テレビ番組はもとより、新聞や雑誌でも扱いはめっきり小さく[86]なっていく中で、バイキングは、約3ヶ月[87]に渡って、徹底的に、真摯に、この問題に向き合いながら、果敢に計55回[88][89]に渡って追求・報道した。

6月11日から本番組は拡大となり、従前より5分拡大の13:50までの放送となった(この間は番組終盤に2018 FIFAワールドカップの特集VTRコーナーを設置して[90]クロストークは無しとした)。これに伴い、後続番組『直撃LIVE グッディ!・第1部』は5分繰り下げ・短縮の13:50開始となった(『同・第2部』は従前通り)が、7月16日より、『グッディ!・第1部』共々6月8日までの放送時間に復す。

7月9日から前年同様に1週間、坂上が夏休みをとった。この間、平成最後の夏スペシャル企画として世相を振り返るVTRコーナーを置いた。

9月25日をもって火曜レギュラーの小籔千豊が番組を卒業した。小藪は、2014年の火曜初回にいたメンバーでは最後の一人だった[91]

また、2018年に発生して各メディアでも連日[92]大々的に報じられた女子体操のパワハラ騒動[93]に対してもバイキング[94]計12回[95]に渡り真摯に追求・報道した。

また、例年バイキングでは元貴乃花親方の花田光司さんや日本相撲協会に関連する話題を多く取り扱っており、この年は元貴ノ岩力士暴行問題や、元貴乃花親方自身の引退騒動離婚騒動などがあり、大相撲に関連する話題について計42回に渡り[96]真摯に追求・報道した。  

2019年編集

前年の2018年は様々なスポーツ界のパワハラ騒動を多く追求・報道していたが、前年とは打って変わって、2019年は、芸能人の薬物問題[97]や週刊誌に続いて、ワイドショーなどが連日のように取り上げるようになった小室圭さんの母親・佳代さんの元婚約者との間に発生した金銭トラブルについて[98]眞子内親王小室圭さんとの結婚問題[99]について、また、丸山穂高衆議院議員の北方領土滞在中の戦争発言問題について[100]や、近年社会問題となっている高齢者運転事故について[101]複数回に渡り現在、真摯に追求・報道している。

「フジテレビ開局60周年記念WEEK」となった3月最終週の5日間、特別企画として榎並アナによる「ベンチプレス60キロ 60秒で挙げた回数×1万円プレゼント!」を番組終盤に実施した。

この期間中、曜日レギュラーの計4組5名(月曜:IKKO、火曜:サンドウィッチマン[70]YOU、金曜:橋本マナミ)が番組を卒業した。代わりに4月から、不定期ゲストだった3名が新レギュラー入りすることを3月29日の放送終了後に発表した(月曜:アンミカ、火曜:ミッツ・マングローブと月2回の甲斐よしひろ[102]

ゴールデンウィーク特別企画として、番組後半に「坂上忍も“知らないニュース”」というVTRコーナーを連日設置した(初回の4月29日のみ「坂上忍の“知らないニュース”」)。

バイキングは、継続的に様々な問題に対して積極果敢に追求・報道するが、故に時にはバッシング[103][104][105][106]を受けることもあり、バイキングに出演しているお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明も「バイキングもすっごい叩かれてる」と発言するが司会の坂上はそれでも論調を変えずに「ぶれません」と断言すると、小木は「よく変えないなと。そこはすごい。このご時世、よく頑張ってるなと思う」と[107]感心していた。

特記事項編集

スタジオセット編集

  • 前期(2014年4月1日 - 2015年3月27日)
    • 曜日MCは立ったまま上手で番組進行。下手の雛壇2列に曜日レギュラーが座った[注 22]。ステージの中央奥には巨大モニターが設置され、回転扉としてもゲストなどの登場時に活用された(2015年に入って番組ロゴや海洋生物などが描かれた、モニターではない出入口へとリニューアル)。
    • 客席[注 23]は階段状ではなく、ステージより低い位置にフラットに設置された。初期はウッドデッキ風の出演者用通路が客席を囲んでいたが、後に撤去して客数を増やした。それよりステージから離れた位置には黄色い円状のブースがあり、曜日アナウンサーが座って初期の「Yahoo!検索 急上昇バイキング」などを伝えていた。
  • 中期(2015年3月30日 - 2019年3月22日)
    • スタジオへの観客受け入れ[108]を終了[109][注 24]したこともあり、構造・デザインなど全面的にリニューアルした。
    • セットは青白赤(ピンク)のストライプを多用し、番組キャラクターのヘルメットもその3色に変わった[110][111]。引きの画角で番組中に稀に映るが、高い位置に巨大な番組ロゴを設置している[112][113]。誰も座らない不揃いの椅子がオブジェとしてあるのも特徴。の字型に長いテーブルが置かれ、(初代とは逆で)上手側に曜日レギュラーが、下手側に榎並とMCが、1列で座る。さらに下手にその日のリポート担当用の立ちテーブルがある。生激論など、長テーブルを撤去し雛壇2列(メモ台付き椅子を個々に)にする日もあった。
    • 2016年4月4日からも、前述の3色は維持されたが(上手奥のサインポールも)、座席は上手に雛壇2列[注 25]に統一し、榎並と曜日MC(後に坂上も)が、中央のマルチを挟んで立ったまま進行するスタイルになった。その後、下手には、その日の専門家などゲストが座ることが日常化した。2017年2月8日からは、大型パネルのめくりが連日導入されていった。2018年度も踏襲。
    • 土曜日は、BSフジ水前寺清子情報館』(2017年4月 - 2018年9月、2016年4月 - 2017年3月は『DO YOU?サタデー』)で当番組のセットを使用していた。
    • 2018年のドラマ『結婚相手は抽選で』の第1, 2, 7, 8話にて、当番組のスタジオセットを流用した、架空の昼のワイドショー番組のシーンがあった(出演は榎並大二郎アナ)。エンドロールの「協力」にバイキングがクレジットされた。
    • 2019年の月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第7話(2月18日)にて、虎丸刑事が定食屋のテレビで『バイキング』を見るシーンがあった(このドラマ用に撮影収録が実施され、坂上と榎並が出演)[114]。エンドロールの「協力」にバイキングがクレジットされた。
  • 後期(2019年3月25日 - 現在)
    • セットの骨格は変えずに[115]、柱に質感を与えるなどのグレードアップ(サインポールは撤去)をはかり、床には従来の3色に水色も新たに加わった。中央のマルチは縁取りが厚く若干大きいものになった。上手雛壇側では、椅子の種類を変更し、月火金で置いていた前列テーブルの使用をやめた。火曜に関しては合計4人の場合は横一列に座る場合も出てきた。

テーマソング編集

『バイキング』歴代テーマソング
歌手名/ユニット名 曲名 収録音源 使用期間
1 SHUN青SHUN学園 バイキング・フェリー テーマ曲使用終了後、2017年4月11日 CD・デジタル配信発売 2014年4月1日 - 2016年4月1日
2 Superfly ゴチャゴチャ Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!” (初回限定盤) 2016年4月4日 - 2018年4月27日
3 久保田利伸 Make U Funky 書き下ろし曲。So Beautiful 2018年4月30日 - 現在

番組オープニングや、CMに入る時に使用(クロストーク無しの場合は番組エンディングにも、かつては翌日の予告VTRの際にも)。

2016年度からは「LION×バイキング」「森永乳業×バイキング」の番組内コラボCMにて、インストゥルメンタル(2018年5月14日からは3の曲に変更)を使用。

字幕放送編集

  • 通常は字幕放送は実施していないが、地震などの緊急ニュースを伝える際に臨時実施されることもある。

放送時間とMCの変遷編集

歴代の放送時間とMC
期間 放送時間 バイキングMC
(全曜日担当)
曜日MC
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
2014.4.1 2015.3.27 11:55 - 13:00 (なし) 坂上忍 TAKAHIROEXILE
NAOTO(EXILE)
おぎやはぎ
小木博明矢作兼
フットボールアワー
岩尾望後藤輝基
雨上がり決死隊
宮迫博之蛍原徹
2015.3.30 2016.4.1 11:55 - 12:55 坂上忍 ブラックマヨネーズ
小杉竜一吉田敬
NAOTO(EXILE)
2016.4.4 2018.3.30 11:55 - 13:45 柳原可奈子
高橋真麻
2018.4.2 2018.6.8 (なし)
2018.6.11 2018.7.13 11:55 - 13:50
2018.7.16 現在 11:55 - 13:45

視聴率編集

  • 2016年
    • 劇的な上昇はなく(地方の状況は不明[42])、ゴシップ誌・ネットニュース等に打ち切り説が常に浮上していたが、6月時点では打ち切りに関する話題は減少[注 27]
    • 4月以降に時事問題を取り上げる傾向が高くなった影響か視聴率は微増傾向にある模様で[123]、7月19日[注 28]にはリニューアル後最高の5.3%を記録。前4週平均も4.1%と、正午時代の平均を上回っている[125]。8月12日には4.4%と現行の放送枠になってから初めて、『ヒルナンデス!』(4.2%)を上回った(『ひるおび!・午後』は7.5%)[126][127]。だがまだまだ安泰とは言えない状況でもある[128]
  • 2017年
    • 2017年第1回目の放送、1月5日は番組最高視聴率の7.2%を記録。『ひるおび!・午後』との民放横並びトップタイ[129](ただし、この日は『ヒルナンデス!』が高校サッカー中継のため休止だった)。1月末から2月初めは連日3%台後半から4%台との報道もあった[130]
    • 地方では一層高いところもあるとの情報のほか[44][45][131][132]、関東でも4月初め時点で平均4%台後半[133]、8月[134]・9月[135]時点で5%台との報道があった。
    • 7月6日には横並び単独トップにて8.0%と、1月5日以来記録を再更新した[5][6][131][136][137][138]。7月第1週(7月3日 - 9日)の週平均でも6.5%となった[5][138]。7月の月間視聴率は番組開始以来最高の5.9%を記録した[7]
  • 2018年
    • 関東を含めた全8地区で、年間平均視聴率が2016年から3年連続で上昇してきたという[139]
    • 6月15日には横並びトップで7.6%を記録し[140]、枠拡大後第1週となる6月第2週(6月11日 - 17日)では、番組開始以来初の、民放横並び週間1位(5.9%)を獲得した[141](なお前4週の平均は5.1%[142])。翌週の6月第3週(6月18日 - 24日)にも時間帯民放1位となった[143][144]。同月には初めて民放横並び2位を記録[145]
    • 7月の時点では、他局の裏番組と互角な争いを展開している[146]
    • 2018年の平均視聴率は民放同時間帯4位であった(1位『ひるおび!・午後』、2位『ヒルナンデス』、3位『ワイドスクランブル』)。上半期は熾烈なトップ争いを繰り広げていたが、下半期に失速した。[147][148]
  • 祝日の視聴率
    • 『いいとも!』と同様に、祝日には視聴率が上昇する傾向が見られる。2014年9月15日には5.4%を、同9月23日には歴代2位となる6.2%を記録した[149]。同10月13日には6.5%と、初回を超える番組歴代最高を更新した[150]
    • 2017年8月11日には6.9%を記録し民放同時間帯横並びでトップで、またフジテレビ系列各局でも高視聴率を記録した[151]
    • 2018年3月21日、8.1%で番組史上最高視聴率を更新した[152]

