メインメニューを開く

MBSテレビ番組一覧

ウィキメディアの一覧記事

MBSテレビ番組一覧(エムビーエステレビばんぐみいちらん)では、毎日放送が運営するMBSテレビで放送されている、もしくはこれまでに放送された主なテレビ番組を紹介する。一部、TBSテレビ(TBS)[1]を始めとするその他のジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列局にネットされている番組もある。毎日放送東京支社(東京制作室)制作のものは、原則としてTBS系全国ネットで放送される[要出典]

▲印が付いている番組は東京制作室制作の番組[要出典]、「※HD」はハイビジョン制作の番組、「※字幕放送」は字幕切替機能による字幕放送の番組であることを示す(終了の分も含む)。また、「G」表記のある番組はCSデジタル放送GAORAでも放送されている。

目次

ニュース編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

ニュース関連項目編集

情報編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

情報関連項目編集

スポーツ編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

スポーツ関連項目編集

バラエティ編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

バラエティ関連項目編集

クイズ・ゲーム編集

トーク編集

料理・グルメ編集

音楽編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

音楽関連項目編集

ドキュメンタリー・紀行編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

ドキュメンタリー・紀行関連項目編集

ドラマ編集

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

再放送枠編集

連続ドラマの再放送枠

特撮編集

放送終了した番組編集

特撮関連項目編集

アニメ編集

系列外ネット、もしくは外部製作のUHFアニメは除く。

現在放送中の番組編集

放送終了した番組編集

毎日放送アニメ枠一覧編集

アニメシャワー(日曜未明(土曜深夜)、ほかの曜日の深夜もこちらを参照)、アニメイズム(金曜未明(木曜深夜)→土曜未明(金曜深夜))、アニメサタデー630第1部(MBS・TBS系全国ネット)、毎日放送土曜17時台枠のアニメ(終了、MBS・TBS系一部地域ネット)、毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ(終了、MBS・TBS系全国ネット)、毎日放送制作日曜夕方5時枠のアニメ(終了、MBS・TBS系全国ネット)など

海外作品編集

通販番組編集

現在放送中の番組編集

  • 関西ローカル
    • よりどりマーケット(月 - 木 9:55 - 10:24)
    • ほしおびナイト☆カイモノラボ(火 2:50 - 3:20、木 3:10 - 3:40、金 2:57 - 3:27)
      • ほし☆おびモーニング(火 - 金 4:10 - 4:25、土 4:25 - 4:40)
      • ほし☆おび(金 9:55 - 10:24)
    • 朝のイチオシ!(火 - 金 4:10 - 4:25、土 4:40 - 4:55)
    • ショップ430(火 - 金 4:30 - 5:00)
    • ワールドコレクションゴールド(火・水・木・金 深夜不定時) - 15分間から30分間放送される場合あり。
    • ビューティ コンシェルジュ - 水 1:55 - 2:10
    • ショップ500(土 5:00 - 5:30) - ジャパネットたかたテレビショッピングの固定枠。
    • よふかしショッピング - 深夜の全番組放送終了後に不定期に放送。
      • はやおきショッピング

放送終了した番組編集

通販関連項目編集

その他編集

現在放送中の番組編集

  • 全国ネット
    • 年末年始放送の特別番組 - 年末は12月第4週目にあたる平日深夜60分弱[4]、年始は1月2日夕方に90分弱で、1月3日朝に60分弱で放送されている特別番組。1月3日朝予定分の代替として1月10日の「日曜劇場」『となりのマエストロ』枠を使って新春ドラマスペシャル『筆談ホステス』を21:00 - 23:09に放送していた。[5][6]
    • 土曜日14:00 - 15:24に時々放送される単発特番(ただし、新潟放送(BSN)のみ2時間遅れの16:00 - 17:24に時差送出で放送)と日曜日14:00 - 16:54に放送される単発特番
  • 関西ローカル

