メインメニューを開く

2010年の日本(にせんじゅうねんのにほん)では、2010年平成22年)の日本出来事流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法編集

日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。

在職者編集

世相編集

2010年の流行語編集

ゲゲゲの」(武良布枝)が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「#流行語」も参照)。

2010年の漢字編集

」・・・観測史上1位の猛暑となり、熱中症が続出したことなどから。

周年編集

できごと編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

 
H-IIAロケット17号機による「あかつき」の打ち上げ

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

社会編集

政治編集

経済編集

編集

労働編集

教育編集

何が起こったの?

女性史編集

交通編集

鉄道編集

イベント・行事編集

自然科学編集

ノーベル賞編集

環境編集

天候・天災・観測等編集

冬季編集

  • 12月中旬より1月上旬まで強い寒気団が日本上空に幾度も居座り、全国的に平年並み、もしくは平年以下の気温となった。その後は一旦落ち着くが、1月下旬から2月上旬に再び強い寒気団が流れ込み、北海道東北北陸を中心に風雪被害をもたらした。

春季編集

曇りの日が多く、低温と日照不足のため、野菜の価格が急騰した。

夏季編集

  • 全国各地で梅雨による大雨、豪雨の被害が相次いだ。7月14日以降の大雨による死者は岐阜、島根、広島の各県で計9人となった。
  • 日本の広範囲を記録的な猛暑が襲った。2010年の猛暑 (日本)を参照。

秋季編集

文化と芸術編集

流行編集

流行語編集

ユーキャン新語・流行語大賞

以下に本年の受賞語を列記する。なお、肩書きや役職などは受賞当時のものである。

ファッション編集

建築編集

竣工
解体

出版編集

文学編集

音楽編集

演劇編集

歌舞伎
宝塚歌劇団

映画編集

受賞


ラジオ編集

テレビ編集

ドラマ
その他

アニメ編集

アニメーション映画
テレビアニメ

放送開始月を記載

OVA

スポーツ編集

総合競技大会編集

冬季オリンピック・パラリンピック編集

冬季オリンピックパラリンピックカナダバンクーバーで開催された。日本からも多数のアスリートが出場している。

各競技編集

野球編集

サッカー編集

相撲編集

競馬編集

誕生編集

死去編集

フィクションのできごと編集

映画編集

特撮編集

漫画・アニメ編集

小説編集

ゲーム編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 但し、一部のCMや地方局の通販番組NHK教育テレビジョンの画角4:3サイズで製作された番組の再放送、独立UHF局の4:3サイズ製作の番組などは7月5日以降も当面の間、従来通り4:3サイズでの放送を継続する。また、ヤン坊マー坊天気予報では7月8日まではレターボックス14:9だったが7月9日以降はレターボックス16:9となる。