出演者編集

当番組はレギュラー出演者の降板が、同時間帯の他局番組と比較して著しく多い。2014年4月のスタートから2016年10月現在までの約2年間に33人降板している[153][注 29]。なお、前身番組『笑っていいとも!』出演者は太字で、フジテレビアナウンサーは☆で表示。

メインMC(バイキングMC)
坂上忍
進行アナウンサー[20][34][注 30]
榎並大二郎
コーナー進行アナウンサー(13時台)
田淵裕章[注 31] 笠井信輔[注 32]
曜日別パーソナリティ(曜日MC)
ブラックマヨネーズ
小杉竜一吉田敬[注 33][注 9]
柳原可奈子[注 34]
高橋真麻[注 35][注 33]
おぎやはぎ
小木博明[注 33]矢作兼
フットボールアワー
岩尾望[注 33]後藤輝基
(なし)
曜日レギュラー
野々村真
アンミカ[注 36]
ヒロミ
ミッツ・マングローブ[注 37]
甲斐よしひろ(月2回)[注 38]
松嶋尚美
ホラン千秋[注 39]
薬丸裕英
横澤夏子[注 40]
東国原英夫
土田晃之[注 41]
田中卓志アンガールズ[注 42]
定番ゲスト / 不定期ゲスト
東国原英夫[注 43]
小倉智昭野口五郎中尾彬ラサール石井松尾貴史徳光和夫八塩圭子南美希子生島ヒロシ金子恵美山本博荻原博子
コメンテーター(専門家)
鈴木哲夫有馬晴海有本香、安積明子、伊藤惇夫八幡和郎、石川和男、柿崎明二、小川泰平吉川祐二、佐々木成三、出口保行石原行雄、石井克昌、石渡嶺司横野レイコ、久保武司、小林信也青島健太デーブ・スペクター有村昆[注 44][注 45]ハリー杉山中西正男、島田薫、若狭勝、北川貴啓、田村勇人
コーナーレギュラー等[注 46]
佐藤大和
菊池真由子[注 47]
[注 48]
[注 49]
キンボシ西田[注 47]
中村竜太郎[注 50]
山田美保子
森岡真一郎
西川研一
あべかすみ
山根弘行
城下尊之[注 50]
佐々木博之
清原博[注 49]
[注 51]
横粂勝仁
ゲスト ※
東国原英夫
または
ガダルカナル・タカ

野々村友紀子[注 52]
鴻上尚史
石田衣良
加藤タキ
安藤和津
田中ウルヴェ京
世良公則
山本譲二
大和田獏
中条きよし
伊吹吾郎
毒蝮三太夫
大宮エリー
岩崎宏美
吉川美代子
近藤サト
竹田恒泰[注 53]
「バイキング」×「直撃LIVE グッディ!」クロストーク
高橋克実安藤優子宮澤智
  • ※ 曜日レギュラー側(上手)に、各日1、2人が出演。

過去のレギュラー出演者編集

出演者 曜日 担当 出演期間
林修東進ハイスクール講師 不定期 夏休みSP 2014.7.21 - 8.18
2015.8.7[注 54]
壇蜜 2014.7.22 - 8.28
ふなっしー 2014.7.24 - 8.18
2014.12.18[注 55]
どぶろっく
(江口直人・森慎太郎)
2014.7.25 - 8.29
神田沙也加 2014.8.1 - 8.29
滝沢眞規子 金(隔週) 曜日 2014.4.4 - 2014年9.5
2015.11.6[注 56]
ビッグダディ(林下清志) 2014.4.1 - 2014.9.23
加藤綾子[注 57] 火・木 進行アナ 2014.4.1 - 2014.9.25
ざわちん
金(月1回)
コーナーレギュラー
特別レギュラー[注 58]
2014.8.22、9.26
2014.10.31 - 12.26
TAKAHIRO(EXILE) 火(隔週) 曜日MC 2014.4.1 - 2015.3.17
吉倉あおい 曜日 2014.4.7 - 2015.3.23
友近[注 59] 2014.4.1 - 2015.3.24
クリス-ウェブ佳子 金(隔週)
↓火
2014.4.^11 - 9.12
2014.9.30 - 2015.3.24
唐橋ユミ[注 7] 2014.4.2 - 2015.3.25
2015.4.29、7.29、8.26[注 56]
やしろ優 2014.4.2 - 2015.3.25
有村昆[注 60] 2014.4.3 - 2015.3.26[注 44]
山本涼介 2014.4.3 - 2015.3.26
永島優美[注 57] 火・木 進行アナ 2014.9.30 - 2015.3.26
2016.1.6[注 56]
伊藤利尋 月・水・金 2014.4.1 - 2015.3.27[注 61]
千葉雄大 曜日 2014.4.4 - 2015.3.27
川栄李奈
↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2014.4.2 - 2015.3.25
2015.4.1 - 7.21[注 62]
ハマカーン
(浜谷健司・神田伸一郎)

↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2014.4.7 - 2015.3.23
2015.4.20 - 9.7[注 63]
すみれ 曜日 2014.4.1 - 2015.9.29
ウーマンラッシュアワー
(村本大輔・中川パラダイス)

↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2014.4.4 - 2015.3.27
2015.4.17 - 10.9[注 64]
平成ノブシコブシ
吉村崇徳井健太

↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2014.4.1 - 2015.3.24
2015.3.31 - 11.10[注 65]
山田菜々
↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2015.3.30 - 10.5
- 2015.12.21[注 66]
江角マキコ 曜日 2014.4.1 - 2015.^12.22[164]
美保純 2014.4.2 - 2015.^12.23[注 67]
NAOTO
EXILE三代目 J Soul Brothers
曜日MC 2014.4.1 - 2016.3.29[注 10]
いとうまい子
↓水
曜日 2014.4.7 - 2015.3.23
2015.4.1 - 2016.3.30
関口メンディー(EXILE・GENERATIONS 2014.4.2 - 2016.3.30
デヴィ夫人 曜日準 2015.4.1 - 2016.3.30
丸岡いずみ 曜日 2014.4.3 - 2016.3.31
ケンドーコバヤシ
↓木
2014.4.2 - 2015.3.25
2015.4.2 - 2016.3.31
Ami(当時:E-girlsDream 2014.4.3 - 2016.3.31
蛭子能収
↓木
曜日準コーナーレギュラー
曜日準
2014.^11.21 - 2015.3.6
2015.4.2 - 2016.3.31
鈴木奈々
↓金
曜日 2014.^10.2 - 2015.3.26[注 68]
2015.4.3 - 2016.4.1[注 69]
茂木健一郎 曜日準 2015.4.3 - 2016.4.1
小林麻耶
↓火
↓木
曜日 2014.4.4 - 2016.5.19[注 70]
REINA 曜日 2016.4.7 - 2017.3.16[注 71]
渡辺えり 曜日 2014.4.4 - 2017.3.31
山本彩(当時:NMB48
↓不定期
曜日
↓専属レポーター
2014.4.4 - 2017.3.31[注 72]
森泉 曜日 2014.4.2 - 2018.3.28
山根良顕アンガールズ
↓月
↓水
曜日 2014.4.3 - 2018.3.28[注 42]
雨上がり決死隊
宮迫博之蛍原徹
曜日MC 2014.4.4 - 2018.3.30
小籔千豊[注 73] 曜日 2014.4.1 - 2018.9.25
IKKO 曜日 2014.4.7 - 2019.3.25
サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけし
↓火
2014.4.7 - 2019.3.26[注 74]
YOU 2016.4.5 - 2019.3.26
橋本マナミ[注 75] 2016.4.8 - 2019.3.29

過去のコーナー出演者編集

出演者 曜日 担当 出演期間
ギャル曽根 ギャル曽根の豪邸食べちゃうぞ! 2014.4.9 - 4.30
竹田恒泰 和の心を学ぶ旅 竹田式さんぽ道 2014.4.10 - 6.5[注 53]
タイムマシーン3号
(山本浩司・関太)
本音の王子さま 2014.5.9 - 7.11
2015.4.3
梅本正行(防犯ジャーナリスト) 怪盗VS芸能人リアル防犯ゲーム 2014.6.5、6.12
ナックル井上(実演販売士) 赤マル急上昇!! 実演販売バイキング!! 2014.6.18 - 7.2
矢幡洋(犯罪心理学者) 怪盗VS芸能人リアル防犯ゲーム 2014.6.26 - 7.10
晴香葉子(心理コンサルタント) 女の危険度診断 2014.6.18 - 7.30
2015.3.25
遼河はるひ 山本彩の金曜極めスクール 2014.7.11 - 8.1[注 76]
トニー・ジャン(マインドハッカー) マインドハッカー トニー・ジャン 2014.6.19 - 8.7
三上丈晴(月刊ムー編集長) 真夏のミステリーバイキング!
ミステリーバイキング
2014.8.6、8.27、9.10
黒木純(アイアンシェフ) 教えて! アイアンバイキング 2014.9.24 - 10.8
亀井京子[注 77]
井垣利英(マナー講師) 知らぬは女の恥 オトナのマナー講習2014 2014.9.11 - 10.9
植草美幸(マナー講師) 2014.9.4 - ?
岩下宣子(マナー講師) 2014.^10.23 - 2015.1.29
高城順子(料理研究家)
↓火
生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引き網クッキング 2014.4.7 - 10.20
2015.8.4[注 78]
服部沙耶果(不用品鑑定係[注 79] 生中継!サンドウィッチマンの日本全国豚汁が行く! 2014.^11.3 - 11.17
島田秀平
あなたの代わりに行ってきます
ひるたつ
2014.^10.8 - 11.19
2015.7.6 - 10.5[注 80]
小松拓也(リポーター) Yahoo!検索 急上昇バイキング
注文したらマッハでごはん スピードランチ
ほか
2014.4.8 - 12.2[注 81]
佐久間健一(ボディメイクトレーナー) 理想のボディをGET!! 1日1分DNAダイエット 2014.9.30 - 12.23
今田耕司 中継リポーター
今田耕司の美人会社員巡り クリスマスまでに素敵な恋人を見つけよう
2014.^10.15 - 12.24
林マヤ&笛風呂タオス 皆さん、怒らず見守って!!小林麻耶の金曜花嫁修業 2014.7.4 - 2015.1.9
具志堅用高 ちょっと刺激体験!アメビリーバボー! 2014.^12.19 - 2015.1.23
前園真聖 店泣かせ大食い美女が行く!人気バイキング食べ尽くしちゃうぞ!! 2015.1.16 - 2.6[注 82]
卯月啓子(国語教育研究会・常任講師)[注 83] 漢字DEランチ 2015.1.14 - 2.18
近藤珠實(マナー講師)[注 84]
知らぬは女の恥オトナのマナー夏期講習
角を立てないように言い換えまSHOW
2014.8.7、8.14
2015.1.26 - 2.23
日本エレキテル連合
(橋本小雪・中野聡子)
中継リポーター
中継クイズ!ご長寿達人はダレよ~ダレ?ダレ?
2015.2.6 - 2.27
Toshi&Lithi(スピリチュアルカウンセラー) 噂のオネェカウンセラーが◯◯◯を辛口診断 2014.^11.4 - 2015.3.3
SHINPEIBREAKERZ お助け!SHINPEIマン 2015.2.25 - 3.4
塚越友子(心理カウンセラー) アナタの好みがズバリ判明 二択で見たメン 2015.1.5 - 3.16
ゲッターズ飯田 薬丸と行くぜ!なつかし青春トラベラー 2014.^10.30 - 2015.3.19
2015.8.6、8.27、2016.1.7[注 54]
桝渕祥与(2012年度ミス鎌倉) 店泣かせ大食い美女が行く!人気バイキング食べ尽くしちゃうぞ!! 2014.9.19 - 2015.9.11[注 85]
篠原信一 2014.^11.14 - 2015.3.20[注 86]
森崎友紀(料理研究家) 2015.7.31、8.26、9.11、11.11、11.20、12.2、2016.1.20
川内天子(芸能レポーター) 世の女性が一言 言いたくなるニュース 2015.9.18
飯間浩明(三省堂国語辞典 編集委員) 漢字DEランチ 2014.^12.3 - 2015.3.25
米山公啓(医学博士)[注 87] 不思議だなぁ~ 2015.1.28 - 3.25
寺田心 不定期 [注 88]
浅野まみこ(管理栄養士) 月曜祝日 絶対に太ってはいけないシリーズ等[168] 2015.1.12、2.16、5.4、11.20、2016.1.14
とにかく明るい安村 不定期 [注 89]
森田豊(医療ジャーナリスト)

