藤沢町 (神奈川県)

藤沢町(ふじさわまち)は、かつて神奈川県高座郡に存在した

藤沢町
廃止日 1940年
廃止理由 市制施行
藤沢町→ 藤沢市
現在の自治体 藤沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
高座郡
藤沢町役場
所在地 神奈川県高座郡藤沢町
 表示 ウィキプロジェクト

現在の藤沢市の前身にあたる。1908年(明治41年)4月1日に高座郡藤沢大坂町鵠沼村明治村が新設合併し発足、1940年(昭和15年)10月1日に市制施行し藤沢市となった。本記事では、藤沢町時代の情勢について、文献で紹介されている事柄を示す。

目次

地理編集

1938年(昭和13年)刊の『神奈川県勢総覧』(内外新聞通信社)に、『本町は郡の東南端、県の中央南部に位し、東は鎌倉郡の片瀬町村岡大正の1町2ヶ村の北は六会村、西は茅ヶ崎町、小田村に隣接し、南は相模湾に面している』との記述がみられる[1]

人口編集

1912年末の戸数・人口は、2255・16160[2]

政治・行政編集

歴代町長編集

  • 髙松良夫
  • 金子角之助[3]
  • 湯原直平
  • 隈川基
  • 一木與十郎
  • 大野守衛

経済編集

産業編集

『神奈川県勢総覧』に『商業を第一とし農業、工業、その他の順で生計を営んでいる』との記述がある[1]

以下に、1926年(大正15年)刊の『武相のぞき』(荒井酒竹著、武相大観社)に『主もなる官公署、銀行、会社、商家、有力筋』として紹介された名と、1940年(昭和15年)刊の『日本紳士録 第44版』(交詢社編)に掲載された名を示す。

商工業
  • 青木忠平(青物、乾物[3]
  • 藤野森好(青物、乾物)[3]
  • 尾島正吉(牛豚ハム製造)[3]
  • 榎本市右衛門(米穀)[3]
  • 今井治兵衛(米肥)[3]
  • 飯塚東作(米肥木炭)[3]
  • 大澤倫、大澤利七(材木商)[3]
  • 寺田忠義(材木商)[3][4]
  • 寺田三郎兵衛(稲元屋丸三呉服店)[4]
  • 小塚寅吉(洋品商)[3]
  • 青木保太郎(土木建築業者)[3]
  • 斎藤清右衛門(製茶)[3]
  • 平野藤右衛門(酒造業)[3]
  • 鈴木竹次郎(甘藷問屋)[3]
店・企業
  • 東海醤油[3]
  • 大日本醸造[3]
  • 藤沢製麦倉庫[3]
  • 藤沢物産[3]
  • 相模製粉[3]
金融機関

交通編集

『神奈川県勢総覧』に、『国道は町の中央を東西に横断して厚木、岡田、町田、大船、鎌倉江ノ島辻堂の各府県道は本町を起点として県下の各重要市町村に通じている』と記されている[1]

出身・ゆかりのある人物編集

政治・経済編集

  • 植村伊知郎(神奈川県多額納税者、地主[5]
  • 上郎新二(神奈川県多額納税者、地主[5]、政治家) - 神奈川県会議員。
  • 金子角之助(政治家) - 藤沢町長。
  • 金子小一郎(政治家) - 藤沢市長。
  • 平野友輔(医師、政治家) - 衆議院議員。

学術編集

芸能編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『神奈川県勢総覧』29-30頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月5日閲覧。
  2. ^ 『神奈川県統計要覧 明治44年』11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『武相のぞき』59-61頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月5日閲覧。
  4. ^ a b 『日本紳士録 第44版』神奈川テ、トの部48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月5日閲覧。
  5. ^ a b 『日本紳士録 37版附録 多額納税者名簿』11-13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月5日閲覧。

参考文献編集

  • 武藤琴美『鎌倉・江の島名勝旅行の友』旅行之友社、1921年。
  • 荒井酒竹『武相のぞき』武相大観社、1926年。
  • 交詢社編『日本紳士録 37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 内外新聞通信社『神奈川県勢総覧』内外新聞通信社、1938年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。