出典編集

  1. ^ 日米両国で共同声明(1月19日):http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/anpo50/kh_1001.html
  2. ^ 開催から100年。記念シンポジウム:http://web.econ.keio.ac.jp/staff/sugiyama/JBEx-symposium2010.html
  3. ^ 『韓国併合』100年日韓知識人共同声明など http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-29/2010072904_02_1.html
  4. ^ メーカーによる企画展なども http://news.livedoor.com/article/detail/4941953/
  5. ^ 芥川賞に磯崎憲一郎氏、直木賞は北村薫氏 産経新聞 2010年1月14日閲覧
  6. ^ 2009年12月16日付交通新聞
  7. ^ 名護市長選、移設反対派の稲嶺氏が当選 産経新聞 2010年1月24日閲覧
  8. ^ 横浜事件 4次請求の刑事補償決定 産経新聞 2010年2月4日閲覧
  9. ^ 乱気流で18人けが 成田着のユナイテッド航空機 産経新聞 2010年2月20日閲覧
  10. ^ 長崎知事選 自公系の中村氏初当選 産経新聞 2010年2月21日閲覧
  11. ^ 岩手県の久慈港、最大1メートル20センチの津波を観測 Nikkei Net 2010年2月28日閲覧
  12. ^ 茨城空港ホームページ(茨城県)
  13. ^ 石川県知事選、谷本氏V5 産経新聞 2010年3月14日閲覧
  14. ^ 大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ 日経ビジネスオンライン 2010年2月12日
  15. ^ 「Lモード」サービス終了のご案内 NTT東日本 2009年3月30日付
  16. ^ 毎日新聞、地方紙連合入り 58年ぶり共同通信に再加盟 朝日新聞 2009年11月27日閲覧
  17. ^ 殺人罪などの時効廃止 改正刑事訴訟法成立、即日施行 産経新聞 2010年4月27日閲覧
  18. ^ 【郵便不正公判】障害者団体元会長、偽の証明書発行は無罪 産経新聞 2010年4月27日閲覧
  19. ^ 社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定 毎日新聞 2010年5月30日閲覧
  20. ^ 【首相辞任】民主党両院議員総会での首相の演説要旨 産経新聞社 2010年6月2日閲覧
  21. ^ 目に涙浮かべ「職を引かせていただく」小沢幹事長も辞任 産経新聞社2010年6月2日閲覧.
  22. ^ 菅直人・民主党新代表が誕生 産経新聞社2010年6月4日閲覧.
  23. ^ 衆参両院本会議で第94代首相に菅直人氏を指名”. 産経新聞社 (2010年6月4日). 2010年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月4日閲覧。
  24. ^ 菅内閣の顔ぶれ”. 産経新聞社 (2010年6月8日). 2010年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月8日閲覧。
  25. ^ 「「システム入札情報入手に賄賂」、特許庁審判官とNTTデータ社員を逮捕」日経ITpro 2010年6月22日付
  26. ^ 【所在不明高齢者】足立「111歳」ミイラ遺体 詐欺容疑で81歳長女を逮捕
  27. ^ “(ニュースなこの日)9月7日 尖閣付近で中国漁船衝突 領海侵犯の常態化へ”. 日本経済新聞 夕刊. (2018年9月6日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35046160W8A900C1EAC000/ 2018年10月8日閲覧。 
  28. ^ “【臨時党大会】代表選挙 新代表に菅直人総理を選出 721ポイント獲得”. 民主党. (2010年9月14日). http://www.dpj.or.jp/news/?num=18856 
  29. ^ 第27回全国都市緑化ならフェア やまと花ごよみ2010
  30. ^ 生態系保全に世界共通目標、COP10閉幕 読売新聞 2010年10月30日閲覧
  31. ^ 毎日jp「羽田空港:新国際線ターミナル開業 東京モノレールと京急、新駅が営業開始」
  32. ^ 2010年APEC横浜開催推進協議会ウェブサイト
  33. ^ 新潟市長に篠田氏3選 共産推薦の新人破る 産経新聞 2010年11月14日閲覧
  34. ^ 福岡市長選で自公支援の元民放アナ初当選 与党系現職破る 産経新聞 2010年11月14日閲覧
  35. ^ 選挙:和歌山県知事選 自民推薦現職が民主系らを破る 毎日新聞 2010年11月30日閲覧
  36. ^ 選挙:沖縄県知事選 仲井真氏が再選 普天間「県内、事実上ない」--伊波氏破る 毎日新聞 2010年11月30日閲覧
  37. ^ 選挙:愛媛県知事選 前松山市長の中村氏初当選 毎日新聞 2010年11月30日閲覧
  38. ^ 今年の漢字は「暑」 産経新聞 2010年12月10日閲覧
  39. ^ 鹿児島市の高齢夫婦殺害、地裁判決の要旨:日本経済新聞 2010年12月11日閲覧
  40. ^ 3年ぶり皆既月食…夕刻の空に赤銅の月 列島大半、雲で見えず 産経新聞 2010年12月23日閲覧
  41. ^ “平成22年12月22日(2時19分)の父島近海の地震で発表した津波警報・注意報について” (プレスリリース), 気象庁, http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/tsunamihyoka/20101222chichijima/index.html 2013年1月9日閲覧。 
  42. ^ “北野武監督、仏芸術文化勲章の最高章コマンドゥールを授与 フランスは北野ブーム”. シネマトゥディ (ウエルバ). (2010年3月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0023023 2011年7月25日閲覧。 
  43. ^ 秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所 175』集英社、2011年、76 - 85頁。ISBN 978-4-08-870234-6
  44. ^ 竹田裕一郎『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~上巻』新紀元社、2017年、55 - 60・71・83頁。ISBN 978-4-7753-1504-0
  45. ^ 神林長平『ぼくらは都市を愛していた』朝日新聞出版、2015年、29 - 32・57 - 60頁。ISBN 978-4-02-264762-7

関連項目編集