金(不定期)
ダイエットバイキングワタシナリーダイエット
宮迫和尚の悩める夫かけこみ寺
クイズ ここまで出てるのに!
ほか
2014.4.4 - 2015.3.27[注 90]
伊藤敬子(俳人協会 評議員) ライオン 坂上忍の俳句ingヒストリー 2016.6.20 - 6.24
西村和子(俳人協会 理事) 坂上忍の東京下町ミステリー[170][171] 2016.7.11 - 7.15
あおちゃん 怒れる女たち
バイキング党マナフェスト 〜このマナー許せますか?〜
[注 91]
荒木田範文 気になるエンタメニュース ランキング8 2016.8.29 - 10.24[注 92]
神谷明良 2016.^11.21 - 2017.1.30[注 93]
みきママ(おうち料理研究家) ライオン 坂上忍とみきママの時短!簡単!節約!晩ごはん
坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ
- 2016.11.10[注 94]
森公美子 坂上忍と○○の時短!簡単!節約!晩ごはん - 2016.8.25
グッチ裕三 2016.7.25 - 11.24
杉本彩 2016.10.24 - 10.27[注 95]
未唯mie 2016.12.5 - 12.8[注 96]
はたけシャ乱Q 2016.12.19 - 12.22
品田英雄 品田の目 2016.^10.20 - 2017.3.2
三上洋[注 97] 2016.9.19[注 98] - 2017.8.21[注 99]
中田宏 2016.6.7 - 2017.10.31
徳原聖雨 2016.7.6 - 2018.9.19

コーナー・企画編集

基本的にタイムテーブルはないが、以下のコーナーは概ねの放送時間が定まっている。

  • 13:15頃[注 100]Presented by LION[注 101]
  • 13:43頃 - 13:45…バイキング×グッディ! 最新ニュース言いたい放題

2014年度は以下のように、曜日別にテーマが設けられていた[13]

  • 月曜日:『ニュースな月曜日』
  • 火曜日:『キラキラ生活の火曜日』
  • 水曜日:『神出鬼没の水曜日』
  • 木曜日:『スペシャルな旅の木曜日』
  • 金曜日:『健康と家族の金曜日』

『いいとも!』と同様生放送のため[20][34]、曜日コーナーを必ず毎週放送するとは限らない。

月曜が祝日の場合(2014年10月13日から2015年度まで)、 「USJ(14/10/13[174]・15/10/12)」「絶対に太ってはいけないシリーズ(15/1/12等[175])」「大人の修学旅行SP(15/11/23)」などの旅企画VTRを放送していた。

特別番組編集

  • 2014年08月17日(日 13:00 - 14:00) 『バイキング~真夏の5曜日対抗!珍場面SP~』[213][214][215]
  • 2016年12月28日(水 21:00 - 23:43[注 121]) 『バイキング・ゴールデン!坂上忍と怒れるニュースな芸能人~あの事件の真相ぶっちゃけSP~』
  • 2017年03月11日(土 10:25 - 11:30) 『週刊!バイキング』(チャンネルΣ枠)[41][216][217]
  • 2017年12月29日(金 18:00 - 19:00・19:00 - 22:52[注 122]) 『バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!あの騒動の真相&裏側 初告白SP』[218]
  • 2018年12月28日(金 18:00 - 19:00・19:00 - 21:55[注 123])『バイキング・ザ・ゴールデン 〜河野景子が独占初告白!2018年ニュースの主役に直撃SP〜』[219][220]