放送終了した番組編集

TBS系列局制作・時差ネット番組編集

系列外の番組編集

本社機能が千里丘放送センターにあった頃放送されていたネット番組編集

☆の番組は同時ネット。
★の番組は時差ネット。
◇の番組は茶屋町に移転してからもしばらくネットされていた。

腸捻転解消で朝日放送テレビから移行したネット番組編集

腸捻転時代に放送されていたNET(現:テレビ朝日)制作のネット番組編集

☆は朝日放送テレビに移行した番組。

ほか

ANN離脱後に放送されたNET - テレビ朝日の番組編集

腸捻転時代に放送されていた東京12チャンネル(現・テレビ東京)のネット番組編集

☆は腸捻転解消後も番組販売扱いで引き続き放送された番組。

ほか

腸捻転解消~テレビ大阪開局後に放送された東京12チャンネル→テレビ東京の番組編集

放送された独立局の番組編集

備考・選抜高等学校野球大会期間中の編成編集

日中編集

  • 2002年までは大会期間中の試合を基本的には10時 - 11時台と14時 - 17時台(日曜は13 - 16時台)に中継し、12時 - 13時台は生中継を中断してスポンサー付き全国ネット番組を編成していた。ただし、土曜、準々決勝、準決勝と決勝に関しては昼のJNNニュースを挿んで中断なしとし、12時台(2002年当時平日は『ベストタイム』第2部、日曜は『アッコにおまかせ』)の番組は休止、平日13時からの昼ドラマ枠(『愛の劇場』、『ドラマ30』(当時))はスポンサー付きで時差放送された。
    JNN排他協定で、通常は放送休止となった場合の代替放送は原則認められていないが、昼ドラマに関しては話数調整の関係もあり特別例外となっていた。
  • しかし、2003年以後からは準々決勝までは地上波での中継は行わないことになった(インターネットでハイライト画像を配信、GAORAは生中継継続)。その関係で準々決勝開催日までは通常番組を放送することとなった。準決勝と決勝は引き続き生中継となる(2008年まで昼ドラの時差放送も継続)。
  • また、生ワイド番組(『ひるおび!』、『ちちんぷいぷい』など)は準決勝・決勝開催日は休止、もしくは短縮される。
  • 連日生中継を実施していた頃は、全国ネットの土曜朝のワイドショー(土曜日と開会式がかち合った場合のみ、『いい朝8時』など)、日曜11時台(『道浪漫』など。なおかつての10時台の『生きものばんざい』、『ザ・ビッグデー』は開会式が日曜日の場合のみ。)、日曜13時台(『クイズMr.ロンリー』、『新伍Niタッチ!』など)を裏送りしていた(一部は試合終了後に時差放送された)。また、一部地域にネットしていた(山陽放送 (RSK) ・中国放送 (RCC) 等)、平日14時台のワイドショー(『スタジオ2時』 - 『レインボー』、および『はーい!昼ナマ』など)、土曜13時台のバラエティー番組(『三枝やすし興奮テレビ』など)も裏送りしていた(遅れネットの土曜の『花月爆笑劇場』→『よしもと新喜劇』は旧作を裏送り。雨傘番組でもMBSでは旧作か別番組放送)。

夜間編集

  • 夜間にはダイジェスト番組(題名は『センバツダイジェスト』→『球春センバツ甲子園』→『センバツバーニングスタジアム』→『みんなの甲子園』と遍歴を重ねる)を行っているが、この番組はJNNニュース最終便終了後の自社制作バラエティの枠内で放送されているため、大会期間中はこれらの番組は2011年までは休止されていたが、2012年度は開催期間中もダイジェスト番組の終了後、原則時間を繰り下げて放送される。
  • このダイジェスト番組は基本的に関西ローカルの番組となる(TBS[1]などJNN系列局・BS-TBSTBSニュースバードTBSチャンネルといったTBS系列の衛星放送でもでは基本的には放送されない。GAORAでは基本的に翌朝の第1試合前放送)。また、土曜の『CDTV』は放送時間が変更される。その後の深夜1時台以降のアンコールアワーの時間帯も「春休みシネマスペシャル」と題した映画の放送枠に当てられ、通常番組は休止となるものもある。TBSでもこの期間は番組改編期ということもあり、23:55枠と0:25からの『オビラジR』を休止し、特別番組を組んでいる(その場合、一部の番組はでも時差ネットを行う)。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 2009年3月まで「TBS」の略称は『東京放送』が使用していたが、2009年4月に同社が放送持株会社東京放送ホールディングス」(略称TBSHD)となり、「TBSテレビ」が「東京放送」からテレビ放送免許、テレビ放送事業および映像・文化事業に関する権利・義務とともに「TBS」の略称を承継している。
  2. ^ a b 開局時に旧・大阪テレビ放送から移行。
  3. ^ MBS競馬ヒストリー”. 毎日放送. 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ ただし、例外の年もあり。
  5. ^ 1月2日の夕方枠については元々1976年以降『アップダウンクイズ』の年始特番編成時によるイレギュラー放送対応で、1月3日朝枠については元々1976年以降の「まんが日本昔ばなし』の「お正月大会」放送枠捻出のために始まったと見られる。
  6. ^ この対応は1月2日夕方枠が1991年のお正月まで、1月3日朝枠も1994年まで組まれていたが、廃枠となり、これらに変わる編成として年始に特別番組を設けるようになった。
  7. ^ 関西地区開催での試合中継について、MBSは精力的に制作協力したが、朝日放送テレビは「『TWWAプロレス中継』を放送していた頃うちにも抗議が殺到して困った」という理由からMBSほど協力的でなく苦労したという(出典:『プロレスを創った男たち―あるTVプロデューサーの告白』栗山満男(元テレビ朝日プロデューサー)、ゼニスプラニング、2003年7月。

外部リンク編集