PG-12指定の映画一覧

ウィキメディアの一覧記事
映画 > 映画の一覧 > PG-12指定の映画一覧

PG-12指定の映画一覧は、映画倫理機構[注釈 1](映倫)や日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)、もしくはビデオメーカーの自主規制によって映画のレイティングシステムでPG-12指定を受けた映画の一覧。PG-12指定のビデオ映画は今のところ一作のみ。

PG-12の「PG」は"Parental Guidance"の略称であり、映倫は「小学生は保護者の助言や指導が必要である」と定義している[1][2]。 映倫の事務局長である石川知春は作品内容によるとしつつも、この定義について「12歳未満だから見てはいけないという意味ではなく、親や保護者が子供に見せてよいか判断するものである」とNHKの取材に答えており、「見せてよいと判断した場合でも、一緒に観覧した後に、現実では起きえない物語である旨を説明するのが望ましいと考えている」と話している[1]。また、CinemaPlusでは「あくまでも[保護者の助言や指導が]あったほうがいいってことで、結果的にこれもまた誰でも見ることができます。意味合いとしては“刺激が強いですよ!”というぐらいです。」と解説している[3]

たとえば、2020年のアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は「簡潔な刀剣による殺傷・出血の描写が見られる」としてPG-12に指定されているが[1]、親子で楽しめる映画として大ヒットした[4]。一方で、2013年の映画『地獄でなぜ悪い』は、登場人物の大半が血まみれになるものの、「全てのシークエンスがコメディの要素だと理解した」という映倫側の判断により、PG-12に指定された[5]

ここでは劇場未公開作品や、オリジナルビデオ作品(Vシネマ)も記述の対象とする。右記は補足情報。

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

アルファベット編集

数字編集

記号編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2017年までは映画倫理委員会という名称だった。

出典編集

関連項目編集