スタッフ編集

  • ナレーター:小坂由里子(2015年3月30日 - )
  • ボイスオーバー狭川尚紀下山吉光榎本温子、広瀬有香 ほか
  • 制作統括:島本亮(フジテレビ)[34][221]
  • 構成
    • (月曜):鈴木裕士、しゃーくおかだ、松尾隆二、小島美一(一時離脱 → 復帰)
    • (火曜):アリエシュンスケ、堀由史、西澤公太郎、あだち昌也、西村隆志、菊池英夫、吉田聡(一時離脱 → 復帰)、守矢直記
    • (水曜):下田雄大、碑文谷三郎、コバヤシマナブ
    • (木曜):北本かつら、安田聡太、久住祐摩、高橋まり
    • (金曜):石原健次、木野聡、北原ゆき、片岡章博、鶴大希、村上洋賢、山際良樹(一時離脱 → 復帰)、島本裕太
  • 美術制作:平井秀樹(フジテレビ)[115]
  • デザイン:鈴木賢太(フジテレビ)[115]
  • 美術進行[222]:内山高太郎、三上貴子、鈴木あみ、谷元沙紀(全員→以前はアートコーディネーター)
  • アートコーディネーター[223]:平山雄大[115]
  • 大道具:瀬名波康之、佐藤貴志、浅見大[115]、藤沢和雄
  • アクリル装飾:鈴木竜[115]、高橋瞳、桃原皐月
  • 電飾:大野太地、佐山直也、宮田智博
  • 植木・生花装飾:後藤健[115]
  • 装飾:門間誠[115]、渡邊愛美
  • メイク:山田かつら[115]
  • 衣裳:東京衣裳
  • マルチ:マルチバックス
  • CG(月)/CGディレクター(火〜金):鈴木鉄平(フジテレビ、以前は毎日CG)
  • CG送出:岡本英士(フジテレビ、以前はバーチャル)
  • CGデザイン(火〜木):一柳彩乃(フジテレビ、以前は毎日担当)
  • データ放送:岩崎祐也(フジテレビ)
  • TP:長田崇(フジテレビ、火曜のみTD兼務)
  • TD:斉藤伸介
  • SW:河西純、松井光太郎、小林光行、藤本敏行、宮崎健司、藤本伸一、和田篤
  • CAM:白坂典義(フジテレビ)、藤本伸一、長尾康平(コーヘイ、SW回あり)、高瀬和彦(フジテレビ)、大野勝之、水長卓朗(フジテレビ)、前田正道(フジテレビ)、真野昇太、涌田尚孝、後藤継一郎、横山大輔、田辺絢一、三村純一(フジテレビ)、大内良太、青木和(一)浩、峯武史、前田佑太、佐々木悠人、河野尊(敬)磨、久保康祐、白石峰郎、伊東誠一、山下剛、星谷健司、出上卓治、中野誠也、藤枝直人、秋山勇人、三上直人、向山優士
  • AUD:國谷哲男、片山勇、佐藤博隆、大島啓光、鈴木雄一郎、北野尚史、鈴木洋介、戸田裕生(フジテレビ)、松原瑞貴、太田宗孝、日置健太郎、水本(木)陵太、唐渡健夫、田口翔、木戸寛公
  • VE:久保島春樹(フジテレビ)、山下義子、田中昭博、池川秀彦、八橋大輔、伴場匡、南雲幸平、大西幸二、井上貴人、杉本雄亮(フジテレビ、以前は照明)、青野敬大、米田祐基(フジテレビ)、石井利幸、武田和浩、田淵昌樹(フジテレビ)、齋藤雄一、蜷川太一、水野博道、鈴木健司、関口貴久、澤田将人、東海林学、宮本学
  • 照明:小林敦洋、松田和樹(フジテレビ)、藤沢勝、大野遥平(フジテレビ)、穴田健(建)二、猪俣貴志、谷口明美
  • 音響効果:高田智彰(月・火・木・金曜)/舛谷佑樹(月・木・金曜、以前は月曜担当)、矢部公英、飯塚優也(共に水曜)、森江亮太、牧野楽夢(共に火・木曜)
  • TK
    • (月曜):海老澤廉子(以前は金→火→水曜担当)、髙木美紀(毎週)
    • (火曜):色摩涼(以前は水・金曜→金曜→週替り火曜)、海老澤廉子(毎週)
    • (水曜):楮本眞澄(以前は火・木曜担当)(毎週)、江野澤郁子、髙木美紀(週替り)
    • (木曜):楮本眞澄、髙木美紀(髙木→以前は月曜のみ)(毎週)
    • (金曜):山口奈保美(以前は木曜担当)、色摩涼(毎週)
  • 技術協力:fmtニューテレス共同テレビ、デジデリック、SUNPHONIX、スタジオヴェルト(毎日)、BABY SOUND LUCK(水曜以外)、放映サービス(月・火・金)、アッパーアローズ(水曜)/ティ・ピー・ブレーンプレゼンス・クルー(不定期)
  • リサーチ:池谷諒(火・木曜、以前は毎日)
  • WEB:デジタルスペック(火〜木曜、以前は毎日)
  • イラスト:江原ノブヒロ[224][225]
  • 広報:瀬田裕幸(フジテレビ)
  • デスク:中谷佳代子
  • 監修:佐治康一(木曜以外)・森山俊輔(共にフジテレビ報道局)、大野幸正(火曜、NEXTEP、元フジテレビ・国際局次長)
  • 制作協力:WEST INC.[226](毎日)、SWITCH、アクロ(月曜)、ザ・スピングラス(月・金曜)、ダブルアップ(月・木曜、以前は火・木曜)、NEXTEP(火曜、一時離脱►復帰)、PLAMO(水曜)、ぷろぺら、吉本興業BACK-UP(木曜)
  • AP:今尾千里、井上美早、許仁卿(許→一時離脱►復帰)(月曜)、竹原由利子、木内彩加(火曜)、鈴木稚佳子(鈴木→以前は水曜D)、佐々木浩、坂本未来、東場真之、林瑞代(水曜)、長谷川うらら、塩山晶子(塩山→2019年1月24日 - )(木曜)、岡田怜子、山科智稔(金曜)
  • FD:伊藤嘉彦(月曜、木曜演出兼務)、早川和孝(水曜、以前は水曜演出)、川名良和(LOGIC、火・金曜、以前は火・金曜→金曜FD、一時離脱→復帰)、神垣光(火曜、2019年4月9日 -、以前は火曜ディレクター)、中里美紀(NEXTEP、火曜、2019年4月2日 - )
  • ディレクター
    • (月曜):徳地旬也(徳地→以前は通し企画D)、清水裕香、佐藤康弘(毎週)、兒井未祐、渕聡、府中研闘、近藤伸哉(週替り)
    • (火曜):相澤直人(NEXTEP)、菱田悠、竹内由渡利、松永彩(毎週)、渡邊智哉、池田圭司、張淳安、大津正太、仲田和史、田中亮祐、青柳礼美(週替り)
    • (水曜):木原剛志、原(はら)よしひと、河瀬晋悟、浅野慶太(毎週)、菊池達郎、金島豊、長野幸平、富谷聡史、中神亜希、北村英樹、藤野智光(週替り)
    • (木曜):石原良憲(以前は週替り・木曜、バックアップメディア)、則武和真(以前は通し企画D)、加藤貴史、三根榮太郎(毎週)、亀山剛志、白川誠、武富博志、室岡拓哉、奥野祐士(アルファ・グリッド)、宇賀神純一、伊藤高史、杉本憲隆、木村雄大、中島賢一(不定期)
    • (金曜):小杉隆史、照井有、高橋慎耶、貞松秀樹、荷見基成、妹尾篤志、土井功輔、真鍋正孝、橋詰圭太、廣井敦、棚橋元信、箱田泰史
  • 演出
    • (月曜):青木達生(FOOLEN LARGE)
    • (火曜):髙杉祐一(NEXTEP)、恩田光晴(泉放送制作
    • (水曜):水口知(智)就(ボンズエンタテインメント)
    • (木曜):伊藤嘉彦(アズバーズ、月曜FD兼任、以前は月・水曜FD兼任、ディレクター・通し企画D)、吉田勉(ダブルアップ、以前は通し企画担当)
    • (金曜):堤俊博(バミューダ)
  • プロデューサー
    • (毎日):石塚大志[227]・挾間英行(一時離脱→復帰)・山本布美江(月 - 水、金曜のみ → 毎日)・飯村徹郎[228]・大川友也(以前はプロデューサー → 一時離脱 → ディレクター → 月曜のみ演出兼務 → プロデューサー → 毎日 → 複数曜日)・宮崎鉄平(以前は木曜演出 → 月、水 - 金曜のみ → 毎日 → 複数曜日)(フジテレビ)[34]
    • (複数曜日):山田賢太郎(2018年10月15日 - 12月►一時離脱)・山﨑貴博(以前は火曜ディレクター→火曜演出)・井口泰志(以前はディレクター→水曜演出→水曜ディレクター→水曜演出)[229](フジテレビ)、新本あじあ(ノンプロダクション、月・木曜)、佐藤俊一郎(ウエスト、以前は火曜のみ)、田中久義(以前は火曜のみ)
    • (月曜):原田廣一(THE WORKS→SWITCH)、川島典子(FOOLEN LARGE)、花塚増央(acro、以前はAP)
    • (火曜):尾谷亜貴崇(以前はディレクター)・田中美奈子(一時離脱)(NEXTEP)、池田おさむ、平山陽(平山→2019年2月5日 - )
    • (水曜):松村隆・坂本耕司(PLAMO)
    • (木曜):佐々木聡(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、今瀧陽介(バックアップメディア)、小泉ゆかり(MMJ
    • (金曜):五十嵐久也(ウィッシュカンパニー、以前は月・金曜P・火曜AP)、竹内承(ザ・スピングラス、以前はAP)
  • 総合演出:出口敬生(フジテレビ)[230]
  • チーフプロデューサー:坪井貴史(フジテレビ)[231][34]
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→制作局第二制作センター)
  • 製作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • 制作統括:小仲正重(フジテレビ)[34][232]
  • ナレーター:窪田等津野まさい / 真中了、Owen真樹、タケタリーノ山口
  • 構成:くらなり前原一磨、志賀一也、白武ときお、渡辺真也、石塚祐介、山内正之、デーブ八坂、横田俊介、上野耕一郎、飯塚大悟、木南広明 / 桝本壮志、カツオ、村松浩介 / 小野高義、安部裕之、小林のぞみ、宮下勇二、大隈一郎 / 大井達朗、林田晋一、清水寛生、松本建一、服部真由子(火→)、中川ゆーすけ、山口広太、須毛原淳、吉崎真理、辻健一、野々村友紀子[注 52]、加藤正人(月 一時離脱→木 復帰)、加藤智久、渡辺健久、大平尚志(大平→月→火→水)、石津聡、一場麻美(一場→月→水) / 矢野了平
  • 美術制作:三竹寛典、平岡慶大
  • デザイン:笹朝斐
  • 美術進行:椛田学
  • 電飾:佐藤圭
  • 生花装飾:山寺由美
  • 特殊装置:時任伊織
  • バーチャル:道上智成
  • AUD:谷保明、外崎光一
  • VE:宮本学
  • 中継TD:田原健二、桶田昌利
  • 音響効果:佐伯綾乃、大平拓也、大舘明奈(大舘→木曜)、大貫孝輔(週替り・月曜)、古川恵未(金曜、週替り・月曜、以前は火曜担当)
  • TK:槇加奈子(以前は月曜→週替り・月・水曜担当)、水越理恵(以前は水曜→週替り・月・水曜担当)、星美香(以前は火→金曜→週替り・火曜担当)
  • リサーチ:高森雄幸、櫛引孝志・金子真(櫛引・金子→共に月曜)、コラボレーション(木曜)
  • 調査:渡邊杏子
  • デスク:山下智美、高橋沙織
  • CSR:高橋愛
  • 車輌:コム
  • 監修:中村百合子(フジテレビ)
  • 制作進行:岡野彰男(木曜)
  • AP:石川敬大、海東亜弥、中村祥子、徳永勝也、小畑未香、佐熊礼子、廣中ゆかり、増谷秀行、中村由紀、中田美津子、松生藍、山口芳枝、佐藤恵里、梶山智未(梶山→以前はプロデューサー)、近藤照代、渡邊恵美、三井静香、勝又郁乃、江口慧、椿恵介、尾田和浩(尾田→週替り・水曜)、玉井佑実(玉井→月)/藤本大介
  • FD:麻生裕久(以前はディレクター)、筧大輝(フジテレビ、金曜、以前は金曜ディレクター→演出)
  • W杯企画プロデューサー:吉見正
  • W杯企画ディレクター:山口哲郎、小林信平、関友弥
  • 中継ディレクター:鈴木おさむ
  • 特別企画演出[注 124]:加藤智章
  • ディレクター:太田秀司、園田大輔、徳竹洋介、笹村啓太、峰尾圭一、内山慶祐(Unit)、黒木富之、玉川晃、亀田剛、伊藤実和子、高橋健二[234]、渡辺将司[235]、武田喜栄、松田敦(渡辺〜松田→IVSテレビ制作)、中野伸郎、増田貴光、高木裕太、山中豪、矢川東哉(IVSテレビ制作)、野村哲史、高山和大、佐藤一輝、本橋宏之、白岩大輔、中根拓也、鷹見睦、赤堀哲也、平野彰子、宮本一繁、畠山拓真、兼丸洋介(兼丸→エスエスシステム)、寺尾康佑(宮本以降→通し企画担当)、三谷三四郎、蔡理皓(蔡→水曜►月曜)、細谷周作、余語風香、堀江悟、斉藤裕二、早坂渉、林隆輔、佐藤智之、尾崎啓一郎、山田愛美、山口貴由、武田聡志、曽我和隆、橋本伸行、松田真奈、井上大生、CREW清水、塚本拓幸、多田隆人、大塚真史、九重良輔(多田〜九重→IVSテレビ制作)、高木裕史、あべふみや、山崎勝(IVSテレビ制作)、黒川広人、久石悠子、大槻圭介、西崎耕平、吉田渉(吉田→フジテレビ)、田島貴朗、田中義巳、常盤俊郎、安納隆仁、丸本大輔、小林裕季子、野坂琢、馬場省吾、才藤仁、新谷洋介、岩﨑陽介、前田一樹、玉城良浩、村田正樹、佐々木将人、山崎博、濱谷裕平、大山卓也、原田浩司、中山康司、藤田豊平、山田郁夫、須原淳一郎、林佳祐、湯本健一郎(須原〜湯本→IVSテレビ制作)、久富久伸(須原〜久富→毎週火曜担当)、篠原輝成、池山喜勇(池山→以前はAP、クリーク・アンド・リバー社)、新保勝久、久延雅一(久延→モンスターゾーン)、山﨑恵弘、清水彰介、池ヶ谷学、白石宗之、桑田良行(鈴木〜桑田→毎週水曜担当)、伊藤雄太、陣崎行夫、早川多祐(早川→GUTS)、中村和央(夫)、古賀光輝、東隆志(東→フジテレビ)(中村〜東→週替り・月曜担当)、杉山貴裕、片岡大亜、澤田尚樹、中津川健次郎、濱地健太、花木現、長田克彦、入江和寛、大山卓泰(杉山〜大山→週替り・火曜)、大野和幸(週替り・水曜)、上原太志(週替り・木曜、BACK-UP
  • 演出:武田誠司(フジテレビ)、高橋正尚(フジテレビ、通し企画D兼任で以前はディレクター)、武石政人(IVSテレビ制作)、大平進士(以前は通し企画D、クリーク・アンド・リバー社)、伊藤渉(NEXTEP)(火)、奥村達哉(水、D:COMPLEX)、長久弦(水、GUTS、週替り)、福山篤史(水、毎週)、松本真、扇山篤司(木、BACK-UP、共に以前はディレクター)
  • プロデューサー:石川綾一・安喜昌史・大江菊臣・北口富紀子・五十嵐剛[236]・倉科知美(木曜、以前はAP)(フジテレビ)、永井宏明(Unit)、古谷将彦(イエローデザイン)、成瀬広靖(IVSテレビ制作)、秋月里江子(NEXTEP)、安西義裕(GUTS)、大泉正太(ファウンテン)、田隝宗昭、山田貢(BACK-UP)、金佐智絵(ザ・スピングラス)、高柳茂樹、平敢夫、村山学、嶋田哲治(モンスターゾーン)、開発勇輔(開発→EPOCL、以前はAP、通し企画P)、渡邊正人(IVSテレビ制作)、坪井理沙(紗)(坪井→通し企画P兼任)、岩田徹(以前は水曜ディレクター)、大川泰、大島美貴、塚本充紀(塚本→木曜)、大内登(SWEAT、金曜)
  • 技術協力:IMAGICAVIC4-Legsトラッシュ(木曜)
  • 制作協力:NET WEB、unit、クリーク・アンド・リバー社、三慶サービス、ビーオネスト、LLOYD BROTHERS、IVSテレビ制作[237]THE WORKSノンプロダクションモンスターゾーンGUTS

