ザ・イロモネア(ざ・いろもねあ)とは、TBS系列年末年始や、期首改編期に放送されるお笑い特別番組である。2005年1月に深夜に放送された「ウンナン芸人道祭り’05極限ネタバトル!」からゴールデンに進出した番組である。

この番組に出演し、知名度を上げた芸人も少なくない。

司会編集

ルール編集

演者は、まず、スタートとストップコールで、100人の観客のうち、無作為に5人の観客を選ぶ。以下の5つのジャンルで1分間(60秒)以内で笑いを取る。ジャンルは、演者がやりやすい順番で選ぶことが出来る。但し、選ばれた5人がわかるのは、ウンナンの2人と見ている視聴者だけで、演者は、どの客が選ばれたのかはわからず、選ばれた観客も自分が選ばれているとは思っていない。1回目~4回目のチャレンジでは、5人中3人を笑わせればクリアーとなり、最終チャレンジでは、5人全員を笑わせなければならない。全て成功すると100万円がもらえ、途中で失敗すると参加賞として100円になる。賞金をもらって、チャレンジをやめることも可能である(内村が、チャレンジする際に「やりますか?」と聞いているのはそのためであるが、演者は100万円を目指しているため、途中でドロップアウトし、確実に賞金を手にするということは滅多に無い)。

自信のあるネタを最後に使うか最初に出すかなどの駆け引きもあり、運も問われる。


賞金の段階編集

  • 1stチャレンジ 1,000円
  • 2ndチャレンジ 1万円
  • 3rdチャレンジ 10万円
  • 4thチャレンジ 50万円
ここまでは、5人中3人以上を笑わせればクリアーとなる。失敗すると100円になる。
  • ラストチャレンジ 100万円
ラストチャレンジは、5人全員を笑わせてクリアー100万円獲得となり、失敗すると100円になる。

演じるジャンル編集

一発ギャグ
一発芸で笑いをとる。持ちネタを持っている芸人には有利。
モノマネ
物まねで笑いをとる。物まね芸人には有利。
ショートコント
ショートコントで笑いをとるが、普段からショートコントをする芸人には有利だが漫才を主体に活動している芸人(主に関西の芸人)には不利な場合もある。
モノボケ
番組で用意された小道具などで笑いをとる。
サイレント
顔芸や動きだけで笑いをとる。物音を立てたり、喋るのはNG。一発ギャグで使ったネタを使いまわし、サイレントする芸人もいる。敗退していく芸人も多く見られるジャンルである。

その他編集

外部リンク編集