ネット局と放送時間編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST
関東広域圏 フジテレビ(CX)
制作局
フジテレビ系列 月 - 金曜日 11:55 - 13:45
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月 - 金曜日 12:00 - 13:45[注 2]

番組タイトルと放送時間の変遷編集

期間 番組タイトル 放送時間(日本時間
2014.4.1 2015.3.27 笑いと情報をとりホーダイ!
バイキング
High Noon TV Viking!
月 - 金 11:55 - 13:00(65分)
2015.3.30 2016.4.1 リポート&プレゼン情報バラエティ
バイキング
High Noon TV Viking!
月 - 金 11:55 - 12:55(60分)
2016.4.4 2018.6.8 生ホンネトークバラエティ
バイキング
High Noon TV Viking!
月 - 金 11:55 - 13:45(110分)
2018.6.11 2018.7.13 月 - 金 11:55 - 13:50(115分)
2018.7.16 現在 月 - 金 11:55 - 13:45(110分)

注釈編集

  1. ^ 榎並がナレーションする部分もある。
  2. ^ a b テレビ朝日系列とのクロスネット局のため、『大下容子ワイド!スクランブル・第1部』(テレビ朝日制作。通常編成時であれば11:45飛び乗りで、実質は『ANNニュース』のみの放送)を優先的に放送するため、本番組は12:00飛び乗りとなっている。飛び乗りの際は自社送出のタイトルロゴを表示して対応。
  3. ^ 2月時点の一部報道タイトルとして、『ゴールデンタイム』(仮)があった[14]
  4. ^ 土田晃之(3月で裏番組ヒルナンデス!』水曜レギュラーを卒業)のみは、4/4の金曜初回に前触れ無くの出演となった[17]
  5. ^ 開始レギュラーの最年少は山本涼介で、最年長は渡辺えり
  6. ^ 『いいとも!』のタモリとは異なり、MCはハンドマイク不使用。
  7. ^ a b 2014年度の水曜は伊藤もいたが、唐橋ユミが、おぎやはぎのアシスタントMCを務めた。
  8. ^ 2015年3月にTAKAHIRO、2016年3月にNAOTO関口メンディーAmi、全員が番組を卒業しきった。
  9. ^ a b 2015.3.30から月曜MCを担当。小杉は2014.9.30 - 12.23までは、火曜のコーナーレギュラーだった。
  10. ^ a b 2015.3.10までは隔週で担当(TAKAHIROと2人で出演する回もあった)。
  11. ^ 2015.3.30から。曜日レギュラー同様にスタジオでプレゼンする。出演は主にレギュラー時代と同じ(VTRのみの場合は別曜日での出演も)。
  12. ^ この時、関東地区では画面上の時計表示も、『バイキング』仕様から『グッディ!』仕様に変更され、その横側には、黄色の縁で囲まれた円の中に「せーの! グッディ!」とアニメーションも表示される(後者はネット局でも実施)。
  13. ^ 番組当初から、コーナー名に「本音」「ホンネ」が入るものが幾つかあった。
  14. ^ この傾向は、同じくフジテレビの『ノンストップ!』毎週金曜の「NONSTOP! サミット」や『ワイドナショー』からの影響も指摘された[55]
  15. ^ 他に、宮城県長沼漕艇場からのサンドウィッチマンの生中継(10月18日)[59][60]福岡市でのはかた駅前通り陥没事故の緊急中継(11月8日)もあった。籠池泰典の証人喚問や浅田真央宮里藍の引退会見には長く時間を割いた(どれも2017年)。
  16. ^ 2016.9.16、10.17など。
  17. ^ 火曜(柳原と代わり9.13や10.11)や金曜(蛍原と共に9.23)も一部で坂上が司会を担当した。
  18. ^ 通常放送同様の生放送だった『笑っていいとも!特大号』とは異なり、収録放送。
  19. ^ 関西テレビ・沖縄テレビでは自主編成のため、19:57より飛び乗り放送。
  20. ^ 前年同様に基本的には収録放送だが、前年とは異なり一部生放送パートもある。
  21. ^ とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組として、2018年4月19日に始まった『直撃!シンソウ坂上』は、このSPの内容をベースに同スタッフ陣で誕生した[82]
  22. ^ 出演者を男女で左右に振り分ける例外もあった(木曜)。
  23. ^ 観覧は原則として18〜39歳の女性で、高校生(18歳以上でも、普通校・定時制・通信制に通学している人も含む)は基本的に不可(なお、前番組は18歳以上の年齢制限もなく、男性も見学は可能だった)[108]
  24. ^ 2016.3.15から、火曜のみ計20人の女性観客を入れてきた。同4月時点では他曜日も、日によっては約2列で同程度の女性観客がいる様子。
  25. ^ a b 火曜のみ2016.6.7からは、同じく雛壇2列ながら長テーブルを用いた。11.1(週刊誌の中吊りを模した「本日のラインナップ」も用意し冒頭で紹介=2017.9.5まで)からは、小籔側(2017.10.31からはゲストが先頭)とヒロミ側の左右1列ずつに分かれた。2018年4月からは他曜日同様のスタイルに戻った。
    金曜は10.28(飯島勲がゲスト)や11.4の坂上MCの新コーナー開始にともない、前年度の長テーブル(雨上がりも着席)に戻った(上手後列はテーブル無し)。
  26. ^ 2014年4月1日から12:00開始に変更、それまで同時刻から開始だった『ワイド!スクランブル・第2部』は12:44開始となった(2014年9月29日 - 2017年3月31日・2018年4月2日からは12:30開始、2017年4月3日 - 2018年3月30日は12:50開始に、それぞれ変更した)。
  27. ^ 2016年4月期の月9ドラマ『ラヴソング』が、同枠ワースト記録となる程の低視聴率であり、それに関することが頻繁に取り上げられている影響もある。
  28. ^ この日は都知事選3候補が揃ってスタジオで生出演[52][124][125](北口富紀子の提案[41])。
  29. ^ 女性で最初期から残っているのは、ホラン千秋のみ。スタート時の火曜メンバーに至っては、2018年9月卒業の小籔千豊をもってゼロとなった[91]
  30. ^ 夏休みで不在時は中村光宏(伊藤)、永島優美(加藤。永島レギュラー出演前)、中村(榎並2016.9)、中村・酒主義久(後続番組「グッディ!」フィールドキャスター)・生田竜聖(榎並2017.9)、上中勇樹安宅晃樹渡辺和洋(榎並2018.9)が担当(榎並は2019.3にも1週間休んだ)。2015.1.7と1.9は伊藤のインフルエンザにより、佐野瑞樹が担当した。
  31. ^ 2018.5.15は安宅晃樹が、5.16は藤井弘輝が代理。
  32. ^ とくダネ!』を兼務。
  33. ^ a b c d 原則、ゲスト席に着席する。
  34. ^ 2019.3.26は体調不良で欠席[154]。3.30に自身のブログで第1子妊娠を発表し、しばし番組欠席を継続[155]
  35. ^ レギュラー加入前に数回ゲスト出演経験あり。
  36. ^ 2017.7.14金の初登場後、不定期出演。2019.4から月曜レギュラー。
  37. ^ 2011年4月から2018年9月までは裏番組ヒルナンデス(日本テレビ系列)のレギュラーだった(2011年4月から2012年3月までは隔週レギュラー)。その後、金曜バイキングの不定期出演を経て、2019.4から火曜レギュラー。
  38. ^ 火曜バイキングの不定期出演を経て、2019.4から火曜レギュラー。
  39. ^ 月曜レギュラー(2014.4.7 - 2017.3.27)→木曜レギュラー(2017.4.6 - 2018.3.29)→2018.4.4をもって水曜に移動。
  40. ^ スタジオ出演は2016.5.5から。
  41. ^ 2017.3まで『直撃LIVE グッディ!』の金曜パネラーでもあり、続けて出演した[1]
  42. ^ a b 木曜レギュラー(2014.4.3 - 2015.3.26)→2015.3.30をもって月曜に移動→2016.3.28をもって水曜に移動。→2018.3.28(ここまでコンビでの出演、山根は卒業)をもって田中のみ金曜に移動。
  43. ^ 2018年4月時点では、金曜レギュラーとして番組公式サイトで記載されている。また、月曜出演の際は、定番ゲストとしての出演となっている。2016.4.8より金曜の定番ゲスト(と、番組公式サイトでは2016.10頃まで表記)[156][157]。それまでも2015.9.18の「鈴木奈々でも分かる 主婦が気になるニュース」と安保関連法を取り上げた「世の女性が一言 言いたくなるニュース」[158]など度々金曜にスタジオ出演しており、2016.4.6(水)も[159]。金曜を含めて、週に2回以上出演することもある(月曜など)。
  44. ^ a b その後の2015.6.18、妻の丸岡いずみとゲスト出演(ロケ)。水曜コーナーでは、2016.10.13の他、2016.10.5、翌週10.12「今週のハリウッド事件簿」(他11.2・11.30、2017.2.15以降も度々)、3.15「野次馬人生劇場」の解説、2017.2.8や10.12にスタジオ出演。2017.1.9には「ライオン」のVTRで映画紹介。
  45. ^ 水曜またはコトブキツカサ(2017.2.23、3.9にも出演)。
  46. ^ 2016年度からはコーナーごとでなく、フル出演するキャストも多くなった。
  47. ^ a b 不定期の出演。
  48. ^ 2016年度は大きな芸能ニュースがある際は、松本佳子が時折出演。その後、あべかすみ中西正男、島田薫など。
  49. ^ a b 火曜は清原博もしくは、北川貴啓や佐藤大和が出演する場合がある。
  50. ^ a b 水曜、または稀に城下尊之
  51. ^ 他に、2017年度は9/7まで、住職1名を招いた[136]
  52. ^ a b 元・木曜の構成担当。2018.12.24からスタジオゲスト出演。
  53. ^ a b その後、金曜スタジオゲスト(2016.4.22、4.29、6.17、7.29、8.26、10.21、2018.5.18等)。
  54. ^ a b ゲスト出演。
  55. ^ 「ふなごろー」と一緒にゲスト出演。2014.4.7にも単独でゲスト出演していた。
  56. ^ a b c ゲスト出演(ロケ)。
  57. ^ a b めざましテレビ』『めざましテレビ アクア(木曜)』と兼務。
  58. ^ 2014.7.11はゲスト出演。
  59. ^ 2015年3月からCBCテレビ『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』の火曜レギュラー、2016年4月から同時間帯の日本テレビ系『ヒルナンデス!』の木曜隔週レギュラーとなった。本番組のレギュラーだったメンバーがヒルナンデスのレギュラーに抜擢された初めてのケースである。
  60. ^ 月~水は裏番組『J:テレスタイル(J:COM)』に出演していた。
  61. ^ 2016.10.7のリオメダリスト凱旋パレード中継にワイプで出演[160]。同11.9は米大統領選の最新情報を伝える為、『ホウドウキョク』のスタジオ(セットは『みんなのニュース』をベースに一部『ユアタイム』も)から中継で生出演[4][161][162]
  62. ^ 2015年8月4日でAKB48を卒業。
  63. ^ 2016.12.21は浜谷のみVTR出演。
  64. ^ 村本のみ2016.8.22以降、月曜に不定期でスタジオゲストで出演。
  65. ^ 徳井は、5.8からの出演だった。2016.10.13には「綾部事情通」としてスタジオゲストで出演[163]
  66. ^ 2015年4月3日でNMB48を卒業。SKE48も兼任していた。山本彩と同じく出演曜日は固定。2016年1月〜9月は出演なし。
  67. ^ 2016.11.14にスタジオゲストで出演。
  68. ^ 当初はコーナーレギュラーのみ[28]
  69. ^ その後の2016.7.14、スタジオゲストで出演。
  70. ^ 金曜レギュラー(2014.4.4 - 2015.10.2)→2015.10.6をもって火曜に移動→2016.3.29をもって木曜に移動。2016.5.19の本番中に体調不良で途中退席し、翌週5.26から万全を期すために、しばらく休業[165][166]。2017年4月3日にはVTRで出演した[167]。総合MC坂上忍とスタッフとの配慮により2018年4月時点で番組休業中となっていたが復帰せず、事実上の番組卒業。
  71. ^ 2016.3.14の「話題のこの人どんな人? 坂上と1対1生トーク」、3.18にもスタジオ出演。
  72. ^ 2014年度は金曜レギュラー。2015年は曜日固定の専属レポーターとして、4.17 - 7.17は月1回金曜不定期。8.28 - 10.30までは月1回毎月最終日、11.20 - 2016.2.12は再び月1回金曜不定期に出演。
    2016.3.25 - 5.27は毎月最終日で、6月は出演せず再び不定期となる。7.22と7.24の『FNS27時間テレビフェスティバル!』内の「バイキング 怒れる芸能人SP」、8月は月2回出演(8.5、8.19)、2016年9月から2017.3.31まで月1回金曜不定期に出演。
  73. ^ 当番組放送前のノンストップ!の火曜レギュラーと兼務。
  74. ^ 月曜レギュラー(中継リポーター 2014.4.7 - 2015.3.16)→2015.3.31をもって火曜に移動。
  75. ^ レギュラー入り以前に、数回ゲスト出演していた。
  76. ^ 2014.9.15、10.13、10,31、2015.1.9(ロケ)、8.3にゲスト出演。
  77. ^ 2016.11.28にスタジオゲストで出演。
  78. ^ 2015.8.4(火)の限定復活の際に出演。
  79. ^ 総合リサイクルショップ RecycleGallery。
  80. ^ 月曜に「ひるたつ」でゲスト出演(2015.7.6、8.17、9.7、10.5)
  81. ^ 2018.9.24にVTR出演。
  82. ^ 2015.7.21、8.4、8.7(ロケ)、11.6(ロケ)、12.18(ロケ)にゲスト出演。
  83. ^ 元公立小学校教員。
  84. ^ 「清紫会」新・作法学院長。
  85. ^ 2015.1.30の「ちょっと刺激体験!アメビリーバボー!」でゲスト出演した。
  86. ^ その後、2014.12.15、2015.1.26、1.28、2.23、3.13(ロケ)にゲスト出演。
    番組リニューアル後も2015.5.4(ロケ)、5.29、6.13(ロケ)、7.21(ロケ)にゲスト出演。
  87. ^ a b VTR出演のみ。
  88. ^ 2015.3.30から2016.1.5まで出演。火曜日などの坂上とのロケ等。
  89. ^ 2014.10.6に「坂上忍にハマったカーン!?」で全裸に見える芸を地上波で初披露[169]、その後、月曜祝日の「絶対に太ってはいけないシリーズ」などにも出演した[168]
  90. ^ 2014.10.17のコーナー終了に伴い、以降は不定期出演。2015.2.6から新コーナー開始によりコーナーレギュラー。オープニングから出演している場合は「曜日レギュラー」扱いとなっていた。
    2015.9.11、10.30、11.27、12.21(ロケ)、2016.1.4、1.18、1.25、5.13、6.3など、VTRや「ひるたつ」に、2017.5.31にスタジオ出演。
  91. ^ 2016.4.25、5.16、5.23、5.30、6.20、6.27、8.22、9.19、2017.1.10に出演[172][173]
  92. ^ 2018.9.24・25、10.1に出演。
  93. ^ 2017.3.27、4.3、4.10に再出演。
  94. ^ a b 元コーナーレギュラーで、2015.11.16から曜日共通企画でも出演。
  95. ^ 2016年度 曜日共通企画(以前にもスタジオゲスト出演あり)、2018年度スタジオ木曜ゲスト。
  96. ^ 2016年度 曜日共通企画、2018年度スタジオ木曜ゲスト。
  97. ^ または神田敏晶
  98. ^ 2016.8.22も。
  99. ^ 2017.9.25、2018.11.6も。
  100. ^ 2017.4.中旬までは、開始時間が10分ほど早かった。
  101. ^ 当初の表記はカタカナで、「Presented by ライオン」。
  102. ^ 2017.1.9はテレビ大分、沖縄テレビの2局が『第95回全国高校サッカー選手権』の決勝を放送する関係上『直撃LIVE グッディ!』が非ネットになったため、直前のCMで飛び降り終了時刻までフィラーで穴埋めした。
  103. ^ ライオンちゃんがスタジオに登場(ライオン・キングの楽曲『Circle Of Life』が流れる時も)して始まる、12時50分頃から(後に13時台前半から)の週替りコーナー(10分強)。開始2週目(4/11)から2016年末までは、このコーナーでは左上のワイプは無しだった[165]
    坂上忍のロケの「5曜日横断」企画だったが[156][176]、金曜のみは7/22からはワイプ有りの「ほっこりしたニュース」を放送するようになった。2017年からは曜日別となった[177]。2016.10.31より前は、ライオンちゃんが曜日MCを通じてレギュラー陣やゲストに「○○さんに○○の事について聞きたいって?」と言うやり取りを、行う日もあった。
  104. ^ 10.26は「最近の石田純一」。
  105. ^ 当時頻繁にゲスト出演していた美川憲一和田アキ子梅沢富美男
  106. ^ 9.26の週は中村仁美。
  107. ^ 夏季(2016.6.27の週 - )は「このヒト誰の二世さん!?」時と同じく夏服。
  108. ^ 「徹底生討論 ニッポンの怒り」「徹底生討論 怒れるニッポン」でも継承され、ボイスチェンジャー対応マイクの併用も稀にあった。
  109. ^ 2016.7.11は、坂上と共にブラマヨ吉田もホストを務めた。
  110. ^ その後、「本日のご意見番」枠として、フィフィが毎週のように長く出演した。
  111. ^ 不定期出演。
  112. ^ a b c d 正式なコーナー名はない。
  113. ^ 7.1から(6.24まで緑色は「どちらとも言えない」)。
  114. ^ 2016.4.29から(従来は白く何も書いてなかった)[197]
  115. ^ かつて同時間帯の日本テレビ系『午後は○○おもいッきりテレビ』には、「きょうは何の日」という長寿コーナーがあった。
  116. ^ 公式サイトでの呼称。番組本編内では特に呼び名はない。
  117. ^ V7スタジオ前。
  118. ^ 2015.8.17は中村光宏。
  119. ^ スタジオにゲストなどが来た場合のみ進行。
  120. ^ 生中継またはVTRのみ進行。
  121. ^ 但し、クロスネット局のテレビ大分は水曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系同時ネット枠である関係で非ネット。
  122. ^ クロスネット局のテレビ宮崎は金曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系同時ネット枠である関係で、全編非ネット。それ以外の一部地域では19:57飛び乗り。
  123. ^ クロスネット局のテレビ宮崎は金曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系同時ネット枠である関係で、全編非ネット。それ以外の一部地域では19:57に飛び乗るほか、フジテレビを除く大半の地域では21:49飛び降り。
  124. ^ 2019年「坂上忍の東北でお手伝い旅」。

出典編集

  1. ^ a b 組織硬直ぶりが酷すぎる! - アサ芸プラス、2016-4-6
  2. ^ 総合技術局 - フジテレビ
  3. ^ 江角マキコ、長嶋宅落書き騒動に言及せず - 日刊スポーツ、2014-9-2
  4. ^ a b 連載「芸能耳年増」 - ポストセブン(山田美保子)2016-11-12
  5. ^ a b c “『バイキング』視聴率上昇で昼の激戦区に異変! チーフプロデューサーが見た立役者・坂上忍の"覚悟"”. マイナビニュース. (2017年7月26日). https://news.mynavi.jp/article/20170726-viking/ 2018年4月29日閲覧。 
  6. ^ a b “「バイキング」番組開始3年目で最高視聴率8・0%! 横並びもトップ”. スポーツ報知. (2017年7月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170707-OHT1T50109.html 2018年4月29日閲覧。 
  7. ^ a b “フジテレビ「バイキング」月間最高視聴率5・9%”. スポーツ報知. (2017年7月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170731-OHT1T50105.html 2018年4月29日閲覧。 
  8. ^ 亀山社長決断 - スポニチ、2013-10-23
  9. ^ フジ社長、いいとも後番組はバラエティー - デイリースポーツ、2013-11-29
  10. ^ 第451回フジテレビ番組審議会 - 新・週刊フジテレビ批評、2015-10-17
  11. ^ a b 後番組発表 - モデルプレス、2014-2-15
  12. ^ 後番組のタイトルは? - モデルプレス、2014-3-7
  13. ^ a b タイトル&全出演者発表 - ORICON、2014-3-20
  14. ^ 坂上忍「攻めろと言われた」 - スポニチ、2014-2-2
  15. ^ 公式トップ(2014-3-20)
  16. ^ 小仲正重「半年で終わってもいいから、全力でバットを振っていきたい!」 - 週プレ、2014-4-1
  17. ^ 土田晃之クビじゃない?日テレ→フジ移籍 - 日刊スポーツ、2018-4-4
  18. ^ Viking☆ - 吉倉あおいブログ、2014-4-7(Mon)
  19. ^ 公式2014トップ
  20. ^ a b c 明日、水曜日の『バイキング』が初回放送! - とれたてフジテレビ、2014-4-1
  21. ^ 金曜日のテーマは、「家族と健康の金曜日」。 - とれたてフジテレビ、2014-4-3
  22. ^ 番組情報 2014-4-1 - 岡山放送
  23. ^ 週間番組表 4月1日 - 高知さんさんテレビ
  24. ^ フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ,日刊ゲンダイ,2018年7月22日
  25. ^ EXILEのヒロさんからのプレゼント! - 有村昆ブログ、2014-5-29
  26. ^ フジ亀山社長、バイキングMC陣叱る「他人ごとみたいな顔しないで」 - ORICON、2014-6-6
  27. ^ 夏休み企画で毎日10万円プレゼント&SPレギュラーメンバーも決定! - テレビドガッチ、2014-7-16
  28. ^ a b 鈴木奈々が加入! 火曜、木曜の進行は、新人の永島優美アナウンサーが担当! - とれたてフジテレビ、2014-9-27
  29. ^ フジ亀山社長、低迷「バイキング」に檄 - 日刊スポーツ、2014-4-25
  30. ^ a b c 素人イジリに定評 - ZAKZAK、2014-5-2
  31. ^ 生中継コーナー増加でテコ入れ - AOL、2014-5-30
  32. ^ TV Bros 2015年3月21日号。
  33. ^ 週刊新潮 2019年3月21日号 連載「スジ論 わたしのルールブック」Rule191
  34. ^ a b c d e f g 新規キャストが続々決定! - とれたてフジテレビ、2015-3-22
  35. ^ 公式トップ(2015-3-30)
  36. ^ 第451回 番組審議会議事録概要 平成27年10月14日(水) - フジテレビ
  37. ^ a b フジ社長 視聴率苦戦バイキングに注文 - デイリースポーツ、2014-4-26
  38. ^ 2014年4月〜2015年3月までの放送内容
  39. ^ 2015年4月〜2016年3月までの放送内容
  40. ^ 「バイキング」MCとしてのポリシー - 報知、2016-11-1
  41. ^ a b c d 『バイキング』視聴率上昇で昼の激戦区に異変! チーフプロデューサーが見た立役者・坂上忍の″覚悟″ - マイナビ、2017-7-26
  42. ^ a b 生激論コーナーに"手応え" - マイナビ、2016-3-7
  43. ^ 改編で50分間拡大 - デイリースポーツ、2016-3-7
  44. ^ a b 「バイキング」5月の月間平均 番組最高4・9%! 仙台、新潟も記録更新 - スポニチ、2017-5-30
  45. ^ a b フジ「バイキング」関西で視聴率首位争い…8%超も記録 関東は他局優勢 - デイリースポーツ、2017-06-10
  46. ^ 「バイキング」1・4新春SP 初の放送時間拡大 人気の健康企画 - スポニチ、2015-11-30
  47. ^ 全力!感謝祭 - サガテレビ、2016-3-20
  48. ^ 4月改編で平日4時から15時間生放送 - 日刊スポーツ、2016-2-5
  49. ^ バイキング⇒グッディ、初コラボで - せーの!グッディ!、2016-4-4
  50. ^ 土田晃之が「バイキング」の変容ぶりを指摘「こんな番組じゃなかった」 - ライブドア、2016-7-15
  51. ^ a b 激しい討論に「こんな番組ではなかった」 - Techinsight、2016-7-17
  52. ^ a b 坂上忍の「質問力」は田原総一朗氏に通じる - ポストセブン(山下柚実)2016-9-3
  53. ^ 好調の理由は“業界視聴率” - ポストセブン(山田美保子)2016-9-18
  54. ^ 【テレビの開拓者たち / 小仲正重】 - ザテレビジョン、2018-1-27
  55. ^ 「討論番組」に活路を見いだしている理由 - ITmedia(窪田順生)2016-6-28
  56. ^ 2016-5-17 - goo
  57. ^ 2016-8-2 - goo
  58. ^ 2016-8-31 - goo
  59. ^ 長沼を猛烈PR - デイリースポーツ、2016-10-18
  60. ^ 長沼ボート場 - 富澤たけしブログ、2016-10-19
  61. ^ 2016-7-29 - 笹原雄一さんのツイート 18:40(画像
  62. ^ バイキング 怒れる芸能人SP - FNS27時間テレビ フェスティバル!
  63. ^ 上西小百合氏に「申し訳無い」と謝罪 - デイリースポーツ、2016-7-29
  64. ^ 坂上忍、野々村真への暴言を妻に公開土下座 - 報知、2016-7-24
  65. ^ 『27時間テレビ』、唯一の成功はフジのお荷物番組『バイキング』!? - サイゾーウーマン、2016-7-28
  66. ^ 27時間 時間帯別最高ホンマでっか - マイナビ、2016-7-25
  67. ^ 売り上げ最終結果発表 - JCC、2016-9-2
  68. ^ サンド&高橋真麻の突撃!歌声レポート - JCC、2016-7-19
  69. ^ 告知・絶賛開催中! - JCC、2016-8-9
  70. ^ a b バイキング☆卒業 - サンドウィッチマン 伊達みきおオフィシャルブログ、2019-03-27
  71. ^ 2016-7-7 - goo
  72. ^ フジ榎並アナのハプニング力 坂上忍との応酬で熱視線 - ポストセブン(飯山みつる)2018-5-28
  73. ^ 4月からのレギュラーメンバーが決定! - とれたてフジテレビ、2017-3-31
  74. ^ 「お昼はバイキング」 - 朝日新聞、2017-7-9
  75. ^ 懸賞旗お披露目 - サンスポ、2017-7-4
  76. ^ 更新情報・お知らせ - 太田旗店、2017-6-30
  77. ^ 2つの夏休みの目的 - 坂上忍オフィシャルブログ、2017-7-11
  78. ^ 8月16日(水)から期間限定で販売開始 - 大阪王将
  79. ^ タレント考案5種類のまぜそばを販売! - PR TIMES、2017-7-14
  80. ^ 来週1週間は - 番組公式Twitter、2017-9-28
  81. ^ 高樹沙耶、清水アキラらに、坂上が直撃!,とれたてフジテレビ,2017年12月28日
  82. ^ 「みなさんのおかげでした」後番組に坂上忍司会バラエティー - スポニチ、2018-1-27
  83. ^ goo番組表2019年5月14日
  84. ^ あまりに巨大で変化の必要に迫られない日大は、変革も凋落もしない…田中理事長も安泰2018年6月15日
  85. ^ あまりに巨大で変化の必要に迫られない日大は、変革も凋落もしない…田中理事長も安泰2018年6月15日
  86. ^ あまりに巨大で変化の必要に迫られない日大は、変革も凋落もしない…田中理事長も安泰2018年6月15日
  87. ^ バイキングが日大ばかりでしつこいのはなぜ?いつまでも報道する理由がやばかった!2018年7月31日
  88. ^ gooテレビ番組2019年5月13日
  89. ^ 2016-8-2 - goo
  90. ^ 2018ワールドカップ・セネガル・“要注意選手”は? - JCC、2018-06-20
  91. ^ a b 小籔千豊「バイキング」卒業 - スポニチ、2018-9-25
  92. ^ 女子体操パワハラ騒動の被害者と報じられたあのアイドルの今2018年9月7日
  93. ^ 女子体操のパワハラ騒動2019年4月26日
  94. ^ 体操宮川紗江がフジテレビを糾弾! 塚原夫妻一時職務停止も、「ビンタ映像」勝手に公開で怒りの矛先が別に2018年9月10日
  95. ^ gooテレビ番組2019年5月13日
  96. ^ gooテレビ番組2019年5月13日
  97. ^ 【主張】芸能人の逮捕 大麻は危険な薬物である2019年5月24日
  98. ^ 日本人が「小室さんは不適格」と思う理由2019年3月5日
  99. ^ 眞子さまの結婚問題、秋篠宮さまは永遠に「婚約」を認めないのか2019年2月12日
  100. ^ ニュースまとめ2019年6月12日
  101. ^ ニュースまとめ2019年6月12日
  102. ^ アンミカ、ミッツ・マングローブ、甲斐よしひろの3人がレギュラー出演! - とれたてフジテレビ、2019-3-29
  103. ^ 『バイキング』が、いつまでも日大アメフト部問題を扱い続ける理由は“坂上忍への忖度”か?2018年7月20日
  104. ^ 坂上忍が『バイキング』でZOZO前澤友作社長を痛烈批判 坂上に対する批判が殺到2019年2月21日
  105. ^ 電気グルーヴ特集番組を売名扱い『バイキング』に批判殺到2019年3月29日
  106. ^ 「バイキング」のバッシングにもの申す 深澤真紀さん、松本俊彦さん薬物報道を斬る(番外編)2019年4月4日
  107. ^ 小木博明、坂上忍に助言 バイキングは「すっごい叩かれてる」2019年4月17日
  108. ^ a b 公式 募集企画一覧(2015-3-30)
  109. ^ 公式 募集・応募(2015-4-2)
  110. ^ 公式(2015-3-22)
  111. ^ 公式(2015-3-30)
  112. ^ フジテレビ「バイキング」 - 樋口強 いのちの落語、2016-8-5
  113. ^ テレビ「バイキング」生放送スタジオの裏話 - ひぐち法務事務所、2016-8-6
  114. ^ 虎丸刑事がお昼の「バイキング」に夢中!?コラボ撮影裏話 - トレース オフィシャルブログ「~科捜研の仲間たち~」
  115. ^ a b c d e f g h i フジテレビジュツの仕事 「バイキング」 デザイナー 鈴木賢太 - フジテレビ 「フジテレビジュツのヒミツ」
  116. ^ 初回視聴率は6・3% 第1R「徹子」に勝利 - スポニチ、2014-4-2
  117. ^ バイキング32年ぶり低視聴率2・7% - 日刊スポーツ、2014-4-16
  118. ^ 4%以上をキープ - 日刊スポーツ、2014-5-7
  119. ^ 「昼めし旅」があの番組に肩を並べた!! - webザテレビジョン、2014-6-28
  120. ^ 1・8% 最低視聴率更新 - 日刊スポーツ、2014-5-28
  121. ^ 浮上のカギは地方ロケ行脚 - デイリースポーツ、2014-5-30
  122. ^ 打ちきれない「深刻な」事情 - ビジネスジャーナル、2015-8-16
  123. ^ 未来への投資″は「今やらなければいけないチャレンジ」 - マイナビ、2016-6-30
  124. ^ 【都知事選】TV『バイキング』討論。 - BLOGOS(中田宏)2016-7-20
  125. ^ a b 大型改編後最高の視聴率5・3% - スポニチ、2016-7-20
  126. ^ 開始以来「ヒルナンデス!」に初勝利! - スポニチ、2016-8-15
  127. ^ バイキングが初勝利、ヒルナンデスに「ファミリー感なくなった」と厳しい声 - 日刊大衆、2016-8-18
  128. ^ 『バイキング』が視聴率で『ヒルナンデス』に勝利!歓喜も冷たい声が - しらべぇ、2016-8-16
  129. ^ 「バイキング」番組歴代最高7・2%!生討論定着「ひるおび」に並んだ - スポニチ、2017-1-6
  130. ^ 相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』“躍進”報道の違和感 - 日刊サイゾー、2017-2-14
  131. ^ a b 自己最高8・0%!横並びもトップ - スポニチ、2017-7-7
  132. ^ 『バイキング』系列局の7月月間平均視聴率 - マイナビ、2017-7-31
  133. ^ バイキング視聴率4倍、坂上忍「一番きつかった時」 - 日刊スポーツ、2017-4-7
  134. ^ 宮迫不倫騒動ナマ釈明11・9%「バイキング」関西で番組史上最高視聴率 - デイリースポーツ、2017-8-15
  135. ^ 日テレ「ヒルナンデス!」大リニューアルの裏にあったアノ番組の高笑い猛追! - アサ芸、2017-9-18
  136. ^ a b フジテレビ 『バイキング』に出演! - 太田市のお寺 瑞岩寺 長谷川俊道、2017年4月6日
  137. ^ 自己最高8.0%で横並びトップ! - マイナビ、2017-7-7
  138. ^ a b 『ヒルナンデス!』抜き初の週平均2位 -『グッディ』も好調 - マイナビ、2017-7-10
  139. ^ 坂上忍が批判覚悟で「ギリギリ」を攻める理由 - ORICON、2018-8-13
  140. ^ 視聴率は7・6% 同時間帯トップ - 報知、2018-6-18
  141. ^ 『バイキング』初の週平均民放トップ! ドン・ファン妻直撃で高視聴率 - マイナビニュース、2018-6-19
  142. ^ ドン・ファン妻が単独告白の「バイキング」高視聴率 - デイリースポーツ、2018-6-18
  143. ^ フジ「バイキング」週間平均視聴率 2週連続で民放横並びトップ - スポニチ、2018-6-25
  144. ^ 恵俊彰『ひるおび!』帝国が崩壊危機! 6年連続視聴率首位も、坂上忍のフジ『バイキング』が猛追中! - 日刊サイゾー、2018-7-1
  145. ^ フジ『バイキング』番組史上初、月間平均視聴率で民放横並び2位 - ORICON、2018-7-1
  146. ^ 『ワイド!スクランブル』橋本氏が降板 今振り返る「昼番組」の戦国史 - リアルライブ、2018-7-16
  147. ^ 「日経エンタテインメント!」(日経BP社)2019年2月号「テレビ証券」 p. 55
  148. ^ 『ひるおび!』7年連続同時間帯トップ,ORICON STYLE,2019年1月4日
  149. ^ 歴代2位6・2%!企画定着&祝日効果? - スポニチ、2014-9-24
  150. ^ 歴代最高6・5%!企画定着&祝日効果? - スポニチ、2014-10-14
  151. ^ 宮迫の“生謝罪「バイキング」”視聴率6.9% 民放同時間帯横並びトップ - シネマトゥディ
  152. ^ 番組最高8・1%!祝日&雨効果? - スポニチ、2018-3-22
  153. ^ 「バイキング」出演者が続々降板 下品過ぎる打ち上げも影響か』- ポストセブン、2016-4-26
  154. ^ 柳原可奈子が「バイキング」欠席 - サンスポ、2019-3-26
  155. ^ 柳原可奈子が第1子妊娠 - スポニチ、2019-3-31
  156. ^ a b c ヒロミ、YOU、松嶋尚美らが、新レギュラーに決定! - とれたてフジテレビ、2016-4-2
  157. ^ 公式 出演者 - フジテレビ
  158. ^ 坂上忍が生放送で「安保法案に大反対」「武器持たない日本でいてほしい」と勇気ある発言! 鈴木奈々も「決まって欲しくない」とキッパリ! - LITERA、2015-9-18
  159. ^ 公式 2016年 4/4 - 8
  160. ^ 2016-10-7 - goo
  161. ^ 「なんだよ」「もういいですよ」 - 報知、2016-11-9
  162. ^ 「ホウドウキョク」担当者を直撃 - マイナビ、2016-11-12
  163. ^ 綾部祐二が語った成功の確率 - デイリースポーツ 、2016-10-13
  164. ^ 江角マキコ『バイキング』を卒業 - ORICON、2015-12-22
  165. ^ a b 「体調が悪そうだった」 - シネマトゥデイ、2016-5-24
  166. ^ 「万全を期すため」体調は回復 - スポニチ、2016-5-26
  167. ^ 坂上忍 麻央と麻耶を思い涙 - スポニチ、2017-4-3
  168. ^ a b 恐ろしくキツいロケ - Techinsight、2015-2-18
  169. ^ 2014-10-6 - goo
  170. ^ 公式 2016年 7/11 - 15[リンク切れ] - フジテレビ(アーカイブ
  171. ^ 上野15大ミステリー - JCC、2016-7-11
  172. ^ モデルプレス=2016-4-25
  173. ^ あおちゃん - goo
  174. ^ 2014-10-13 - TVでた蔵
  175. ^ 坂上忍さんのおかげ 2/3 - THE PAGE、2015-5-17
  176. ^ 週刊新潮」2016年8月4日号 坂上忍のスジ論
  177. ^ 公式 2017年 1/9 - 13
  178. ^ 今、アクセスを覗いたら、 - aska_burnishstone’s diary、2016-8-3
  179. ^ 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M、2016-8-3
  180. ^ 坂上忍 過去に番組スタッフにガチギレした過去を認める - ライブドア、2016-7-8
  181. ^ 2016-9-29 - goo
  182. ^ 2016-10-20 - TVでた蔵
  183. ^ 2017-7-10 - 価格.com
  184. ^ とっておきの私生活 - 「GINZA」2016年4月号
  185. ^ もはやLION担当D。 - 吉田渉(WATARU YOSHIDA)さんのツイート 2016-4-18
  186. ^ 投票結果発表 - JCC、2016-7-4
  187. ^ 公式 生中継!日本全国地引網クッキングレシピ
  188. ^ a b ハテナTV 地引き網中継はどうやって作っているの? - 新・週刊フジテレビ批評、2014-7-26
  189. ^ 月曜「バイキング」はお笑いファン必見 - AOL、2014-5-12
  190. ^ 2014-4-28 - goo
  191. ^ “地引網”企画一旦終了へ - ORICON、2014-10-27
  192. ^ 復活! - とれたてフジテレビ、2015-8-3
  193. ^ 地引網復活に歓喜の声続々 - ORICON、2015-8-4
  194. ^ サンドウィッチマンがバイキング卒業 伝説・地引き網クッキング、坂上も復活匂わせる - デイリースポーツ、2019-3-26
  195. ^ 生放送中にASKAブログが続々更新 - 報知、2016-12-20
  196. ^ 公式 2016年 12/19 - 23アーカイブ
  197. ^ 品川祐・藤原紀香結婚会見に異議!? - JCC、2016-4-15
  198. ^ 公式 2016年 12/12 - 16
  199. ^ 「TAKAHIROカッコいい!」「食レポが牛かつ屋一軒とか……」の声 - 日刊サイゾー、2014-4-27
  200. ^ リサーチ会社に制作“丸投げ”で低迷続く - 日刊サイゾー、2014-4-27
  201. ^ 「ネット頼りすぎ」 - web R25、2014-4-3
  202. ^ a b 公式サイト 放送内容
  203. ^ 健康番組にシフトで起死回生を狙う! - リアルライブ、2015-12-11
  204. ^ 新企画!! - 富澤たけしブログ、2014-11-3
  205. ^ 2014-11-17 - goo
  206. ^ 2014-5-20 - 価格.com
  207. ^ 川栄が『バイキング』の裏事情を暴露。 - Techinsight、2014-4-17
  208. ^ 地引網の影響? 5月に入って『バイキング』が激変! - マイナビ、2014-5-8
  209. ^ 2014-6-13 - JCC
  210. ^ 2014-4-11 - 価格.com
  211. ^ ぶりっこすぎて批判殺到 - RBB、2014-4-11
  212. ^ 2014-5-9 - TVでた蔵
  213. ^ バイキング~真夏の5曜日対抗!珍場面SP~ - フジテレビ
  214. ^ バイキング~真夏の5曜日対抗!珍場面SP~ - J-CAST、2014-8-20
  215. ^ 2014-8-17 - goo
  216. ^ 週刊!バイキング - フジテレビ
  217. ^ 2017-3-11 - goo
  218. ^ バイキング・ザ・ゴールデン - フジテレビ
  219. ^ バイキング・ザ・ゴールデン - フジテレビ
  220. ^ バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が河野景子に直撃インタビュー! - とれたてフジテレビ
  221. ^ 2018年4月2日 -、以前は総合演出。
  222. ^ 2018年3月までと木曜以外は2019年1月から復活。
  223. ^ 2018年3月までは美術進行と表記→2019年1月からは木曜のみ。
  224. ^ nancynancyever Nan - Instagram
  225. ^ e_v_e_r_d 江原ノブヒロ - Instagram
  226. ^ 2019年1月21日 -、2月からは毎日担当。
  227. ^ 石塚→2018年4月2日 -、以前は「情報プレゼンター とくダネ!」CP。
  228. ^ 飯村→2018年10月15日 - 11月1週目までは月曜のみ担当。→11月12日 -。
  229. ^ 山田・山﨑・井口→2019年4月1日 -。
  230. ^ 2018年2月14日 -、以前は金曜演出。
  231. ^ 2018年4月2日 -、以前はプロデューサー。
  232. ^ 2018年4月2日 - 12月28日。以前はチーフプロデューサー。
  233. ^ 新・週刊フジテレビ批評 2014-7-26 - goo
  234. ^ 「日本全国地引き網クッキング」などの中継担当ディレクターで、サンドウィッチマンと共に2015年度、月曜から火曜(2016.7.12まで)へ移動した[188][233]
  235. ^ 人物相関図 - IVSテレビ制作、2015年1月
  236. ^ 五十嵐→2018年11月14日 - 12月は1曜日。以前は木曜以外→毎日担当。
  237. ^ 人物相関図 - IVSテレビ制作、2016年7月

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ公式
その他
フジテレビ系列 平日11:55 - 12:55枠
前番組 番組名 次番組
FNNスピーク
※11:30 - 12:00
1987年10月1日 - 2014年3月31日)
【5分縮小して継続】
森田一義アワー
笑っていいとも!

※12:00 - 13:00
1982年10月4日 - 2014年3月31日
バイキング
(2014年4月1日 - )
-
フジテレビ系列 平日12:55 - 13:00枠
森田一義アワー
笑っていいとも!
※12:00 - 13:00
(1982年10月4日 - 2014年3月31日)
バイキング
(2014年4月1日 - 2015年3月27日
ライオンのごきげんよう
※12:55 - 13:25
(2015年3月30日 - 2016年3月31日)
【5分繰り上げて継続】
ライオンのごきげんよう
※12:55 - 13:25
(2015年3月30日 - 2016年3月31日)
バイキング
(2016年4月4日 - )
-
フジテレビ系列 平日13:00 - 13:45枠
ライオンのごきげんよう
※12:55 - 13:25
(2015年3月30日 - 2016年3月31日)
嵐の涙〜私たちに明日はある〜
※13:25 - 13:55
(2016年2月1日 - 2016年3月31日)
【ここまで東海テレビ制作昼の帯ドラマ
バイキング
(2016年4月4日 - )
【ここからフジテレビ制作】
-
フジテレビ系列 平日13:45 - 13:50枠
直撃LIVE グッディ!・第1部
※13:45 - 14:50
(2016年4月4日 - 2018年6月8日)
【5分繰り下げ・短縮で継続】
バイキング
(2018年6月11日 - 7月13日)
直撃LIVE グッディ!・第1部
※13:45 - 14:50
(2018年7月16日 - )
【5分繰り上げ・拡大で継続】